地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

フルーツ大福はどこで買える?一心堂や松竹堂など人気店を一挙紹介!

フルーツ大福は昨今種類も増え、自分用にはもちろんお土産にも喜ばれる人気の和菓子です。そんなフルーツ大福がどんなお店で購入できるのか、またフルーツ大福の有名なお店、どのくらいの日持ちするか、値段などフルーツ大福についてご紹介します。

魅力いっぱいのフルーツ大福!見出し

Photo by  Ronnie

最近注目が集まっているフルーツ大福は、若い女性を中心に人気の和菓子です。味はもちろん、その見た目の可愛さからも人気が集まっています。見た目もかわいくおいしいので自分用にはもちろん、お土産用としても喜ばれる和菓子です。今回はそんなフルーツ大福がどんなお店で購入できるか、値段・日持ちはどのくらいなのか、などフルーツ大福についてご紹介します。

フルーツ大福ってなに?見出し

Photo by lisaclarke

フルーツ大福は、おもちでフルーツを包んだ大福のことです。フルーツとおもちの間にはあんこが入っていたり、白あんが入っていたり、はたまたクリームがはいっていたりなどさまざまです。また、中身のフルーツも最近では種類が広がってきて、マスカットやいちじくなどのフルーツもみられるようになりました。断面がかわいく、ジューシーなフルーツ大福は今や和菓子の中でも大人気のお菓子です。

フルーツ大福の歴史見出し

Photo by dreamcat115

フルーツ大福の歴史は和菓子の中でとても新しいもの。フルーツ大福の先駆けと言われているのが、あんことまるまる一個のイチゴをおもちで包んだイチゴ大福です。イチゴ大福の発祥には諸説ありますが、大阪市旭区にある御菓子司『松福堂正一』では昭和50年にはイチゴ大福が発売されていたのだとか。そして、フルーツ大福の誕生もはっきりしたことは分かっていません。

誕生の詳細はあまり明らかにされていないフルーツ大福ですが、フルーツ大福で有名な養老軒では1993年に発売されたので、このころにはあったようです。現在ではイチゴはもちろんミカン、マスカット、パイン、バナナなど様々なフルーツが使われています。また、あんこ、白あん、生クリームなど中に入れるものも様々でお店によって個性の出る和菓子でもあります。

「ぽたぽたいちご」は札幌で人気のいちご大福専門店!こだわりの食材を使用 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「ぽたぽたいちご」は札幌で人気のいちご大福専門店!こだわりの食材を使用 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
昨年1月にオープンしたばかりの「ぽたぽたいちご」にはもう行きましたか。人気のあまり、営業時間前にいちご大福が完売することもあるのだとか。今回はそんな「ぽたぽたいちご」の営業時間や、値段、人気の魅力についてご紹介していきます!
鈴懸のいちご大福が大人気!博多発の人気和菓子店のおすすめを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鈴懸のいちご大福が大人気!博多発の人気和菓子店のおすすめを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
博多の鈴懸は創業から90年の伝統を誇る和菓子店です。今回は鈴懸で味わいたいおすすめの和菓子をご紹介します。大人気のいちご大福をはじめ、昔と変わらない定番や季節感あふれる限定品など多彩な和菓子がそろっています。博多のお土産にも最適な鈴懸についての情報です。

フルーツ大福ってどのくらい日持ちするの?見出し

Photo by nina.jsc

フルーツ大福はフレッシュなフルーツを使用しておりとてもおいしい魅力的な和菓子ですが、フレッシュなだけに日持ちが気になるもの。そんなフルーツ大福がどのくらい日持ちするかは、お店によって異なります。早いところでは当日、日持ちするところでは2日ほど持ちます。それぞれのフルーツ大福購入店で確認するのがよさそうです。ちなみにどの店舗でも要冷蔵での日持ちとなっています。

フルーツ大福ってどこで買えるの?見出し

Photo by [cipher]

とっても魅力的なフルーツ大福は、フルーツ大福を扱っている和菓子屋で購入することができます。今や有名な店舗が全国にありますが、その数はフレッシュなもののため和菓子屋でも扱っている店舗はあまり多くはありません。現在では店頭まで赴かずともインターネットで購入することができるところもありますが、店頭のみ販売のお店も。そのお店によって様々な魅力があります。

フルーツ大福人気店1:一心堂見出し

一心堂は30年以上の歴史をもつ地元から愛される和菓子屋です。一心堂の一番人気商品は国産の大きないちごと丹波の大納言一つ一つ手作りのイチゴ大福。そんな一心堂は今、おいしいフルーツ大福を販売するお店として有名な店舗のひとつとなっています。一心堂のフルーツ大福の種類は10種類以上ありますが、季節ごとに旬なフルーツを使用しているためその時々で並ぶフルーツ大福が変わります。

一心堂のみかん大福は季節によって変動しますが値段はだいたい360円。まるまるひとつ入っているジューシーで甘酸っぱいみかんと、白あん、柔らかいおもちのハーモニーがたまりません。ちなみにイチゴ大福の値段は280円ほど、マスクメロン大福の値段は420円ほどです。また、一心堂にはベルギー産クーベルチュールを使用したチョコバナナ大福もあり、こちらも人気を博しています。

一心堂は本店が大阪府堺市にあり、そのほか阪急うめだ本店、阪急宝塚店、あべのハルカス近鉄本店の計4店舗あります。どの一心堂の店舗も遠いけど食べてみたい、という方におすすめなのがネット注文。一心堂のホームページにオンラインショップが併設されているので、ネットで注文することができます。一心堂の日持ちはネットで買う場合、発送日含めて2日となっています。

フルーツ大福人気店2:松竹堂見出し

創業明治22年という歴史を持った松竹堂もまたフルーツ大福で有名な和菓子屋です。しかし、松竹堂ではフルーツ餅と呼ばれています。松竹堂はフルーツ餅にもたくさんのこだわりがあります。使用するフルーツは国産のものを主に使用しているそうですが、あんと餅に合うものであれば積極的に外国産も使っているのだとか。松竹堂は国産に固執せず、本当においしいものを追求しています。

松竹堂のフルーツ餅は、断面もさることながら見た目も可愛いのが特徴です。桃であれば桃の形、柿であればヘタまでつけてその果物にそっくりの見た目に仕上げています。また、松竹堂はフルーツ餅を作る過程はすべて手作業で行っているのだとか。果物のカットから、最後の仕上げまで手作業で行うことで松竹堂のフルーツ餅は質の高い、見た目も味も素晴らしい仕上がりとなっています。

松竹堂のフルーツ餅は季節によって内容が変わりますが、イチゴやメロン、パイナップル、ミカンなど様々な種類がそろっています。松竹堂ではその果物の味の魅力を引き出すように構成されており、どれをとっても完成度の高い商品となっています。松竹堂のフルーツ餅6個入りのセットの値段は2106円。賞味期限は店頭の場合その日から3日間、ネットの場合は1日から2日間です。

フルーツ大福人気店3:養老軒見出し

養老軒もフルーツ大福ファンの間ではとっても有名な和菓子屋さんです。昭和20年に創業した養老軒は本店が岐阜県にありますが、時期によっては名古屋や大阪などに養老軒の取扱店舗が出店することもあります。日本の伝統を守りつつ新しいものを作るという新年のもとつくられた養老軒独特の和と洋が融合した和菓子にはたくさんのファンがいます。

そんな養老軒のいちばん人気商品は「ふるーつ大福」です。こちらは11月から5月販売で値段は一つ281円。ふわふわで優しい甘さのおもちの中にはイチゴ、バナナ、栗と粒あん、ホイップクリームが入っています。フルーツそれぞれの味わいとおもち、クリーム、あんこのバランスが絶妙な和と洋どちらの魅力のある商品です。

また、他にもホイップクリーム、粒あん、イチゴをおもちで包んだ生いちご大福や、種無し巨峰をブドウ果汁入りの餡と合わせた丸ごと巨峰の大福など、魅力的なフルーツ大福がたくさんあります。こちらのお店もインターネット販売を行っているため、お店が遠くて買いに行くことができない方も、気軽に購入することができます。

養老軒のふるーつ大福は岐阜名物!人気の秘密や話題のメニューを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
養老軒のふるーつ大福は岐阜名物!人気の秘密や話題のメニューを紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県にある「養老軒」は、メディアにも取り上げられることが多い人気和菓子店です。養老軒の看板メニューが、中にフルーツがたっぷり入った「ふるーつ大福」。そして、お餅にも秘密が隠されているとか?養老軒のふるーつ大福の人気に迫ります。

フルーツ大福人気店4:江戸屋見出し

江戸屋は兵庫県姫路にある和菓子屋さんです。1973年に創業して以来現在に至るまで、地元から愛されています。全国に先駆けプリン大福を作ったお店でもあり、伝統だけでなく常においしいものを創造するお店でもあります。現在では4店舗ありますが全て姫路内に展開していることからも、地元から愛される地元密着型の和菓子屋であることがうかがえます。

江戸屋の一押し商品はわらび餅。本わらび粉を使っており、冷やしても柔らかい食感を楽しむことができます。そんな中でフルーツ大福も負けないほどの人気を集めています。こちらのお店も季節によって並ぶ商品が変わり、夏から秋はぶどう大福、春から冬にかけてはいちご大福が店頭に並びます。プレーン、抹茶、コーヒー味3種があるプリン大福も魅力的です。

ぶどうのさっぱりした甘酸っぱさがたまらないぶどう大福は値段が250円、ぎっしり入った粒あんと上にのせられたいちごの相性抜群ないちご大福は一つ210円となっています。ちなみにプリン大福の値段は一つ250円です。こちらのお店もインターネット販売を行っていますが、フルーツ大福系はすべて店頭のみの販売となっています。

フルーツ大福人気店5:如水庵見出し

如水庵は九州博多に本店を置く老舗の和菓子屋さんです。宮崎にある一店舗を除いて福岡に25の店舗・直売所を持っている、九州福岡では有名な和菓子屋さんです。天皇からご用命を賜った歴史もあり、伝統的で素朴な味わいの和菓子の味を守っているのだとか。その頃に使用されていた木型も残っており、今では博多の博物館で展示されています。

「おいしさひとすじ健康によいお菓子を」をモットーにした如水庵は厳選した「素材」を使用しています。うまみ豊かな有精卵、素材の味を引き出す「海の精」という塩、有機肥料と減農薬で作った北海道十勝の小豆、谷川水系のきれいな水。和菓子に最も重要である4つを、素材からこだわって選んでいるのです。そんな如水庵の和菓子屋えもいわれぬおいしさがあります。

そんな如水庵のフルーツ大福は、もぎたてのいちごを使ったいちご大福、生まれてまもないももで作ったこもも大福、刻み栗と大きな栗が入った栗大福、干し柿の柿大福があります。値段はいちご大福4個入りで800円。こちらもネットで購入することができ、その場合は日持ちが翌日、お届け先によっては当日となるそうです。

フルーツ大福人気店6:双葉屋見出し

双葉屋は長崎県にある歴史ある和菓子屋さんです。1937年に創業し、去年で80周年を迎えました。ひとつひとつ機械を使わず手作りで作られた和菓子は地元でも多くの人気を集めています。双葉屋の和菓子は保存料などを一切使用せず、着色は天然のものを使っています。そんな双葉屋の和菓子の中でもフルーツ大福は大人気のロングセラー商品です。

双葉屋のフルーツ大福は断面だけでなく見た目も楽しめるのが特徴です。中に入っているフルーツを模した外見は、本物により過ぎず、和菓子らしい愛らしさのある見た目となっています。種類も18種類と豊富なところも嬉しいところ。フルーツ大福以外も人気で、見た目も愛らしい桃カステラや、ビワゼリー、極上和三盆を使用したカステラも人気です。

フルーツ大福は人気のいちご大福を初め、りんご大福や、バナナ大福、チェリー大福など、様々です。フルーツ大福の値段はおいしく手が込んでいるにもかかわらずひとつ190円と大変リーズナブル。ちなみに日持ちはいちご、ばなな、チェリー大福が1日、他の種類の日持ちが4日となっています。ちなみにネットでは10個入りで値段が2214円で販売しています。

フルーツ大福人気店7:清光堂見出し

愛媛県今治市にある清光堂は創業65周年の地元で愛される老舗和菓子屋です。清光堂では地元の素材を契約農家から直接購入して和菓子を作っており、その味わいはまた格別となっています。愛媛の美味しいくだものを、一番おいしい時期に和菓子にする清光堂は、地元の方々から絶大な支持を得ています。お店は一店舗のみで他の場所に出店はしていません。

こちらのお店ではまるごとみかんが一つ入ったまるごとみかん大福、じゅわっと島八朔大福、まるごといちじく大福、いちご大福、梅大福、栗大福、葛餅大福桃のの7種類があります。いちご大福は6個入って1720円、梅・栗が220円、桃が230円、他が370円です。お取り寄せが可能で、その場合解凍後3日以内の日持ちとなります。

フルーツ大福人気店8:甘月堂見出し

甘月堂は岡山の倉敷にある和菓子屋さんです。商品はすべて手作り、白あん、こしあん、つぶあんも全て手作りという甘月堂は何といちご大福の種類が20種類もあります。定番のあんこ・しろあんはもちろん、チョコあんカスタードあん、なかにはティラミス味やかぼちゃ味、トマト味も。びっくりな組み合わせも、食べてみるとおいしいとの評判です。

もちろん、いちご大福20種類以外にも葉っぱを模した飾りがついた見た目もかわいいりんご大福やはっさく大福も人気の商品です。こちらのお店、フルーツ大福はネット販売していないため、直接お店まで行かないと購入できません。しかし、岡山まで行って購入するだけの魅力があります。ちなみに1個189円ほどで購入することができます。

フルーツ大福人気店9:四季彩菓ふじ乃見出し

ふじ乃は埼玉県にある和菓子屋さんで、現在2代目が家業を継いで素敵な和菓子を作っておられます。伝統を守りつつ新しい感覚で創造した和菓子は好評でテレビで取り上げたこともあるほど。そんなふじ乃のフルーツ大福は季節によって様々なものが取り揃えられています。定番のいちご大福にはなんといちごあんが使われており、柔らかく甘酸っぱい調和のとれた味です。

他の商品ではミカンオレ大福や、さつまいもオレ大福、ブルーベリー大福、トマトオレ大福など一風変わった商品も。なかなか想像がつかない組み合わせですが、そのハーモニーはまさにフランス料理やフランス菓子のよう。ちなみに一切保存料・防腐剤などを使用していませんがネット購入可で、いちご大福6個入りで1330円。冷蔵で発送日含め2日間の日持ちです。

フルーツ大福人気店10:菓匠あさだ見出し

あさだは創業50年を迎えた和菓子屋さんです。大阪を中心にして現在4店舗を展開しています。おいしさにこだわり、契約農家で仕入れた素材や厳選した水を使って作られた和菓子たちはまさに絶品。季節限定の商品から定番商品まで様々な和菓子を販売しています。そんなあさだのフルーツ大福は全部で7種類あります。

定番のいちご大福、白あんいちごに始まり、ちょっとリッチな味のレッドメロンや宮崎マンゴー、パイナップル、チョコナッツいちご、抹茶いちご、梅酒大福などその味は様々。ちなみにこちらの店舗もオンラインショップがあるので大阪まで出向かずとも購入が可能です。いちご大福10個入りで2300円、日持ちは当日までとなっています。

フルーツ大福を買ってみよう!見出し

Photo by kaige

フルーツ大福は味やかわいい見た目から今や大人気の和菓子です。その味わいはそのお店によってさまざまで、和菓子らしいものから和と洋が一体となった新しいものまでたくさんの種類があります。今回はそんなフルーツ大福を取り扱うお店をご紹介しました。お取り寄せできるところも多数あるので、ぜひ気になる商品があれば購入してみてください。

投稿日: 2018年2月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote