地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シンガポールの物価は本当に高いのか?それとも安いのか?日本との比較をまとめ!

シンガポールと日本の物価を徹底比較!何が高くて、何が安いのか。はじめて訪れる国は分からないことだらけですよね。シンガポールは観光目的によって物価が変わりやすい国でもあります。未来都市シンガポールの物価を是非ご参考ください!

シンガポールの物価を見てみよう見出し

Photo by dronepicr

世界を代表する未来都市国家として近年、急成長したシンガポール。街中には異空間に感じるようなモダンな建築や空間が沢山あります。GDPは日本人よりも高く、他国から水を買っていた国がいつのまにか水も作り出してしまうような最先端な国へと変貌を遂げました。そんな魅力的な国シンガポールの物価を、日本と比較してみました。観光の際の参考にしてみてください。

シンガポールの通貨見出し

Photo by Lenny K Photography

シンガポールで使われている通貨は「シンガポールドル」という単位で呼ばれる通貨です。現地でも「ドル」「セント」と数えます。日本円で「1シンガポールドル=約80円」となっています。(2017年6月時点)紙幣は、2ドル、5ドル、10ドル、50ドル、100ドル、1000ドル、1万ドルの7種類。硬貨は、1セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1ドル硬貨の6種類があります。

シンガポール物価比較「交通」見出し

電車

日本の山手線の初乗り料金が130円に対し、シンガポールの地下鉄の初乗り料金は1.4ドル(113円程度)です。10駅の時点で計算すると山手線が170円に対してシンガポール地下鉄が2.1ドル(170円程度)となり、日本との差はなくなります。特に安いというわけでもなく高いわけでもありません。主要観光スポットへのアクセスは良好です。

タクシー

タクシーの初乗り料金は日本が730円に対して、シンガポールは3ドル(243円程度)と断然安いです。メーター1キロの料金を比較してみても、日本が1メーターで321円に対して、シンガポールは0.55ドル(45円程度)と非常に安いです。道が渋滞していない時間帯ならばタクシーで観光するのも良いですね。 シンガポールは英語が通じるので日常会話ができれば不便もしません。

バス

街中を走る路線バスの料金は日本が210円に対して、シンガポールは1ドルから2.5ドル(81円から203円程度)と多少安い感じです。これといって高いわけではありませんが、乗り方や降り方が日本とは少々異なるので、分かりにくいと感じる方もいると思います。近場への観光地ならタクシーの方がおすすめです。

シンガポール・シティ・ホールの博物館・美術館を紹介!切手やアジア文明なども! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポール・シティ・ホールの博物館・美術館を紹介!切手やアジア文明なども! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
たくさんの魅力が詰まったシンガポール。そんなシンガポールの、博物館や美術館でちょっと時間を過ごしてみませんか?シンガポールのシティ・ホール周辺にある博物館や美術館。今回は、シティ・ホール周辺にある、歴史と芸術に関連する観光スポットをご紹介いたします!

シンガポール物価比較「コンビニ」見出し

水は格安なものから何種類かバリエーションがありますが、日本でも売っている商品で比較すると、日本が150円に対して、シンガポールが1.5ドル(122円程度)と安いです。ただし水のクオリティは日本も高い方ですので価格とクオリティを見るとシンガポールの水は価格が高いと感じるものが多いです。観光スポットでは多少価格が変動します。

お酒

お酒ですが分かりやすい比較としてビールで比較すると日本の350mlの缶ビールがコンビニで大体210円なのに対して、シンガポールでは大体300円〜500円程度と高いです。コンビニではまだ良いのですがレストランなどでは諸税が掛かって更に高い金額になります。(350mlのビールの相場が800円から1000円程度)ちなみにコンビニやスーパーではお酒の販売時間に制限があるので注意が必要です。

タバコ

タバコは、日本で1箱が450円に対して、シンガポールでは13ドル(1053円程度)と非常に高いです。シンガポールでは歩きタバコやポイ捨てをすると最高8万円もの高い罰金が発生します。その他にも他国からタバコを持ち込んではいけないという決まりもありますので、喫煙者の方は注意した方が良いでしょう。

シンガポール物価比較「食事」見出し

レストラン

比較するのが難しいですが、同じくらいのクラスのレストランで比べると日本が2000円程度に対して、シンガポールは30ドル(2430円程度)とそこまで差はありません。一大観光都市ということを考えると安いと感じる方もいるでしょう。ただしアルコールを注文すると一人辺り5000円以上かかることもありますので、確認してから注文しましょう。

ローカルフード

日本の観光地のローカルフードの相場が800円程度なのに対して、シンガポールでは4ドル(324円程度)と安いです。シンガポールのローカルフードは日本人観光客の口に合うものも多く人気があります。低価格で満足度の高い食事が良い場合はローカルフード店に入りましょう。シンガポールの人気ローカルフードはチキンライスです。

シンガポールチキンライス・海南チキンライスは必食!おすすめのレストランは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールチキンライス・海南チキンライスは必食!おすすめのレストランは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールは食文化が豊かなところ。そんなシンガポールで特におすすめなのがシンガポールのチキンライスです。またの名を「海南チキンライス(鶏飯)」ともいいます。今回はここで海南チキンライスを食べれば間違いなし!というおすすめのレストランをご紹介いたします。

シンガポール物価比較「入場料」見出し

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

観光スポットの多いシンガポールですが、人気テーマパークの入場料を比較します。世界でも類を見ない近未来植物園の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の入場料は大人28ドル(2270円程度)子供15ドル(1215円程度)という値段設定になっています。日本にあるような植物園ではなく巨大なテーマパークなので、納得の価格なのではないでしょうか。

シンガポール動物園

日本で有名な、富士サファリパークの入場料が、大人2700円、子供が1500円です。対して、シンガポール動物園は大人33ドル(2673円程度)子供22ドル(1782円程度)となっており、サファリパークと同じような価格になっています。海外の動物園は日本の動物園と違うテイストが面白いので、時間のある方は是非訪れてみてください。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

日本でも人気のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオは日本が7600円に対して、シンガポールは76ドル(6156円程度)と安いです。同じユニバーサル・スタジオというテーマパークでも国が違うと入場料も変わるのは、非常に興味深いですね。シンガポールでアトラクションを楽しみたい方におすすめです。

シンガポール物価比較「ショッピング」見出し

日本のデパートなどでも多数出店されている海外高級ブランドやスポーツブランドの価格ですが、これらは日本とシンガポールで比較しても大きな差はありません。ただし、シンガポールではGSTという7%の消費税がありますが、一定の条件を満たすことで還元することも可能ですので、購入金額次第で安くなることもあります。

シンガポール物価比較「STARBUCKS」見出し

世界的チェーンのコーヒーショップ「スターバックス」通常のアイスコーヒーのトールサイズの価格が320円なのに対して、シンガポールでは3.7ドル(300円程度)と、そこまで価格差はありません。シンガポールの主要観光スポットにはスターバックスが沢山あるのも特徴的です。観光スポットでの飲食は禁止の場所が多いので、店内でゆっくりするのがおすすめです。

バニラ風味のラテにキャラメルをトッピングしたスターバックスの人気メニュー「キャラメルマキアート」日本ではトールサイズが420円なのに対して、シンガポールでは6.7ドル(542円程度)と少々高いです。これは材料費などのコストで変わってくるので、メニューによって価格差にバラつきがあるようです。

シンガポール物価比較「マクドナルド」見出し

ハンバーガー

日本でも未だに大人気のマクドナルド。こちらのハンバーガー単品の価格が、日本では通常のハンバーガーが100円なのに対して、シンガポールでは2ドル(162円程度)と、若干高い値段設定になっています。

ビッグマック

ボリューム満点のハンバーガーで根強い人気の「ビッグマック」日本では単品で380円なのに対して、シンガポールでは5.5ドル(446円程度)と割高な感じがあります。「ビッグマックの値段を見れば、その国の経済力が分かる」という「ビッグマック指数」なるものがあるように、世界中でビッグマックの価格には大きな差があります。

シンガポール物価比較「ホテル」見出し

Photo by WabbitWanderer

マリーナ・ベイ・サンズをはじめとする5つ星クラスのホテルは日本や他の国と比べても非常に高いです。ビジネスホテルのような場所ですと、日本との価格差はほとんどありません。ドミトリータイプも他の国と比較すると割高です。宿泊施設に関しては若干の割高感を感じることでしょう。

シンガポールのホテルおすすめランキング!人気の高級五つ星から格安の宿も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールのホテルおすすめランキング!人気の高級五つ星から格安の宿も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
見所も多く、近年益々人気が高まってきているシンガポール。今回は、人気の高級五つ星ホテルから、格安のホテルまで、シンガポールでおすすめしたいホテルをランキング形式にてご紹介させていただきます。シンガポール旅行の参考にしてください。

シンガポールへ行ってみよう見出し

Photo by DaveR1988

シンガポールと日本の物価を様々な視点で比較検証してみました。結果は全てにおいてどちらかが高い、安いというわけではなく、ものによって価格差はバラバラということです。どのような観光にしたいのかによっても価格差は変わってきます。目的の旅程から大体の経費を算出して旅行を楽しんでください。

インドの物価は高い?安い?

インドの物価はどのくらい?上昇率・平均相場・生活費など日本と徹底比較! | Kuraneo
インドの物価はどれくらいなのでしょうか?インドの物価について上昇率や平均相場、生活費などを日本と徹底的に比較していきます。インドに住んでみたい方、インドに旅行してみたい方必見の内容です。インドの物価についてマスターしていきましょう。
Kuraneo | 暮らしに関する知識やファッション・恋愛や生活雑貨に関するライフスタイルメディア
Kuraneo[クラネオ]は暮らしの知識やファッション・恋愛や生活雑貨に関するライフスタイルメディアです。

関連キーワード

投稿日: 2017年6月19日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote