地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

旗津は公園など見所がたくさん!フェリーで渡り観光の後は海鮮を楽しむ!

旗津(きしん)は高雄市の西側にある半島で現在は島になっています。旗津島へ渡るためにはフェリーを利用しますが、フェリーの上から街並みを眺めたりして旗津に着いたら、珍しい輪タクに乗ってみたりして公園や寺院巡りをするのもいいですね。ランチは海鮮料理がおすすめです。

台湾にある旗津半島ってどんなところなのかな?見出し

かつては半島でしたが、古い漁港の島なので、新鮮な海の幸を比較的安価に味わうことができます。旗後燈搭、旗後砲台などの歴史遺産を巡ったり、海岸沿いにあるユニークな公園を訪れるのもいいです。レンタサイクルの店がたくさんあるので、2人or4人乗りの自転車を借りて島巡りをすると楽です。海風を受けてのサイクリングもおすすめ。

旗津半島は今は島なの?

旗津は、高雄の西にある長さ11.3km平均幅が200mくらいのかつては旗後と呼ばれる半島でした。航路確保のために陸続きの南側が切り離されて現在は島になっています。高雄港と外洋を隔てる位置にあって防波堤のような感じに見えますね。魅力的な島です。対岸との往復はフェリーですが、切り離された南側に海底トンネルが作られています。

高雄から旗津半島へ行く経路は?

高雄から気軽に行けるショートトリップ向きの場所です。旗津へは、バスやタクシーで海底トンネルをいく陸路もありますが、大抵の観光客はフェリーを利用します。鼓山輪渡站(鼓山ターミナル)と旗津輪渡站(旗津ターミナル)間を往復するフェリーの運航本数も多いので安心です。到着地の旗津輪渡站周辺には観光スポットが集まっています。

フェリーに乗って高雄から旗津半島へ行く!見出し

旗津半島は1975年に南側の陸続きの部分を切り離して航路にしました。南側の交通は海底トンネルで確保。北側はフェリーが使われています。高雄で地下鉄橘線に乗車「西子湾駅」で降り、5分から10分歩いた地点の鼓山輪渡フェリーターミナルでフェリーに乗船。周囲の景色を眺めているうちに5分くらいで対岸の旗津輪渡站ターミナルに到着。

旗津輪渡站で自転車や三輪車を調達!

フェリーは朝5時から深夜まで頻繁に運行されているので便利です。フェリーは観光客だけではなく、地元民にとっても大切な足となる存在です。旗津輪渡站(旗津フェリーターミナル)に着くと付近に名物の輪タク(人力三輪車)やレンタサイクル屋がたくさん並んでいます。島巡りにはレンタサイクルを活用することをおすすめします。

輪タクに乗って旗津の人気の公園へ!見出し

輪タク(人力の三輪車)やレンタサイクル。2人乗りや親子3人用などいろいろな形態の自転車があって面白いです。この乗り物を利用することで、島内を楽に一周できるそうですよ。レンタサイクルは街中にレンタサイクルスタンドがあって、クレジットカードで借りられるようです。返す時は空いているスタンドに差し込むだけです。

環境にやさしい!旗津風車公園見出し

この公園は旗津漁港と繋がった観光歩道で、台湾で初めにできた環境に優しい公園です。晴れた日には台湾海峡の海が綺麗に見えます。港のトンネルを通り抜けると最初に現れる海岸スポットでもありますね。広大な海に面していて風力資源が豊かなので、独特のデザインの三枚羽風車七基が回転し続けています。海の生物のオブジェもあり。

大人気!旗津海岸公園に新設された彩虹教堂見出し

海辺に建てられたカラフルな「彩虹教堂」は人気急上昇中の新たな観光スポットです。雨上がりに現れる七色の虹をイメージしたこの建物は協会の建物とともに若い人たちに大人気で、この中でカップルで写真に納まる人が多いですね。青い海にとても映える美しさです。次に紹介する教会とともに幸せなカップルの象徴になるでしょう。

旗津海岸公園の虹の教会

旗津三通りの海岸公園旅客センターのそばに建っている虹の教会です。雨上がりの空に現れる虹を象徴しています。彩虹教堂とともに若者を中心に人気のスポットとして海洋ロマンの息を吹き込んでいます。この教会に立つと、男女がそれぞれ人生の主人公になれる予感。形と色の融合がとても素晴らしい空気を生み出していて、ロマンチック。

旗津の街の中を歩いてみる見出し

レンタサイクルを利用して半日もあれば旗津半島の名所を回れる、という好例の動画をご紹介。画面の中から若い彼女たちのパワーがはじけてきます。旅行者が気になりそうな部分をとてもうまく取り入れて見せてくれていますね。おすすめの動画です。見終わると、さあ旗津半島へ!という気分になりますね。

旗津島でおすすめのグルメを探索見出し

旗津のフェリーを降りてまっすぐ進むとレストランが並んでいる通りがあって食事の場所はわかりやすい。店頭にその日提供できる魚介が並んでいて、自分の希望する食材を選んで調理方法を指定するのが一般的なやり方のようです。何種類かを選んで同行者でシェアするといいかもしれません。価格は比較的低めでおいしい。1皿100元くらい?

おすすめの海鮮レストランを3店ほどご紹介!

旗津海産店 住所:No.35號,MiaoqianRoad,QijinDistrict,KaohsiungCity,台湾805 電話番号:+886-7-571-8771

鴨角活海産店 住所:No.22,MiaoqianRoad,QijinDistrict,KaohsiungCity,台湾805 電話番号:+886-7-571-6325

萬三小吃部 住所:號,No.162,Zhongzhou2ndRoad,QijinDistrict,KaohsiungCity,台湾805 電話番号:+886-7-571-6073

旗津にある観光地も探索!見出し

高雄と旗津間にフェリーが就航していて、海底トンネルも開通しています。小さいながらも旗津には見たい場所がたくさんあって惹きつけられます。廟前路にそびえている天后宮は300年の歴史を誇っていますし、廟の前を唐装をした車夫が引いている人力車が行き交う様子もとても趣きがあります。昔ながらの海鮮料理店が並ぶ通りも魅力的。

旗津天后宮

航海の女神の媽祖を祀っている旗津天后宮です。台湾最初の媽祖廟で三百年余の歴史があります。高雄最古の寺廟でもありますね。華南様式。両殿五門両護室(二つのお堂と五つの門、両側の部屋)からなり、燕尾脊(燕の尾のように反り上がった形)と呼ばれる屋根のスタイル。重要な文化遺産も数多く収蔵されていて、高雄における信仰の中心。

清の時代から残された要塞!旗後砲台

康煕年間に海上防衛のため港の傍に砲台1座を設け、雍正9年(1731)旗後山上に移し、以後歴史の荒波に揉まれてきました。この砲台をゆっくり眺めるだけでも歴史が学べそうです。ここから旗津半島と高雄港を見渡すことができます。フェリー乗り場から徒歩でも行けます。山の上にあるのでトレッキングを兼ねて登ってみてはいかが?

高雄港全体を見渡す!旗後灯塔

ルネッサンス後期のバロック建築様式。港町・高雄の象徴。灯台からの視界は大変良く、高雄港全体が見渡せます。1883年に英国人によって正方形のレンガ造りが建てられ、日本統治時代の1918年にはこの灯台そばに八角形のドームが付いた灯台が建てられました。ここでも歴史の断片を見ることができますね。

2000種類以上の貝殼!旗津貝殼館

レンタサイクルでフェリー乗り場から15分ほどで着きます。旗津海岸公園ビジターセンターの二階にあります。世界的にも珍しいオウムガイ、巻き貝や世界一大きい二枚貝など2000種類以上の貝殼を展示している貝殻館です。他にも約200種類の蟹類の標本や5大天王貝などが展示されています。めずらしい貝殻がある貴重なコレクションです。

ロマンチック!旗津星空隧道

軍事用トンネルとして、日本統治時代に旗後山をくり抜いて作られました。現在の隧道は、トンネル内には木桟道が敷き詰められ、内側の壁には十二星座のイラスト、漂流木、蓄光石などの装飾が施されています。さわやかな海風が吹き抜ける洞窟内はロマンチックで、歴史上果した役割など嘘のような感覚になります。外へ出ると旗津湾峽へ。

旗津島一周サイクリングロード見出し

ぐるりと旗津島を一周するサイクリングロードです。道路は合計五つの周回コースがあります。その中のひとつ、馬雅各(マックスウェル)記念サイクリング道路は、19世紀に旗後に上陸して台湾で医療や宣教活動に従事したマックスウェル医師を記念して名付けられています。歴史が生きた景観のサイクリングコースです。

サイクリングロードにこんなオブジェ!

旗津島を一周するサイクリングロードでは、いたるところで面白いオブジェや施設に遭遇して飽きません。この大きな貝殻オブジェも観光客の目を引き付けるに違いありません。レンタサイクルやあるいは輪タクなどで回りながら、その場所場所の公園やら海岸やらで、一呼吸入れるのもいいでしょう。

ここは行っておきたい旗津島見出し

旗津島ぐるり一周の旅もあっという間でしたね。小さい島であるにもかかわらず、見どころ満載、お得感もいっぱいでした。決まり切った旅というスタイルではなくて、自分流のいろんな楽しみ方ができる気がします。自然がいっぱいの中に放されるとこんなに気分が緩んで楽しいのか、と再認識できる旅となることでしょう。お金にも体にも優しい旗津島への旅に、さあ、出かけましょう。

もっと台湾の情報を知りたいアナタへ

台湾・鶯歌の観光おすすめスポットは?陶器の茶器で有名でお土産にも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾・鶯歌の観光おすすめスポットは?陶器の茶器で有名でお土産にも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の鶯歌は台北からのアクセスも良く、台湾最大の陶器の里として人気の観光スポットとなっています。鶯歌には陶器や茶器を購入できるスポットはもちろん、歴史を学べるスポットも点在しています。そんな鶯歌でぜひ立ち寄ってほしいおすすめスポットを紹介していきます。
台湾・淡水の観光やグルメなどおすすめまとめ!温泉・お土産・ホテル情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾・淡水の観光やグルメなどおすすめまとめ!温泉・お土産・ホテル情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の淡水は河口の町として知られ、人気の観光スポットになっています。淡水には台湾のグルメ食べ歩きができたり、お土産屋さんなどがあるので観光には打ってつけのスポットだと思います。そんなグルメやお土産情報以外にも温泉やホテルの情報もあるのでぜひご覧ください!
台湾・新北市の観光スポットでおすすめは?見所・ホテルなどまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾・新北市の観光スポットでおすすめは?見所・ホテルなどまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾・新北市は、美しい自然景観やさまざまな観光スポットを楽しめる場所。「千と千尋の神隠し」のモデルになった「九份」や、天燈上げが有名な「十分」、台湾のベニスと呼ばれる「淡水」、タイヤル族が暮らす温泉地「烏来」など、見どころが詰まった新北市の魅力をご紹介します。
投稿日: 2017年6月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote