地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

中村うどんは行列のできる香川の名店!人気メニューやアクセス情報もご紹介!

香川県にある中村うどんは、連日行列ができるほどの人気店です。うどん屋が沢山ある香川県の中でも観光客のみならず地元の方も多く訪れており、好きなうどん屋で名前をあげる方も多いです。そんな中村うどんの人気メニューやアクセス情報などについて紹介します。

香川にある中村うどん見出し

Photo by yto

うどん県と呼ばれている香川県。日本一うどん多く、うどんを食べるために香川県まで旅行に行くという方も少なくありません。そんな香川県に多数あるうどん屋の中でも行列ができるほどの人気が高いのが「中村うどん」です。人気の秘密やアクセス方法など、中村うどんについて紹介します。

香川のおすすめうどん店ランキング・トップ21!人気の名店が勢ぞろい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
香川のおすすめうどん店ランキング・トップ21!人気の名店が勢ぞろい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
香川といえば全国でも有名な讃岐うどんの街!香川にきたならうどんを食べなきゃ始まりませんよね。ここでは香川で人気の名店やおすすめのお店を、独自のランキング形式でご紹介します。このランキングでおすすめしたお店にいって、おいしい香川のうどんを楽しみましょう。

中村うどんのアクセス方法見出し

Photo by sekido

まずは中村うどんのアクセス方法について紹介します。中村うどんは香川県丸亀氏土器町にあり、電車でアクセスされる場合にはJR丸亀駅もしくはJR宇多津駅から徒歩20分ほどの場所にあります。JRの駅からお店までは車で5分ほどとなりますので駅からはタクシーでアクセスされると便利です。

Photo by akiraak2

車でのアクセスの場合はさぬき浜街道や国道11号線からもほど近いばしょにあり、さぬき浜街道からは500メートルほど南の場所にあります。道路沿いにあり、看板もでているのでわかりやすいです。なによりお昼時になると行列ができているのでそれを目印に行くとすぐにわかるというお客さんも多いようです。

中村うどんの店舗基本情報見出し

Photo by yoco**

中村うどんのアクセス方法に続いて、店舗基本情報についてです。営業時間は10時から14時までです。ただし麺がなくなり次第終了となります。定休日は毎週金曜日、電子マネーやカードでの支払いは不可です。個室や貸し切り、予約は不可となっていますので行列に並んで食べましょう。

香川県丸亀市にある「中村うどん」と「なかむら」見出し

同じ香川県丸亀市に「なかむら」といううどん屋さんがあることにお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか。「中村うどん」と「なかむら」は名前も同じであり表記が漢字になっているかどうかなので、間違ってアクセスされてしまうというケースも多いです。

View this post on Instagram

@mumhmhがシェアした投稿 -

「中村うどん」と「なかむら」ですが、実は店主がご兄弟なんです。「なかむら」は丸亀市飯山町にあるのですが、もともと飯山町は丸亀市ではなかったのです。2005年に丸亀市と飯山村が合併して新しい丸亀市が誕生したので、同じ香川県丸亀市の中に「中村うどん」と「なかむら」の二軒があることになってしまいました。

香川県以外から行かれる方には非常に紛らわしいこの二軒ですが、香川県にお住まいの方は漢字で書かれている「中村うどん」と平仮名の「なかむら」でしっかりと区別されているということです。

また、どちらのお店もおいしいと行列ができる人気店なので、丸亀市に行く際には両方にアクセスして食べ比べてみるというのもおすすめです。

「なかむら」で名物釜玉うどんを食べよう!アクセスや人気メニューを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「なかむら」で名物釜玉うどんを食べよう!アクセスや人気メニューを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「なかむら」は讃岐うどんの本場、丸亀の超有名店です。こちらではそんな「なかむら」の看板メニューである釜玉うどんやその他の人気メニュー、「なかむら」のうどんの食べ方や行列について、またアクセス方法についてもご紹介していきます。

中村うどんの店舗の雰囲気見出し

行列ができる人気の中村うどんですが、店内の雰囲気はどのようなものなのでしょうか。中村うどんはカウンターのみの26席となっており。中央部分と窓際にカウンターが並んでいます。そう広くなく行列もできていることが多いので、食べ終わったらすぐに退店するようにしましょう。

店内は非常に活気があり、店員さんが大きな声であいさつをしてくれるので非常に気分が良くなります。また、きれいに清掃されているため清潔感があり、カウンターも毎日しっかりと磨き上げられています。テーブルの上にはお箸と醤油など必要最小限のものしか置かれておらずさっぱりとしています。

行列ができる中村うどん見出し

非常に人気が高く行列ができるほどの中村うどんですが、時間帯によっては並ばずにスムーズに入ることも可能です。行列ができるのは平日は11時から12時半、土日祝は10時半から13時半が多いです。平日は近隣で働いているサラリーマンがランチで伺っており、土日祝は観光客が多く訪れています。

土日祝は遅めの時間に行くと麺がなくなってしまい閉店してしまっているということもありますので、オープンしてすぐに行くのが一番スムーズに入店できる方法です。

もちろんオープン前から行列ができていることも少なくありません。平日の場合はお昼どきをずらして行くと行列に並ぶことなく入店することができるケースが多いようです。

麺が売り切れ次第終了となりますが、行列が長くなってくると最後に並んでいる方に「本日は終了です」という札を渡されることもあるようです。この札を渡されるとその後ろに並んでも、もううどんの麺がなくなってしまっているので食べることができません。そういったケースもありますのでできるだけ早い時間の訪問がおすすめです。

中村うどんの注文方法見出し

香川県のうどん屋さんは注文方法もそれぞれのお店のルールがあります。セルフ方式で先にお金を支払ってしまうところや、席で注文を受けて最後に支払うところなど様々ありますので前もってチェックしてから行くとスムーズに注文ができます。中村うどんでは注文方法はセルフとなっています。

入口の外にはメニュー表が貼ってあり、どのようなメニューがあるのかわかりやすく説明されているので行列に並んでいる間にそれを読んでおくのもおすすめです。

入店後、店員さんからすぐに注文を聞かれます。熱いうどんか冷たいうどんか、釜玉やざるうどんなどの種類を聞かれますが説明してくださるのでわからないという場合でも安心してください。

注文を受けた後は、うどんが茹で上がるまでの間に空いている席に案内してくれます。うどんが茹で上がったらそのタイミングで呼ばれるの自分で取りに釜の方へ行きます。ネギや出汁、揚げなどはセルフでトッピングをするというスタイルになっており、ネギは一人2杯までと書かれています。

天ぷらやおでんもセルフでとるようになっており、うどんが茹で上がるのを待っている間に取るのもよし、茹で上がったうどんにそのまま載せて食べるのもよしとお好きなやり方でどうぞ。お会計はお食事が終わっり使用したお椀を返しに行ったあとにとなります。その際、食べた天ぷらやおでんの数は自己申告となりますのでご注意ください。

中村うどんのこだわりのうどん見出し

Photo by Psychs

中村うどんでは、すべて手作業にこだわったうどんを提供しています。店主の「昔ながらの家で作ってもらったような深い味わいの、粘りのある讃岐うどんをお客さんに食べてもらいたい」という思いから、最初から最後まで手作業で行っておりそれが中村うどんの人気につながっています。

お店は14時に閉店ですが、閉店してすぐに次の日のうどんの仕込みに入ります。麺に使われている小麦粉はこだわりの銘柄のものを使用しており、数十年同じものを使い続けています。水は軟水を使用しており、その日の気温によって塩加減や水の量などを感覚で調整しているとのことです。

Photo by onigiri-kun

しっかりと練ったあとは、足踏み、寝かし、延ばし、切り、茹でと続きます。たっぷりの熱湯で8分茹でた麺は最高においしいと評判で、茹でたての麺を食べてもらえるようにと手の感覚で茹で具合を調整しているそうです。

他店の讃岐うどんと比較すると細目の麺でつるつるとした食感を楽しむことができるのは全て手作業で作り上げられているからこそです。

中村うどんのおすすめメニュー1:かけうどん見出し

それでは、中村うどんでおすすめのメニューを紹介します。うどんの食べ方は様々あり、どれも非常においしいのですがその中でも特におすすめの食べ方です。まずは定番の「かけうどん」です。

値段は大330円、小230円です。中村うどんではどのメニューでも大は2玉、小は1玉となっています。

かけうどんは、水でしめたうどんを温めて熱い出汁をかけるメニューです。温めるのは湯煎機を使い、冷たい麺を渡されるので自分で温めなおしてしっかりと水を切り、出汁をかけていただきます。やり方がわからないという場合には店員さんが教えてくださいますので聞いてみてください。

こだわりの出汁はいりこの香りが強く、麺との相性も抜群です。口に入れるとふわっといりこの香りが口中に広がって行き、最後までごくごく飲み干してしまいたくなる程おいしいです。この出汁は天ぷらとの相性も抜群なので、ぜひお好きな天ぷらをトッピングして食べることをおすすめします。

中村うどんのおすすめメニュー2:釜玉うどん見出し

続いて、おすすめのメニュー2つ目は「釜玉うどん」です。讃岐うどんといえば釜玉うどんとして食べるというイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。中村うどんでも釜玉うどんは非常に人気が高いメニューの一つで、値段は大380円、小280円となっています。

釜玉うどんとは温かい麺に生卵を絡ませて醤油をかけて混ぜいただくもので、和風カルボナーラとも言われています。

中村うどんでは、醤油ではなく出汁をかけて食べるというのもおすすめで、お客さんのお好みで醤油をかけたり出汁をかけたりとそれぞれ楽しまれています。

細目でつるつるとした食感ながらも、コシはしっかりと感じられる麺はしっかりと卵と絡み合いとてもおいしいです。アツアツの麺なので卵が半熟になる部分もあり、生の部分と半熟の部分のそれぞれ違うのを一杯の中でも楽しむことができます。醤油をかける場合は辛くなってしまうのでかけすぎを注意してください。

中村うどんのおすすめメニュー3:冷たいしょうゆ見出し

中村うどんでのおすすめメニュー3つ目は「冷たいしょうゆ」です。しっかりと冷やした麺に特製の醤油をかけていただくというシンプルな食べ方ですが、うどんのおいしさをダイレクトに感じることができると人気が高いメニューです。値段は、大330円、小230円です。

中村うどんで用意されている薬味は6種類あり、ネギとゴマ、レモン、大根、しょうが、そして季節によってはスダチがあります。シンプルなこのメニューにはお好みの薬味をかけていただきましょう。讃岐うどんは噛まずにすすって食べてのど越しを味わうという食べ方が通だと言われています。

Photo by hayano

また、薬味のダイコンやしょうがは自分で擦ってかけるようになっています。すりたての生姜は香りが非常によくおいしいうどんをさらに美味しく味わうことができます。待っている時間に大根をすったりするのも楽しい時間で、小さいお子さんなどは楽しそうにお手伝いをしている姿も多く見られます。

中村うどんのおすすめサイドメニュー1:ちくわ天見出し

うどんと一緒に食べたいのはやっぱり天ぷら。中村うどんではサイドメニューとして様々な種類の天ぷらが置いてありセルフでとっていただけます。そんな天ぷらの中でもおすすめのものを紹介します。まずは定番の「ちくわ天」です。うどんと一緒に食べる天ぷらとして非常に人気のちくわ天ですが、中村うどんでも多くの方が食べています。

多くの方が食べているので回転も速く、揚げたてを食べることができる機会も多いのがこのちくわ天です。薄衣の中にはたっぷりの青のりが入っており青のりの風味が口の中に広がっていきます。

また、衣が薄いためうどんの出汁との相性も抜群で、かけうどんの時には必ず食べてほしい一品です。

中村うどんのおすすめサイドメニュー2:おでん見出し

Photo by Dakiny

うどん屋のサイドメニューといえば天ぷらが定番ですが、中村うどんでは天ぷらの他におでんやおにぎり、いなり寿司などもあります。

なかなか他県ではうどん屋さんにおでんは置いていないと思いますが、香川県ではおでんも置いてあるお店が多く、おいしいと人気が高いです。

おでんの具材は定番のダイコンや卵、こんにゃく、厚揚げなど様々なものが揃っています。寒い時期にはもちろんのこと暑い夏でもおでんは人気があり、うどんといえばサイドメニューはおでんと決めているというお客さんもいらっしゃいます。香川ではうどんにおでんは欠かせないメニューなんです。

Photo by omoon

おでんも天ぷら同様セルフでとるシステムとなっており、一つ90円です。最後のお会計のときに自己申告となっています。おでんには味噌をつけて食べるのが香川流で、シンプルなこんにゃくなどの具材もこの味噌をつけて食べるとまた違った美味しさを楽しむことができます。もちろんそのまま食べてもおいしいです。

中村うどんでは通販もある見出し

Photo by h.naoki045

おいしい中村うどんですが、同じ味を自宅でも楽しむことができます。食べてみたいけれどなかなか香川まで行くことができないという方はぜひ通販で購入してみるのもおすすめです。

打ちたての生めんをそのままパック詰めしているので家で作っても非常においしいと評判が高いです。

通販のうどんも作り置きをしていないため、注文を受けてから2~3日たってからの発送となっています。家にいながらにして作り立ての生麺を使った本格的なうどんを食べられるなんて幸せなことです。贈答用もあり、お中元やお歳暮などにも人気です。特製の醤油も販売しています。

おいしい中村うどんを食べに行こう見出し

Photo by hirotomo

いかがでしたか。行列ができる人気店である中村うどんのメニューやアクセス方法、人気の秘密を紹介しました。非常においしいので観光客はもちろんのこと地元の方も多く訪れている人気の中村うどん、香川に行かれる際にはぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2018年10月2日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote