地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ノースフェイスの偽物に騙されるな!タグやマークなど本物との見分け方は?

ノースフェイスは日本でも多くの人に愛されているアウトドアブランドです。しかし、人気なだけに偽物やコピー品への注意が必要です。ノースフェイスの本物と偽物の見分け方のポイントはタグやマークにあります。ノースフェイス好きなら知っておきたい偽物の見分け方を伝授します。

ノースフェイスの偽物に注意見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

日本でも有名なアウトドアブランドのノースフェイスですが、本物そっくりに作られた偽物が多く出回っています。ぱっと見るだけでは区別がつかないノースフェイスの偽物の見分け方や注意点、偽物を買ってはいけない理由など詳しくご紹介します。

ノースフェイスとは見出し

そもそも若い世代に絶大な人気を誇るノースフェイスとはどんなブランドなのか説明していきましょう。アウトドアシーンはもちろん、タウンユースとしても活躍するノースフェイスブランドについてチェックです。

アメリカのアウトドアブランド

ノースフェイスは、正式名称をザ・ノース・フェイスといい、1966年にアメリカで創業し、1968年にサンフランシスコで創業者とその妻によって設立されたアウトドアブランドです。

ノースフェイスのロゴに記された特徴的なドーム型は、ヨセミテ国立公園のハーフドームの北壁をモチーフにし、三本のラインは、世界三大北壁と言われるアイガー、マッターホルン、グランジョラスが表現されています。

社名である「ノースフェイス」は、山は北壁の方が険しく、登ることが困難であるところから付けられました。

世界中で愛されている

ノースフェイスは、世界中で愛されているブランドです。極寒の中でも絶える寝袋やテント、アウターウェアは登山家や探検家たちに信頼され、最も人気があるヌプシジャケットは性別や世代を超えて幅広い人達から支持されています。

また、ノースフェイスのシエラパーカーは1970年代の発売当初からデザインがほとんど変わっておらず、普遍的なデザインも世界中の人に愛される理由のひとつになっています。

ノースフェイスのインナーダウンが人気!メンズ・レディースにおすすめの一着は?のイメージ
ノースフェイスのインナーダウンが人気!メンズ・レディースにおすすめの一着は?
人気アパレルブランドノースフェイスには、人気のインナーダウンがたくさんあります。ノースフェイスのインナーダウンは形も様々で、メンズ・レディースと種類豊富に展開しています。そのダウンの暖かさと軽さ、コンパクトさが人気の秘密です。
スノーブーツはノースフェイスが人気!格安・人気商品の特徴など徹底解説!のイメージ
スノーブーツはノースフェイスが人気!格安・人気商品の特徴など徹底解説!
スノーブーツで人気のノースフェイスは、50年ほど前にカリフォルニアのノースビーチに一号店を出店しました。ノースフェイスは、高価な商品は生涯使用可能であるべきであり、それは結果的には環境保護にもつながるという信念の元、機能性の高いスノーブーツを作り続けています。

ノースフェイスの偽物って?見出し

Photo byYong_

世界中で愛されているブランドのノースフェイスですが、実は偽物も存在しています。ノースフェイスの偽物とは一体どういうことなのでしょう。ノースフェイスファンならぜひとも知っておきたいノースフェイスの偽物の詳細を説明します。

コピー品・偽物が出回っている

有名ブランドにはつきものと言っても過言ではない偽物ですが、ノースフェイスにも偽造品やコピー品が存在しています。精度の高い偽物商品も多く、ノースフェイスの偽物を見分けるためには色々なポイントを複合させたトータルな判断が必要となります。

偽物を買うのがよくない理由

Photo by13smok

ノースフェイス好きの方の中には、数万円する正規品より数千円で購入することができる偽物を、敢えて偽物とわかっていて買う人もいます。

しかし、偽物は、商標権や意匠権、特許権の侵害にあたるため法律的に違法です。違法の偽物商品を購入するということは、本物のブランドが積み重ねてきた努力の歴史を否定しブランド自体を冒涜することになります。

何より、自分の好きなブランドであるノースフェイスの偽物を購入することで、偽物と比べ価格の高い本物が売れなくなり、最悪の場合は会社が倒産してしまうこともあります。

実店舗での購入が安心

最近は便利なネット通販の画面上でデザインや色などを確認し洋服を購入する人も増えていますが、実際のところ画像はいくらでも加工が可能です。

また、正規品の写真をアップして、実際販売している商品は偽物ということもよくあります。実際の店舗であっても、お店側が偽物と知らずに販売していることもあるので注意です。

偽物ではないノースフェイスの正規品を購入する最も確実な方法は、ノースフェイスの公式オンラインショップで購入するか、全国に展開されているノースフェイス直営の実店舗に出かけて、実店舗で販売されている商品を購入することです。

フリー写真素材ぱくたそ

どうしても気に入った商品がノースフェイスの公式オンラインショップになく、実店舗も近くにない時には大手の通販サイトで購入することになりますが、大手だからと言って安心はできません。

例えAmazonや楽天で購入する場合でも、販売者の連絡先電話番号が明記されているか、特定商取引に基づく表示が記載されているページがあるかをしっかり確かめてから偽物に十分注意して購入するようにしましょう。

ノースフェイスの偽物と本物の見分け方見出し

通販サイトで購入した商品または実店舗で販売されているノースフェイスの商品が本物か偽物の見分け方はどうなっているのでしょう。近年は色々な技術が発達し、精度の高い偽物やコピー品も多く流通しています。

ノースフェイスの偽物やコピー品にもランクがあり、粗雑に作られていてパッと見ただけで偽物と分かるものから、じっくり見てもなかなか偽物だと分からないクオリティの高いものまであり、偽物と一言でいっても、その中身は実に様々です。

ノースフェイスのクオリティの高い偽物は一つのポイントだけでの見分け方では判別が難しいため、いくつかのポイントを総合して偽物かどうかを考えることが重要です。ノースフェイスの偽物と本物の見分け方をご紹介します。

ロゴマークを確認する

ノースフェイスの最も特徴的なポイントが会社のロゴです。3本のドーム型のラインとNORTH FACEの文字があることで、ひと目でノースフェイスの商品であることが分かります。ノースフェイスの偽物やコピー品は、正規品と比べてよく見ると、ロゴがどこか違っています。

例えば3本のドーム型ラインのバランスが崩れていたりNORTH FACEのロゴのフォントが正規品と違っていたり刺繍がつながっている文字が歪んでいるなど、正規品と比べて注意して見てみると、絶妙ではありますが、微妙に違っています。

細かいところで言うと、NORTH FACEの文字間隔にばらつきがある場合もあるので、注意して見る必要があります。

ファスナーを確認する

ノースフェイスの正規品に使われているファスナーにも特徴があります。ノースフェイスのほとんどの商品にはYKKのファスナーが使用されています。YKKは日本の非金属メーカーで、世界トップシェアを誇る会社です。国内シェアは95%、世界でも45%のシェアがあります。

ノースフェイスで使われているファスナーには会社のロゴにもなっているYKKの文字が刻印されています。

偽物やコピー品のノースフェイスのファスナーには、刻印が全く記されていなかったり別の会社の刻印が入っていたり、例えYKKと刻印されていたとしても文字が歪んでいたり、よく見ると刻印がRKKと似て非なる文字だったりといったことがあります。

ファスナーだけで偽物か本物かを見分けることは難しいですが、ひとつのポイントとして覚えておくと良いでしょう。

タグを確認する

Photo bypadrinan

ノースフェイスの偽物やコピー品の見分け方として、タグを確認する方法もあります。タグは一般的にはそれほどじっくり見る場所ではない為、手を抜いていることも多く、見極めには重要なポイントになります。

ノースフェイスの製品には、しっかりこだわりを持ったタグが付けられています。タグ自体にはとても手触りの良い上質な素材を使っています。製品の取り扱い方法やメンテナンス方法などが詳しく表記され、他のブランドのコラボ商品であれば、その内容もタグに記されています。

数枚のタグが付いているノースフェイスの製品ですが、一番下のタグには、3次構造でキラキラと光沢のあるホログラム加工という特殊な加工でロゴが描かれています

Photo bypadrinan

海外からの輸入品であればメンテナンスの方法に関して翻訳された文章が表記されていますが、偽物やコピー品の場合は不自然な日本語が使われていることも多く、見分け方の重要なポイントとなります。

また、タグに記されている製品が作られた国をチェックするとホームページで公表されている国と違う国が表示されている場合があります。そういった場合も偽物の確率が高くなります。

触って品質を確認する

ノースフェイスの正規品は上質な生地を使って作られていることが多いです。製品そのものはもちろんですが、タグも上質な素材で作られています。素材の良し悪しは実際に自分の手で触ることで分かります。店舗で購入する場合には、必ず素材に触れて品質を確認するようにしましょう。

素材の肌触りはもちろんですが、偽物のほつれや糸の飛び出し、縫いつけの粗さなどもポイントになります。特にノースフェイスのアウターでも使用されているゴアテックスは値段も高価なため、あらかじめのチェックが必要です。

触っただけではわからない場合もありますが、商標登録されているゴアテックスマークの有無や位置ロゴマークの記載使われているゴアテックスの種類などは公式HPの内容と照らし合わせて確認するのがおすすめです。

海外旅行の際は特に注意

Photo by kuzyoken

アウトドアブランドのノースフェイスは登山目的の観光客が多い東南アジアなどで偽物が多く流通しています。特に中国やベトナムに偽物が多く、その理由としてベトナムにはアパレルメーカーの工場が多いためだと言われています。

旅行などでベトナムに行った際、安いノースフェイスを見つけたらまず偽物でないかを疑ってみてください。

ノースフェイスの偽物を買わないよう気をつけよう見出し

Photo byPexels

いかがでしたでしょうか。ノースフェイは人気があるだけに、偽物も多く流通しているブランドです。なるべくノースフェイスの直営店や公式オンラインショップを利用し、間違ってノースフェイスの偽物を買わないように気をつけましょう

投稿日: 2022年5月13日最終更新日: 2022年5月13日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote