地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「新化老街」観光におすすめ!人気のスポットやグルメ情報も

台南駅から東にバスで30分ほどのところにある「新化区」。新化区にはバロック様式の建築物がずらりと立ち並ぶ「新化老街」があります。こじんまりとした田舎町ですから老街やB級グルメを楽しみながらのんびりと観光することをおすすめします。

新化老街の街並みとB球グルメを楽しもう!見出し

台南駅からバスで東に30分ほど行ったところにある小さな町が「新化」です。バロック建築が立ち並ぶ「新化老街」はまるで日本の大正時代にタイムスリップしたようです。また、新化には台南のB級グルメのお店が数多く存在します。こちらでは「新化老街」の歴史やアクセス方法、B級グルメ、おしゃれカフェなどの情報をお届けします。

新化老街の観光スポットやグルメ情報①見出し

「新化老街」って何?

1895年から1945年の約50年間、台湾を統治していた日本は莫大な資産や著名人たちを台湾に送り込み、台湾に大きな発展をもたらすことになりました。この土地は1920年(日本の大正9年)に「新化」と初めて名づけられ発展してきました。写真の様なバロック様式の建物からは現在でも当時の繁華街の様子が想像できますね。今では中正路と中山路を囲むこの一体を「新化老街」と呼びます。

こちらは東京駅です。新化老街のバロック様式の建物は日本の東京駅を彷彿させませんか?東京駅の建物は1914年(大正3年)に竣工されました。シンメトリーで重工なレンガ造りの建物はやはりバロック様式を一部取り入れたものと言われています。豪華絢爛なバロック様式は当時の日本でも流行であり、台湾の建築にも大きく影響を及ぼした様子がうかがえます。

バロック様式の建物の特徴である繊細な彫刻や柱の形などは見ていて飽きません。建物の1階部分に入っている商店は庶民的なものが多いのですが、少し上を見上げながら歩くと何か発見があるかもしれません。約100年前の風景を想像してノスタルジックな気分になりますね。

新化老街の観光スポットやグルメ情報②見出し

新化街役場

街役場はヨーロッパのルネサンス時期の劇場を模したものと言われています。新化街役場は1934年に建築され、実際に役所として使われていた建物です。2002年に修復工事を終えた後、内部は「街役場古蹟餐坊」というとてもおしゃれなレストランにリノベーションされています。

こちらの「街役場古蹟餐坊」(町役場古跡レストラン)は、カフェもお食事もできるのですが、侮ることなかれ、結構本格的な料理も出してくれます。ちょっと小腹がすいた時の台湾名物”フルーツ山盛りのフワフワかき氷”や、おしゃれなカフェラテ、本格的なTボーンステーキやお鍋まで扱っています。

住所:台南市新化區中正路500號 電話番号:+886-6-590-5599

新化老街の観光スポットやグルメ情報③見出し

葉麥克炸雞

新化区で一番有名で人気があるのがこの「薬膳唐揚げ」です。その名の通り漢方薬が入っていますので、体によさそうですね。台湾ローカルはこの唐揚げを求めて遠方からわざわざやってくるほどの名物B級グルメです。新化を訪れた際には是非試してみてください。営業時間は午後2時30分から6時30分ですからあまり朝早くはやっていませんので、お気を付けください。

から揚げは鶏肉のむね肉(雞塊)、もも肉(雞腿)、手羽先(雞翅)、脖子(首の部分)さつまいも(地瓜)や花枝丸(イカ団子)などがあります。いずれも10元から30元で揚げたてのおいしいから揚げをいただくことができます。台湾では鳥のもも肉を一枚丸ごと揚げた、まるで熊の手の様な唐揚げが人気ですが、日本人には少々大きすぎてついつい残しがちです。でもこちらは少量ずつ頼めるのでうれしいですね。

実はこのお店は新化太子宮のすぐ目の前にありますので文字通り”一石二鳥”でしょうか。新太子宮の前は薬膳唐揚げを求めるたくさんの人々で行列ができていますが、お時間がある方はぜひ行列をしてでも召し上がっていただきたいおすすめの一品です。

新化老街の観光スポットやグルメ情報④見出し

燒餅のお店

こちらも新化老街を訪れた際にはぜひお試しいただきたい一品です。焼餅(シャオビン)とは、小麦粉の生地を薄く延ばして発酵させた生地を焼いたものなのです。こちらでは生地の中に具を詰めて焼く、というよりも揚げ焼きのようにしていますね。揚げる係の人の脇で手際よく具を包む係の人が居て次々と焼餅が出来上がります。

この焼餅屋さんはとても有名でメニューは「原味(ユアンウェイ)」25元と「加蚕(ジアダン)」35元の2種類だけです。「原味」は焼餅の中に胡椒が聞いた味付けひき肉やネギなどが餡として入っています。それに目玉焼きを載せたものが「加蚕」です。熱々でカリカリ、中はモチモチジューシーな大人気のおすすめB級グルメです。

住所:台南市新化區忠孝路116-1號 電話番号:+886-9-534-77901

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑤見出し

新化煎粿攤

台湾で粿と言えば米のお米を使った生地を使った食べ物です。お茶碗に入れて茶碗蒸しのように蒸したものを「椀粿(ワーグイ)」そしてそれを焼いたものが「煎粿(ジャングイ)」」です。説明が難しいのですが、飲茶の“大根餅”のような食感のものを想像していただくと良いでしょう。

煎粿の上にはとろみのある甘辛なタレがかかっていますのでニンニクやパクチーをお好みで載せます。台南のB級グルメを代表するおすすめの一品です。「椀粿」は20元「煎粿」は(小)が30元(大)が40元です。億の茶色い豆腐のスープのようなものは「猪血湯(チューシータン)」という豚の血を固めたスープです。こちらもぜひチャレンジしてみてください。

台南小吃(シャオチー)の中でもこの「碗粿」は歴史が古く、台湾ではとても人気のある食べ物です。実は食べ方にもルールがあり、丸型の碗粿を男性は中心から十字に四等分、女性は”米”の字を書くように8等分にしていただくのが縁起が良いとされています。

住所:台南市新化區信義路197號前面攤位

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑥見出し

新化武徳殿

新化大目文化園区の入り口にある「新化武徳殿」は1924年ごろ、日本の統治下に建てられたと言われています。当時は伝染病の拡大防止事務所だったそうです。1936年に改築されいわゆる”武道館”となり、警察官、軍人、学生の柔道や剣道の練習に使用されました。戦後は省外の人が住んでいたようですが、その後2006年から6年にわたる修復の後、現在では文化遺産となっています。

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑦見出し

真心食府

新化武徳殿のすぐ近くには素敵な和風の古民家のような建物になんとも不思議な飲み物が売っています。真心食府の「乳液珈琲」はカフェラテなのですが、なんと牛乳の部分と珈琲の部分が層になっているのです。乳液珈琲は90元、乳液紅茶は80元です。飲むときはよく振って召し上がってくださいね。

こちらは日本式のレストランということで、日本の「焼き魚定食」のようなものもいただけます。また、いたるところに日本風のオブジェや日本のアニメのキャラクターが置かれているので台湾に来ていることを忘れてしまいそうになります。たまに子ウサギと遭遇したりもするそうですよ。

住所:台南市新化區和平街23.25號 電話番号:+886-6-590-0756

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑧見出し

找春文創食堂

新化老街にはおすすめのおいしいドリンクがもう一種類あります。それがこちらです。青色のものは海底珍珠氣泡(海底の真珠のソーダ)、黄色は鮭魚卵氣泡(サケの卵ソーダ)などと面白い名前がついていますが、“卵”や“真珠”というのはタピオカのことです。新化老街を歩き回って乾いた喉をさわやかなソーダとタピオカのツルツルした触感が癒してくれます。

住所:台南市新化區和平街45巷1號 電話番号:+886-927-857-603

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑨見出し

筱庭杏仁豆腐冰

新化老街を歩き回っていると、やはり冷たいものが欲しくなります。台湾のかき氷はレベルが高く、新鮮なマンゴーやイチゴが乗っているモノが有名ですが、氷の上に杏仁豆腐が乗った杏仁豆腐冰(シンレンドウフビン)もおすすめです。喉ごしのよいプルプルの杏仁豆腐と冷たいかき氷が旅の疲れを癒してくれます。

かき氷の上に杏仁豆腐や抹茶ババロアを載せることができ、さらに小豆や緑豆やタピオカなど、トッピングも豊富です。自分だけのセミオーダーのかき氷といったところでしょうか。メニュー表から様々なトッピングが選べますが、迷ったら「綜合」(全部載せ)を選びましょう。

住所:台南市新化區中正路328號 電話番号:+886-6-580-0972

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑩見出し

新化老街咖啡

バロック形式の建物の中にある「新化老街珈琲」は美味しいコーヒーを出すお店として有名です。オーナーは出版社を退職後、第二の人生として珈琲屋を始めたそうです。15年間珈琲を研究してきたオーナーが淹れる珈琲は格別で、ラテ・アートのようなこともしてもらえます。店内には新化の歴史を物語るような写真や日本統治時代に発行されていた日本語の新聞なども展示されています。店構えも素敵ですね。

ここのおすすめ蝶豆花(バタフライエンドウの花)が練りこまれた食パンで作った紫色のハニートーストです。台湾のような亜熱帯地域で獲られるバタフライエンドウは鮮やかな青い色の花をさかせます。その花を煮出した時に出る鮮やかな紫色には抗酸化作用の高いポリフェノールの一種とされるアントシアン色素が豊富に含まれていおり、ほんのり豆の香りがするハーブティーとしてそのままいただくこともできるのだそうです。

住所:台南市新化區中正路421號 電話番号:+886-6-590-9800

新化老街の観光スポットやグルメ情報⑪見出し

アクセス方法

台南から新化までは、台南火車站(台南駅)の駅前ロータリーのバス停「北站」から緑幹線バスにのって40分から50分ほどです。片道22元(往復43元)ほどで、大体15分に1本くらいの間隔で出ています。ちなみに「興南客運」は現在「大台南公車」という名前で営業しています。いずれにせよ、緑幹線は「緑色」のバスです。

台南の半日観光なら新化老街がおすすめ!見出し

いかがでしたでしょうか?当時日本の最先端の技術をつぎ込んで作られたバロック様式の建物から日本と台湾の歴史を感じ、リノベーションにより古い建物を残しながら新しいものを創造していこうとする台湾人の”粋”を感じます。新化老街で台南市内ではなかなかお目にかかれないB級グルメを楽しむのも良し、また、更に足を伸ばして「台湾マンゴー」の里に行くこともできます。こじんまりとした街ですから半日観光なら新化老街がおすすめです!

台南観光におすすめ!人気のスポットやグルメ情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台南観光におすすめ!人気のスポットやグルメ情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「台湾の京都」と呼ばれる台南はその歴史的背景から多くの旧跡が残る観光スポットです。また台南小吃(たいなんしゃおちー)と呼ばれるおすすめグルメもたくさんあります。台湾観光は台北だけではありません!このまとめでは今人気の台南のおすすめスポットをご紹介します。
台南居酒屋の人気&おすすめ!安い・おいしい店舗情報をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台南居酒屋の人気&おすすめ!安い・おいしい店舗情報をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾には熱炒(ルーチャオ)と呼ばれる台湾風の居酒屋が多数存在します。特に台南小吃と呼ばれるほどグルメな街台南の居酒屋はとにかく安くて、おいしいので観光客にも人気です。台南の新鮮な素材で作られた料理と台湾ビールで台南の夜を楽しみましょう。
台南「蝦仁飯(エビ飯)」はおすすめ名物料理!人気有名店もご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台南「蝦仁飯(エビ飯)」はおすすめ名物料理!人気有名店もご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台南は台湾の中でも台南小吃と言うくらいグルメな街です。とりわけおすすめしたいのは台南蝦仁飯(タイナンシャーレンファン)というエビ飯です。蝦仁飯とは何なのか、蝦仁飯の歴史、台南を訪れたら必ず一度は訪れたい名店などの情報をご紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年6月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote