地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ニューヨーク近代美術館の主な作品を解説!ショップもチェックしお土産を!

ニューヨーク近代美術館は「MoMA」の名前で親しまれる美術館。ヨーロッパの巨匠による絵画作品やアメリカ現代美術をはじめ、建築やデザインなども網羅し、近代から現代まで多分野のアートを発信し続けています。ニューヨーク近代美術館の作品や料金、時間、お土産をご紹介。

ニューヨーク近代美術館って?見出し

ニューヨーク近代美術館は、通称MoMA(The Museum of Modern Art)の名で知られ、近代から現代まで多分野のアートを発信し続ける美術館です。ニューヨーク近代美術館の建物は、2004年に日本人建築家の谷口吉生氏によって大々的に増築。膨大な作品を所蔵するMoMAは、常設展や特別展はもちろん、ショップも見どころ満載です。MoMAの作品やショップ、お土産などをご紹介します。

ニューヨーク近代美術館へのアクセス見出し

ニューヨーク近代美術館へのアクセス方法は、地下鉄E線またはM線の5Ave 53St駅で下車。ウエスト53rdストリート沿い、6thアベニューと5thアベニューの真ん中辺りにあります。

住所:11 West 53rd Street New York, NY 10019 電話番号:212-708-9400

ニューヨーク近代美術館の開館時間見出し

ニューヨーク近代美術館の開館時間は、10時30分から17時30分まで。金曜日は、ユニクロの協賛で10時30分から20時までと入館時間が延長されます。休館日は、サンクスギビングデー(11月の第4木曜日)とクリスマス(12月25日)です。

ニューヨーク近代美術館の入館料金見出し

ニューヨーク近代美術館の入館料金は大人25ドル。65歳以上はID提示で18ドル、全日制の学生はID提示で14ドル、16歳以下は料金無料。ニューヨーク近代美術館は、現代美術をメインとして、若手アーティストの作品を扱う「MoMA PS1」というもうひとつの美術館を持っています。MoMAに入館すれば、「MoMA PS1」には料金無料で入館できます。

チケットは、ニューヨーク近代美術館のウェブサイトからも購入可能。毎週金曜日の16時から20時は入館料金無料です。入館料金が無料になるだけでなく、MoMAストアやカフェなども10%から20%のオフになります。

日本語の館内ガイドもあるのでゲットしましょう。5階で日本語の音声ガイドを無料で借りることができます。その際、運転免許証(日本で発行されたものも可)や学生証、国際免許証などの身分証明書を預ける必要がありますので注意。パスポートやクレジットカードで借りることはできません。

iPhoneを持っている場合、MoMAのアプリをダウンロードすれば、館内の無料Wi-Fiに接続することで作品ガイドを聞くことができます。IDを忘れてしまった場合などはこちらの方法もおすすめ。ただし、電池の消耗が早いので、充電器を持って行くと良いでしょう。

ニューヨーク近代美術館1階見出し

屋外彫刻・ロビー・デザイン&ブックストア・レストラン

美術館の中庭、アビー・アルドリッチ・ロックフェラー・スカルプチャーガーデンには、屋外彫刻が展示されています。都会のビル群と緑、近代彫刻が見事にマッチ。ピカソやロダンの作品、現代美術アーティストの斬新な作品を見ることができます。夏には野外コンサートも開催。

中庭の「アビー・アルドリッチ・ロックフェラー・スカルプチャーガーデン」は、ニューヨーク近代美術館の開館時間前、9時から10時15分までは、無料で入ることができますので、おすすめです。

ニューヨーク近代美術館2階見出し

現代ギャラリー・版画・特別展・カフェ・ブックストア

2階でまず目に留まるのが「Bell-47D1」というヘリコプター。1946年から1973年にかけて、3000台以上がアメリカで製造され、40か国以上で販売されたそう。2階は、コンテンポラリーアート(現代アート)をメインとし、アンディ・ウォーホールのロールシャッハなどがあります。

鉛筆や木炭、インクや水彩画、コラージュなど、紙を使用した2D作品もコレクション。木版やエッチング、リトグラフ、スクリーン印刷などの伝統技法による作品、メディア・アートやインスタレーションなども。

ニューヨーク近代美術館3階見出し

デザイン・建築・ドローイング・写真・特別展

3階の廊下の壁には、アンディ・ウォーホールのポップアート「牛」が全面に貼られています。3階はモダンアートのフロア。デザイン性の高い家具や照明器具、食器や文具なども展示され、私たちの日常生活に近いアートに触れることができます。

チャールズ&レイ・イームズの椅子や、建築家フランク・ロイド・ライトの作品、ロバート・キャパやヘンリー・カルチエ・ブレッソンの写真、ノグチイサムやブルーノ・ムナーリの有名作品なども常設。

3階では、テーマ別、作者別、材料別といったカテゴリーからも作品が展示されています。ある材料を使用して制作された作品がひとつのブースとしてまとめられ、その材料を使った作品制作のプロセスなども理解できるようになっているなど、実験的な階にもなっています。

ニューヨーク近代美術館4階見出し

1940年代から1980年代の絵画・ポップアートなど

ニューヨーク近代美術館のメインとなるのが4階と5階。アメリカ現代美術の巨匠たちの作品が集まっています。アンディ・ウォーホールの「ゴールド・マリリン」「ダブル・エルビス」や、ロイ・リキテンシュタインの「溺れる女」「ボールを持つ少女」などのアメリカンポップアートも。

ジャクソン・ポロックやジャスパー・ジョーンズ、ロバート・ラウシェンバーグ、マーク・ロスコなどの作品もあります。草間彌生の作品も展示されていますので、お見逃しなく。

ニューヨーク近代美術館5階見出し

1880年代から1940年代の絵画と彫刻・レストラン

5階は、歴史に名を刻む巨匠の絵画が集まっています。クロード・モネの「睡蓮」やフィンセント・ファン・ゴッホの「月夜星」、サルバドール・ダリの「記憶の固執」、パブロ・ピカソの「アヴィニョンの娘たち」や「3人の音楽家」、パウル・クレーの「猫と鳥」、ルソーの「眠れるジプシー」、ポール・セザンヌの「水浴の男」。

アンリ・マティスの「ダンス」、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスの「クリスティーナの世界」ほか。グスタフ・クリムトやフリーダ・カーロ、ピエト・モンドリアン、アメデオ・モディリアーニ、ポール・ゴーギャン、マルク・シャガール、ホアン・ミロ、エドワード・ホッパー、ジョージア・オキーフなどの作品もあります。

ニューヨーク近代美術館6階見出し

特別展・ショップ

6階は大規模な企画展を開催するためのフロア。過去には、ヨーロッパ近代絵画展と現代アート展が同時開催されたこともあります。企画展の内容は、あらかじめホームページで確認しておくと良いでしょう。

ニューヨーク近代美術館のレストラン見出し

ニューヨーク近代美術館の中には、おしゃれなカフェやレストランが3つ入っており、すべてダニー・メイヤー氏によりデザインされたものです。1階にある「The Modern」は、ニューヨーク近代美術館の庭園を望みながら本格的なお料理がいただける、フレンチ・アメリカン・レストラン。

5階には「Terrace 5」というもう少しカジュアルなレストランもあります。洗練された店内には、こだわりのある椅子やテーブルが置かれ、落ち着いた雰囲気です。中庭の「アビー・アルドリッチ・ロックフェラー・スカルプチャーガーデン」を眺めながらお食事できるのが人気。

もっともカジュアルに利用できるのが2階にあるイタリアンカフェ「Cafe 2」です。カジュアルなのに斬新でモダンな雰囲気。ニューヨーク近代美術館らしさを感じることができます。時間短縮にも。席数も多く、気軽に利用できるので混んでいます。

ニューヨーク近代美術館のショップ見出し

ニューヨーク近代美術館には、お土産にもぴったりのショップが充実しています。2つのショップは近代美術館の中に、美術館外にも2つのショップがあります。ニューヨーク近代美術館2階にあるのは「THE MUSEUM STORE」と「MoMA BOOK STORE」。

ニューヨーク近代美術館の向かいにあるのは「MoMA DESIGN STORE」。「MoMA DESIGN STORE, SOHO/HAY MINI MARKET AT MoMA」は、81 Spring Streetにあります。

MoMAのお土産のおすすめは、ポスター。有名作品のほとんどがポスターになっています。ポストカードやTシャツも人気のお土産のひとつ。ニューヨーク近代美術館らしく、デザイン性に富んだものが多いので、Theお土産という感じにはならないでしょう。おしゃれなお土産ばかりなので、ショッピングにも時間がかかってしまうかもしれませんね。

ニューヨーク近代美術館へ行こう見出し

ニューヨーク近代美術館の見どころや、お土産にぴったりのショップ、開館時間や料金などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。お土産も充実していて、子どもから大人までいつ行っても楽しめる美術館です。アクセスも良いので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。

ニューヨーク地下鉄の乗り方・料金・マップなど必要情報を網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニューヨーク地下鉄の乗り方・料金・マップなど必要情報を網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニューヨークの主な交通手段は地下鉄やバスです。南北に長いマンハッタンを移動するときには地下鉄が便利!今回はそんなニューヨークの地下鉄の乗り方や料金、主な観光地までの路線などを紹介します。ぜひニューヨーク観光の参考にしてくださいね。
ニューヨーク観光のハイライト!絶対外せないスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニューヨーク観光のハイライト!絶対外せないスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニューヨークの観光には色んな素敵な場所があります。一人旅やお友達やカップルやご家族で色々巡って楽しめるところがニューヨークでの観光です。ぜひニューヨークの魅力に魅了されてみてください。ニューヨークのグルメもスイーツも美味しいところばかりでおすすめです。
ニューヨークでステーキ!おすすめレストランやお肉の部位の選び方も解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニューヨークでステーキ!おすすめレストランやお肉の部位の選び方も解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカ最大の都市であるニューヨーク。金融、ファッション、など様々な影響を世界に及ぼす世界の中心地でもあります。また、アメリカといえばステーキ、ハンバーガーなどのグルメが有名ですよね。今回は、そんなニューヨークでいただける美味しいステーキのお店をご紹介します。
アメリカ文化と日本文化の違い!旅行でも活用!自由の国の生活習慣を紐解く | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アメリカ文化と日本文化の違い!旅行でも活用!自由の国の生活習慣を紐解く | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大自然、広い空、自由。「アメリカで暮らしてみたい」「アメリカで夢を叶えたい」と思う方も多いのではないでしょうか。でも文化や生活習慣の違いがどれほどあるのか、不安ですよね。今回は、アメリカ暮らしの中で経験した驚きの文化の違いをご紹介します。
投稿日: 2017年6月29日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote