地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

リスーピアはゲーム感覚で理科数学を学べる体験施設!料金やアクセス方法も紹介!

国際展示場駅にあるリスーピアはご存知ですか?理数系の勉強が好きな方はもちろん、苦手な人も克服できるかもしれない、面白く楽しい体験ができる施設です。お子様と一緒に勉強のために訪れるのもおすすめです。リスーピアで頭を使うレジャー体験をしてみてはいかがでしょうか。

休日のレジャーと言えば?見出し

みなさんは休日のお出かけ先をどのように決めていますか?滅多にない張り切ったお休みだと、テーマパークや遊園地を選択しがちだと思いますが、なかなか料金もたくさんかかってしまうものです。そこで今回は、料金はリーズナブルなのに1日楽しむことができる休日のお出かけ先として人気なリスーピアをご紹介します。

人気のリスーピアに行ってみよう見出し

リスーピアとは、有明にあり、ゲームなどで楽しく遊べて勉強にもなるということで近年注目を浴びています。パナソニックセンターと一帯となって経営されており、中にも面白いパナソニック製品があったりと、大人でも思わず魅入ってしまう工夫がたくさんなされています。ぜひリスーピアの魅力を知って、足を運んでみてください。

コンセプトは理数系!リスーピアの魅力見出し

そもそもリスーピアとは、理数系の"理数"とイタリア語で広場という意味の"Pia(ピア)"をもじって命名されています。その名の通り、理科や数学に関連する展示物やゲームがたくさんあります。理科の実験の授業が好きだった、という人も多いと思いますが、そんな人にとってはワクワクするものの連続だと言えるでしょう。

施設の1階はパナソニック製品のショールームがあり、2階はニンテンドーのブースとカフェが並びます。その同じく2階にリスーピアの一部である無料ブースがあり、3階がリスーピアのメインともいえるディスカバリーフロアという料金のかかるフロアとなっています。これだけでも1日過ごせそうな内容であることが伺えます。

勉強嫌いの人も安心見出し

なかなか理科や数学に抵抗があり、大人の方なら苦手だった方も多いかもしれません。しかしこちらのリスーピアでは面白くゲームになっていたりとたくさん工夫が凝らされているため、懸念しなくても大丈夫そうです。むしろ少し苦手意識がある人こそ、リスーピアで理科や数学の楽しさを知ることができていい機会だと言えるでしょう。

まだ勉強中の小学生や中学生にももちろんおすすめです。勉強という意識の前に楽しむことができるので、これを機に理科・数学を克服することができるかもしれません。これが家族連れにも人気な理由でしょう。2階の無料ブースだけでも半日くらいは十分楽しむことができるので、まずは一度覗きにいってみてはいかがでしょうか?

まずはリスーピアの無料ブースへ見出し

2階は"クエストフロア"と名付けられていて、面白い展示が数多く並んでいます。どれもが数学や理科、特に物理の法則を使ったものとなっていて、少し身近に近づけて学ぶことができます。ボタンを押したり、書かれてある簡単な指示をこなすと見られる展示なので、自分で理科の実験をしている気分になれて楽しいこと間違いありません。

クエストライブラリーが人気

そんなクエストフロアの中でも一番のおすすめで人気なのが、クエストライブラリーです。タッチパネル式の画面に出されたクイズを解いていきます。映像で解説もしてくれるので、ただ見ているだけでも勉強になります。小さい子どもでも取り組める比較的簡単な問題から、大人も唸るほどの問題まで100以上のコンテンツがあります。

特に理科的なコンテンツがたくさんあり人気なだけあって、土日などの休日は長蛇の列ができることもあるそうです。その場合は1人10分程度と制限時間が設けられるようなので、ルールを守って楽しんでください。無料ブースにあり、かつ制限時間がなければいくらでも見られるので、とても素晴らしいと言えます。

リスーピアの3階は本格的!見出し

わかりやすくゲームで紹介しているからと言っても、子ども向けのただ面白いだけのものが並んでいるわけではありません。もちろん感覚で遊べるようなものも多数ありますが、数学や理科をきちんと理解していないとわからないものもあります。そんな大人でも本気で取り組めるものがたくさんあるのが、リスーピアの3階エリアです。

3階はディスカバリーフィールドと名付けられていて、有料エリアになっています。とはいえ、高校生までは無料で、それ以上の大人でも500円という良心的な料金設定となっています。ワンコインという比較的安い料金で1日遊べるとなれば、人気の理由も伺えます。金欠気味な学生さんのデートにもいかがでしょうか?

公式サイトでもなかなかどんなゲームがあるのかという紹介はありませんので、実際に足を運んで体験してみてもらうことをおすすめします。口コミでは、数学的な考え方を必要とする素数ホッケーやファンクションシューターという数学の関数を使用したゲーム感覚の展示が好評です。ぜひ自分の好みのゲームを探してみてください。

キャラクターを育てながら展示を楽しむ

3階フロアでは、NFCの端末が一人1台貸し出しされます。そこにはキャラがいて、各展示横のパネルにかざせば段々育っていく仕組みです。これでますますリスーピアを深く楽しもうという気になることができ、各ゲームにも積極的に取り組めます。もちろん端末も500円の料金の内に含まれているので安心してください。

ルールを守って楽しもう見出し

リスーピアは基本的には撮影禁止となっているようです。節度を持っての撮影は大丈夫なブースもありますが、きちんとルールを守るようにしましょう。良心的な料金により大人気で、入場に整理券が配られる場合や、ブースに制限時間が設けられる場合も、きちんとスタッフさんに従って全員が気持ちよく楽しめるようにしましょう。

リスーピアで開催のイベントもチェック見出し

1日丸々過ごそうと思っている方は特に、人気のイベント情報を必ずチェックしておきましょう。建物全体でいろんなイベントが不定期に多々開催されており、子ども向けのものもたくさんあるようです。無料のものも多いので人気のイベントとなっており、事前予約ができたりするので行く前には必ず公式サイトをチェックしましょう。

1階2階の協賛ブースもおすすめ見出し

リスーピアだけでは若干時間が余ってしまった、という場合や、イベント前の時間の調節がしたいと考えている人は、ぜひ1階のパナソニック製品の展示エリアや、2階のニンテンドーエリアを覗いてみましょう。新製品や気になっていた商品を触ったり、体験することができます。1階は大人のほうがテンションが高まるかもしれません。

帰ってからもリスーピアを楽しめる見出し

3階のディスカバリーフィールドを体験した方は、最後にメンバーカードが発行してもらえる仕組みになっています。実はずっと持ち歩いていた端末とリンクしているカードで、家に帰ってからの復習に使うことができます。専用のサイトに自宅のパソコンからアクセスすると、この1日で勉強した内容が見れる面白いシステムです。

アクセスも良好なリスーピア見出し

お出かけ先を選ぶときに重視する項目のひとつにアクセスを挙げる人も多いのではないでしょうか。その点ではリスーピアが楽しそうでも行きづらい場所だと行きたい気持ちが膨らまないことがあるかもしれません。ですがリスーピアはりんかい線国際展示場駅から徒歩2分と、非常にアクセスが良好な場所に立地しているのです。

ゆりかもめを使う場合は、有明駅から徒歩3分でアクセスすることができます。どちらの駅を利用するにしても駅の目の前と言っても過言ではないので迷うことはないでしょう。リスーピアの施設内ではたくさん体力を使って疲れ切る可能性も高いので、簡単に駅にアクセスできて帰れるというのはとても魅力的だと言えます。

リスーピアの営業時間と料金をチェック見出し

月曜日は基本的に休館日なので注意が必要ですが、他は年末年始以外ほとんど開館されています。時間は10時から18時となっており、3階は17時で入場の受付が終了となりますので確認して足を運びましょう。料金は3階入場時に大人が500円かかるのみでそれ以外は無料です。1日過ごすことができるのでぜひ開館から楽しんでください。

気に入ったら半年パスポートを

きっと1度訪れたら虜になること間違いなしのリスーピアなので、アクセスしやすい方はまた来たい!と思うことでしょう。そんな方は半年パスポートをチェックしておきましょう。大人用の3階フロアへの入場が、3回分の料金で半年入場し放題になります。お子様が気に入っている場合などはぜひ活用してみてください。

リスーピアでいつもと変わった休日を見出し

アクセスも良く、内容も充実のリスーピア。子供連れの方は特に、家族全員で楽しめるのがリスーピアの魅力です。中は基本撮影禁止で紹介できないものも多いため、やはり実際に行ってみてゲームや展示を身をもって体験してみていただきたいです。次の休日はリスーピアに足を運んでみませんか?

東京ビッグサイトの駐車場で安いところは?周辺から穴場まで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京ビッグサイトの駐車場で安いところは?周辺から穴場まで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京ビッグサイトへお出かけのご予定ですか。東京ビッグサイト周辺には利用料金が安い駐車場が多数あります。今回は、周辺駐車場の利用料金や営業時間、1日最大利用料金などをご紹介いたします。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。
お台場でプラネタリウムを見よう!日本科学未来館の週末は予約必須! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
お台場でプラネタリウムを見よう!日本科学未来館の週末は予約必須! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京・お台場でプラネタリウムを楽しめるところが、日本科学未来館です。家族連れや若いカップルなどに大人気スポットのプラネタリウムは、週末は予約が必須です。そこで、お台場でおすすめのプラネタリウムスポット・日本科学未来館の料金や混雑状況など詳しくご紹介します。
投稿日: 2017年10月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote