地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

熊本名物『赤牛丼』がおすすめのお店BEST5!美味しい名店を厳選!

熊本名物『赤牛丼』がおすすめのお店BEST5!美味しい名店を厳選!

熊本の大自然阿蘇で育った和牛「赤牛」は、赤身のとろける美味しさがたまらない!そんな赤牛を使った赤牛丼は、今や熊本を代表するご当地グルメとなっています。熊本に行ったら、口にしなくちゃ帰れない!そんな赤牛丼の美味しい名店をご紹介します。

熊本のご当地グルメ『赤牛丼』見出し

今や熊本のご当地グルメとして有名になった赤牛丼。和牛の赤身を使った丼は、お店によってトッピングや隠し味が違うんです。でも共通して言えるのは、旨味がとろけるのに、さっぱりしていて食べやすく、誰でもペロリといただけちゃうところ。熊本に行ったら絶対に外せない!そんな、たいぎゃ美味しい赤牛丼をいただけるお店をご紹介します。

良質な牛肉!赤牛とは見出し

Photo by ajari

赤牛は阿蘇地方を中心に飼育されていて、エリアによっては間近で見ることができます。そののんびりと草を食む様子は、見ていても飽きません。大自然に放牧された牛は、ストレスをためることなく過ごし、1日に3から6キロほども歩きます。当然お腹も減り、1日に40キロほどの草を食べるそうです。そうして良質な牛肉となるのです。

美味しさが際立つ!赤牛の肉質見出し

赤牛の肉質は、脂肪含有量が12%以下のものが多く、とにかく赤身の美味しさが際立っています。ほどよくのった脂が口の中でとろけるというジューシーさ。そして、それが全くしつこくないんです。さっぱりといただける和牛ならではの肉質と味は、年齢を問わず、どんな方でも美味しいと感じられる牛肉なのです。

地元で人気!赤牛丼とは見出し

もともと赤牛は、地元で消費されていました。阿蘇市内で食堂を営む「いまきん食堂」が地域を盛り上げたいと考案したのが「赤牛丼」です。ジューシーな赤牛本来の美味しさを最大限に引き出せるよう、レアからミディアムレアで焼き上げます。半熟卵とワサビがのり、タレの味やトッピングによって、それぞれのお店の味に仕上げています。

熊本グルメ名物・郷土料理ランキングTOP21!絶品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
熊本グルメ名物・郷土料理ランキングTOP21!絶品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
熊本グルメと聞いて何を思い浮かべますか?有名な名物から古くから伝わる郷土料理まで、熊本の絶品グルメをランキングにしてみました。あなたの知らない熊本グルメが隠れているかもしれませんよ。熊本へお出かけの際には、名物の郷土料理をチェックしてみてください。

赤牛丼のおすすめ店番外編『らぁめん一白』見出し

まずは番外編として市内中央区白山にあるラーメン店からの紹介です。こちらのお店が使用する食材は、熊本産や九州産、そして国内産にこだわっています。また保存料や酸化防止剤、添加物や化学調味料を一切使用しておらず、ラー油や漬物まで全て手作りという、安心でカラダに優しい食事を提供してくれるお店なのです。

そんなラーメン店のサイドメニューとして、おすすめの赤牛丼が食べられます。それもなんとワンコイン!「赤牛丼」単品として食す量ではなく、あくまでもラーメンと一緒にいただける量ではありますが、それにしてもお安いですよね。無化調の美味しいラーメンと一緒に、ご当地グルメも満喫できるなんて、もう最高です。

さらにさらにこちらでは、丼以外の赤牛のおすすめサイドメニューがあります。赤牛のタタキと赤牛カツの2種類も。そして、どちらも1皿驚愕のワンコイン500円!タタキにはガーリック醤油、ベストマッチです!飲みのアテには最高ですし、肉食系のあなたも私も大満足できる一品です。たいぎゃうまか。

赤牛丼のおすすめ店BEST5『ニュー草千里 cafe Reset』見出し

草千里は、言わずと知れた熊本・阿蘇を代表する風景が広がるエリア。中岳が噴煙を上げ、池には雲が映り、放牧された馬など、ここに来ると心が喜んでいるのがわかります。そんな景色の中で、赤牛丼がいただけるカフェがこちら。1階がカフェスペースで、2階がこの雄大な景色を望む展望レストランになっています。

赤牛丼は、レアな赤身のステーキ肉が、自家製のタレにまとわれて登場します。トッピングは半熟卵とワサビという心を鷲掴みにされる最高のコンビネーション!お肉が柔らかくて、食べやすいんです。赤牛は丼だけでなく、ステーキ定食やハンバーグカレーもいただくことができるので、お子様連れでもメニュー選びに困りませんね。

赤牛以外のメニューでは、熊本ならではのお料理が並びます。馬肉のスタミナ丼や馬刺しとだんご汁の定食、太平燕(タイピーエン)定食、熊本県産豚を使用したカツ丼やカツカレーなど、ここで熊本のご当地グルメや食材を堪能できます。またカフェスペースでは阿蘇の牛乳を使用した美味しいソフトクリームやジェラートもおすすめです。

熊本のドライブでおすすめの定番スポット紹介!素敵な景色をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
熊本のドライブでおすすめの定番スポット紹介!素敵な景色をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
熊本でドライブしたいけど、魅力がたくさんだからこそ行先選びに悩みますよね。今回は熊本のドライブにぴったりな、定番の観光スポットからおすすめの夜景、歴史ある場所や大自然の景色など、熊本の魅力をたっぷりとお届けしたいと思います。

赤牛丼のおすすめ店BEST4『肉食堂 よかよか』見出し

熊本市内は西区にあるこちらのお店。田崎市場内の食堂です。自社農場で育てた赤牛を扱う精肉店の直営ということもあり、新鮮なお肉であるのはもちろんのこと、希少部位のステーキまでいただけるというのがこちらの特長です。ランチからディナーまで通し営業というのも嬉しいですね。観光客はもちろん、地元の方が通うのも納得です。

赤牛丼には、スライスされたステーキ肉に甘辛だれがかかっていて、てっぺんには温泉卵という最強のコラボ。赤牛はレア感が限りなく、肉のうまみが広がる仕上がりです。添えられたワサビとの相性は抜群に良く、しぐれ煮やもろみも乗っているので、味変も楽しめ、非常に美味しいです。

赤牛丼以外にも、サーロインステーキや焼き肉丼、ハンバーグ定食といったメニューもあります。さらに熊本の郷土料理こはる煮やカルパッチョ、パエリアといった珍しいメニューもあるので、心動かされますね。また赤牛以外にもデカ盛りメニューやおすすめメニューもあるので、何度も通いたくなるお店です。

肉食堂 よかよか

ジャンル:
田崎橋 / 洋食
住所:
熊本県熊本市西区田崎町484
営業時間:
月、火、木~日、祝日、祝前日: 10:00~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
平均予算:
提供:

赤牛丼のおすすめ店BEST3『壱之倉庫』見出し

熊本市内の上乃裏通りは、古い家屋をリノベーションしたお店が立ち並んでいます。雰囲気のある、市内でも静かなエリアのこちらでは、お気に入りのカフェでゆっくりと時間を過ごしたい。そして、気に入った雑貨店を巡るなど、のんびり散策がおすすめ。そんな上乃裏通りにも、美味しい赤牛丼をいただけるお店があるんですよ。

天井が高くて開放感のあるモダンレトロな雰囲気は、人数の多いグループでも余裕のスペースです。そしてこのたたずまい、女子なら間違いなく絶対にノックアウトです。そんな雰囲気の中でいただく赤牛丼は、他店とは少し違うお洒落な盛り付けなのです。ドンブリというには違和感があるほどの洋風のいで立ち。

ご飯の上にステーキ状の赤牛がのり、レタスやソテーされた長芋、半熟卵がトッピングされています。もちろんワサビも添えられていますよ。スープとサラダとデザートがついて、まさしく今日の赤牛丼は「洋食」です。熊本市内で赤牛丼を食べ比べるなら、ぜひおすすめしたい名店です。たいぎゃ、おいしか。

壱之倉庫 いちのそうこ

ジャンル:
藤崎宮前 / 洋食
住所:
熊本県熊本市中央区南坪井町2-8
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 11:30~14:00 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)17:00~23:30 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
平均予算:
2,001〜3,000円
提供:
熊本の繁華街を徹底紹介!上通・下通・新市街は遊びの中心地!夜も楽しい | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
熊本の繁華街を徹底紹介!上通・下通・新市街は遊びの中心地!夜も楽しい | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
熊本にきてどこが繁華街か疑問に思う方も多いと思います。熊本駅周辺では飲食店は少なく、駅のお店も早めの時間で閉まってしまいます。そんな時活気ある繁華街を知っていれば熊本観光も一段と楽しくなると思います。ぜひ旅の計画の前に参考にしてください。

赤牛丼のおすすめ店BEST2『阿蘇庭 山見茶屋 桜の小路』見出し

熊本城観光に訪れた方には、こちらの赤牛丼をおすすめします。熊本城のお隣に位置する「桜の馬場 城彩苑」の飲食店が勢ぞろいする「桜の小路」内に構えられた店舗です。阿蘇の大自然を味わおうというコンセプトのもとに、阿蘇の郷土料理を提供しています。店内から熊本城を望み、囲炉裏が備わるテーブルに座るとなんとも落ち着きます。

こちらの赤牛丼は、トッピングがさらし玉ねぎなんです。タレとの相性も抜群で、やはりワサビも絶妙なサポートをしてくれます。焼いた赤牛の中心部が程よいレア加減なんですね。だご汁がセットでついてくる、というのも嬉しい限り。一気に郷土料理を制覇できます。

赤牛丼の他にも、赤牛のステーキや溶岩焼も楽しめます。さらに熊本グルメと言えば馬刺しですが、こちらのメニューでも推しになっていますよ。馬刺しや溶岩で焼く馬肉焼、たかなめし等の郷土料理もいただけますし、囲炉裏で焼くヤマメの炭火焼もあります。熊本城観光と併せて、熊本市内で阿蘇の郷土料理を楽しめる絶好のお店です。

赤牛丼のおすすめ店BEST1『いまきん食堂』見出し

赤牛丼と言えば、阿蘇市内のいまきん食堂!というくらいの有名店。創業100年を超える老舗食堂は、開店前から行列ができるというのが当たり前のお店です。使っている赤牛の個体識別番号が表示されていたり、ご当地ならでは、そしてこのお店ならではのメッセージ性が感じられる店内です。

こちらの赤牛丼は、モモ肉を使用しています。まるでステーキのような厚みがある赤牛は、ミディアムレアに炙られています。極上に柔らかで、和牛の持ち味がぎゅっと詰まってる、そんな印象。赤牛とご飯の間には、赤牛の肉味噌が隠れていて、これだけでもご飯が進んでしまうんです。もちろん相性抜群の温泉卵とワサビものっています。

この赤牛丼は大盛りにすることもできます。赤牛の他のメニューは、ハンバーグ定食や赤牛味噌のにぎりめしがありますよ。馬刺しやたかなチャーハンなどのご当地グルメもありますし、他にはちゃんぽんやうどんやそば等の麺類、豚や鶏を使った定食などの食堂メニューも見逃せません。

熊本で赤牛丼を食べよう見出し

熊本にはたくさんのご当地グルメがあります。中でも赤牛丼は、新ご当地グルメの筆頭ともいえるまでに人気を博しています。馬刺しもラーメンもタイピーエンも食べたなら、ぜひ次は赤牛丼を制覇してみませんか。大好きな熊本がより元気な熊本になることを見守りつつ。赤牛丼を食べに来なっせ。

投稿日: 2017年8月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote