地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

江ノ島で生しらす丼が美味しいお店10選!シーズンはいつ?禁漁の時期は?

江ノ島で生しらす丼が美味しいお店10選!シーズンはいつ?禁漁の時期は?

定番の釜揚げしらす丼から、きらきらと輝く生しらす丼まで、江ノ島自慢の美味しいしらす丼を味わってみてはいかがでしょうか。絶品しらす丼を食べれる時期や、食べ放題のお店や人気店、そして気になるお値段まで、江ノ島名物しらす丼に関する情報をまとめてご紹介します。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店をご紹介!見出し

しらす漁が盛んな片瀬江ノ島の名物といえば「しらす丼」ですよね。定番の釜揚げしらす丼から、きらきらと輝く生しらす丼まで、江ノ島自慢の美味しいしらす丼を味わってみてはいかがでしょうか。絶品しらす丼を食べれる時期や、食べ放題のお店や人気店、そして気になるお値段まで、江ノ島名物しらす丼に関する情報をまとめてご紹介します。

江ノ島でしらす丼が美味しい時期はいつ?見出し

「生しらす丼」は江ノ島の名物ですが、実は年中食べれるわけではないんです。1月から3月の時期はアユの稚魚を保護するために禁漁と定められています。そのため、この時期に生のしらすを食べることはできません。生しらす丼を食べれる時期は、漁獲量の多い4月、5月、7月、10月。特に1日に2、3回も漁に出る10月にはたっぷりと味わえます。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店1:まんぷく屋十大見出し

生しらすを食べれない時期に江ノ島を訪れることになっても、美味しいしらす丼をお腹いっぱい食べれるお店があるんです。それがこちら「まんぷく屋十大」。まんぷく屋十大は、なんとしらす食べ放題という贅沢なお店なんです。江ノ島のあちこちで見かける「しらす」のお店。そんな江ノ島の名物を食べ放題で頂けるなんてとても嬉しいですよね。

まんぷく屋十大では美味しい釜揚げしらすの食べ放題だけでなく、自家製の十割蕎麦も食べ放題というのだから驚きです。絶品のしらす丼を味わったあとに、こだわりの自家製十割蕎麦を、そして締めにしらす茶漬けなんていかがでしょうか。食べ放題で美味しいしらす料理を頂けるのに、お値段なんと1360円。コストパフォーマンスが最強です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店2:磯料理きむら見出し

江ノ島の表通りから一本入ったところに佇んでいるお店がこちら「磯料理きむら」です。磯料理きむらでは、美味しい生しらす丼を頂けると有名で、いつも多くのお客さんで賑わっています。「磯料理」という名前の通り、ここでは生しらす丼をはじめ、さまざまな磯料理を楽しむことができるんです。江ノ島の海の恵を一度に楽しめる贅沢なお店です。

磯料理きむらのおすすめメニューは、新鮮な生しらすと釜揚げしらすを一度に楽しむことができる「ハーフ丼」です。獲れたての生しらすも美味しいですが、生しらすだけではもったいないと思わせられるほど釜揚げしらすも絶品なんです。生しらすと釜揚げしらすの食感の違いがまたくせになります。お値段は、1000円から2000円程度になります。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店3:しらすや見出し

続いてご紹介するお店がこちら「しらすや腰越漁港前店」です。しらすやは網元直営の「しらす料理専門店」で、生しらす丼をはじめとし、さまざまな工夫でしらすの味を楽しませてくれます。特におすすめは「しらすづくし定食」や「しらすざんまい定食」。生しらすはもちろんのこと、揚げや漬けなど他にはないさまざまな食べ方で楽しめます。

しらすやでは、生しらすだけをたっぷりと乗っけた生しらす丼も大人気ですが、生しらすや釜揚げしらす、さらにアジやワラサのお刺身も乗った贅沢な「三色丼」もおすすめです。江ノ島の海の幸を一気に楽しむことができるお得なメニューとなっています。どのしらす料理も、ついご飯が進んでしまいます。お値段は、1000円から2000円程度です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店4:江ノ島小屋見出し

続いてご紹介するおすすめの生しらす丼のお店がこちら「江ノ島小屋」です。江ノ島小屋は、その名の通り海沿いに位置する小屋作りのお店です。朝の8時から営業しているので、朝ごはんに美味しい生しらす丼を頂いてから江ノ島観光をスタートするのもいいかもしれません。江ノ島小屋は海沿いに位置しているだけありそこからの景色も最高です。

江ノ島小屋で、美しい江ノ島を眺めながら江ノ島名物の生しらす丼を頂くなんて、最高に贅沢な時間じゃありませんか。大人気メニューは生しらす丼ですが、江ノ島小屋は生しらす丼以外のメニューも充実しているのでぜひ一緒に楽しんでみてください。お値段は、お昼時が1000円から2000円程度で、夕食時は4000円から5000円程度です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店5:池田丸見出し

江ノ島で「お酒と一緒に生しらすを味わうならここ」と定評があるのがこちら「池田丸」です。池田丸では、生しらす丼をはじめ、地元江ノ島で獲れた新鮮な魚料理をたっぷりと楽しむことができるんです。江ノ島でお酒を飲むなら「江ノ島ビール」でしょう。江ノ島ビールを片手に江ノ島名物の生しらすを味わうなんて最高に贅沢な一時ですよね。

もちろん、お酒は飲むつもりはなく生しらす丼だけを楽しみたいという方にもおすすめです。池田丸の3階には、しらす丼だけをオーダーするお客さん専用のフロアが設けられているんです。そのため回転率もいいのが嬉しいポイント。お昼時のお値段が1000円から2000円で夕食時のお値段は2000円から3000円と比較的リーズナブルなお店です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店6:風流亭見出し

日本料理のお店「松川」が手掛けたこちらのお店「風流亭」もおすすめです。風流亭は「ちょこ網料理」のお店として知られています。「ちょこ網」とは定置網の名称で「目の前で獲れた魚をさっと料理して提供する」といった雰囲気のお店になります。元が日本料理のお店なだけあって、他のお店よりも料理の盛り付けにかなりのこだわりを感じます。

風流亭のおすすめメニューは「鯵しらす丼」です。鯵しらす丼は、そのお味はもちろんのこと美しい盛り付けが魅力です。観光客が多く集まるエリアであるにも関わらず、良心的なお値段で提供してくれます。料亭の雰囲気をリーズナブルに味わうことができるお店です。お昼時のお値段は1000円から2000円、夕食時は2000円から3000円程度です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店7:とびっちょ見出し

江ノ島で生しらす丼を頂くのなら「とびっちょ本店」は欠かせないでしょう。とびっちょは、江ノ島だけでも三店舗展開している大人気のしらす料理店なんです。看板メニューの生しらす丼はもちろんのこと、しらすかき揚げ丼や日替わりでおすすめの具材をたっぷりと乗っけた贅沢な「とびっちょ丼」も大人気です。変わり種も豊富にあるお店です。

とびっちょではしらす料理はもちろんのこと、しらすデザートなどの面白いメニューも用意しています。「しらすパン」や「しらすアイス」など、こことびっちょでしか食べることができない変わり種もぜひ味わってみてください。テイクアウトしてさっと食べれる「立ち食い生しらす」も大人気。お値段は昼夕共に1000円から2000円程度です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店8:ハルミ食堂見出し

続いてご紹介するのが、江ノ島のメインストリートに店を構える「ハルミ食堂」です。ハルミ食堂は、この地に店を構えて80年以上にもなるという老舗食堂です。観光客はもちろんのこと、地元江ノ島の人々からも長い間愛され続けてきました。ハルミ食堂の人気メニューはもちろん生しらす丼。三杯酢と醤油を、お好みでかけて頂くスタイルです。

ハルミ食堂を訪れるのなら、昔ながらの味わいを楽しめる生しらす丼はオーダー必須です。ほんのり苦味のある生しらすと、三杯酢と醤油の相性が抜群と評判なんですよ。80年以上続く老舗でありながらもリノベーションしていて店内は比較的新しい雰囲気で綺麗です。お値段はお昼時が1000円から2000円、夕食時が2000円から3000円です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店9:江之島亭見出し

江ノ島の頂上まで上ったら、江ノ島の海を見ながら名物生しらす丼を頂ける「江之島亭」に足を運んでみてください。江之島亭のテラス席や窓側の席からは、江ノ島の絶景を見渡すことができます。絶景を目の前に頂く生しらす丼の美味しさは格別です。ここの生しらす丼は薬味がかけられているのがポイント。お値段は1000円から2000円です。

江ノ島の美味しいしらす丼のお店10:磯料理 天海見出し

最後にご紹介する、生しらす丼が美味しいお店がこちら「磯料理 天海」です。磯料理 天海は江ノ島参道沿いに位置するお店で、カウンター席も用意されている素敵な雰囲気のお店です。生しらす丼はもちろんのこと、軽くお酒を飲みながら海の幸をつまむのにもぴったりです。お昼時も夕食時もお値段1000円から2000円と比較的リーズナブルです。

ベストな時期に江ノ島で美味しいしらす丼を頂こう!見出し

いかがでしたでしょうか。しらす漁が盛んな片瀬江ノ島の名物「しらす丼」。絶品しらす丼を食べれる時期や、食べ放題のお店や人気店、そして気になるお値段まで、江ノ島名物しらす丼に関する情報をまとめてご紹介しました。ベストの時期には生しらす丼を、時期外れでも美味しい釜揚げしらすを楽しめる食べ放題をぜひ味わってみてください。

投稿日: 2017年8月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote