地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

飛行機のファーストクラス料金は?国際線・国内線での食事やペットの可否等は?

雲の上の最上級客室と聞くと何を思い浮かべますか?そう、飛行機のファーストクラスです。今回は人生で一度は体験してみたい、飛行機のファーストクラスの魅力を徹底解剖しました。その驚きの料金からサービスまで、乗らない人にしか分からないことがたくさんです。

飛行機のファーストクラスについて知りたい!見出し

飛行機のファーストクラスは、旅行好きの人なら誰でも一生に一度は乗ってみたいと憧れる、雲の上の贅沢体験です。今回は、ファーストクラスの国内線、国際線の違いから、料金、食事内容、ペットの持ち込みにラウンジ利用まで余すことなくお伝えしていきます。では皆さまをファーストクラスの旅へご案内いたします!

飛行機のファーストクラスの食事内容は?見出し

飛行機のファーストクラスでの一番のお楽しみといえば、そのゴージャスなお食事。どの航空会社もその国が誇る最高のお食事を提供しているようですが、まずはウェルカムドリンクとしてシャンパンが提供されます。シャンパンの最高峰ドンペリニヨンを提供している国際線もあるとか。もちろんお替りも可能です!

シャンパンと一緒に、キャビアの前菜はいかがですか?キャビアは金属製のスプーンだと味が変わってしまうので、必ずキャビア専用のスプーンを使用します。また、キャビアは他のお客様が食べない場合、余っている可能性も。お替りできるかどうかは早いもの勝ちなので、オーダーの際に確認しましょう!

国際線の場合、お食事は大抵はフルコースで提供される他、アラカルトから選べたり、いつでも好きな時に注文できたりというシステムがあるエアラインも。また、ファーストクラスのメニューで好みのものがなければ、ビジネスクラスのメニューから選んだりもできるようです。

実はファーストクラスといえど、人数分を超えた余分な食事は搭載しないのが常識。よって、余っていないとお替りが出来なかったり、元々そのメニュー自体事前搭載していないなんてこともあるようです。海外の航空会社ではメニューの事前予約も可能で、事前に自分のミールプランを考えた上で搭乗できるようになっています。

飛行機のファーストクラスのアメニティは?見出し

飛行機のファーストクラスの定番アメニティといえば、やはり洗面セットとリラクシングウェア。もちろんどちらもお持ち帰りOKです。リモアやサムソナイト等のスーツケース型ポーチも人気です。機内着は外資系航空会社のほうがオシャレなものが多いようです。お土産用のリクエストも受け付けてくれる会社が多いので、ぜひ聞いてみましょう!

飛行機のファーストクラスの料金は?見出し

国内線

実は日本国内線ではJALのみが、ファーストクラスを提供しています。国内線の料金に8000円をプラスするとファーストクラス料金になります。国内線とはいえ、もちろんファーストクラス専用のラウンジ利用に、お皿で提供される機内食、シャンパンも提供されるので、沖縄や北海道旅行等の中距離の際の利用をおすすめします。

ちなみにANAの場合は6500円でプレミアムクラスにアップグレードが出来ますが、シャンパンの提供はなく、機内食はお弁当スタイルになるようです。アメリカの国内線の場合は、ファーストクラスの料金はエコノミー料金の2倍という設定が通常。また、最近ではビジネスクラスのみ設置のエアラインも増えているようです。

国際線

国際線のファーストクラス料金も国内線同様、各航空会社や渡航先によって変わってきます。東京を起点にした国際線で見てみると、80万台から300万台まで幅広い料金になっています。食事はレストラン同様、食器とシルバーで提供され、好きな時間に食事をとれる柔軟なシステムになっています。

ビジネスクラスの値段は?ANA機でハワイやアメリカへエコノミーでの差額を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ビジネスクラスの値段は?ANA機でハワイやアメリカへエコノミーでの差額を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイやアメリカへANA機で渡航するときの値段をご紹介します。ビジネスクラスとエコノミーでの値段の違い、ビジネスクラスとエコノミーの機内シートの休み心地と機内食の違い等。地球がひとつになり、海外旅行は当たり前の時代。お徳に買える渡航費をご紹介しましょう!

飛行機のファーストクラスに格安で乗る方法は?見出し

飛行機のファーストクラスに格安料金で乗れる方法があるんです。その方法は、世界一周航空券を購入するというもの。航空会社のアライアンスごとに発行している航空券で、ワンワールド、スターアライアンス、グローバルエクスプローラー、スカイチームに分かれています。

各アライアンスによって特徴があり、訪れたい国や乗りたい飛行機によって選ぶことが出来ます。またそれぞれにルールも異なりますが、共通点は最大で16回まで移動できること、そして旅行期間も最短で10日から最長1年間という設定になっています。そして驚くべきはその料金。なんとマイルによって110万円から150万台という料金なんです!

ということは、単純に計算して、1フライト7万弱という格安料金でファーストクラスに乘れてしまうということになります。航空会社によってはビジネスクラスしかない区間もあるので、16回ファーストクラスに乗れるというわけではないかもしれませんが、それでもこの料金ならファーストクラスに乗ることも決して夢ではなさそうです!

しかもマイルも貯まる上、1年間有効なので、その間別にチケットを購入して一時帰国なんて裏技も。南米やオーストラリア大陸へはワンワールド、アジア、ヨーロッパ、アフリカへはスターアライアンス、イースター島やタヒチへはグローバルエクスプローラー、モンゴルやロシアへはスカイチームというように目的によって使い分けできます。

飛行機のファーストクラスはペットOK?見出し

実はペットの持ち込みルールについては、飛行機のファーストクラスといえど特別扱いはしないという航空会社がほとんどなんです。各社違いはありますが、盲、聴導犬や介助犬などは事前連絡をした上での同伴が可、それ以外のペットは各社ごとにルールが異なるので、必ず確認するようにして下さい。

日本の大手航空会社2社は国内、国際線共にペットは貨物室での取り扱いになるようです。また、アメリカン航空では、ロサンゼルスまたはサンフランシスコからニューヨーク行きの便のファーストクラス限定で、ペット専用ケージ付きシートでの運行がスタートしました。ペットと一緒にファーストクラスでの旅なんて素敵です!

飛行機のファーストクラスのドレスコードは?見出し

飛行機のファーストクラスに乗る際に一番心配なのが、何を着ていけばいいのかということではないでしょうか。着ている服で搭乗拒否されることはありませんが、カジュアル過ぎる服装の方はお断りというラウンジはあるようです。公共の場ということを忘れずに、カジュアル過ぎないオシャレを心掛けましょう。

飛行機のファーストクラスの一連の流れは?見出し

飛行機のファーストクラスで十分リラックスできるように、ここから手順を押さえていきましょう。搭乗口からは、キャビンアテンドが自分の席まで案内してくれます。席に着くとジャケットやコートを預かってくれますので、その後スリッパに履き替えます。

席に着くと、パジャマのような機内用の服に着替えるかを聞かれます。その際、ファーストクラスは初めてなので色々教えて頂けますか?と担当のキャビンアテンダントに伝えておくのがポイント。そうすることで、その後とても親切に教えてくれます。機内着にはトイレで着替えます。足元のステップを倒してその上で着替えましょう。

食事の後は、ベッドを整えて寝る準備をしてくれます。到着時間が近くなると、キャビンアテンダントに着替えをしたい旨を伝えましょう。脱いだ服をきちんと畳んで持ってきてくれます。着替え後はスリッパから靴に履き替えます。ここまでが通常の流れですが、サービスを受けたら必ず笑顔でお礼を忘れないようにしましょう。

ファーストクラス専用のラウンジでの過ごし方は?見出し

飛行機の待ち時間や乗り継ぎ時間はどう過ごしていますか?飛行機のファーストクラスのチケットがあれば、ラウンジで極上のリラックスタイムが体験できます。豪華な食事に高級なお酒はもちろんのこと、シャワー設備やマッサージのサービスの他、日焼けマシンがついているラウンジまであるんです。

その中でも最高の広さを誇るのは、香港国際空港のキャセイパシフィック航空のラウンジ。なんとフルサイズのお風呂がある個室の利用が可能で、バスタブで旅の疲れを癒すことができます。また、フランクフルト空港のルフトハンザ航空では、ラウンジから搭乗口までドイツ車のリムジンで送ってくれるというサービスもあるようです。

先ほど飛行機でのドレスコードについて触れましたが、実はラウンジでのドレスコードのほうが厳しい場合があることを知っていますか?オーストラリアのカンタス航空のラウンジでは、半ズボンでの入室が禁止になりました。ラウンジを利用したい場合は、半ズボン、ビーサン等カジュアルすぎる服装は避けるのが無難のようです。

飛行機の乗り継ぎ!待ち時間はどう過ごす? 外に出る楽しみ方と注意点! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
飛行機の乗り継ぎ!待ち時間はどう過ごす? 外に出る楽しみ方と注意点! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
飛行機の乗り継ぎ時間がある場合、どんな過ごし方をしていますか。乗り継ぎ時間が長い場合や、時間帯によっても違ってきますが、せっかく経由をするのであれば、有意義な過ごし方をしたいと思っていませんか。飛行機の乗り継ぎの楽しみ方と注意点をご紹介します。

飛行機のファーストクラスは乗る価値あり!見出し

今回は飛行機のファーストクラスの魅力について徹底解剖してきましたが、お楽しみ頂けましたか?飛行機のファーストクラスが、雲の上の最上級客室と呼ばれる意味がお分かりになったかと思います。次の長期休暇は、世界一周チケットを使ってファーストクラスでの旅行なんていかがでしょうか?皆様のまたのご搭乗をお待ちしております!

関連キーワード

投稿日: 2017年9月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote