ヘッドライトおすすめ21選!登山やキャンプ・釣り・防災まで幅広く活用できる

2019年8月3日 (2019年8月3日最終更新)

両手が自由に動かせるヘッドライトは登山や災害時にはとても便利なアイテムです。釣りやキャンプなどアウトドアシーンでも大活躍。ヘッドライトの選び方や釣りやキャンプなどにおすすめのヘッドライト、本格登山におすすめのヘッドライトなどたっぷりご紹介します。

目次

  1. ヘッドライトおすすめモデルを徹底調査!
  2. ヘッドライトが活躍するシーン
  3. ヘッドライトをどのように選べばいいの?
  4. おすすめのヘッドライト 9選
  5. ヘッドライトで大きなシェアを持つ「ジェントス」
  6. ジェントス製のおすすめヘッドライト 12選
  7. 登山に最適なヘッドライトの選び方
  8. ヘッドライトの情報とおすすめモデルをご紹介!

ヘッドライトおすすめモデルを徹底調査!

皆さんはご家庭にヘッドライトはありますか?ヘッドライトは使ってい見ると思った以上に便利なアイテムです。仕事で使っている方はもちろんですが、防災用やアウトドアシーンなどでも作業できる手が2本あるというのはかなり便利。一度使えばその良さがわかるヘッドライトについて詳しくご紹介しましょう。

ヘッドライトの選び方や人気のモデルの基本スペックやおすすめポイントを掲載

ヘッドライトの選び方や人気のモデルの基本スペックをご紹介しましょう。おすすめのポイントや利用シーンなど選び方の参考になるような情報をご紹介します。

使い勝手の良いヘッドライトを選んでぜひ生活の色々なシーンで利用してみてはいかがでしょう。

ヘッドライトが活躍するシーン

ヘッドライトはしっかりとヘッドに固定される分、両手が自由になり、色々な作業が可能になるという利点があります。

そんなヘッドライトはどんな時に便利なのでしょう。ヘッドライトが活躍する様々な場面をご紹介しましょう。

登山でヘッドライトを利用する

ヘッドライトは登山で大活躍します。山は天気が変わりやすく、晴れていたと思っても急に曇って暗くなったり、霧がでて前が見えなくなることもあります。また、日帰りの登山でも思わぬアクシデントで日が暮れてしまうこともあります。宿泊しながら縦走する場合はもちろんですが日帰りの登山でもヘッドライトは必需品です。

キャンプでヘッドライトを利用する

キャンプシーンでもヘッドライトは大活躍です。夜にテントから移動する場合やテントの中で細かな作業をする場合などヘッドライトがあると便利なことばかりです。キャンプでは何かと作業することが多いので、両手が自由に使えるヘッドライトは必需品といえるでしょう。

釣りでヘッドライトを利用する

夜釣りでもヘッドライトはなくてはならないアイテムです。特に針にエサをつけたり細かい作業が多い夜釣りではしっかり対象を照らせるようなヘッドライトが向いています。ヘッドライトをつけることですべての作業がスムーズに進むのでぜひおすすめです。点灯時間はそれほど長くなくても一晩持つものであればかまいません。

防災でヘッドライトを利用する

防災用にヘッドライトを常備しておくことも重要です。大きな災害の場合などは両手が開いていることはとても重要なことです。子供がいるご家庭などは特にヘッドライトは必需品です。停電になった場合、ヘッドライトがあれば料理も簡単に出来ます。また防災用で使うヘッドライトはハイブリッドモデルか乾電池モデルがおすすめです。

Original登山用ヘルメット人気ランキングTOP25!選び方・軽量アイテムもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
このページでは、最近人気の登山用ヘルメットに着目し、登山用ヘルメットの選び方のご紹介後に、最...

ヘッドライトをどのように選べばいいの?

そもそもヘッドライトの選び方のポイントはどこにあるのでしょうか。デザイン性?機能性?それとも値段?初めてヘッドライトを買う場合、選び方に関してはとても迷ってしまいます。

しかしヘッドライトを使用する目的やシーンを想像すると必要なヘッドライトはおのずとわかってくるはず。ヘッドライトの選び方のポイントとなる3つをご紹介しましょう。

(1)機能面でみておすすめヘッドライトモデルを選ぶ

1つ目の選び方のポイントは機能面。販売されているヘッドライトにはいろいろな機能が搭載されています。

明るさの段階調節やスイッチを切り替えなく手もセンサーで切り替えが可能なヘッドライト、さらに防水性や落下耐性などがしっかりついているものもあります。どんな場面でどのような使い方をするかで必要な機能がしっかり備わっているものを買いましょう。

(2)使用電源の種類でおすすめヘッドライトモデル選ぶ

2つ目の選び方のポイントは使用電源。ヘッドライトには使用電源にも違いがあります。アルカリ乾電池、リチウム電池、USB充電やそのどちらも可能なハイブリッドもあります。

防災用や長時間利用する場合はハイブリッドタイプがあるととても便利です。万が一充電が切れてしまった場合でも電池が使えるという安心感は何物にも代えがたいポイントです。

(3)明るさのレベルでおすすめヘッドライトモデルを選ぶ

3つ目の選び方のポイントは明るさ。明るさのレベルも重要です。キャンプや登山など全体的に広く照らしたい場合や暗闇の中で細かな作業をする場合では必要な明るさや照らし方も変わってきます。必要以上の明るさはエネルギーを無駄に使うことにもなりますので最低限必要な明るさを確保して購入するのがおすすめです。

おすすめのヘッドライト 9選

キャンプや泊りの登山などアウトドアシーンでは欠かせないヘッドライト。明るさや機能性など色々な選び方のポイントを考慮し、おすすめのヘッドライトを9選ご紹介します。それぞれのスペックや特徴を記述していますのでぜひ選び方の参考にしてライフスタイルに最適なヘッドライトを見つけてみてください。

1:おすすめヘッドライトモデル:ZHENWEI 8000ルーメン LEDヘッドライト

おすすめヘッドライトモデル、ZHENWEI 8000ルーメン LEDヘッドライトは充電式のヘッドライトが3本備わり最大8000ルーメンの明るさで照射可能なヘッドライトです。

キャンプ時の夜間作業や登山、夜釣りにも便利です。ジェスチャーセンシング機能で手をかざすだけで動きを感知し点灯モードや消灯モードへと切り替わります。ヘッド部分は角度を90度まで変えることができるのでとても便利です。本体重量210g、バッテリーフル充電で点灯時間は3~7時間です。

2:おすすめヘッドライトモデル:N-FORCE ヘッドランプ SP-260R

おすすめヘッドライトモデル、N-FORCE ヘッドランプ SP-260Rはセンシング機能搭載のヘッドライトです。単3電池3本使用で連続点灯14時間が可能です。

夜間作業や防災用としても役立ちます。本体重量は130g、防水機能や防塵機能もついていて、1.5m落下耐衝撃もついているので作業用としても安心して使えます。キャンプや登山、釣りなど色々な場面で利用できます。

3:おすすめヘッドライトモデル:Wild Scene LEDヘッドライト 充電式

おすすめヘッドライトモデル、Wild Scene LEDヘッドライト 充電式は最大180度の角度調節であらゆる方向を照射することができるヘッドライトです。

600ルーメンという明るさで4つの点灯モードが搭載されていてキャンプや登山、夜釣りなど様々なアウトドアシーンで利用することが出来ます。270gほどと軽量なので頭部の負担もほとんどありません。リチウム電池ですがUSB充電もあります。フル充電は8時間で連続照射時間は3~5時間です。防災グッズとしてもおすすめです。

4:おすすめヘッドライトモデル:Nikatto ヘッドランプ+多機能収納ボックス

おすすめのヘッドライトモデル、コンパクトでスタイリッシュなデザインが魅力のNikatto ヘッドランプ+多機能収納ボックスはヘッドライトの角度を自由自在に変えて利用することが出来ます。

70gという軽さでストラップも長いため長時間装着しても締め付け感がありません。円形でムラの少ない均一の光を照射することができるので登山や釣り、キャンプでは大活躍間違いなしのヘッドライトです。5つの点灯パターンがあり、電源は単4アルカリ電池のLED。消費電力が少ないので長寿命もうれしいポイントです。

5:おすすめヘッドライトモデル:SHENKEY LEDヘッドランプ

おすすめヘッドライトモデル、SHENKEY LEDヘッドランプは7つの明るい点灯モードを搭載しているLEDのヘッドランプです。センサー機能搭載で10cm以内の手の動きを感知して自動的に点灯させたり消灯させたりします。

USB充電式で4時間充電で最大で連続24時間の使用が可能です。本体は70gととても軽量でゴムバンドの通気性や伸縮も良いのでヘッドへの負担も軽く快適です。キャンプ、登山、夜釣りなどはもちろん、自転車修理や防災用としても活躍します。

6:おすすめヘッドライトモデル:Litom LEDヘッドライト センサー機能

おすすめヘッドライトモデル、Litom LEDヘッドライト センサー機能は防災用の防水機能搭載、ジェスチャーセンシング機能も付いた便利なヘッドライトです。明るさは168ルーメンで照射距離は最大約110mほど。市販のアルカリ単4電池に対応していて最大120時間点灯させることが出来ます。防災用に一つ家においておくといざという時に便利です。

7:おすすめヘッドライトモデル:Aukelly LEDヘッドライト

おすすめヘッドライトモデル、Aukelly LEDヘッドライトは1200ルーメン、最大照射距離800m可能なヘッドライトです。

無段階ズーム機能がついていて、近距離を幅広めに照射し、長距離を遠方までむらなく均一に照射することが可能です。USB充電でフル充電すると4~9時間稼働可能です。本体重量は181gで防水機能もついています。近距離は幅広く、遠距離はより遠くまでむらない光が実現。キャンプ、夜釣り、登山、防災時にも活躍するヘッドライトです。

8:おすすめヘッドライトモデル:SGODDE LEDヘッドライト

おすすめヘッドライトモデル、SGODDE LEDヘッドライトはアメリカの有名LEDメーカーのチップを採用し、全点灯モードで最大1万ルーメンという超高輝度な明るい光を放つヘッドライトです。暗闇でも快適に使えるのでキャンプはもちろん登山用や防災用としてもおすすめ。

最大500m遠方まで照射が可能です。重量は170g、防水性にも優れ、使用環境に応じて光の明るさを変化させられます。

照射角度を90度まで調節できるのでピンポイントで照らすことができるのも便利で夜釣りにもおすすめです。充電式で充電時間6時間で4~7時間点灯可能です。

9:おすすめヘッドライトモデル:LEDLENSER LEDヘッドライト H8R

おすすめヘッドライトモデル、LEDLENSER LEDヘッドライト H8Rはワイドビーム、スポットビームと無段階で切り替えが可能なヘッドライトです。質の良い光で、光の照射方法が変化させられるので使用環境に応じて自由自在に照らしたい場所を照射できます。

フィット感に優れたソフトバンドも採用していて長時間装着でも疲労感が少ないのも魅力です。最大600ルーメン、夜釣りやキャンプ、登山に最適です。本体重量は158g、USB充電で充電時間6時間で高光量の倍は1時間半ほどです。安全確保程度の光量の場合は3時間位が目安です。

ヘッドライトで大きなシェアを持つ「ジェントス」

ヘッドライトで大きなシェアをもつジェントスはLEDライトメーカーでヘッドライトのラインナップも実に多種多様です。

照射能力や耐久性にも優れたハイクオリティなヘッドライトであるにも関わらずリーズナブルな価格設定でキャンパーにもとても人気があります。

電池の種類は3種類

ジェントス性ヘッドライトの電池の種類は3種類あります。従来のスタイルの乾電池使用モデル、充電式モデル、ハイブリッドモデルの3種類でハイブリッドモデルは充電もアルカリ乾電池も使用できるモデルでとても便利です。どれを選ぶかは使う人のライフスタイルに合わせるのが良いでしょう。

利用シーンによってヘッドライトを選ぶ

利用シーンに応じてヘッドライトを選ぶことも重要なポイントです。明確に利用目的が決まっている場合は、その目的をしっかりと果たすヘッドライトを選ぶようにしましょう。キャンプや日帰り登山、夜釣り、防災用など目的に応じた明るさや機能性をしっかりチェックしましょう。

ジェントス製のおすすめヘッドライト 12選

日本で大きなシェアを誇るジェントス製のおすすめヘッドライトを12選ご紹介していきましょう。

それぞれのスペックや特徴をしっかりとチェックして最適なヘッドライトを選んでみてください。信頼性も高いジェントスのヘッドライトはぜひおすすめです。

10:おすすめヘッドライトモデル:ティーレックス TX-540XM

おすすめヘッドライトモデル、ティーレックス TX-540XMはリチウム電池2本使用モデルのヘッドライトです。明るさは520ルーメンで点灯時間は最大で40時間あります。照射距離は139m、本体の重量は153gです。アルミニウムの素材でできているのでとても軽量でスイッチロック機能も搭載されています。

しっかりと頭に固定されるのでズレずに暗がりでの作業ができます。中心から光が広がる照射なので数字よりもより明るく感じるのが特徴です。

マックスの明るさでは3時間の点灯時間なので防災用の予備として持っていると便利です。キャンプや夜釣り、山登りにもおすすめです。

11:おすすめヘッドライトモデル:GDシリーズ GD-002D

おすすめヘッドライトモデル、GDシリーズ GD-002Dは充電式モデルの500ルーメンの明るさを持つヘッドライトです。専用電池もしくは単3形アルカリ乾電池4本を使用します。点灯時間は最大55時間、照射距離は60m、本体重量は295gです。

2m落下しても大丈夫な耐久性と防水性、耐塵性もあり、円形照射なのでスポットビームからワイドビームまで無段階に調節が可能です。防災用におすすめ。もちろんキャンプや登山、夜釣りでも大活躍します。

12:おすすめヘッドライトモデル:Gシリーズ GH-003RG

おすすめヘッドライトモデル、Gシリーズ GH-003RGは500ルーメンのヘッドライト。最大照射距離は60mありたい水性もあります。重量は電池を法組295g。照射時間は最大55時間あります。ヘルメットなどに装着して快適に使える現場で愛されているヘッドライトで機能性抜群です。

13:おすすめヘッドライトモデル:GT-500シリーズ GT-505R

おすすめヘッドライトモデル、GT-500シリーズ GT-505Rは充電式モデルの明るさ320ルーメンほどあるヘッドライトです。最大点灯時間は90時間で照射距離は54m、本体重量は145gととてもけいりょうです。専用の充電池を使い300回の充電が可能です。モーションセンサーも搭載されているので簡単に点灯・消灯操作が出来ます。

14:おすすめヘッドライトモデル:GT-100シリーズ GT-105R

おすすめヘッドライトモデル、GT-100シリーズ GT-105Rは充電式モデルで明るさ320ルーメンのヘッドライトです。専用充電池により最大点灯時間は90時間です。照射距離は54mほどあるので夜釣りやキャンプなどの時に使えます。3段階調光できるスイッチがあり、シンプルで使いやすいのが特徴です。防災用の予備としてもおすすめです。

15:おすすめヘッドライトモデル:GT-300シリーズ GT-305R

おすすめヘッドライトモデル、GT-300シリーズ GT-305Rは充電式モデルの320ルーメンの明るさがあるヘッドライトです。専用充電池でリアライトの点灯時間は90時間あります。照射距離は54m、重量は155gと軽量です。

ヘッドライトが周囲の明るさに応じて自動調光してくれるのがとても便利。常に最適な光量で使うことができるのがポイントです。もちろん防水、防塵にも優れていて、キャンプ時、登山など防災時にも最適です。

16:おすすめヘッドライトモデル:ヘッドウォーズ HW-000X

おすすめヘッドライトモデル、ヘッドウォーズ HW-000Xは乾電池使用モデルのヘッドライトです。明るさは300ルーメンほどで最大点灯時間は150時間。照射距離は176mで重量は198g、使用電池は単3アルカリ乾電池3本です。最新型のLEDを使用し、エネループ電池も使えます。キャンプ、登山、夜釣り、防災用にも便利です。

17:おすすめヘッドライトモデル:Gシリーズ GH-001RG

おすすめヘッドライトモデル、Gシリーズ GH-001RGはハイブリットモデルのヘッドライトです。明るさは300ルーメンで照射距離は78mほどあります本体重量145g、専用充電池もしくは単4形アルカリ乾電池4本を使い、最大点灯時間は54時間です。

洗練されたフォルムとアンチコーティングシステムで傷つきにくいのがポイントです。急な充電切れでも安心のヘッドライトで防災用におすすめです。

18:おすすめヘッドライトモデル:ガンビット GB-33TFT

おすすめヘッドライトモデル、ガンビット GB-33TFTは乾電池使用モデルのヘッドライトです。240ルーメンの明るさで赤色LED点灯は120時間あります。光を拡散するスライド式ディフューザーレンズを採用しているので近くの周辺を照らすのに最適です。防災用としてあると便利なライトです。

19:おすすめヘッドライトモデル:ヘッドウォーズ HW-999H

おすすめヘッドライトモデル、ヘッドウォーズ HW-999Hは乾電池使用のヘッドライトで230ルーメンの明るさがあります。点灯時間は単3アルカリ電池3本で最大60時間、サブLEDのないシンプルなタイプで照射範囲が正方形に近い形なのもポイントです。キャンプや防災時に役立つヘッドライトです。

20:おすすめヘッドライトモデル:GT-500シリーズ GT-501D

おすすめヘッドライトモデル、GT-500シリーズ GT-501Dは乾電池使用モデルのヘッドライトです。明るさは210ルーメンほどあり、リアライト点灯時間は100時間です。単3アルカリ電池3本使用します。照射距離は42mで本体重量は180g。センサースイッチモードがついているので簡単に操作できるのがポイントです。

21:おすすめヘッドライトモデル:LED ヘッドライト インスタントオフスイッチ

おすすめヘッドライトモデル、LED ヘッドライト インスタントオフスイッチは乾電池使用モデルで明るさ300ルーメンあるヘッドライトです。

単3電池を3本利用します。フォーカスコントロールがついているので無段階に調節が可能、インスタントオフスイッチで点灯してから数秒後にスイッチを押せば即座に消灯します。本体重量は206gで80時間の連続点灯時間が可能です。

登山に最適なヘッドライトの選び方

ここで特に本格的な登山に特化したヘッドライトをご紹介しましょう。本格的な登山に必要なヘッドライトの選び方としてポイントになるのは照度調整機能やレッドライト、緊急時連続点滅信号がついているものをチョイスすることです。

本格的な登山のヘッドライトの選び方として、キャンプのことだけを考えれば照度調節機能がついているだけで十分です。しかしせっかっく登山するなら天体観測や野生動物の観察なども楽しみたいもの。そんな時はレッドライトが必要になります。

また、緊急時に助けを求める点滅信号機能もあると安心です。さらに地図などを確認する時には白色のLEDだと明るすぎて見にくい場合があります。暖色のLEDがあると目に優しくおすすめです。

ブラックダイヤモンド ストームBD81089

ブラックダイヤモンドのストームBD81089は小型のボディーですがバッテリー残量メーターのついている登山にピッタリのヘッドライトです。

低温時にバッテリーに発酵熱を還元してバッテリーを温めるヒートシンクを装備していて、さらに乾電池でも使用可能です。光は白、赤、緑色があります。防水機能あり、ロックアウト機能あり、重量は電池込みで110gと軽量です。明るさは250ルーメンあります。

モンベル パワーヘッドランプ (#1124586)

モンベルのパワーヘッドランプ (#1124586)は最長120時間の照射が可能なヘッドライトです。バランスのとれた作りで入門者はもちろん予備のライトでもっているのにもおすすめのライトです。

明るさは160ルーメンで白色LEDと自然色LEDの光があり、通常の縦走登山なら十分な明るさです。57gと超軽量でできるだけ荷物を軽くしたい本格登山には最適です。

ヘッドライトの情報とおすすめモデルをご紹介!

いかがでしたでしょうか。キャンプや登山、防災時などに使えるヘッドライトの選び方やおすすめの21のアイテムご紹介しました。目的に応じて明るさや耐久性、持続時間などしっかりチェックして最適なヘッドライトを購入してください。暗闇をテラスヘッドライトはアウトドアシーンや防災時にはなくてはならない必須アイテムです!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nyaokaka

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ