地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

飛騨の温泉(奥飛騨)ランキング!日帰りOKの施設もあり!

飛騨の温泉(奥飛騨)ランキング!日帰りOKの施設もあり!

北アルプスのふもと奥飛騨は、まさに秘湯と呼ぶにふさわしい大自然に囲まれた温泉地です。冬は銀世界、夏は緑深い山々といった、雄大な絶景を眺めながら温泉に入れるなんて、贅沢ですね。奥飛騨温泉郷で人気の宿泊施設・日帰り温泉施設を、ランキング形式でご紹介します。

岐阜県の人気温泉地・奥飛騨温泉郷はどんな所?見出し

奥飛騨温泉郷は、岐阜県と長野県の県境にあたる北アルプスのふもとにある人気の温泉地です。白川郷でおなじみの合掌造りの家屋や囲炉裏など、昔ながらの風景が数多く残されています。高山市街から穂高方面へ国道沿いに進むと、平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉の順に行くことができます。

奥飛騨温泉郷の周辺は大自然の宝庫。春は高原の花、夏は川でキャンプ、秋は山々の紅葉、冬は雪景色と、いつ訪れても楽しめる観光地です。中でも新穂高ロープウェイは北アルプスの絶景が一望できるとあって、幅広い年代の観光客に人気があります。奥飛騨の温泉は、日帰り客も宿泊客も、多くの旅人たちの疲れを癒しています。

岐阜の温泉でおすすめは?日帰りや宿泊も人気の宿や露天風呂などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岐阜の温泉でおすすめは?日帰りや宿泊も人気の宿や露天風呂などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県には、日本三大名湯のひとつである下呂温泉や奥飛騨温泉郷をはじめ、魅力的な温泉がたくさんあります。今回は、日帰り・宿泊ともに楽しめる岐阜県の温泉についてご紹介します。ぜひ岐阜県の温泉で、身も心も温まるひとときを過ごしてみてください。
岐阜のスーパー銭湯おすすめランキング!岩盤浴や宿泊できる施設など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岐阜のスーパー銭湯おすすめランキング!岩盤浴や宿泊できる施設など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
多彩なお風呂と食事、リラクゼーションなどがそろったスーパー銭湯は子どもから大人まで楽しめる人気のスポットです。岐阜にはおすすめしたいスーパー銭湯がいろいろとあります。岩盤浴や宿泊施設なども備えた、一度は行きたい岐阜のおすすめスーパー銭湯のランキングです。

奥飛騨の温泉ランキング第8位:平湯温泉・平湯の湯見出し

奥飛騨温泉郷の入口・平湯温泉にある『平湯民俗館』は、昔の農民の暮らしぶりが展示されている合掌造りの資料館です。そこに併設されているのが、日帰り入浴できる『平湯の湯』。鉄分で黄土色に濁った温泉は熱めで、雪の降る時期にはちょうど良い湯加減になりそうです。300円という良心的な料金(寸志)も魅力。

『平湯の湯』の近くにある平湯大滝は、飛騨三大名瀑そして日本の滝百選の1つに選ばれたダイナミックな滝です。冬は結氷し、ライトアップの演出もあって幻想的な風景に。平湯温泉にまつわる戦国時代の伝説「白猿伝説」も、ここ平湯大滝が舞台なのだそうです。どんな言い伝えかは立て札を見てのお楽しみ!

所在地:高山市奥飛騨温泉郷平湯 TEL:0578-89-3338(ひらゆの森) 営業時間:6:00~21:00(冬期8:00~19:00) 料金:300円(寸志)

奥飛騨の温泉ランキング第7位:新平湯温泉・薬師のゆ本陣見出し

数百年前の庄屋を移築した重厚な玄関が迎えてくれる『薬師のゆ本陣』。新平湯温泉街の奥に立地する、昔ながらの温泉旅館です。掘りごたつ式の囲炉裏でいただく食事は、飛騨牛はもちろん奥飛騨サーモンや山椒など、地元の特産物が味わえます。女性に人気の「そばの実雑炊」は、囲炉裏のお鍋でぐつぐつと炊かれておいしそう!

気になる温泉の泉質は2種類。お風呂によって泉質が異なるので、利き温泉をしてみては?露天風呂にある布袋様の像から出ている温泉水は、敷地内から湧き出す「薬師の湯」。日本三大美肌の泉質といわれる重曹泉で、飲むと美肌効果が期待できるとか。宿泊すると、朝食に薬師の湯を使った温泉たまごなどが味わえます。

奥飛騨薬師のゆ本陣

住所:
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根208-48
アクセス:
車/中央道岡谷ICから長野道へ~松本IC~国道158号線にて平湯温泉へ。国道471号にて新平湯温泉方面へ。 車以外/新宿から平湯温泉直行バスで270分、平湯から路線バスで15分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

奥飛騨の温泉ランキング第6位:栃尾温泉・荒神の湯見出し

屋根のない開放感たっぷりの露天風呂があるのは、日帰り温泉『荒神の湯』。近くにキャンプ場があり、夏は家族連れやアウトドアファンで賑わいます。穂高岳登山の後に立ち寄って疲れを癒す人も多いとか。ぬるめで無臭の単純温泉なので、小さな子どもでもゆっくり入れます。受付はないので、寸志200円は料金箱に入れましょう。

男湯も女湯も、10人はゆったり入れそうな広々としたお風呂です。日帰り入浴できる時間は朝8時から夜10時まで。星空を眺めながらの温泉、気持ちよさそうですね。脱衣所に鍵付きのロッカーがないので、貴重品の管理には気をつけて下さいね。また月・水・金曜の午前中は、清掃の時間だそうです。

所在地:高山市奥飛騨温泉郷栃尾 TEL:0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会) 営業時間:8:00~22:00(月・水・金は12:00~) 料金:200円(寸志)

奥飛騨の温泉ランキング第5位:福地温泉・いろりの宿かつら木の郷見出し

福地温泉にある、昔の豪農の家屋を利用した旅館『いろりの宿かつら木の郷』。5つの部屋はすべて離れで、静かなひとときを過ごせます。古民家まるごと一軒に宿泊できるプランも大人気。各部屋にある囲炉裏を囲んでの夕食は、飛騨牛の炭火焼がメインの山の幸料理。焼肉も囲炉裏で食べると、心なしか落ち着いてしっぽりとした雰囲気に。

福地温泉の歴史は古く、平安時代、村上天皇がお忍びで療養されたことから「天皇泉」と呼ばれることも。2種類の源泉から引いており、黄色っぽい単純温泉と青白い炭酸水塩泉があります。くせのないさっぱりとした入り心地が人気。日帰り入浴も可能ですが、事前に電話しておくとスムーズです。

いろりの宿 かつら木の郷

住所:
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地10
アクセス:
車/東名または名神の一宮JCを東海北陸自動車道へ。~高山IC~新穂高方面へ。国道158号にて平湯温泉経由福地温泉へ。 車以外/JR高山駅より新穂高行き(福地経由)バス福地温泉上バス停下車
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

奥飛騨の温泉ランキング第4位:福地温泉・昔ばなしの里石動の湯見出し

『石動(いするぎ)の湯』は、福地温泉にある素朴な雰囲気の共同浴場です。日帰り浴場ながら、露天岩風呂と木造りの内湯が楽しめます。内湯はやや熱め、露天風呂はぬるめの単純硫黄泉。温泉の後は、休憩所の『五平餅村』で一休みはいかが?囲炉裏で五平餅をじっくり焼きながらおしゃべり。ついつい時間を忘れてのんびりしてしまいそう。

昔ながらの飛騨の集落を再現した『昔ばなしの里』は、機織りやわら細工、草木染めなど、昔から伝わる文化を体験できる施設です。丁寧に教えてくれるので、初めての人でも大丈夫。お土産も充実しており、民芸品などが手頃な価格で買えるのもうれしいところ。朝市で地元産の野菜や果物を買うのが楽しみという人も多いとか。

所在地:高山市奥飛騨温泉郷福地温泉110 TEL:0578-89-2793 営業時間:夏期10:00~17:00、冬期10:00~16:00 料金:大人500円、小人300円

奥飛騨の温泉ランキング第3位:新穂高温泉・水明館佳留萱山荘見出し

岐阜の名湯・下呂温泉の有名大型旅館『水明館』。そののれんを分けた旅館が奥飛騨にもありました。『水明館佳留萱山荘』は、日帰り入浴もできる旅館。館内はコーヒーラウンジ、卓球台やマッサージチェアのある展望室、カラオケ、Wi-Fiなど、お風呂以外の設備も充実して快適に過ごせます。

『水明館佳留萱山荘』のおすすめポイントは、日本最大級の露天風呂。3つの温泉がつながって、このスケールになったのだとか。これだけの広さがありながらお湯の量も温度もしっかり保たれていて、快適に入浴できます。混浴なので、家族やグループで楽しめますね。思わず泳ぎたくなりますが、そこは我慢!

水明館 佳留萱山荘(かるかやさんそう)

住所:
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555
アクセス:
車/中央自動車道岡谷JTCより長野道へ~松本IC~R158で平湯方面へ 車以外/JR高山駅から新穂高行きバス佳留萱下車
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

奥飛騨の温泉ランキング第2位:福地温泉・山里のいおり草円見出し

大小さまざま、景色もさまざまな3つの貸切露天風呂が魅力の『山里のいおり草円』。家族みんなで入れる大きな露天風呂、しっぽり気分を味わうならこじんまりした岩風呂、山々が一望できる開放的な露天風呂。すべて源泉かけ流しで内湯つきという贅沢さです。宿泊時間の許す限り、温泉と風景を楽しみたい宿です。

大浴場の大きな窓から眺める風景は、芸術とも呼べる四季折々の絶景。地下300mから汲み上げている自家源泉「福の湯」はナトリウム-炭酸水素塩泉で、湯上りはしっとりすべすべになる美肌の湯です。湯煙のミストサウナのような足湯部屋もあり、体の外からも中からもきれいになれそうですね。

手間暇かけて作られ、美しく盛り付けされた料理は、囲炉裏のテーブルでいただきます。イワナのお造りは川魚独特の臭みがなく、地元でしか味わえない珍しい味なのでぜひお試しを。薪とかまどで炊いたほかほかのご飯は甘味があり、何度もお代わりしたくなるおいしさ。最後までご飯の分のお腹をあけておきましょう。

山里のいおり 草円(そうえん)

住所:
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地831
アクセス:
車/中央道岡谷JCTより長野自動車道へ~松本IC~R158で福地温泉へ 車以外/松本駅から新穂高行きバス福地温泉下車
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

奥飛騨の温泉ランキング第1位:新穂高温泉・新穂高の湯見出し

山道を降りた先にある、秘湯と呼ぶにふさわしい『新穂高の湯』。木々と川に囲まれ、雄大な奥飛騨の山々を眺めながらの入浴は、まるで自然の一部になったような気分です。目隠しのない野趣あふれる温泉ですので、水着着用がベター。例年、初夏~秋の営業となっているようです。日程はその年の気候によって決められるそうなので、ウェブサイトをチェックしたり電話で問い合わせたりして確認しましょう。

『新穂高の湯』は、地元の方々が清掃したり悪天候時のメンテナンスをしてくれていますが、近年はマナーを守らない一部の人のために閉鎖が危ぶまれています。一人一人がマナーを守って『新穂高の湯』が存続されるように応援したいですね。もちろん300円の清掃協力金も忘れずに箱に入れましょう。

所在地:高山市奥飛騨温泉郷神坂 TEL:0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会) 営業時間:8:00~18:00 料金:300円(清掃協力金)

奥飛騨温泉郷でゆったり癒されましょう!見出し

Photo by "KIUKO"

何日でも宿泊したくなる、個性あふれる温泉がいっぱいの奥飛騨温泉郷。周辺では北アルプス登山や川でのキャンプなどの、自然のアクティビティも四季を通じて楽しめます。温泉、囲炉裏、地元の人々のおもてなしと、心も体も温かくなれる奥飛騨への旅に出かけてみませんか?

関連キーワード

投稿日: 2017年3月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote