地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ミルフォードサウンドを観光!クルーズやトレッキングツアーが人気!

ニュージーランド南部に雨にけむる楽園があります。その名もミルフォードサウンドというフィヨルド地帯ではクルーズにトレッキングと多彩なレジャーを楽しめます。世界遺産でもあるミルフォードサウンドへの旅行はあなたの見識を深め、心洗う体験をもたらしてくれることでしょう。

ミルフォードサウンドの大自然で遊んでみませんか?見出し

自然豊かなニュージーランドの世界遺産に遊びに行ってみませんか。ニュージーランド南部のミルフォードサウンドでは澄んだ空気と綺麗な景色の中でクルーズやトレッキングなどの現地ツアーを通して自然と親しめます。世界遺産にも選ばれたミルフォードサウンドは誰にでもおすすめできるすばらしい景勝地です。

ミルフォードサウンドってどんなところ?見出し

フィヨルド地形と豊富な雨量

ミルフォードサウンドの景観を特徴づける切り立った山々と入り組んだ湾はフィヨルド地形と呼ばれ、氷河の浸食作用によって出来上がったものです。ミルフォードサウンドでは年間7000から8000ミリの雨が降り、雨は山々を走り何千筋もの滝となって湾内に流れ込みます。ミルフォードサウンドではこれらの雄大な風景を楽しみましょう。

行き方は?

ミルフォードサウンドへの行き方は、クイーンズタウンまで航空機で行き、のちバスでミルフォードサウンドまで向かう行き方が一般的です。その行き方だと片道5時間かかるため、時間が合わなければ片道2時間半の距離にあるテ・アナウからレンタカーで向かう行き方もあります。また、後述する遊覧飛行を兼ねて空路で行く行き方もあります。

世界遺産になっている?

ミルフォードサウンドは1990年に世界遺産に登録されました。ミルフォードサウンドにはかつて世界中の大陸が一つになって形成していたゴンドワナ大陸時代の植物相および動物相が残っていると考えられており、それが世界遺産の登録理由の一つとなります。他にはない貴重な自然を見られるためおすすめです。

ニュージーランドホビット村の場所は?映画の世界を楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドホビット村の場所は?映画の世界を楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界的大ヒット映画「ロードオブザリング」のロケ地として使われたニュージーランドの「ホビット村」はそのままの状態で残されているそうです。映画の舞台そのままで、ファンにはたまらない観光スポットですね!今回はそんなホビット村の場所や入場料、魅力についてご紹介致します。

宿泊も!ミルフォードサウンドでトレッキング!見出し

現地ツアートレッキングとは?

足に自信があるならトレッキングの現地ツアーで美しい自然を歩くこともできます。一般的なコースは4泊5日など1週間弱のトレッキングコースですが、それより短い プランや望むなら10日以上にわたる長いトレッキングプランも存在します。現地ツアーによっては湾内クルーズが含まれているトレッキングプランもあり、おすすめです。

泊りがけの道のり

トレッキングの現地ツアーに参加する時は体調を万全に整えて臨みましょう。プランによっては標高1000m超の山に登ることもありますし、直射日光や急な冷え込みなど厳しい条件があることもあります。泊りがけでかなりの距離をトレッキングするため、飲み慣れた薬を持ち体温調節のできる服装で行くなど念入りに準備をしておきましょう。

ニュージーランドの気候!年間の特徴や服装は?雪も降って寒い? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドの気候!年間の特徴や服装は?雪も降って寒い? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
観光立国であるニュージーランドには、世界中から多くの観光客が集まります。ニュージーランドを訪れるにあたって、気になるのはやっぱり気候ですよね。ニュージーランドの気候とは?ニュージーランドの気候の特徴、雨、冬の寒さ、服装、年間気温など、気候情報をまとめました。

滝に崖にイルカ!ミルフォードサウンドのフィヨルドクルーズ!見出し

クルーズってどんな船に乗る?

おすすめの現地ツアーとしてクルーズがあります。この現地ツアーは最大定員300人ほどの小型の船で湾内の有名な観光ポイントを2時間弱かけてめぐってくれます。水の上から眺めるフィヨルドの山々は岸辺から見たときと全く違う表情を見せてくれることでしょう。船内で昼食をとるプランにすれば、食事を考えなくてすむメリットもあります。

素敵なクルージングの見所は?

湾内クルーズの現地ツアーではいくつかある景勝地に立ち寄ってくれ、写真撮影を行うことができます。また、滝の水しぶきをあびることもできるため希望する時は雨具を持っていきましょう。加えて、運が良ければイルカやオットセイ、ペンギンといった野生生物たちを目にすることができるかもしれません。

ニュージーランドの首都ウェリントン!都市の人口や魅力を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドの首都ウェリントン!都市の人口や魅力を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニュージーランドの首都「ウェリントン」。なぜか日本ではあまり注目されていませんが、実は「世界一イケてる都市」と呼ばれるほど魅力ある都市なんです。ニュージーランドの首都・ウェリントンについて、「世界一イケてる都市」と呼ばれる理由である魅力をまとめました。

お手軽湾内探検カヤックの旅!見出し

カヤックに乗ろう!

フィヨルドを楽しむにはクルーズもいいですが、自分で体を動かすカヤックならば感動もひと際高まるためおすすめです。水面のすぐ上を仲間と一緒にカヤックで滑れば、気分は19世紀のニュージーランド発見者です。なお、カヤックの経験がなくても参加することはできますが、体力はあった方がいいでしょう。

カヤックの見所は?

カヤックの現地ツアーの魅力はクルーズよりも身近に自然を体感できるところです。そびえる山肌や流れ落ちる滝、そして湾内に暮らす生き物たちが迫真の姿であなたの前を横切るでしょう。クルーズでゆったりのんびり時間を過ごすのも良いですが、自分で体を動かせば旅の思い出がよりはっきり残るためおすすめです。

ニュージーランドオークランド観光スポットまとめ!治安はいい? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドオークランド観光スポットまとめ!治安はいい? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニュージーランド最大の都市であり、都会と自然が共存する街「オークランド」。豊かな自然が溢れる素敵なこの街には見どころが満載です。観光地としてもワーホリ先としても大人気なニュージーランド・オークランドの観光スポットや気候、治安についてまとめました。

ミルフォードサウンドでダイビング!フィヨルド湾内を探検!見出し

ミルフォードサウンドではダイビングも!

ミルフォードサウンドを水の上から眺めて帰るのは少しだけもったいないかもしれません。おすすめの現地ツアーの一つはダイビングです。ツアーは少人数で行われ、専門のスタッフがつくため安心して水面下の世界を体験することができます。ミルフォードサウンドを彩る魚やサンゴ達に会いに行くのはいかがでしょうか。

どんなものが見られる?

タツノオトシゴやオットセイ、ウミウシなど多くの生物を観察することができます。ミルフォードサウンドは淡水と海水が層をなして流れる特徴を持つため、光を通さない淡水層によって水中の条件が深海のようになっています。そのため、浅い水深でも深海魚に出会えるかもしれず、普通は深海に生息する黒サンゴは現地の見所になっています。

ニュージーランドの観光スポットおすすめBEST15!定番から穴場まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドの観光スポットおすすめBEST15!定番から穴場まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人口より羊が多いニュージーランド。ニュージーランドはとにかく大自然が堪能できる平和で穏やかな国です。今回は、ニュージーランドの定番の観光名所から、穴場の観光スポットまで、ベスト15をランキングにしてご紹介させていただきます。

遊覧飛行で空からミルフォードサウンド!見出し

早く着くし見晴らしもいい

ミルフォードサウンドを見下ろす空の旅はいかがでしょうか。クイーンズタウンからミルフォードサウンドまでを航空機で移動すれば大幅に時間を節約することができますし、眼下の景色の写真をとっても楽しいでしょう。往復両路に航空機を使う行き方も選べる他、もし途中の景色を楽しみたければ片道だけ航空機を使う行き方もあります。

遊覧飛行の見所

遊覧飛行の一番の見所は壮大なフィヨルド地形のスケールを実感できる所でしょう。大空から見下ろせば、世界遺産に選ばれた理由もさらに納得できると思います。また、航空機ではなくヘリコプターを使って遊覧飛行を行うプランを利用すれば、山の上の氷河に着陸するなど滅多にできない経験を提供するプログラムがあります。

陸の近くで深海魚!ミルフォードサウンドで深海魚ウォッチング!見出し

なんで深海魚がいるの?

ミルフォードサウンドでは海水の層の上に光を通さない淡水が流れているため、浅い水深でも深海魚が生きてゆくことができます。実はダイビングをしなくても深海魚たちを観察する方法があります。レジャーに少し疲れてしまった時はミルフォードサウンドディスカバリーセンターの水中展望台でゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

深海魚を見られる場所

ミルフォードサウンドディスカバリーセンターでは、水深10mに作られた水中展望台まで下って行くことができます。この施設は元々は大学等の研究施設でしたが、維持管理費の兼ね合いで一般公開されるようになりました。水中展望台はミルフォードサウンドの海水層に暮らす深海魚たちを見ることができるおすすめスポットです。

どんな魚がいる?

とても全ての種類をあげることはできないくらい豊富な種類の魚たちがやってくることでしょう。魚以外ではヒトデやサンゴ、イソギンチャクなどの海生生物たちも見ることができます。ディスカバリーセンターでは自然の姿のままの魚たちを観察できるため、水族館よりもダイナミックな風景が見られるはずです。

ニュージーランドテカポ湖で星空観測!ベストシーズンはいつ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドテカポ湖で星空観測!ベストシーズンはいつ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
空気が澄み、豊かな自然が溢れるニュージーランドでは、夜になると素晴らしい星空を見ることができます。中でも特に、南島中央部に位置するテカポ湖の星空は「世界一の星空」と呼ばれるほどの美しさ。世界遺産級の星空を見れるニュージーランドのテカポ湖についてまとめました。

会えるかな?ミルフォードサウンドのかわいい住人たち見出し

是非会いたい!イルカ

クルーズの最中などでハンドウイルカの姿を見られれば、あなたはとてもラッキーです。ミルフォードサウンドの湾内はイルカの生息地としても知られており、時折現れては観光客たちを楽しませてくれます。ハンドウイルカは風のない時に現れやすいと言われています。もっと運が良ければザトウクジラを見ることができるかもしれません。

可愛い姿のペンギン

ミルフォードサウンドで観察できるペンギンのうち、フィヨルドランドクレステッドペンギンという種類が有名です。このペンギンは7月から11月までの間にミルフォードサウンドの決まったところに戻ってきて卵を産み子どもを育てます。もしそのシーズンにクルーズに参加すると出会えるかもしれません。

沢山いるオットセイ

ニュージーランドオットセイはクルーズの時に岸辺や岩場で日向ぼっこをしている姿を見ることが出来るでしょう。このオットセイはニュージーランド近辺で見られる種類で、餌は夜間にとります。そのため日中は仲間たちと共に寝転んで休んでいるようです。オットセイをはじめ多くの生物種たちが世界遺産としての価値を構成しています。

珍しい!クロサンゴ

クロサンゴはミルフォードサウンドの生態系を特徴づけるとても重要な種で、ダイビングなどで見ることが出来るでしょう。宝石サンゴの品種としても知られているためとても見栄えのするサンゴです。個体によっては5m以上に育っているものや300年以上生きているものもあるらしいので驚きですね。

ニュージーランドと言えば!キーウィ

キーウィはニュージーランドを代表する鳥で、国の鳥になっています。ミルフォードサウンドではトレッキングの時などに出会えるかもしれません。近年は生息数が減少しており、今後の経過が見守られる鳥でもあります。ちなみに果物のキウイはこの鳥のキーウィにちなんで名前が付けられたそうです。

ニュージーランドのお土産おすすめ11選!お菓子から雑貨まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニュージーランドのお土産おすすめ11選!お菓子から雑貨まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
広大な大自然に囲まれているニュージーランド。そんなニュージーランドでは、どのようなお土産が買えるのでしょうか。今回は、ニュージーランドに行ったらおすすめしたい、お菓子や雑貨などの幅広いお土産をご紹介させていただきます。参考にしてくださいね。

おいでよミルフォードサウンド!見出し

ミルフォードサウンドはニュージーランド有数の観光地であるため、旅行はきっと忘れられない思い出になります。旅行を通して得た体験はどんな写真よりもどんなお土産よりもきっとあなたの人生を豊かにしてくれるでしょう。訪れた時は体全体でミルフォードサウンドの美しさを味わってみてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年8月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote