地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ゴアテックスの凄さを徹底リサーチ!素材や特徴・機能性など詳しく紹介!

ゴアテックスを使ったアイテムは天候を気にせずアウトドアを楽しみたい人にはなくてはならない存在のひとつ。ゴアテックスの凄さや素材の特徴、お手入れ方法など詳しくご紹介します。ゴアテックステクノロジーについて知りたい方も要チェックです。

雨の日のアウトドアにはゴアテックスがおすすめ見出し

Photo byPexels

ゴアテックスは最高級の防水素材。防水の代名詞と言っても過言ではないゴアテックスは雨の日のアウトドアには最適です。一着持っているといざという時に役立つゴアテックスの特徴やメンテナンスについて詳しくご紹介します。

雨天時のアウトドアアウターを探している方はもちろん、天候に関係なく外作業の多い方も必見です。

ゴアテックスはどんな素材?見出し

信頼性の高い安心の防水素材といえば、やはりゴアテックスです。しかし、一体ゴアテックスとはどんな素材なのでしょう。そもそもゴアテックスという素材とは何なのか、基本から詳しく説明していきます。

ゴアテックスの特徴

ゴアテックスはそもそも、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材の商標名です。1969年にポリエトラフルオロエチレン=PTFEを急速に大きく延伸させることに成功し、薄いフィルム状のゴアテックスメンブレンが完成しました。

ゴアテックスメンブレンの最大の特徴は、高い防水性と透湿性を両立しているという点です。つまり、熱など体内にこもった水蒸気は外部に逃がすことができますが、外からの雨は通しません。

ゴアテックスは、ゴアテックスメンブレンと表地、ゴアテックスメンブレンと表地と保護シート、ゴアテックスメンブレンと表地と裏地といった組み合わせが一般的です。

ゴアテックスメンブレンに表地が加わることによって高い気密性が発揮され、風の浸入を防ぐ防風性も兼ね備わります

ゴアテックスが良く使われる製品

ゴアテックスは防水、防湿、防風に優れているので、ジャケットやシューズ、帽子などアウトドアアイテムに多く採用されています。また、気密性があるので冬のアウトドアウェアはもちろん、デイリーユースできるカジュアルでおしゃれなジャケットやレインウェアも展開され始めています。

ゴアテックス仕様トレッキングシューズのおすすめ!レディース・メンズ別でご紹介のイメージ
ゴアテックス仕様トレッキングシューズのおすすめ!レディース・メンズ別でご紹介
トレッキングの幅が広がるゴアテックス仕様のトレッキングシューズ。そこで、ゴアテックス仕様のトレッキングシューズ選びの際にも役立つ様に、選りすぐりのレディースやメンズ用のハイカットやローカットのゴアテックスのおすすめトレッキングシューズをご案内します。
ゴアテックスジャケット17選!人気ブランドのおすすめ商品をご紹介!のイメージ
ゴアテックスジャケット17選!人気ブランドのおすすめ商品をご紹介!
防水性と透湿性が非常に高いゴアテックス。そんなゴアテックスを使ったジャケットが様々なブランドから販売されています。そこで、人気ブランドのゴアテックスジャケットでおすすめのものをご紹介していきましょう。アウトドアや日常使いにと様々なシーンで使えるものばかりです。

ゴアテックスの種類と機能性と用途見出し

ゴアテックスはゴアテックスメンブレンを含む2~3層構造が一般的ですが、どんな素材を組み合わせるかによっていくつかの種類に分類して考えることができます。ゴアテックスを用いた技術の種類と機能性、それぞれの用途について詳しくご紹介していきます。

ゴアテックスの機能とおすすめの用途

ゴアテックスは、ゴアテックス技術の中では最もスタンダードな汎用性の高いテクノロジーです。表地、ゴアテックスメンブレン、裏地の3層、もしくは表地とゴアテックスメンブレンの2層で展開されています。

機能としては、防水性、透湿性、防風性だけでなく、防護性や耐久性も兼ね備えていて、耐久性のある3層構造のゴアテックスは長時間使用するアウトドアウェアに、軽量な2層構造のゴアテックスは街やオフィスでのデイリーユースに向いています。

層の間に中綿が入っているモデルなどは温かいため、冬のアウトドアなど気温の低い時期におすすめです。

ゴアテックス プロの機能とおすすめの用途

ゴアテックスプロは、ゴアテックスの中で最も堅牢な耐久性と極めて高い透湿性、防水性、防風性のある、本格的な登山やクライマーにおすすめのテクノロジーです。

表地には頑丈な素材が使われ、ゴアテックスメンブレンにも特殊な加工が施されています。さらに、裏地には軽くて軽量な素材を使い、過酷な環境下でも最高のパフォーマンスが発揮できるように工夫されています。

ストレッチ性にやや難がある点が課題でしたが、最近はモデルによってはストレッチ性に優れた素材を使っている場合もあり、登山やクライミングの他バックカントリースキーやスノーボードにもおすすめです。

ゴアテックス パフォーマンスの機能とおすすめの用途

ゴアテックスパフォーマンスは、長時間の風雨に耐えうる高い防水性と防風性、優れた透湿性を備えたゴアテックステクノロジーです。

表地に高密度で織り上げられた保水しにくい素材を用い、特別加工したゴアテックスメンブレンと、着心地の良い裏地を採用した3層構造が基本ですが、中には裏地のない2層構造モデルや、中綿を入れて保温性を高めたインサレーションモデルなどもあります。

悪天候時での登山やトレッキングにも即座に対応できるほか、雪の中で行うバックカントリースキーやスノーボードにもおすすめです。

ゴアテックス パックライト®︎の機能とおすすめの用途

ゴアテックスパックライトは、軽量でコンパクトなので楽に持ち運びできるのが最大の魅力のゴアテックステクノロジーです。コンパクト性が高いだけでなく、ゴアテックス本来の防水性、透湿性、防風性もしっかり備わっているのがポイント。

表地に薄くて軽量な素材を使い、ゴアテックスメンブレン、裏地には耐久性のある薄いフィルムを採用しています。

ランニングやハイキング、サイクリングなど軽いアクティビティに向いていて、携帯用にもおすすめです。

ゴアテックス パックライト®︎プラスの機能とおすすめの用途

ゴアテックスパックライトプラスは、軽量コンパクトで収納力と着心地に優れたゴアテックステクノロジーです。耐久性にも優れているので、登山などでの不測の事態にも活躍します。

表地には薄くて軽量な素材を用い、ゴアテックスメンブレンと裏地に耐摩擦加工が施された滑りの良い素材を使用しています。裏地の凸凹加工によって肌の滑りが良く着脱も楽で、快適な着心地になっています。登山、ハイキング、フィッシングなどにおすすめです。

ゴアテックス アクティブの機能とおすすめの用途

ゴアテックスアクティブは、軽量性と透湿性に卓越した優れたゴアテックステクノロジーです。ニットなどの技術を採用した裏地はとても肌触りが良く快適なのも魅力になっています。

表地には非常に薄い素材を用い、特別軽量に開発されたゴアテックスメンブレン軽くてしなやかな裏地の3層構造で、登山、ハイキング、サイクリング、ランニング、クロスカントリースキーなど悪天候下での激しい運動に向いています。

ゴアテックス シェイクドライ™の機能とおすすめの用途

ゴアテックスの中で最も高い透湿性優れた軽量性が魅力なのがゴアテックスシェイクドライです。

持続可能な撥水を約束するゴアテックスメンブレンを表地に使い、裏地との2層構造によって軽量化を実現しています。ウェアが雨で濡れても、数回振ることによってすぐに水をはらうことができます

ただし、耐摩耗性や耐久性は低いため、重いザックを背負うような登山には向きません。ランニング、トレイルランニング、サイクリングにおすすめです。

ゴアテックス インフィニアム™️ウィンドストッパー®︎の機能とおすすめの用途

ゴアテックスインフィニアムウィンドストッパーは、白いロゴマークが目印のドライで快適な着心地を最優先にしたゴアテックステクノロジーです。防風性や透湿性、耐水性はありますが、ゴアテックス唯一の非防水シリーズです。

耐久撥水加工された表地を用い、ゴアテックスメンブレンと裏地の3層構造、もしくは2層構造です。発汗による水蒸気を素早く排出し、防風することで快適に着ることができる点が最大の魅力です。デイリーはもちろん、軽い登山やハイキング、フィッシングなどにもおすすめです。

ゴアテックスのお手入れのポイント見出し

ゴアテックスは雨の日でも快適に着られるのが特徴ですが、その機能を保つためには日ごろのメンテナンスも大切になります。ここでは、ゴアテックスの洗濯方法やメンテナンス方法について詳しくご紹介しましょう。

洗濯のポイント

ゴアテックスの優秀な機能を持続させるための洗濯の最初のポイントは洗濯表示の確認です。これから手入れする衣類が洗濯機を使用できるのか、それともクリーニングに出さなければならないものなのかを確認しましょう。

洗濯機の使用可を確認したら、衣類の傷つきを防ぐため、ファスナー、ポケットを閉じ、フラップ、ストラップの緩みを留めておきます

洗剤は衣料用液体洗剤を使用し、量は少なめを意識します。1回の洗濯で約30mlがおすすめで、水は40℃以下のぬるま湯を使用すると汚れが落ちやすくなります。

衣類に洗剤が残ると傷みの原因になるため、すすぎは洗剤をしっかり落とすように最低2回は行います。

よくすすいだ後は、吊り干しでしっかり乾かします。洗濯表示に乾燥機の使用が可になっている場合は、乾燥機の中温を利用しましょう。

洗濯後のケアのポイント

ゴアテックスの撥水性を維持するための洗濯後にしておくべきケアとして、追加で20分ほど温風乾燥させるのがおすすめです。しっかり乾いたことを確認した後さらに20分間乾燥させましょう。

また、アイロンを使える場合は、乾燥後に低温のスチーム設定であて布をしてアイロンがけをします。さらにそれでも撥水性が落ちていると感じた時には、市販の撥水剤を使うのもおすすめです。

お手入れに便利なアイテム

お手入れに便利なアイテムとして、ニクワックスTX.ダイレクトWASH-INの撥水剤がおすすめです。配合されているTX.10iが繊維一本一本に格子状に絡みつき、効果を発揮します。また、同じくニクワックスのTX.ダイレクトスプレーも気軽に撥水加工ができるのでおすすめです。

ゴアテックスは防水性・防風性が高い便利な素材!見出し

Photo byPexels

いかがでしたでしょうか。ゴアテックスは、雨の日でも快適なアウトドアを約束してくれる高い防水性と防風性が特徴の素材です。ぜひ特徴あるゴアテックスを着て思いきりアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょう。

投稿日: 2023年1月18日最終更新日: 2023年1月18日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote