地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

川釣りには何が必要?竿やルアー・初心者向けの仕掛けや人気スポットも紹介

川釣りに何が必要かどうかについては初心者の人にとっては難しくなっています。川釣りは初心者でもおすすめで気楽に楽しむことが出来ます。そこで川釣りに必要な竿やルアー、初心者向けの仕掛けや川釣りの人気スポットについて紹介しますので、参考にしてください。

川釣りのおすすめ!見出し

Photo by TAKA@P.P.R.S

川には数多くの魚が存在しています。また数多くの魚を釣ることが出来るため、初心者にもおすすめの釣り場となっています。そんな川釣りはおすすめになっています。そこで今回は川釣りをするにあたって必要なモノやルアーや竿や仕掛けの選び方、人気スポットや釣ることが出来る魚の種類などについて紹介しますので参考にしてください。

川釣りの竿の選び方は?見出し

川釣りの竿の選び方について説明します。川釣りの竿は一般的に「渓流竿(けいりゅうさお)」や「のべ竿」と呼ばれており、ガイドやリールシートなどがない振出し式のタイプの竿です。主に渓流を中心とした川釣りで使われることの多い竿で、釣りの対象となる魚は、アマゴやヤマメ、イワシやニジマスなどの小型から中型の魚になります。

こちらの渓流竿の特徴としては、魚がいるポイントに向けてライン竿を投げて送る釣り方となり、魚の引き具合をたっぷり楽しめることが出来るのがこの竿の特徴になっています。そして多くのメーカーが製造し販売していることもあって、初心者にも人気の竿になります。ダイワやシマノなどが有名なメーカーとなっています。

製品として竿を選ぶときには、メーカーごとに違いがあり、頑丈で繊細なモノを選ぶ必要があります。初心者が竿を選ぶときにまず押さえておきたいポイントが、「長さ」「硬さ」「調子」の3ポイントとなっています。漂流竿ではそのような選ぶポイントが数多くありますので、初心者の方でも分かるようにわかりやすく解説します。

また、発売されている漂流竿の長さで一般的に短いものとしては4メートル以下となっています。そして反対に長いものでは6メートルを超えるものがあるため、自分の手に合ったものを選ぶ必要があります。リールで意図を出し引きすることがないため、選ぶときには竿の長さが重要で上手く引き上げられるものを選ぶことをおすすめします。

Photo by Urawa Zero

また訪れる川の流れによって竿の長さを選ぶのもおすすめになっています。源流であれば4メートル以内の小さめのサイズ、渓流になると4メートルから6メートルのサイズ、そして本流になると6メートル以上の長さのものをおすすめします。竿のサイズは数多くありますが、基本的には4メートルから6メートルのものを選ぶと万能です。

Photo by noriqnub

また竿の、硬さ、柔らかさも釣りたい魚によって変えることをおすすめします。硬い竿であれば竿先のブレが少なくなるため大きめの魚でも引き抜くことが出来るメリットがありますが、仕掛けが投げにくくなってしまいます。また柔らかい竿であれば引き抜くパワーは弱いですが、投げやすく餌を食いつかせやすいメリットがあります。

Photo by tsuda

また、漂流竿の調子とは、魚がかかったときの竿の書く曲がりのことを示しています。別名としてベンディングカーブと呼ばれています。どこまで曲がるかによって、釣りたい魚に向いているものと向いていないものがありますので、しっかり選びましょう。穂先から竿の長さの半分まで曲がる「胴調子」が初心者におすすめです。

川釣りの仕掛けの選び方は?見出し

Photo by taylorandayumi

ここでは川釣りの仕掛けについて紹介いたします。仕掛けには数多くの種類があり、結び方や使う意図の種類なども多くあり、なかなか理解するのが難しくなっています。しかしながら初心者にもおすすめの仕掛けは基本的には4種類になっており、利用するのもそこまで難しくありません。そこでその4つについて紹介します。

川釣りの仕掛け1「固定ウキ仕掛け」

川釣りで初心者にも人気の仕掛けその1は「固定ウキ仕掛け」です。まずは竿に道糸を連結させ、そのあと、道糸にウキをつけるためのゴム管を通します。ウキは、釣りを始める直前に取り付けるようになっており、最初からつける必要はありませんので、絡まったりする心配もなく安心できます。その下には「ヨリモドシ」をつけます。

Photo by fhisa

「ヨリモドシ」とは、糸と糸を連結させるための器具のことで、意図寄れを防ぐようになっています。これがないと糸同士が絡み合ってしまうので必ずつけるようにします。これを連結した後には重りをつけます。重りには様々な種類がありますが、糸に挟み込むタイプの「がん玉」を利用するのが一般的になっています。

Photo by jetalone

最後に針をハリスにつなぎます。ここに結ぶときには、「内かけ結び」と呼ばれる方法を取ります。これで川釣りの基本となる固定ウキ仕掛けの出来上がりとなります。最初は一般的なこちらの仕掛けを使って釣りを楽しむことをおすすめします。また既に仕掛けが組みあがっているタイプのものもあり、そちらも人気となっています。

川釣りの仕掛け2「渓流脈釣り仕掛け」

川釣りで初心者にも人気の仕掛けその2は「渓流脈釣り仕掛け」です。こちらは天井糸と呼ばれる糸を使用しているのが特徴で、穂先に絡みにくく、夜でも穂先に絡んでいることが分かりやすくなっています。また水中に価格が高い糸を使用することで、コストを節約するだけでなく、強度や信頼感も違ってきますので人気が高いです。

川釣りの仕掛け3「フライフィッシング」

川釣りで初心者にも人気の仕掛けその3は「フライフィッシング」です。こちらは特有の太いラインを使用することで毛ばりをより遠くまで飛ばすことが出来るようになっています。毛ばりとティペット、そしてティペットとリーダーを結ぶ仕掛けとなっています。こちらは水深が深い時など状況に応じて変えることが容易になっています。

川釣りの仕掛け4「ルアーフィッシング」

川釣りで初心者にも人気の仕掛けその4は「ルアーフィッシング」です。ルアーフィッシングは、リールとルアーを一本の糸で結んでいる方法になっており、他の方法に比べるとシンプルな仕掛けになっているのが特徴です。こちらも「クリンチノット」という結び方を利用してルアーと糸を結んでいますが、シンプルで人気です。

川釣りの餌の選び方は?見出し

Photo by ngcurly

川釣りの餌の選び方について解説します。川釣りの餌には大きく分けて3種類の餌があります。厳密にはさらに細かい区分があるのですが、大別すると「生き餌」「死に餌」「練り餌」の3種類です。それぞれ取り扱い方や食いつきの良い魚などが異なっているので、釣り方によって選ぶことをおすすめします。最初は死に餌がおすすめです。

川釣りの餌1「生き餌」見出し

初心者にも人気の高い餌の一つに、生き餌があります。生き餌は、川釣りをするときには必ずと言っていいほど選らば得るような万能餌で、川の上流のつりスポットから下流まで、また湖畔でも使えるような使い勝手の良い餌となっています。特に、生き餌の代表格である「ミミズ」は、直接採取しても良い万能餌となっています。

Photo by atsuginow

また同じく代表的な生き餌として、真っ赤な見た目が目を惹く「赤虫」も同じように人気となっています。こちらはユスリカと呼ばれる蚊の幼虫になっており、小さな魚を釣る時の餌としては非常に人気の高い餌となっています。特に小物を釣る時には欠かせない餌で、300円程度で1日中楽しめるコストパフォーマンスの良さも人気です。

川釣りの餌2「死に餌」見出し

死に餌とは、「イクラ」や「カイコのサナギ」などというように実際に生きてはいないものの総称として使われています。特に身近な「イクラ」は初心者にもおすすめの餌になります。サケやマスの卵であるイクラは、釣り餌にされるときは粒が簡単に破れないように塩漬けされています。川釣りの餌としては大変ポピュラーなモノです。

Photo by バイク便八王子立川所沢

また、同じように「カイコのサナギ」も死に餌としてはメジャーな釣り餌になっています。こちらはそのまま針に引っ掛けて餌として使うのも良いですが、粉末にしたサナギ粉を使うことで、コイやチヌの食わせ餌などに使われることがあります。こちらは少し大きめの魚を狙う時に使われることがある餌となっています。

川釣りの餌3「練り餌」見出し

練り餌は初心者にもおすすめの餌です。サツマイモなどをベースとした練り状になっている餌で、撒き餌にするタイプのものと、直接針につける刺し餌タイプのものがあります。こちらをメインにするというよりかは、他の種類の餌をメインとしてサブ的な役割を担うために持っていくことをおすすめします。日持ちするので便利です。

Photo by atsuginow

また、最近では釣りたい魚の専用餌が販売されていることもあります。これを「種粉エサ」と呼ばれており、水を加えることで練り込み団子を作ってから針に引っ掛けます。また撒き餌としても使われることがありますので、幅広い用途で用いることが出来るような餌となっています。初心者にも人気の餌となっています。

川釣りのルアーの選び方は?見出し

Photo by bm.iphone

川釣りで人気のルアーについて選び方などを含めて説明します。川釣りで使われるルアーは基本的には3種類になっています。これさえそろえておけば、川釣りでも管理釣り場でもローテーションしながら選ぶことでどんな魚でも釣ることが出来ます。そこでその3種類である「スプーン」「スピナー」「ミノー」について解説します。

渓流ルアー釣りのおすすめ装備は?仕掛けや釣り方など徹底解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
渓流ルアー釣りのおすすめ装備は?仕掛けや釣り方など徹底解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
渓流ルアー釣りは様々な釣り方ができる、人気の釣り場となります。自然の中で釣りができるので、初心者にも最適です。渓流ルアー釣りは、装備がポイントとなるので注目です。渓流ルアー釣りのおすすめ装備、仕掛けや釣り方をまとめました。

川釣りのルアー1「スプーン」見出し

1つ目の川釣りに人気のルアーは「スプーン」です。こちらはリールで糸を巻いて引いていくと、水中をゆっくり進み、身体を光らせながら進んでいくルアーになっています。その独特な動き方から魚のような動きをすることが特徴です。スプーン型のルアーは、曲がり具合が少ないほど大きく動きますので、好みに合わせて選びましょう。

スプーン型のルアーの使い方としては、そのまま勢い良く引いてくるのも良いですが、スピードに変化をつけてみたり、ロッドでアクションを加えてみたりと、様々な方法があります。その日の川のコンディションでどのような動かし方が食いつきの良いのか変わりますので、色々と試してみることをおすすめします。

川釣りのルアー2「スピナー」見出し

2つ目の川釣りに人気のルアーは「スピナー」です。スピナーにはブレードと呼ばれる回転板がついており、投げてからリールで巻いてくるとルアーについたブレードが回転して、キラキラと光を反射したり、水中で振動したりと独特な動きを繰り返すことで魚を寄せ付けます。巻くだけでよいので初心者にも人気の高いルアーとなっています。

スピナーの使い方としては、流れや早い場所や急流が近くにあるところ、トラウトと呼ばれる魚を釣る時に使うと特に食いつきの良いルアーとして活躍してくれます。というのも、川の流れが速いスポットでは、リールを巻くことなくブレードが回転してくれるため、勝手に魚を引き付けてくれ、釣りが手軽に行うことができます。

川釣りのルアー3「ミノー(プラグ)」見出し

3つ目の川釣りに人気のルアーは「ミノー(プラグ)」です。プラグというルアーの種類の中で、川釣りで最も使われることのあるルアーが小魚の形をしているルアーになっています。一般的にイメージすることの多いルアーがこのミノーになっています。顎部分についているリップの大小で、ルアーが潜り込む深さが変わってきます。

川釣りのときにおすすめの川魚は?見出し

ここでは川釣りをするときに狙うべき人気の魚について解説します。淡水魚や海水魚など、魚の種類には数多くあります。そのため何を狙っていいか最初は分からなくなって島します。ここでは初心者が狙うことが出来るような簡単な川魚について徹底的に解説しますので、その特徴やつりスポットなどについて覚えておきましょう。

川釣りにおすすめの川魚1「タナゴ」「モツゴ」「オイカワ」など見出し

初心者が釣ることをおすすめする人気の魚は、タナゴやモツゴ・オイカワなどといった用水路や川の排水溝や、水草周辺やブロック塀などといった障害物に潜んでいる小魚たちになっています。こちらは初心者向けに特におすすめの難易度で、ルアーや竿、仕掛けなど初心者向けのものを選んでも釣ることが出来る簡単な魚たちです。

川釣りにおすすめの川魚2「ハゼ」見出し

初心者にもおすすめな魚はハゼになっています。ハゼは海釣りなどでおなじみになっている魚として知られていますが、下流の釣りで釣ることが出来る魚となています。また初心者やファミリー向けでもお手軽に釣ることが出来る魚ですし、数多くのハゼが釣ることが出来るようになっていますので、初心者におすすめの魚になっています。

ハゼの釣り方も簡単で、ウキを使った仕掛け釣り、軽く投げた後の餌釣りなどのほか、ルアーなどを使って釣ることもできるため、何を使っても釣ることが出来る気軽なモノになっています。そのため、自分に合ったスタイルで狙うことが出来るような人気の魚として知られているような魚となっています。そのため狙うのにおすすめです。

川釣りにおすすめの川魚3「アマゴ」「イワナ」「ニジマス」など見出し

初心者におすすめの魚は、アマゴ、イワナ、ニジマスとなっています。主に上流や管理釣り場などで釣ることが出来るような魚になっておりまして小型の魚が多数釣ることが出来るようになっています。特に初心者には管理釣り場であるとほぼ確実に釣ることが出来ますので、ご安心して初心者の方の釣りデビュー向けとなっています。

また、イクラや川虫などの餌を使った仕掛けのウキ釣りやスプーンやプラグなどを使ったルアー、そしてマス特有のフライフィッシングなど様々な手法を使って釣ることが出来る魚となっています。食いつきも良く、水面に糸を垂らしておくことで釣ることが出来るような初心者向けで人気の高い魚たちとなっています。

川釣りにおすすめの川魚4「ブラックバス」「ブルーギル」「ライギョ」など見出し

初心者におすすめの魚の中で、少し大きめの魚は「ブラックバス」「ブルーギル」「ライギョ」です。これらを狙うルアーフィッシングは人気が高く、釣ることが出来たときの豪快な引き具合は、私たちを非常に楽しいもので、私たちの心を強く引き込みます。巨大な魚ですので初心者でも釣ることが出来ると気持ちいこと間違いなしです。

これらの魚たちは特定外来生物に指定されてもいるため、どんどん釣ることが推奨されています。在来の魚たちをどんどん食べてしまい絶滅へと追いやってしまう危険な魚となっていますので、釣り場によってはリリース不可の場所もあるとか。釣り上げたときには釣り場の指示に従うようにしましょう。

川釣りにおすすめの川魚5「コイ」「フナ」など見出し

初心者にもおすすめの魚は、「コイ」や「フナ」です。こられのコイやヘラブナなどは玄人好みの釣りであり、「待ちの釣り」と呼ばれるほど、根気が大切な釣りとなっています。ルアーやウキなどの初心者向けの仕掛けで釣ることが出来るのですが、アタリが分かりずらく、合わせがかなり難しいので初心者には少し難度が高いです。

初心者には難易度が高いこちらの魚たちですが、その分釣れたときの喜びもひとしおです。ルアーや竿、仕掛けなどを駆使して、今までの魚釣りからは一皮むけたいと考えているような方には特におすすめしたい魚たちとなっています。ブラックバスなどとのように引きの力も強いですので釣ることが出来たらラッキーです。

川釣りの人気スポット!見出し

Photo by zenjiro

川釣りには初心者にもおすすめの人気スポットが存在しています。それぞれ異なった特徴を持っており、釣ることが出来る魚の種類も大きく異なっています。そこで、ここでは川釣りをする初心者に人気の高く、簡単な竿とルアーさえあれば釣ることが出来るようなスポットについて紹介しますので参考にしてみてください。

川釣りの人気スポット1「上流」見出し

Photo by 樂活高縣

上流で釣ることが出来る魚としては、イワナやヤマメ、アナゴ、ニジマスといった渓流魚やアユなど様々な魚を上流域で釣ることが出来ます。川幅の狭い渓流釣りでは、餌でもルアーでもどちらでも魚を釣ることが出来ますので、川釣り初心者や入門者にもおすすめのスポットとして知られています。大漁の魚がいますのでねらい目です。

Photo by fanglan

また、アユ釣りは、古くから伝統的な釣りの手法を用いて釣りあげられることもあり、難易度が高いと思われてしまいがちになっています。しかしながら実際は漁港が上流付近の水域の質を高いまま保つなどの放流や誘致活動を行っていることもあって、数が多く釣りやすくなっています。そのため初心者にもおすすめの場所です。

渓流釣り初心者ガイド!仕掛けや服装・気を付けたいポイントなども紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
渓流釣り初心者ガイド!仕掛けや服装・気を付けたいポイントなども紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
渓流釣りは美しい山や木々に囲まれて環境で、自然とともに楽しむことができますが我慢を要する釣りであり、滑りやすい岩肌や石の上を歩いて川を渡るため初心者には難易度の高い釣りです。そんな初心者が渓流釣りを安心して楽しむための必要な準備や注意すべき点をご紹介します。

川釣りの人気スポット2「中流」見出し

Photo by Hyougushi

初心者にもおすすめの釣りスポットとしてお勧めの地域は、中流です。中流域では主に、コイやヘラブナを釣ることが出来ます。ここは上流や、後述する下流などと比べると少し難易度が高いスポットとなっています。というのも中流の川釣りで釣れるヘラブナは、警戒心が非常に強くなっているため、釣るのにはコツが必要になります。

Photo by Hyougushi

またコイを釣る時にも、初心者用の竿でも釣ることはできますが、大きなコイを釣ろうとすると対応する強度の強い竿が必要になっています。なかなか難易度の高いつりスポットとして知られていますが、まれに60センチメートルを超える巨大な魚が釣れることもありますので、難易度が高いながらも愛好家の多いスポットとなっています。

Photo by www.twin-loc.fr

また、そのような大型で難易度の高い魚たちのほかにも、タナゴやザリガニ、ナマズなど私たちの生活に名味見の深い魚たちとも出会うことが出来ます。これらの魚たちは、初心者用の「のべ竿」にウキをつけて釣るだけのシンプルなモノですが、運が良いとフナやコイも釣れることがありますので、注意が必要になります。

川釣りの人気スポット3「下流」見出し

Photo by monoooki

初心者にもおすすめの釣りスポットとしてお勧めの地域は、下流になっています。下流のスポットは、淡水と海水が混ざり合っている「汽水域」という別名もあることからわかるように、様々な種類の魚たちが生息しています。釣ることが出来る魚としては、ハゼやテナガエビなどの小型魚からナマズ、ウナギ、コイなども釣ることが出来ます。

Photo by kayakaya

下流は、初心者にも最もおすすめする釣りスポットとなっています。というのも、様々な種類の魚を釣ることが出来るだけでなく、アクセスが容易なことが多く、気楽に訪れることが出来るスポットとして知られているからです。そのため、まずは下流で釣ることが出来、初心者向けの道具で釣ることが出来るハゼ・テナガエビをおすすめします。

川釣りをしよう!見出し

Photo by バイク便八王子立川所沢

今回は、川釣りにあたって必要なモノについて紹介しました。川釣りにあたっては、竿やルアー、仕掛けなどをしっかり吟味したうえで釣りに挑むことが大切になっていますが、最近ではすでにセットアップが完了しているスターターキットのようなものも存在しています。そのようなものを活用しつつ、川釣りを楽しんでみてください。

投稿日: 2018年7月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote