高山のパン屋「トランブルー」は行列のできる人気店!クロワッサンは絶品!

高山のパン屋「トランブルー」は行列のできる人気店!クロワッサンは絶品!

高山で非常に人気のパン屋さんである「トランブルー」県外からも訪れるお客さんも多いほど人気のお店で、入場制限がでるほどなんです。そんなパン屋さんトランブルーについて紹介します。高山に行ったらぜひ一度行ってみてはいかがですか。

記事の目次

  1. 1.高山で人気のパン屋といえば「トランブルー」
  2. 2.テレビ番組でも紹介されたトランブルー
  3. 3.高山のパン屋トランブルーの整理券
  4. 4.高山のパン屋トランブルーの入店制限
  5. 5.高山のパン屋トランブルーの一番人気といえばクロワッサン
  6. 6.高山のパン屋トランブルーのおすすめパン1:デニッシュ系
  7. 7.高山のパン屋トランブルーのおすすめパン2:バゲット系
  8. 8.高山のパン屋トランブルーのおすすめパン3:食パン
  9. 9.高山のパン屋トランブルーのその他のパン
  10. 10.高山のパン屋トランブルーのアクセス方法
  11. 11.高山のパン屋トランブルーの店舗基本情報
  12. 12.高山にいったら絶対行きたいパン屋トランブルー

高山で人気のパン屋といえば「トランブルー」

「トランブルー」といえば高山の有名店で、高山に行ったら必ず寄って帰るという方が非常に多い人気のパン屋です。土日や連休はものすごい待ち時間で購入するのも大変なお店となっており県外からも多くのお客さんが訪れています。そんな高山での人気店「トランブルー」について紹介します。

高山のグルメまとめ!飛騨牛料理のおすすめは?人気のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高山のグルメまとめ!飛騨牛料理のおすすめは?人気のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本の真ん中、岐阜県にある高山市は伝統ある町並みが美しく、観光客が多く訪れます。近年外国からの観光客も多い高山は、観光だけではなく町全体で美味しいグルメが堪能できます。今回は、飛騨牛をはじめおすすめの高山グルメを人気のお店を取り混ぜてご紹介します。

テレビ番組でも紹介されたトランブルー

もともと非常に人気が高かったトランブルーですが、テレビで紹介されたことによりさらに人気が高まりました。2012年2月27日にNHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」不満足こそが極上を生む~パン職人・成瀬正~ではパン作りに対する厳しい姿勢が紹介されています。

テレビだけではなくメディアでも多く紹介されているトランブルー。シェフの成瀬正さんは世界最高峰の舞台「クープ・デユ・モンド」で2005年日本代表になり、日本は3位という快挙を成し遂げています。シェフにあこがれてトランブルーのスタッフになる方は多く、今までにも多くの方が独立しています。そんなトランブルーには多くのお客さんが訪れています。

高山のパン屋トランブルーの整理券

トランブルーでは、開店前から多くのお客さんが訪れます。そのため、開店前にくるお客さんには整理券が配布されるシステムになっています。整理券は朝の6時半から9時半までの配布となっており、開店後の時間にくるお客さんは整理券はなく列に並んで待つようになります。

整理券は入口に置いてあり、番号の順番まで並ぶようになっています。開店したら整理券の番号順に順次入ることができるようになります。整理券の自分の番号のときに並んでいなければ、後から行っても入ることができず整理券自体が無効になってしまいますので注意してください。土日祝や連休は早朝から整理券を求めるお客さんでいっぱいです。整理券を持っていても待ち時間が長いことも多いです。

高山のパン屋トランブルーの入店制限

また、トランブルーでは整理券の配布の他にも営業時間内は入店制限を行っています。店内に入れるお客さんは数組のみで、待っているお客さんは店外に並んでおかないといけません。というのも、店内ではゆっくりとパンを選ぶことができるようにするためと、一列に並んで店内を回りそのまま会計を行うというシステムになっているためです。

入店制限があるため、平日であっても30分程度の待ち時間があるということもザラにあります。土日祝は数時間の待ち時間もあるということもあります。しかし、そこまでの待ち時間でもお客さんが待っているのはやはりトランブルーのパンが絶品だからに他なりません。

また、入店制限の他に、日によってはパンの個数制限もあります。その日に店頭に行かないとわからないのですが、土日などお客さんが非常に多い日は個数制限があることが多いようです。長い待ち時間と個数制限と、購入するまでにはなかなかハードルが高いお店ですが、それでも人気は衰えることをしりません。

高山のパン屋トランブルーの一番人気といえばクロワッサン

トランブルーで一番人気はなんといってもクロワッサンです。このクロワッサンを目当てに遠方から訪れるお客さんも多いとのこと。27層にも折りたたまれた生地が均一に膨らんで、美しい焼き色になっています。香ばしい香りがただようクロワッサンは全て大きさと形が揃っており見ているだけでもうっとりしてしまいます。

クロワッサンはサクサクとした食感が絶品で、一口食べるごとに口の中に広がるバターの香りが最高です。クロワッサンの焼き上がりの時間は12時と13時半、土日はそのほかに15時もです。入ったときに店内にある商品のみ購入できるというシステムなので、長い待ち時間を並んで時間通りに行っても目の前で売り切れてしまうというケースもあるんです。

また、クロワッサンは定番のものの他に、甘い生地で作られているクロワッサンオザマンドや、自家製のピスタチオクリームを巻き込んで、表面にピスタチオがかかっているピスタチオクロワッサンなど種類も豊富です。どれも絶品なのでぜひ食べてみてください。

高山のパン屋トランブルーのおすすめパン1:デニッシュ系

それでは、トランブルーでクロワッサン以外のおすすめのパンを紹介します。トランブルーでのパンといえばデニッシュは外せません。定番のデニッシュの他に、季節限定の生のフルーツがのったデニッシュはフルーツによって中のクリームが変えてあり、生地は何層にも重なっていてサクサクの食感、バターの風味がたまりません。

春には新鮮なイチゴを使ったデニッシュ、秋には栗を使ったデニッシュなど季節を感じられるものは非常に人気です。シーズンごとに新しい味を求めて買いにくるお客さんも多いです。一年中食べられる定番のツナやブルーベリーなどもサクサクの生地との相性は抜群です。

高山のパン屋トランブルーのおすすめパン2:バゲット系

トランブルーのおすすめのパン2種類目は「バケット系」です。デニッシュやクロワッサンのようなパンも人気ですが、バケットのようはハード系のパンもおすすめです。定番のTバケットはイーストの量は最低限まで控えており、低温で長時間発酵させており小麦粉の美味しさを十分に発揮しています。

Tバケットの焼き上がりは一日三回、10時15分・13時・15時半です。この時間に合わせてくるお客さんもいるほどなんです。焼きあがったばかりのバケットは外はパリッと中はもっちりとしており、もちろん冷めてから食べても美味しいです。朝食や夕食としても食べられるため、お土産として購入していくお客さんも多いです。

高山のパン屋トランブルーのおすすめパン3:食パン

続いて、トランブルーのおすすめのパン3種類目は「食パン」です。色とりどりのデニッシュに目をひかれますが、やっぱり定番の食パンは外せません。パン屋さんに行くと必ず食パンを購入するという方も多いのではないでしょうか。食パンの焼き上がりは開店時と12時から15時頃です。比較的手に入りやすいパンです。

食パンと一言で言っても、パンドミーやイギリスパン、全粒粉の食パンやデニッシュ食パンなど種類も豊富です。お食事によって選ぶことができるので、数種類購入するという方もいるほどなんです。毎日の食事に取り入れられるようにじっくりと低温発酵させて小麦のうまみをしっかり感じられるようになっています。

食パンの中でも、特に人気が高いものがイギリス食パンです。しっとりときめ細かな生地で、なにもつけずに食べても美味しいです。そのまま食べても焼いて食べても、お好きな食べ方でアレンジが楽しめるのが食パンのいいところですね。

高山のパン屋トランブルーのその他のパン

上に紹介したおすすめのパンの他にも、トランブルーでは数多くの種類のパンが作られています。定番のクリームパンやカレーパン、メロンパンなどの他にも、フルーツのコンポートがのっているペストリー系のパン、ベーコンエピなどのハードパンなど様々なパンがありますのでどれにしようか迷ってしまうほどです。

特にフルーツを使ったペストリーは季節限定のものもあり、その時期しか食べられないものも多いので人気が高いです。まるでケーキのような見た目のパンはフォトジェニックで女性に人気、食べごたえのあるハード系は男性に人気です。老若男女問わず楽しめるのがトランブルーの魅力です。

高山のパン屋トランブルーのアクセス方法

それでは、トランブルーのアクセス方法について紹介します。トランブルーに行くにはバスなどの公共交通機関は不便ですので、自家用車かJR高山本線「高山駅」からタクシーを利用していくことをおすすめします。

自家用車の場合は、高山インターを下車して約20分ほどです。国道41号線を下呂・名古屋方面へ南進し、西之一色南交差点を東へ入って約200mほどの場所にトランブルーはあります。駐車場には常に多くの車が止まっているため近くまで行くとすぐにわかります。

高山のパン屋トランブルーの店舗基本情報

最後に、トランブルーの店舗基本情報を紹介します。営業時間は9時半から18時半までとなっています。ただし、売り切れ次第クローズとなりますので、できるだけ早めの訪問をおすすめします。定休日は毎週水曜日、その他にも不定休がありますのでホームページで確認してみてください。

高山にいったら絶対行きたいパン屋トランブルー

いかがでしたか。高山で非常に人気のパン屋さんであるトランブルー、もはや高山での観光名所といっても過言ではないほどのお客さんの多さです。待ち時間はありますが、待ってでも食べる価値のあるパンはどれも絶品です。高山に旅行に行った際はぜひトランブルー、おすすめです。

reiko
ライター

reiko

九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

関連記事

人気記事ランキング