地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

北浜レトロで英国式のアフタヌーンティーを!ランチやおすすめのメニューも!

1840年頃に英国で始まったアフタヌーンティーは、上流階級の文化として世界中で広く認識されています。大阪の北浜レトロではそんな本格的アフタヌーンティーを気軽に楽しむことができます。今日は北浜レトロのランチやおすすめのメニューなども併せてたっぷりとご案内します。

大阪にある話題の北浜レトロを紹介見出し

アフタヌーンティーの習慣が始まったのは1840年頃のこと。女性向けの社交の場として以外に、通常の夕食時間と考えられる19時から21時頃は観劇やオペラ鑑賞などにあてられ夕食を摂るのが21時以降になる事も多く、事前の腹ごしらえが必要だったためです。今回は英国式の本格的なアフタヌーンティーを気軽に味わえる北浜レトロをご紹介します。

文化財の北浜ビルヂングを利用した北浜レトロ 見出し

北浜レトロは、大阪中之島にあります。登録有形文化財の北浜レトロビルヂングは、1912年築のレンガ造りで元々は株屋を営む企業の社屋として建てられたものです。戦後は建材商社の本社家屋として使われ、1994年に倒産し空き家になっていたところに北浜レトロがオープンしました。北浜レトロビルヂングは北浜駅26番出口から徒歩1分の場所にあります。お盆と年末年始以外は無休です。

土佐堀川沿いをのんびり歩いてみると、北浜レトロを始め昔ながらの建築物を利用したカフェや雑貨店などをよく見かけます。北浜レトロビルヂングの向かいには、中之島バラ園があります。バラの季節にはぜひ2階の奥の席でアフタヌーンティを味わってください。窓から見える満開のバラがティータイムをより一層おしゃれに彩ってくれます。

北浜レトロビルヂングに一歩足を踏み入れると、こんなに可愛いデコレーションが目に飛び込んできます。店中本当にどこを切り取っても可愛いのです。ロンドンのアンティークショップにでもいるような錯覚を起こします。眺めているだけで楽しい時間を過ごせます。北浜レトロはお買い物と後ほどご紹介するメニューのお食事をどちらも楽しめる、素敵な空間です。

平日は午後9時まで営業しているので行きやすいです。また平日のみ、アフタヌーンティー、グルメサンドイッチセット、サンドイッチランチの予約が可能ですので、都合が合えば平日のお出かけが良いでしょう。週末は予約はできませんので、早めに出かけて午前のティータイム、などもおすすめです。

住所:大阪府大阪市中央区北浜1-1-26(北浜レトロビルヂング) 電話:06-6223-5858

英国式アフタヌーンティーが楽しめる北浜レトロ見出し

まずは代表的メニュー、これぞ英国式本格的なアフタヌーンティーをご紹介しましょう。ケーキやスコーン、サンドイッチなどがウエッジウッドの3段重ねティースタンドに乗せられて、ひとり1台づつ紅茶とともに供されます。お値段は2400円ですが、それだけの価値は十分にあるでしょう。念のために金額は必ずご確認ください。

ティースタンドの一番下の段に乗せられたサンドイッチは、フィンガーサンドイッチという指でつまんで食べられる小さめのサンドイッチです。必ずきゅうりを使います。栄養価の低いきゅうりを新鮮な状態で食べることは、農夫を従えて生活できるという上流階級の証拠だったのだそうです。北浜レトロではきゅうりの苦手な方は他の具材を頼めますのでご心配なく。

3段重ねのティースタンドはアフタヌーンティーにおける象徴的なアイテムですが、本来は狭いテーブルや低いテーブル上を有効に活用するために使われていたようです。それなので北浜レトロでも取り皿は用意されず、ティースタンドからお皿を外していただきます。ウエッジウッドのお皿やカップがとてもイギリスらしく素敵です。

北浜レトロのおすすめメニュー1:スコーン 見出し

アフタヌーンティーになくてはならないスコーンが焼きあがりました。北浜レトロの焼きたてスコーンは甘さ控えめです。プレーンなスコーン以外にも栗やカボチャなどいろいろな種類のスコーンを焼いています。この温かいスコーンには、ジャムはもちろん濃厚でコクのある純生クリームやクロテッドクリームをお忘れなく。

北浜レトロのスコーンはこんな風に2種類のジャムとクリームで贅沢に味わいます。ほんのり甘いスコーンにクリームとジャムの絶妙な風味のコラボレーションを存分に満喫してください。紅茶はポットで出されますので、のんびりとティータイムを過ごせます。いつもより少しだけ時間がゆっくり流れていくようです。心も体もゆったりとリフレッシュしてください。

北浜レトロのおすすめメニュー2:ケーキ見出し

大人気メニューの一つ、北浜レトロのケーキの代名詞とも言えるミックスジュースショートケーキを始め、フルーツをふんだんに使ったボリューミーなショートケーキと、焼きリンゴやブルーベリーなど数種類のチーズケーキやタルト。どれも美味しそうで迷ってしまいます。香り高い紅茶とともにいただくのはまた格別です。

一番人気と言っても良いほどの大人気のケーキです。毎回売り切れ続出の土日限定のケーキ、季節のフルーツのフレッシュタルトはぜひ午前中に出かけて召し上がってください。それだけの価値はある、北浜レトロ自慢のケーキです。季節ごとに違ったフルーツをたっぷり使って焼き上げます。季節ごとの楽しみです。

北浜レトロのおすすめメニュー3:サンドイッチ見出し

アフタヌーンティーセットのフィンガーサンドイッチとは打って変わって、ランチのサンドイッチはかなりボリュームがあります。パンから中の具材が完全にはみ出している、北浜レトロのサンドイッチランチ。これで1800円はかなりお得感がありますが、念のためにお値段はご確認ください。

北浜レトロのおすすめメニュー4:ランチセット 見出し

平日限定メニューのサンドイッチはボリュームもご覧の通りで、お得感たっぷりです。もちろん紅茶もスイーツも付いてます。平日に時間の取れる方はぜひ行ってみて下さい。スタンダードなハムときゅうりのサンドにポテトサラダをたっぷり挟んだサンドイッチのセット。お財布にも嬉しく、お腹も大満足です。

北浜レトロのおすすめメニュー5:紅茶 見出し

北浜レトロは言わずと知れた紅茶専門店。極上の紅茶を味わうことができます。紅茶はホット、アイスとも800円です。さすがに数多くの種類の紅茶を扱っています。美味しいケーキにはやはり紅茶がよく合います。英国風にロイヤルミルクティーで味わうのも良いでしょう。またコーヒーもありますので、コーヒー党の方もご安心ください。

さまざまな種類の紅茶の中でもハニーロイヤルミルクティーはとても人気です。濃厚な紅茶にたっぷりのミルクとはちみつ。フレッシュなフルーツをたっぷり使ったケーキとのコンビネーションは最高です。紅茶はポットで出されるのも嬉しい限りです。芳醇な味わいをゆっくりお楽しみください。

北浜レトロは雑貨も魅力的見出し

ビルヂングと呼ばれるビルを時々目にしますが、なんともレトロな表現です。ここ北浜レトロビルヂングの1階は紅茶や雑貨を売るショップになっています。ターコイズブルーを基調にした店内には、さまざまなデコレーションが施されています。暖かみを感じさせる木の床や木製のキャビネットも、ノスタルジックで落ち着きます。ここだけでも十分楽しめそうです。

北浜レトロビルヂングの店内と同じターコイズブルーのパッケージの紅茶は、とてもおしゃれでギフトにしても喜ばれそうです。紅茶専門店だけあって、紅茶の種類は数十種類にも及びます。スタンダードな紅茶から香り高いシナモンティーやジンジャーティーなどあらゆる紅茶が揃っています。眠れる森の美女という素敵な名前の紅茶も人気です。お好みのフレーバーの紅茶を探してみてください。

北浜レトロは内装も素敵見出し

アフタヌーンティーやボリューミーなサンドイッチなど、美味しいメニューが盛りだくさんの北浜レトロですが、店内のインテリアも一見の価値ありです。この内装の美しさとノスタルジックな雰囲気が相まって、メニューを一味も二味も味わい深いものにしています。お食事と合わせてビルヂングの外観も内装も十分に楽しんでください。

北浜レトロのお化粧室があまりに可愛いので失礼してご紹介します。やはりお店のカラーのターコイズブルーが基調になっています。イギリスを始めヨーロッパのお手洗いは、こんな感じで何となくおしゃれなところが多いです。つい写真に撮ってしまいたくなる気持ちも分かる気がします。

北浜レトロに行ってみよう見出し

北浜レトロの本格的な英国式アフタヌーンティーをランチや他のメニューなども併せてご紹介してきました。いかがでしたか?大阪の重要有形文化財、北浜レトロビルヂング内の北浜レトロはいつか行ってみたい、英国の情緒たっぷりの素敵な空間でした。メニューもいろいろありますので、この記事を参考にぜひ一度ランチやアフタヌーンティーで利用してみてください。

大阪のフォトジェニックスポット特集!おしゃれなカフェやスイーツなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大阪のフォトジェニックスポット特集!おしゃれなカフェやスイーツなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪にはフォトジェニックと話題のカフェや観光スポットなどがたくさんあります。ただ食事や観光を楽しむだけでなくインスタ映えする写真の撮影も楽しむと、より記憶に残る思い出となるでしょう。ここでは大阪のおすすめフォトジェニックスポットを厳選してご紹介していきます。

関連キーワード

投稿日: 2017年10月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote