地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

釣り用ヘッドライトは種類が豊富!おすすめ人気商品や失敗しない選び方を紹介!

釣り用のヘッドライトは色々な種類が、多くのメーカーから展開されています。非常用やアウトドアにも役立つ口コミ人気の高いヘッドライトをご紹介します。おすすめの人気商品はもちろん、失敗しないヘッドライトの選び方もご紹介!これから夜釣りにチャレンジする方必見です。

口コミ人気が高いおすすめの釣り用ヘッドライトを紹介!見出し

Photo by yto

夜釣りを楽しむときに欠かせないアイテムのひとつがヘッドライトです。コンパクトに持ち運びでき、視線の先をしっかりと照らすことができるヘッドライトが一つあれば、夜釣りがより快適になることは間違いありません。

また、釣り用のヘッドライトは災害時やキャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍します。今回は、釣り用のヘッドライトの選び方のポイントと、口コミ人気の高い釣り用のヘッドライトをピックアップしてご紹介します。

これから夜釣りを楽しもうと思っている方や、災害時にも使える最適なヘッドライトを探している方は必見です。

釣り用ヘッドライトの失敗しない選び方見出し

釣り用のヘッドライトの失敗しない選び方のポイントはどこにあるのでしょう。釣り用のヘッドライトと一言で言っても、実に多くのメーカーが色々なタイプの釣り用のヘッドライトを展開しています。

夜釣りのベテランならともかく、これから夜釣りにチャレンジしようと思っている方など、間違ったヘッドライトを購入してしまわないように、選び方の5つのポイントをしっかりチェックしておきましょう。

明るさで選ぶ

Photo byMyriams-Fotos

夜の釣りなど、ヘッドライトで選び方の重要なポイントになるのは明るさです。明るさは通常ルーメンで表されていて、ライトから放たれる光の量のことになります。

ルーメンの数値が必ずしも明るさと一致するわけではありませんが、ひとつの目安になることは確かです。

Photo byqimono

正確な明るさは、放たれた光の束を一か所に集中させる機能によって測ることができるため、ヘッドライトの選び方としては、ルーメンだけでなく、光を一か所に集中させる機能があるかどうかが重要になります。

釣り用のヘッドライトを選ぶ時には、光を絞る機能がヘッドライトに備わっているかをしっかりチェックしてから選ぶようにしましょう。

電源で選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

ヘッドライトの電源は最近乾電池からリチウムイオン電池が主流になってきています。選び方のポイントとして、リチウムイオン電池はUSBケーブルなどを使って繰り返し充電して使用できるのでランニングコストとしては乾電池よりも安く済むのがメリットです。

充電がスムーズにできる専用のリチウムイオン電池を電源として使用しているヘッドライトもあり、素早く充電でき便利です。

機種によっては乾電池とリチウムイオン電池の両方を使用できるようになっているヘッドライトもあるので、選び方としてしっかり電源をチェックしましょう。

装着方法で選ぶ

Photo byfelix_merler

ヘッドライトは名前の通り頭部に装着するタイプのライトですが、ベルトの長さを調節することで首から装着してネックライトのように使用することもできます。

ヘッドライトは頭の動きに光が追従するので、視線の先を自然に照らすことができ、釣りなどにはとても便利です。しかし、どうしても頭部に装着するため、多少の締め付けを感じてしまいます。

Photo byPublicDomainPictures

首から下げられるだけのベルトの余裕があるものを選ぶと、必ずしもライトが頭部にある必要のないときには首に下げておくこともできますし、頭の動きに関わらず正面を照らすこともでき便利です。

ヘッドライトの選び方のポイントとして、ベルトの長さやネックライトとして使用できるかなどもチェックしておくと良いでしょう。

連続点灯時間で選ぶ

Photo byxaviandrew

夜釣りなどを楽しむ場合や、夜間の作業などで長時間ヘッドライトを使用する場合は、連続点灯時間も選び方の重要なポイントになります。連続点灯時間は、乾電池やリチウムイオン電池を入れてライトを使用したときに、連続して使用できる最大時間のことです。

明るさのモードによって設定されていることがほとんどですが、どれくらいの明るさがどの程度の時間必要なのかによって、選ぶライトは変わってきます。

自分がヘッドライトを何目的で購入するのかをはっきりさせ、必要な連続点灯時間をしっかりチェックする選び方をしましょう。

機能性で選ぶ

Photo by the-unwinder

ヘッドライトの選び方として、そのほかの機能も重要です。例えば重量に関して、あまり重すぎるものは長時間の使用には向きません。一般的に明るさのあるヘッドライトはバッテリーの重さとのバランスをとるために両者が分離しているのが一般的です。

大容量のバッテリーを搭載したり、乾電池の本数を増やすことで明るさを確保しているのですが、人によっては後頭部にバッテリーのあるタイプは肩や首が凝るという人もいます。

長時間ヘッドライトを装着して作業する方などは、選び方のポイントとして重量や機能をしっかりチェックすることをおすすめします。

ヘッドライトおすすめ21選!登山やキャンプ・釣り・防災まで幅広く活用できるのイメージ
ヘッドライトおすすめ21選!登山やキャンプ・釣り・防災まで幅広く活用できる
両手が自由に動かせるヘッドライトは登山や災害時にはとても便利なアイテムです。釣りやキャンプなどアウトドアシーンでも大活躍。ヘッドライトの選び方や釣りやキャンプなどにおすすめのヘッドライト、本格登山におすすめのヘッドライトなどたっぷりご紹介します。
ペツルのヘッドライトはアウトドアに欠かせない!おすすめ13選紹介!のイメージ
ペツルのヘッドライトはアウトドアに欠かせない!おすすめ13選紹介!
ペツルはアウトドアには欠かせないヘッドライトを多数販売している人気ブランドです。ここではペツルのヘッドライトの中からおすすめ商品をご紹介します。防水性・明るさ・サイズなどそれぞれのモデルの特徴をみてペツルのヘッドライト選びの参考にしてください。

防水機能付きでシンプルなおすすめの釣り用ヘッドライト見出し

Photo byneymark195

防水機能の付いたシンプルなヘッドライトは、夜釣りに必要な機能を最低限備えた便利なヘッドライトです。とにかく夜釣り専用の使いやすいヘッドライトを探している方はぜひこちらのタイプのヘッドライトがおすすめです。

雨天時だけでなく、夜釣りでは何かと安心な、防水機能付きのシンプルなおすすめのヘッドライトをご紹介します。人気のあるライトばかりなのでぜひチェックしてください。

Heikali LEDヘッドライト

Photo byjplenio

光学凸レンズ、CREE XM-L T6ライトが採用され、1200ルーメンの均一な明るさが魅力の人気のライトです。ヘッドライトは角度を90°調整することができ、ズーム機能でフォーカスも調整でき最大500m先まで照らすことができます。

ボタンを三秒押すことで、手をかざすだけで明るさの切り替えができるセンサーに切り替えることも可能です。

Photo byPexels

重量は100g、IP65防水防塵仕様、USB充電ケーブルを使って、5V出力アダプター、USB充電器、ラップトップ、コンピューター、モバイルバッテリー、USB対応デバイス等で充電可能です。

また、4000mAhのバッテリーを内蔵しているので、Android・iPhoneなどスマートフォンの充電が出来ます。電池残量指示ランプが付いているのも安心です。優れた防滴と耐衝撃機能、キャンプ、夜釣りにおすすめです。

ZHENWEI LEDヘッドライト

Photo byColiN00B

12000ルーメンの明るさ、照射距離は500mにも達するパワフルな釣り用のヘッドライトです。使用時間は100,000時間で、調節がかんたんな細いバンドで首から掛けることができるので持ち運びも便利です。

モーションセンサーを搭載していて手をかざすだけでスイッチのオンオフを切り替えることができます。自転車、夜釣り、災害時、暗がりでの作業、地震対策、停電などにぜひおすすめです。

電池は18650型の充電池で、4点灯モード調節可能、防水LEDヘッドライトを採用しています。中間のライト点灯、左右2つのライト点灯、3つのライトとも点灯、5灯フラッシュの4つのモードがあります。 中間のライトにはズーム機能があり、拡散と遠方を照らすことが可能です。

ジェントス ヘッドウォーズ HLP-1801

Photo byAJS1

単四電池3本を使用し、200ルーメンの広範囲に照射できる光源の周囲にリフレクターを配置している釣り用のヘッドライトです。ズーム機能はありませんが、堅牢性・防水性に優れ広く見やすい照射が特徴です。

明るさは200ルーメンと50ルーメンの2段階。シチュエーションに応じて使い分けができます。ヘッド部分は可動式で、垂直の状態から80度開くことができます。

電池ボックスは後頭部に装着する別体式なので装着時の前後の重量バランスがとれて快適です。電池ボックスには赤色の後部認識灯が搭載されていて、作業現場などでの危険性を低減します。

電池ボックス、ライト本体部ともに樹脂製で軽量ながら、防塵防水IP64、落下耐久性1mと耐久性に優れ、屋外でも安心して使用できます。極端な大光量を求めない方なら、誰でも使いやすいおすすめのヘッドライトです。

長時間点灯できるおすすめの釣り用ヘッドライト見出し

夜通し釣りを楽しみたい人にとっては長時間点灯できるヘッドライトがおすすめです。最近のヘッドライトはリチウムイオン電池を使用しているものが多くなっています。

フル充電した状態でどれくらいの点灯時間があるのか、また充電が切れてしまった場合は短時間で充電することができるのかなど電池切れには不安が付きまといます。

初めから長時間点灯できるヘッドライトを購入しておけば、電池切れになる心配もなく安心です。口コミ人気の高い長時間安心して使用できるおすすめのヘッドライトをご紹介します。

ジェントス LEDヘッドライトCP-095D

Photo byjniittymaa0

単三電池1本で、ハイモード7.5時間、エコモードで20時間、5mm赤色LED65時間点灯可能な、重量65gの軽量で長時間点灯できる釣り用の人気の釣り用のヘッドライトです。

最大照射距離は約55m、光源の周囲にリフレクターを配置することで広範囲をきれいに照射することができます。赤色LEDは暗闇のまま視界を確保することができ、耐塵・防滴と1m落下耐久もついているので釣りだけでなく細かな作業などにも便利です。

ライト部分は90度可動式ヘッドで、Highモード、Ecoモードを点灯してから数秒後にスイッチを押すことで、すぐに消灯することができるインスタントオフスイッチです。

冨士灯器 ゼクサス ZX-R370

メインLEDの点灯し時間は約6時間から約45時間で、サブLEDは約30時間点灯し続けることができる釣り用のヘッドライトです。

専用充電池ZR-02は本体から取り外しできて直接充電できるのですぐにバッテリー交換も可能です。ZR-02はスマホなど様々な機器を充電する事ができ、災害時には、コンパクトなパワーバンクとしても使えます。

明るさを調整できるディミングメモリー機能が搭載され、電池残量が一目でわかるインジケーターも装備されています。サブLEDはPEラインでも見やすい電球色×2、赤色×2です。明るさは約830ルーメン、重量は114gです。

軽量で使いやすいおすすめの釣り用ヘッドライト見出し

Photo bykalhh

釣り用に限らず、ヘッドライトはゴム状になっているベルトバンドによって頭部に装着して使うライトです。

ベルトに調節機能はついていて、自分のサイズにぴったり合わせて装着することは可能ですが、やはりライト自体の重量があると、いくらフィット感があったとしても首や肩が凝ってしまいます。

そのため、釣り用には軽量のヘッドライトがおすすめです。つけていることを忘れてしまうほどの軽量でコンパクトなヘッドライトは、装着しっぱなしで夜釣りを楽しみたい人には最適。口コミ人気の高い軽量で使いやすいおすすめの釣り用ヘッドライトをご紹介します。

Litom LEDヘッドライト HP3A-S1

Photo bygeralt

単4電池3本使用ですが、電池使用時でも重量は91gしかない手のひらサイズの軽量の釣り用のヘッドライトです。

モーションセンサーによるスイッチのオンオフが可能な両手が使える夜釣りに便利なヘッドライトです。明るさは168ルーメン、照射距離最大約110メートル。IPX6防水仕様で雨や雪の時も使えます。照射方向は65°まで3段階で調節可能で、夜散歩、耳掻きにも便利です。

点灯時間は、ハイライトモード30時間、ミドルライトモード55時間、ローライトモード120時間と長持ち。ミドルライトモード、SOSがあり、市販の単4形アルカリ乾電池にも対応し、地震、停電など万が一の時にも役立ちます。

ジェントス NRシリーズ NR-004R

Photo by yhy_jp

リチウムポリマー充電池3.7V450mAh内蔵の重量46gの超軽量な釣り用のヘッドライトです。チャージングインジケーター搭載で充電中の充電状態もしっかりわかります。

ライト部分は50°可動式になっていて、クリップライト、ヘッドライトの2WAYでの使い方が可能です。多数のLEDチップを密集して基盤に直接実装した光源になっているため、多灯式に比べると多重影ができにくく、照射範囲も広い特徴を持っています。

点灯時間はハイモード2.5時間、ミドルモード6時間、エコモード9時間です。明るさは120ルーメン、耐塵・防滴仕様で、2m落下耐久もあります。

明るさが強いおすすめの釣り用ヘッドライト見出し

Photo by12019

釣り用のライトに限ったことではありませんが、明るさは一般的にはルーメンという単位で表すことができます。

ルーメンの高いヘッドライトはより対象物をはっきりと見たい人におすすめです。また、ルーメン自体がそれほど高くなくても、光の具合によって見やすいヘッドライトもあります。口コミで人気のあるおすすめの明るいヘッドライトをご紹介します。

NINE FLOWERS LEDヘッドランプ

Photo byMorgan4uall

光学凸レンズ、CREE XM-LT6ライトを採用した、均一な発光で最強1200ルーメンの明るさと照射距離最大約500mに達する釣り用のヘッドライトです。

大容量バッテリー、点灯モードによってフル充電で約5から10時間の使用が可能で、充放電で繰り返し使用できます。USB充電ケーブルで充電可能です。

ヘッドライトはセンシング機能が搭載してあるで、手の動きを感知してオンとオフが可能。ライト部分は、約90°調整可能、自分の必要によって、適切な照射角度を調整できます。バッタリーボックスにはレッド警告指示ライトもつき、夜間や悪天候でも安心です。

防水と防塵機能もついて、重量は約201g、長時間頭部に着けていても疲れずコンパクトで持ち運びも便利です。

ジェントス ヘッドウォーズ HLP-1804

Photo bystevepb

単三電池3本を使用し、最大350ルーメンの明るさのレンズ式ズーム機能を搭載した釣り用のヘッドライトです。手元からより遠方までの明るさは350・150・50ルーメンの3段階でシチュエーションに応じて使い分けが可能です。ヘッド部分は可動式になっていて3段階に調節が可能です。

電池ボックスは後頭部に装着する別体式になっているので装着時のバランスも抜群です。電池ボックスには後部認識灯が搭載されているので夜間作業時も安心です。

防塵防水IP64、落下耐久性1m、屋外でも安心して使用できます。照射時間はハイモード8時間、ミドルモード17時間、エコモード55時間で、重量は206gです。

レッドレンザー LEDヘッドライト H3.2

Photo by t.shigesa

バッテリーボックスに配置した調光レバーによって絶妙な明るさを調節できる120ルーメン、照射距離100mの釣り用のヘッドライトです。くっきりとムラのない配光のため数値以上の明るさを感じると評判です。

丈夫なアルミ合金のヘッドはフォーカスレンズが搭載され、遠方を照らすことも、手元を明るく照らすことも可能です。ヘッド部分は角度調節も可能ですが、ベースプレートは動かないので調整時もライトの光がぶれません。

単4アルカリ電池3本使用で、店頭時間はパワーモード6時間、ローモード60時間、重量は133gです。

Tomo Light CMA-1001LT

Photo by Peter Webb Photography

明るさ3734ルーメン以上の仕様で、照射距離は500mの釣り用のヘッドライトです。T6LEDライト3つ、XPELEDライト2つを装備しています。

真ん中1つ点灯、左右2つ点灯、3つ全部点灯、弱めのライト2つ点灯、全て点灯、5灯ストロボフラッシュのSOS信号機能の6つのモードをLEDヘッドライトのスイッチボタンで切り替えることができます。

ライト部分は上下90度まで照射角度を調節できます。正面から足元まで照らすことができますのでジョギングから、夜釣りまで利用することができます。後頭部部分のバッテリーケースには安全ライトがついているので夜間、悪天候の仕事の安全性も確保できます。

18650型充電池使用の充電式で、電池使用時の重量は254gです。防滴機能はありますが、雨天時の使用は非推奨です。

多機能でおすすめの釣り用ヘッドライト見出し

Photo byIts_Jubair

明るさ、軽さ、扱いやすさなど色々な機能が充実している人気の釣り用ヘッドライトもあります。夜釣りで必要となるポイントをしっかり押さえた、機能のバランスの良い人気のヘッドライトをご紹介します。

これから夜釣りにチャレンジしようと思っている方も、とりあえずこちらを購入しておけば安心です。多機能でおすすめの釣り用ヘッドライトを3選ご紹介です。

Ledlenser LEDヘッドライト H8R

Photo by1632224

プロも愛用する明るさと軽さと点灯時間の3つのポイントのバランスのとれた人気の釣り用のヘッドライトです。

大容量18650形リチウムイオン充電池を使用し、明るさは最大600ルーメン、照射距離は150m、点灯時間は最大120時間です。

ヘッドのフォーカスリングを回転することによって無段階に光のビームパターンを調節することができ、ヘッド部分は可動調節機能もついています。

USB3.0を介した高速充電機能によりスピード充電も可能で、専用充電池は6時間もちます。電池使用時の重量は158g、防水機能もついています。

ROUTE371 LEDヘッドライト SP-260R

Photo by Rod Waddington

通販サイトでも絶大な人気を誇る釣り用のヘッドライトです。機能性、デザイン性、タフさなどすべてがそろっているオールインワンのライトで、お手頃な値段で購入することができます。

センシングモード中はセンサーに手をかざすだけで素早くオンオフが切り替えられ、SP-260R独自の色温度設定で明るすぎて見えにくいこともありません。単三電池3本で連続点灯14時間が可能です。

IP67防水防塵1.5m落下耐衝撃。登山ロッククライミング作業や停電などでも安心して使うことができます。

電池ボックスには後部視認用の赤色ライトが備り、屋外で自分の居場所を周りに知らせるのに役立ちます。電池ボックス中央のバンドを取り外せば、首にかけて使用することも可能です。重量は130gです。

冨士灯器 ゼクサス ZX-S700

Photo byTheDigitalWay

通販サイトの口コミ人気の高いおすすめの釣り用のヘッドライトです。ネックベルトが標準で付属していて、長時間装着しても疲れません。どの状態からでもスイッチを長押しすることでLED光量を10から100%まで無段階に調節できます。

また、調節した明るさを記憶し次回の点灯時に同じ明るさを継続できるディミングメモリー機能も搭載されています。

防水性能IPX5がついているので、あらゆる方向からの噴流水による被害もありません。後部認識灯は赤・緑・青に切替え可能です。明るさは800ルーメンで、単三アルカリ電池4本使用、重量は194gです。

夜の釣りにはヘッドライトが必須アイテム!見出し

Photo bychiplanay

いかがでしたでしょうか。夜の釣りにはヘッドライトが必須アイテムです。選び方のポイントをしっかり押さえて、自分が一番使いやすい釣り用のヘッドライトをぜひ選んでみてください。非常用にもぜひおすすめです。

投稿日: 2022年7月31日最終更新日: 2022年7月31日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote