地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

佛光山で佛陀紀念館を見学!台湾仏教の聖地で大仏様を拝む!

佛光山は佛光山佛陀紀念館がある台湾の人気スポットです。仏教大国の台湾ではみんなこの大きな大仏のあるお寺をとても大事にしています。佛光山の敷地にある佛光山佛陀紀念館には仏教美術や創設者の歴史など学べるものがたくさん。今回は佛光山について詳しく迫っていきます。

佛光山とはどんなところ?見出し

今回紹介するのは佛光山です。ここには台湾でもっとも有名な聖地佛光山佛陀紀念館があったり、歴史的に珍しいものがたくさんあることで有名な場所です。佛光山は台湾の4大仏教に一つで、最近話題の高雄にあります。観光地もたくさんあるのでおすすめのスポットですよ。それでは見ていきましょう。

佛光山佛陀紀念館の場所見出し

佛光山はどこにある?

佛光山は夜景の綺麗な観光スポット高雄の大樹郷にあります。なので高雄に行ってから専用の観光バスなどを使って現地を目指すのがいいと思います。バスで行くなら旗山か美濃か甲仙か六龜方面に乗るといいでしょう。電車で行くなら台鉄の「九曲堂」駅からタクシーやバスを使ってそのまま現地に行くといいと思います。

住所: 高雄市大樹區統嶺里統嶺路1號

台湾のおすすめ観光スポット厳選15!買い物から食べ物まで楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾のおすすめ観光スポット厳選15!買い物から食べ物まで楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人に人気の台湾には観光、グルメ、ショッピングと楽しめるスポットがたくさんあります。多数の人気スポットの中でも特におすすめしたい観光スポットを厳選して15個紹介します。台湾旅行の計画の際により楽しい旅行にするために、ぜひ参考にしてください。

佛光山佛陀紀念館の魅力①佛光山の歴史見出し

昔は荒山でしたが、星雲大師の指導によって1967年に山を切り開き始め、開墾に成功しました。元々は老夫婦のもので、辺鄙な場所にあるのでなかなか使う用途が見出せませんでしたが、大師の言う通り開梱すると、見事に弟子たちの精神修行の場所に発展したそうです。今は聖地として観光客に人気があります。

いわゆる山岳信仰の場所にですが、その後も信徒が多く集まり、世界中で仏教の聖地として知られています。実際はたけやぶがたくさんあってかなり修行が大変な場所らしいですが、信徒たちの支持率はかなり高い場所になっています。

台湾の気候の特徴や季節ごとの服装は?旅行のベストシーズンはいつ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾の気候の特徴や季節ごとの服装は?旅行のベストシーズンはいつ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄よりさらに南に位置して常夏の気候というイメージのある台湾ですが、台湾旅行に出かける前に一番悩むのが服装です。それには、台湾の気候の特徴と行く季節により服装を合わせることが肝要です。また、旅行のベストシーズンについてもご紹介していきましょう。

佛光山佛陀紀念館の魅力②佛光山の仏教見出し

台湾ってどんな仏教が信仰されているのか知らない人もたくさんいると思います。なのでまずは台湾の仏教について ご説明していきましょう。台湾は仏教の信者が最も多く。キリスト教の信者ももちろんいますが、日本のように仏教の信者が多いです。おなじみの大きな大仏もありますので。

後でご紹介しますが、大きな大仏に象徴されるように台湾では信仰心がかなり厚く、それは仏教の建築によく現れています。例えば台湾に行ってみるとすぐに気づくと思いますが、廟や寺院の数が非常に多いです。廟とは仏陀の祀っている寺院のことですね。

しかも建築費はみんな信者によって収められた寄付金まかなっているというから驚きです。多くの信者は惜しみなく仏陀の聖地に寄付をする習慣が付いているのですね。お寺でも定期的にイベントが行われていることが多いのです。

台湾のおすすめの食べ物BEST15!屋台のグルメも人気で美味しい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾のおすすめの食べ物BEST15!屋台のグルメも人気で美味しい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾旅行の大きな楽しみのひとつは台湾のグルメですよね!中でも特に美味しくて人気の台湾の食べ物をランキング形式にしてまとめました。もちろん屋台のB級グルメもはずせません!台湾の夜を楽しめる夜市の情報も併せておすすの食べ物ベスト15をご紹介します。

佛光山佛陀紀念館の魅力③佛光山佛陀紀念館見出し

山なのでかなり歩くことになると思いますが、いくならスニーカーを履いてくることをおすすめします。わたしが行った時は初日ではなかったのでかなり歩くのに疲れてしまいました。家族で行くならゆっくりとペースをはやめずにいくのがいいとおもいまます。

入り口には不二門と書かれた場所。かなり立派な門構えですね。入り口付近には人口の洞窟があります。それから一番奥には仏陀の坐像、さらに行くと釈迦三尊像があります。全部回るのはかなり大変なので、最初に回る場所をきめていくといいと思います。

佛光山佛陀紀念館の魅力④大雄寶殿見出し

佛光山をおとずれたら、まずはこの大雄宝殿にいくのがおすすめですよ。佛光山を訪れる人はみんなこの聖地を逃さず訪れるといいます。ここは広さはなんと1800坪。集会などにもしばしば使われています。

台湾の仏閣ってこのようにかなりひろいのが特徴なんですね。入り口で靴を脱いで入ります。また、お供えするお花をもらうので、聖地だ!と思ってインスタ映えする写真を撮らないでそのまま厳粛に中に進みましょう。天井などの伽藍模様もかなり綺麗ですよ。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑤佛光縁美術館見出し

ここもかなり人気の場所ですよ。佛光縁美術館は佛光山の佛陀紀念館に並んで人気のある場所なので、ぜひ訪れた方がいいですね。定期的に開催されているので、行く前に空いているかチャックしたほうが賢明ですよ。いつもは開館時間が9時から17時ですね。綺麗な仏教美術がたくさんあり、繊細な筆で書かれた絵画もあります。

敷地内には素食をいただくこともできます。昔は移動手段がなかったので、行くのにすごく時間がかかっていました。なので台北などから来るお客さんのために素食を振舞っていたそうです。ビュッフェ形式になっており、好きなものを選んで食べることができます。中にはレストランの他にもグッズやお土産の売っているところがあります。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑥佛陀紀念館の本館見出し

佛陀紀念館は国際博物館であり、定期的に展覧会やイベントが開催されて、文化や芸術の発展の場所になっています。実はこの佛陀紀念館を建設するのになんと8年以上かかっています。開館したのは2011年。しかし2014年からトリップアドバイザーでも三年連続で「トラベラーズチョイスアワード」にも任命され、世界中から仏教のファンが訪れます。

敷地の面積はなんと100ヘクタール。その広い敷地内には、8つの塔があり、霊山と祇園が存在します。中に入ってみると大きな広場もあり、日本の仏閣とちがってかなり公園に近い感じがして驚かれると思います。

本館は敷地内を先にしばらく進んでいくと自然とたどり着けます。エントランスはかなり大きく。まるでホテルのロビーのような豪華さです。こんなに素晴らしい施設が無料で提供されているなんて驚きですよね。館内はフラッシュ撮影で写真を撮るのが禁止なので、フラッシュ機能が出ないように注意しましょう。

美術品の数々

先ほどの大きなロビーの雰囲気は中国の大きなホテルの感じがしましたが、ここから先は記念館の雰囲気で安心してきます。やはり気になるのは館内の美術品の数々ではないでしょうか。初めて行った方はなんとなくこれくらいのものだろうと思っているかもしれませんが、実際に訪ねてみるとかなり荘厳なことに気がつきます。

子供受けを狙っているのか、可愛い弥勒仏なんかもあります。方に子供が笛を吹いて座っている仏さんですが、かなり荘厳な金色の顔をしています。こうしたいろんな世代の人が来ても面白いのがこの佛光山佛陀紀念館の面白いところです。

美術品以外にも魅力が

もちろん佛光山佛陀紀念館には美術品以外にも魅力があります。例えば先ほど紹介したように、記念館では映画の上映もされています。3Dメガネをかけて「仏陀の一生」を観ることができます。他にも開山した星雲大師が今までやってきたことを紹介するコーナーなどもたくさんあります。

またこの台湾の佛光山佛陀紀念館が今まで世界中に支援してきたことを紹介するコーナーなんかもあります。最近でも東日本大震災の際に支援もされたようで、その活動を紹介するコーナーなんかも出ています。さすが親日大国。かなり嬉しいですね。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑦禮敬大廰見出し

敷地があまりにも広すぎるので、かなり歩くのに疲れたと思います。なのでここでちょっと一休み。ここは佛光山佛陀紀念館のフロントホールでレストランやお土産物を売っている場所になります。ショッピングホールになっているので、ここのカフェで一休みするにはもってこいですね。聖地の中の憩いの場です。

海外では当たり前ですが、この禮敬大廰にもベジタリアンのお店とそうでない普通のお店がちゃんとありますよ。しかしここの素食は美味しいと有名なので、試しに食べてみるのもいいかもしれませんね。芸術を大事にしている佛光山佛陀紀念館の思いが詰まったアートな一品が楽しめます。

お土産も置いてあるので、ここを最後に回れるように順路を決めてもいいですね。スターバックスコーヒーなんかもあるので、スマホユーザーならWi-Fiを使えるスポットにもなりますね。建物の中は先ほどの佛光山佛陀紀念館の敷地内と雰囲気が違い、電光掲示板などの案内なんかもあり、ちょっと不思議な感じがします。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑧佛光大仏見出し

高さ108mで重さがなんと1780トンもあるという巨大な大仏。日本では鎌倉の大仏が大きな仏さんで有名ですが、ここ高雄ではこの大きな佛光大佛が有名です。昼間はしんと静かに座っていますが、夜になるとライトアップされてさらなる荘厳さを加えます。ここは間違いなく大仏写真の撮影スポットですね。

昼と夜、二つの大仏の姿を拝みたい方は夕暮れになる前に行くといいでしょう。昼間だけでなく、夜のライトアップした姿もぜひ見てもらいたいものです。佛光山佛陀紀念館の敷地内にはたくさんの仏像がありますが、やっぱりここの仏像が一番大きくて尊大な感じがします。佛光山佛陀紀念館にきたらぜひこの大仏を訪ねて欲しいスポットですね。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑨八正道のライトアップ見出し

台湾の聖地、佛陀紀念館に来るならやはり夜になるように時間を調整して行くのがいいかもしれませんね。なぜなら夜になると八正道のライトアップがかなり綺麗だからです。八正道は先ほどの佛陀紀念館に行く成佛大道にあります。昼間はなんとなく気づかずに通り過ぎてしまいそうですが、夜になるこかなり華やかに。

最近はどこのお寺でも夜になったり、秋の季節になったりするとこのようにライトアップをするところが多いようですが、ここもかなりライトアップが綺麗な場所です。道の左右には八つの塔があり、それぞれ屋根からライトがつけられており、八つの線が夜空に浮かびます。

ライトが付いているとこと以外は意外に暗いので歩くときは注意です。聖地なので写真を撮るときなんかはマナーに気をつけてくださいね。ここは台湾でも有数の写真映えスポットなので、外国人観光客の方から台湾人の方までたくさんの人がここで写真をとっています。ライトアップされているのは他の場所や大仏も同じです。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑩仏像の数々見出し

佛陀紀念館に入ると実に多くの仏像や羅漢像があるのに気がつきます。入り口に入ったすぐのとことろにも霊山勝境・五百羅漢という看板の後ろに仏像がかなりたくさん並んでいます。よく見るとこちらは羅漢像で、最近できたものなのかかなり綺麗になされています。いつも掃除しているのか、白く美しい仏像です。

広大な聖地をさらに進んでいくと地蔵殿という場所があり、ここには建物の四つの壁全てに仏像が並べられています。左右対称に綺麗に並んでおり、この佛光山佛陀紀念館の敬虔深さが伺われます。写真を撮っても大丈夫なところと、そうでないところがあるので、写真を撮る時は注意が必要です。

さらに進んでいくと、ところどころに大きな広場なるものがあります。ここには密かに隠れて十二支の仏像や石像があります。どこかで見たことがあるような格好をした仏像。花壇などの中に綺麗なお花と一緒にこうした石像があるので、時間がある方は探してみるのも楽しそうですね。

佛光山佛陀紀念館の魅力⑪玉佛殿見出し

ここもかなりおすすめの場所です。佛光山佛陀紀念館から少し戻るとこの玉佛殿があります。ここでは一時間おきに行われる参拝に参加できる場所です。参拝には中国語を使うのでしゃべれないと入れないような気がしますが、仏さんを敬う精神があれば無事に見学することができるので大丈夫です。

玉佛殿には涅槃像や極楽世界図などがあり、他の場所では決して見られないものばかりなので、かなり貴重な体験になると思います。しかし殿の中はほとんどが台湾人の方ばかりなので少々緊張するかもしれませんね。しかしいい体験をするには郷の中に無理やり入っていくのが一番です。旅の思い出を作りたい方はぜひ参加してみては?

佛光山佛陀紀念館の魅力⑫高雄観光見出し

佛光山佛陀紀念館を旅しに行くなら帰りか行きに必ず高雄に訪れると思います。なのでこの際一緒に高雄の魅力も簡単にご紹介しておきましょう。高雄は台湾でもっとも大きな都市の一つです。一つは台北ですが、こちらも観光客が多いだけでなく、大きな高層ビルなどもたちビジネスの中心地でもあります。

高雄のいいところは夜景がとても綺麗なところです。なのでショッピングや食事のついでにこうした夜景の綺麗な観光地を訪れてもいいですね。佛光山佛陀紀念館からとても近いので、宿泊先はこちらでもいいかもしれませんね。

また高雄にはグルメスポットでも有名ですね。先ほど聖地に訪れて敬虔な気分になった後はお腹が空いたと思います。なので、夜は高雄で屋台やレストランでお食事をとるのがいいかもしれませんね。台北にもありますが、高雄にも原宿のような若者が多い街があったりします。おすすめスポットはたくさんありますので見所はたくさんです!

佛光山佛陀紀念館に行くなら軽装がおすすめ!見出し

いかがでしたか?佛光山佛陀紀念館の魅力は伝わりましたでしょうか。この大きな佛光山佛陀紀念館には他にも掘り下げるべきスポットがたくさんあります。とても1日で全てを知り尽くすことはできないので、最後に紹介した高雄を拠点にして、台湾に来るたびに訪れるといいかもしれませんね。

投稿日: 2017年8月4日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote