地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

クライスラービルはアール・デコ建築の傑作!ロビーの装飾も見ごたえあり!

クライスラービルはニューヨークマンハッタンのシンボル的存在で、その美しさはマンハッタンの摩天楼の中でも際立っています。今回は、アール・デコ建築の最高傑作と言われるクライスラービルの魅力、見どころを中心にまとめさせていただきました。

クライスラービルってどんなところ?見出し

クライスラービルは、ニューヨークの摩天楼の中でも際立って美しく、ニューヨークマンハッタンのシンボル的な建物です。クライスラービルは、アール・デコ建築の最高傑作ともいわれています。一部見学できるスペースもあります。今回は、クライスラービルの魅力をご紹介したいと思います。ニューヨーク観光の参考にされてください。

クライスラービルってどこにあるの?見出し

クライスラービルへのアクセスは地下鉄 4/5/6/7/S 線にてグランドセントラル駅で下車し、42丁目を東へ進むと42丁目とレキシントンアベニューの角にあります。グランドセントラル駅を出たら、背の高いクライスラービルが見えるので、そちらに向かって歩くと約2分で到着します。

ニューヨーク摩天楼の中のクライスラービル見出し

そもそも摩天楼とは、超高層建築物のことです。ニューヨークの摩天楼の中には、クライスラービルの他にエンパイアステートビル、ロックフェラーセンターのGEビル、トランプタワーなどがあります。その中でもクライスラービルはアール・デコ様式の最高傑作の建築物と言われており、美しい建築物として唯一無二の存在です。

ロックフェラーセンターはクリスマスツリーが有名!展望台も要チェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロックフェラーセンターはクリスマスツリーが有名!展望台も要チェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニューヨークのロックフェラーセンターと言えば、クリスマスツリーと冬のアイススケートが有名ですよ。実はロックフェラーセンターには展望台やレストランもあり、観光スポットでもあります。今回は、ロックフェラーセンターの見どころをまとめました。
エンパイアステートビルの展望台の高さは?チケットの買い方や料金もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
エンパイアステートビルの展望台の高さは?チケットの買い方や料金もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニューヨークのシンボル的な建物の一つである、エンパイアステートビル。ニューヨークには、世界各国からエンパイアステートビルを目指して日々観光客が集まります。そんな観光スポットの見所や、チケット情報を合わせてご紹介いたします!

クライスラービルの歴史見出し

クライスラービルは世界一の超高層ビルを目指して1928年に着工します。当時、ニューヨーク市内では高さ世界一を狙う超高層ビルの建設競争ブームの真っただ中。中でも、ウォールタワービルと世界一高い建物を競っていました。1930年、38 mの尖塔を追加し319mとなり、クライスラービルは完成しました。

クライスラービルはウォールタワーを上回り、世界一高いビルとなりました。しかし、翌1931年にエンパイアステートビルが完成し、世界一高い建物の座を明け渡すことになります。クライスラービルが世界一高いビルであった期間は僅か一年でしたが、世界二位の座はシカゴにジョン・ハンコック・センターが出来るまで38年にもわたって維持していました。

クライスラービルは、2007年、アメリカ建築家協会より発表されたAmerica's Favorite Architecture(アメリカの人気建築物)で、第9位に選ばれています。外観も、いかにもニューヨークっぽい頭が尖った形状をしており、アメリカ人にとっても最もニューヨークを感じる建築物の一つになっています。

クライスラービルの魅力1:アールデコ建築の傑作見出し

クライスラービルは、アール・デコ様式の最高傑作と言われていますが、そもそもアール・デコとはどのような建築様式なのでしょうか?1900年頃に全盛期を迎えたアール・ヌーボー様式は植物パターンのたおやかな曲線モチーフで構成されていました。

それに対して、アールデコは、定規で引いたような直線、コンパスで画いたような円や円弧、それらの連続模様である波模様、イナズマ模様、流線型モチーフ、といった幾何学模様が特徴になっています。1925年パリ万博で生まれ、超大国への道を歩み始めたアメリカで発展した建築様式です。

1920年代のアメリカニューヨークマンハッタンといえば、超高層ビルを建てる技術が確立し、富が集中し始め、新時代の都市整備が整い始めた場所です。クライスラービル以外にもエンパイアステートビル、ロックフェラーセンターのGEビルもアール・デコ様式です。中でもクライスラービルはアール・デコ様式の最高傑作と評される美しい建築物です。

クライスラービルの魅力2:自動車モチーフ見出し

クライスラービルは、元々自動車メーカークライスラーのビルとして建てられたビルなので、自動車をモチーフにした装飾が施されているのも魅力の一つです。カーラジエーターキャップ、ホイールハブなど。ちなみにクライスラービルは、1950年代半ばまではクライスラー社が所有していましたが、現在は投資会社や不動産会社が所有しています。

クライスラービル・見学可能なエリア見出し

超高層ビルのクライスラービルですが、エンパイアステートビル、ロックフェラーセンターのような展望台はありません。完全なオフィスなので、上の階に行けるのは、クライスラービルで働いている方のみとなっています。ですが、クライスラービルの1階のロビー部分は、社員やゲスト以外の一般の人にも公開されてあり、自由に見学をすることが可能です。

目を見張る程美しいエレベーターや天井の絵画、郵便受けなど。細部に至るまでアール・デコ様式になっていて、一見の価値ありです。オフィスが開いている時間のみの見学可能なので、平日の朝8時から夜6時まで。週末や祝日は見学できません。

クライスラービルの魅力3:エレベーターの装飾見出し

エレベーターの装飾ですが、日本、イギリス、キューバなどの木が使われ、これらが寄せ木細工のようにはめ込まれ、美しいエジプトのロータス(ハス)の花のモチーフを表現しています。また、壁はアフリカの赤色の大理石が用いられ、床はイタリアの黄色の大理石が使用されているそうです。見ごたえあるロビーの装飾を見学するだけで、1930年ごろのアメリカの富や繁栄が垣間見えます。  

クライスラービルの魅力4:天井の装飾見出し

クライスラービルのロビーの見どころとして、エレベーターの装飾と並び、天井の絵画をぜひ見て頂きたいです。「Edward Trumbull」というアーティストによる見事な絵画が天井に描かれています。クライスラービルも描かれているので、ぜひ見上げてじっくり見学してもらいたいです。

フォトジェニックなクライスラービル見出し

ニューヨークの象徴を撮影しよう

ニューヨークの象徴としてクライスラービルを、写真を撮る人が多いです。ニューヨークの摩天楼の中でもひと際美しいので、映画やドラマでもニューヨークの象徴としても使われていることが多いですよね。中でも「セックスアンドザシティ」のオープニングは印象的です。クライスラービルを見るとニューヨークに来た感じが高まりますし、ドラマのオープニング曲が脳裏を浮かびます。

マンハッタンの街中で、色んな場所から見ることができます。特にウロコ模様の尖塔部分が特徴的で、このデザインは遠くからでもひとめでクライスラービルだとわかります。他のたくさんのビル、摩天楼に埋もれることのない唯一無二の存在感を放っています。クライスラービルを写真に収めることで、ニューヨークらしい一枚が撮れること間違えありません。

クライスラービルには展望台はありませんが、エンパイアステートビルの展望台、ロックフェラーセンターのトップオブザロックからは、クライスラービルが見えます。トップオブザロックからクライスラービルを見ると少しビルの陰になってしまうので、遮るものがなく綺麗に見えるのはエンパイアステートビルの展望台です。マンハッタンの中では見上げていたクライスラービルをここからだと見下ろすことができます。

夜景も魅力的

昼間のクライスラービルも素敵ですが、夜景もとっても素敵です。エンパイアステートビルのような色の装飾はありませんが、建物自体が美しいのでクライスラービルの夜景も大変おすすめです。特に尖塔部分の三角窓から放たれる明かりが大変美しいです。見学できるスペースが限られていますが、ぜひ美しいクライスラービルをいろんな場所、いろんな角度から見て、写真に収めてもらいたいです。

ニューヨークの夜景スポット!人気の定番から穴場まで!最高の眺めをお約束! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニューヨークの夜景スポット!人気の定番から穴場まで!最高の眺めをお約束! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
最新の文化が集まるニューヨークは、エキサイティングでホットな街としてアメリカ定番の人気観光地です。ニューヨークの中心地には摩天楼が立ち並び、世界に誇れる素晴らしい夜景を見る事が出来ます。そんなニューヨークから定番や穴場の夜景スポットをご紹介したいと思います。

グランドセントラル駅と一緒に

クライスラービル単独でも美しいのですが、グランドセントラル駅と一緒に写真に収めるのも素敵です。グランドセントラル駅とクライスラービルは近く、二つともニューヨークの象徴ですので、一緒に写真に収めると写真映え、インスタ映えもばっちりです。ぜひ美しいクライスラービルのお気に入りの一枚を撮影してみてください。

クライスラービルに行こう見出し

いかがでしたか?ニューヨーク摩天楼の一つであるクライスラービルはアール・デコ様式の最高傑作で、ニューヨークマンハッタンのシンボル的存在でしたね。見学できるスペースはロビースペースだけですが、美しいアール・デコ様式を随所にみることができ、見どころがぎゅっとつまっています。建築に詳しくなくても一見の価値ありです。ニューヨークで近くを訪れる際はぜひクライスラービルにもお立ち寄りください。

ニューヨーク観光のハイライト!絶対外せないスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニューヨーク観光のハイライト!絶対外せないスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニューヨークの観光には色んな素敵な場所があります。一人旅やお友達やカップルやご家族で色々巡って楽しめるところがニューヨークでの観光です。ぜひニューヨークの魅力に魅了されてみてください。ニューヨークのグルメもスイーツも美味しいところばかりでおすすめです。

関連キーワード

投稿日: 2017年7月28日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote