那須ハイランドパークの楽しみ方!混雑状況や人気アトラクションを詳しく紹介!

那須ハイランドパークの楽しみ方!混雑状況や人気アトラクションを詳しく紹介!

栃木県の那須高原には10大コースターで知られる那須ハイランドパークがあります。今回は那須ハイランドパークを特集して人気アトラクションや混雑を避けるコツなどをご紹介します。お得なオフィシャルホテルやアクセスなど出かける前に知りたい那須ハイランドパークの情報です。

記事の目次

  1. 1.那須ハイランドパークの楽しみ方を大特集!
  2. 2.那須は人気の高原リゾート
  3. 3.那須ハイランドパークは北関東最大級の遊園地
  4. 4.那須ハイランドパークの10大コースターが話題
  5. 5.那須ハイランドパークは幅広い世代に人気!
  6. 6.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション1:F2
  7. 7.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション2:リバーアドベンチャー
  8. 8.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション3:ビッグバーンコースター
  9. 9.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション4:スカイバルーン
  10. 10.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション5:スピンターンコースター
  11. 11.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション6:スペースショット
  12. 12.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション7:ノボランマ
  13. 13.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション8:屋内型コースターSHINPI
  14. 14.那須ハイランドパークのおすすめアトラクション9:大観覧車
  15. 15.那須ハイランドパークの混雑時期
  16. 16.那須ハイランドパークの混雑を避けるコツ
  17. 17.ホテルに泊まって那須ハイランドパークへ
  18. 18.那須ハイランドパークの料金
  19. 19.那須ハイランドパークのお得なクーポン
  20. 20.那須ハイランドパークの営業時間
  21. 21.那須ハイランドパークへのアクセス
  22. 22.那須ハイランドパークの周辺の見どころ
  23. 23.那須ハイランドパークを思いきり楽しもう!

那須ハイランドパークの楽しみ方を大特集!

Photo by f59t8y

栃木県の那須高原は首都圏から気軽に出かけるリゾートとして人気があります。自然いっぱいの那須高原の空気に触れたら、話題のアトラクションがそろう遊園地に足を運んでみましょう。今回は那須にある遊園地、那須ハイランドパークについてご紹介します。おすすめの絶叫マシンや混雑状況、営業時間やアクセスなど那須ハイランドパークの詳しい情報です。

那須は人気の高原リゾート

Photo by nakimusi

栃木県の北部に位置する那須は東京から約180キロメートルの高原リゾートです。茶臼岳をはじめとする山々の景色や伝統ある那須温泉、本格的な牧場など、那須高原は四季を通じて思い思いに観光を楽しめます。

那須高原は首都圏からの日帰りも可能ですが、一泊二日の旅にもおすすめです。大型リゾートホテルからアットホームなペンションまで、ホテルの多彩なバリエーションも那須の魅力の一つです。

那須の観光スポットおすすめ厳選11!高原の夏は素晴らしい景色が大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
那須の観光スポットおすすめ厳選11!高原の夏は素晴らしい景色が大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京と仙台のほぼ中間に位置する那須。歴史ある那須温泉郷を、殺生石などの史跡やテーマパークと観光スポットの宝庫です。また、自然に囲まれており四季折々の景色が楽しめるのも那須観光の魅力の1つです。本日は、厳選した観光スポットを11箇所を紹介致します。

那須ハイランドパークは北関東最大級の遊園地

Photo byscottwebb

そんな那須高原で人気の遊園地が那須ハイランドパークです。那須ハイランドパークは1969年の開園からアトラクションの数が増え続けて、現在の規模は北関東で最大クラスを誇ります。

那須ハイランドパークはオフィシヤルホテルを併設していて営業時間の終わりまで目一杯遊べるのもメリットです。また東京から約2時間半で到着できることから、テレビ局のロケでも多く使われるそうです。

那須ハイランドパークの10大コースターが話題

Photo bypaulbr75

那須ハイランドパークが注目を集めるようになったきっかけは10大コースターです。宙づりのタイプや二人乗りのタイプなど園内には絶叫マシンが10以上そろっています。ここでしか体験できないアトラクションに乗ろうと、那須ハイランドパークには国内外から大勢の方が訪れています。

那須ハイランドパークは幅広い世代に人気!

Photo byFree-Photos

那須ハイランドパークでは園内を8つのゾーンに分けて展開しています。大型のコースターが5つそろったコースタープラザ、高さのあるアトラクションが並ぶギャラクシー&スタープラザなどです。

また絶叫系のアトラクションに注目が集まる那須ハイランドパークですが、子どもたちや家族連れに好評のアトラクションもいくつもあります。メリーゴーランドやくるくる回るティーカップなどはカルーセルパーク&ヴィクトリアガーデンにあります。

Photo bystanvpetersen

園内のアトラクションは合計で40種類、中にはお子さまも乗れるジェットコースターもあり親子でスリルと興奮を楽しめます。また那須ハイランドパークには本格的な4Dシアターやのんびりくつろげる足湯もあり、敷地の横にはドッグランとドッグカフェまで備えています。まさに若者世代から三世代の家族連れ、ペットまでどなたでも楽しめる遊園地です。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション1:F2

Photo bypaulbr75

今では10大コースターが有名な那須ハイランドパークですが、一躍その名を全国に知らしめたのがこちらの絶叫マシンF2(エフツー)です。乗車時間は2分間、足元のない宙ぶらりんの状態で急降下やループを繰り返します。

F2はレールだけを見るとよくある絶叫系のコースターのようですが、足が安定しない吊り下げ式のためスリルば倍増します。ちなみにF2とは恐怖を表すfrightと飛行を表すflightの2つを意味をかけているそうです。

Photo byAhiruR

初めの急降下の後のスクリューでは勢いをつけながら2回転します。中断がないスクリューの連続でスリル感が高まります。F2の全長は687メ-トル、最高時速は時速80キロメートルほどで、最高到達点からの那須の眺めも最高です。

那須ハイランドパークではアトラクション乗り放題のパスポートを使うほかに、個別のチケットでアトラクションを楽しむ方法があります。他のアトラクションは700円程度ですが、F2のチケットは1000円、10大コースターの中でもひときわ目立つ存在です。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション2:リバーアドベンチャー

Photo byBurningWell

次のおすすめしたいリバーアドベンチャーは、丸い形をした6人乗りのボート型の乗り物で激流を下っていくアトラクションです。広い敷地をたどるコースは全長415mで、スタート直後から激しい水しぶきを体験できます。

ところどころに落下するしかけがあり、水がボート中にも容赦なくかかります。ボートはくるくると回るためどの席がどちらに向くのかも楽しめます。席によっては頭から水をかぶってしまう場合もあるようです。

Photo byMarboon

激しい絶叫マシンには身長や年齢の制限が付きものですが、リバーアドベンチャーは身長制限がなく3歳から保護者同伴で利用できます。家族連れにもおすすめです。

コースの両脇のきれいな緑も見どころですが、見る余裕まではなかなかなさそうです。リバーアドベンチャーは激流をボートを下るラフティングにそっくりという口コミもあります。ゴールまでは5分30秒で満足感のあるアトラクションです。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション3:ビッグバーンコースター

Photo bymotointermedia

那須ハイランドパークの10大コースターを制覇したいなら、混雑のピークを避けて早い時間帯から人気のマシンに乗っていくことがおすすめです。こちらのビッグバーンコースターはリピーターも多い大人気のアトラクションです。

乗車時間は3分ほどですが、最大斜度75度というほとんど垂直方向への落下と巨大なループを体験できるオーソドックスでいながらスリル満点なところが人気の理由です。

Photo byshijingsjgem

コースターの定員は24名、口コミでは混雑時は真ん中よりも後ろの座席に行くほどスリル感がアップすると言われています。120センチの身長制限があるコースターです。

ビッグバーンコースターは園内で入り口からいちばん遠くに位置するコースタープラザにあります。混雑を避けるために入園後にコースタープラザに直行してもよいでしょう。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション4:スカイバルーン

Photo byskeeze

那須ハイランドパークの魅力はコースターだけではありません。こちらのスカイバルーンは地上46メートルの高さまでの空中散歩を体験できます。気球そっくりのゴンドラに乗ってゆっくりと大空に向かって上ります。

スカイバルーンは園内のほぼ中央に位置します。園内のすべてのアトラクションから遠くの那須連山まで見渡せて、爽快感が抜群です。

Photo bydavide25

のどかな空中散歩のように見えますが、スカイバルーンはスリルも体感できます。ゴンドラは立ち乗りで外の覆いがないため風がダイレクトに伝わります。横風で思った以上にゴンドラが揺れることもあり、スカイバルーンは開放感とスリル感も魅力となっています。

ゴンドラは4人乗りで家族連れのかたにもおすすめのアトラクションです。身長制限はなく小学生未満も保護者同伴で乗ることができます。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション5:スピンターンコースター

Photo by vitroid

次のおすすめは、スピンターンの名称どおりコースターごとくるくると回転する個性的な絶叫系アトラクションです。回転しながらコースターが落下していく珍しい動きが特徴です。

通常のコースターは、前の方に乗った時と後ろの方に乗った時で見える景色や恐怖感が異なりますが、スピンターンコースターはコースターが回るためどこに座っても同じ感覚でスリルを楽しめます。

Photo byBess-Hamiti

スピンターンコースターはコースタープラザの中ほどに位置します。サンダーコースターやビッグバーンコースターの行列の具合によって、混雑を避けたい時に乗ってみるのもおすすめです。

スピンターンコースターのコース全長は500メートル、最高到達点は約20メートルです。高さはありませんがハードな回転が特徴です。身長制限は110センチ以上、135センチ未満は保護者同伴の決まりです。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション6:スペースショット

Photo by sabamiso

スペースショットは垂直のタワーを座った状態で一気に上昇する絶叫系アトラクションです。タワーの高さは58メートル、てっぺんに着くとハイランドパークの園内と周りの那須の山々を一望できます。

特徴はてっぺんを目指す上りのスピードです。ロケットの打ち上げを思わせる発射のスピードで、座席が上昇していきます。下りはお腹がぎゅっとなるような無重力状態を体験できます。スペースショットは上り下りを2回繰り返します。

Photo by sabamiso

座席の上下動の最高スピードは時速65キロメートルです。足元がない座席なので不安定な中での動きが恐怖をそそります。下から見るよりもスリル満点のアトラクションです。

身長は130センチ以上、小学生未満は保護者同伴の決まりです。スペースショットはピーク時もさほど混雑しないので、他の絶叫系アトラクションを避けたい時間帯にもおすすめです。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション7:ノボランマ

Photo byEfraimstochter

ノボランマは2018年3月に登場した日本初と言える屋内型アトラクションです。ボルダリングとデジタルの世界を融合させたデジタルボルダリングや壁を登るクリッピンクライムなどが用意されています。

ノボランマは屋内にあるのでボルダリングの壁がライティングされて暗さの中に浮かび上がります。幻想的で近未来的な空間で自分の体力試しにチャレンジできるギャップもノボランマの魅力の一つです。

Photo by sabamiso

クリッピンクライムではロープを頼りに高さ9メートルの壁を登っていきます。天井から吊り下げられた安全綱を付けるため、万一の場合でも安心です。

国内初のエクストリームランは障害物を超えたりくぐり抜けてクリアしていくエアアスレチックです。アスレチックの障害物は空気が入っていて当たったりころんだりしても痛くありません。小さいお子様から大人まで楽しめる新感覚のアトラクションです。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション8:屋内型コースターSHINPI

Photo byjill111

山あいの高原である那須では急な雨に降られることがあります。雨の時でも屋内型のアトラクションならば営業時間をめいっぱい楽しめます。完全屋内型コースターが人気のコースターSHINPIです。

コースターSHINPIのテーマは地底探検です。未知の場所に向かう設定なのでエントランスから神秘的な雰囲気が漂います。約3分の探検の旅です。

Photo byAlexas_Fotos

コースターSHINPIの最高速度は時速25キロメートルです。その名の通りスピードや落下のスリルよりアドベンチャーの雰囲気を楽しむアトラクションと言えます。

4人乗りの5両編成となっていて3歳から利用可能です。レールの軌道は大きな半径の円を回るのでお子様も安心です。雨でも濡れない屋内型コースターとしてご家族連れに人気のアトラクションとなっています。

那須ハイランドパークのおすすめアトラクション9:大観覧車

Photo byStockSnap

大きさと高さのある観覧車は遠くからでもよく見えます。各地の遊園地ごとのシンボルと言えるのが観覧車です。那須ハイランドパークの大観覧車は1985年から設置されたカラフルなアトラクションです。

ゴンドラは4人乗りで全周の直径は約45メートルです。一周8分30秒の空の旅を楽しめます。ペアシートを設置したカップル専用ゴンドラもあり好評です。

Photo byGregReese

大観覧車の頂上は標高で言うと630メートルを超す高さです。ハイランドパークの周辺の景色をゆっくりと楽しめます。頂上付近では那須連山と反対方向も眺めてみましょう。関東平野がはるか彼方まで広がる様子がわかります。雨でも濡れないこと、激しい混雑はしないことから大観覧車は定番人気の一つとなっています。

那須ハイランドパークの混雑時期

Photo by ume-y

那須ハイランドパークには栃木県内だけでなく関東一円からお客さんが訪れます。データによると混雑は土日祝日とゴールデンウイーク、春休み、お盆を中心とした夏休みの期間がピークとなっています。

時間帯別の混雑は、お昼を挟んで午前11時から午後3時頃までが混雑のピークです。月曜を祝日にするハッピーマンデーの影響で三連休の日も混雑が目立ちます。那須ハイランドパークにアクセスする際はできるだけ混雑を避けるのがおすすめです。

那須ハイランドパークの混雑を避けるコツ

Photo byjsouth

混雑のピークの日時では、各アトラクションの待ち時間はふだんの3倍ほどになります。混雑する日は一日で10大コースターを制覇するのが難しくなります。混雑を避けるためには平日がおすすめです。

来園時間は営業時間が始まった直後または午後3時以降ならば比較的混雑を避けられます。行列が長く混雑しているアトラクションは後回しにして、大観覧車などの一度に大勢が楽しめる混雑しにくいアトラクションから楽しむのも方法です。

前売りチケットで待ち時間を短縮

Photo byjill111

また混雑と言うとアトラクションの行列ばかりに目が行きがちですが、押さえておきたいのが駐車場やチケット売り場での混雑です。せっかく営業時間の開始に間に合ったのに駐車場が混雑してなかなか入れないのでは困ります。

そこでおすすめしたいのが、那須ハイランドパークに向かう前に前売りのチケットを購入しておく方法です。那須ハイランドパークの前売り券はコンビニやJTB、HISなどで購入できます。到着後は混雑を避けて時間を上手に使えます。

ホテルに泊まって那須ハイランドパークへ

Photo bydavidlee770924

那須ハイランドパークにはTOWAピュアコテージというオフィシャルホテルがあります。来園の日付を決めたらホテルを予約をすれば移動時間を気にせずに営業時間いっぱい遊ぶことが可能です。オフィシャルホテルは学生限定のお得なプランもあり好評です。

オフィシャルホテルはリビングルームにツインベットの寝室が2室ついたデラックスな仕様です。ホテルには暖炉の付いたコテージタイプの部屋やワンちゃんと泊まれるペットOKの部屋もあります。

那須ハイランドパークオフィシャルホテルの宿泊者特典

Photo bybottlein

オフィシャルホテルTOWAピュアコテージには天然温泉もあります。また見逃せないのが那須ハイランドパークの営業時間開始10分前に入園できる宿泊者特典です。ホテルに泊まった方だけが混雑を避けて一番乗りができます。

さらにホテルの宿泊料金には那須ハイランドパークの入園料が含まれる特典もあります。オフィシャルホテルからハイランドパークのゲートまでは徒歩5分、営業時間の始めから終わりまで一日中遊び尽くせます。

那須ハイランドパーク オフィシャルホテル TOWAピュアコテージ

住所:
栃木県那須郡那須町高久乙3375
アクセス:
車/東北道を仙台方面へ~那須IC~2つ目信号右折那須街道直進一軒茶屋交差点左、ハイランド入口左 車以外/JR東北新幹線那須塩原駅下車、送迎バスにて40分(要予約)
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

那須ハイランドパークの料金

Photo by yto

那須ハイランドパークにはアトラクションが一日乗り放題となるファンタジーパスセットがあります。料金は大人(中学生以上)5300円、小人(3歳から小学生まで)3700円です。60歳以上の方はシニア割引で3900円となっています。朝から那須ハイランドパークにアクセスできる、営業時間をフルに使って遊びたいという時は乗り放題がやはりお得です。

Photo by yto

営業時間の途中たとえばお昼頃に入園して2時間だけ楽しみたいという場合におすすめなのが、入園料とチケットを別々に買う方法です。入園料大人1600円、小人800円を払って入場してから、乗りたいアトラクションのチケットをそれぞれの乗り場で買えばOKです。営業時間と滞在時間に合わせて、短い時間でも有効に使えます。

那須ハイランドパークのお得なクーポン

Photo by Japanexperterna.se

那須ハイランドパークでは公式サイトやlineからお得なクーポンを配信しています。また公式サイトでは大人のファンタジーパスセットが400円引きとなるWEB専用前売り券も発売していて好評です。

アクセスする前に前売り券を入手しておけば、入場はスマホ画面で購入した前売り券を見せるだけで済みます。チケット窓口に並ぶ手間が省けておすすめです。

那須ハイランドパークの料金や割引方法まとめ!前売りの買い方やお得なパスも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
那須ハイランドパークの料金や割引方法まとめ!前売りの買い方やお得なパスも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自然が豊かな場所にあり、家族で楽しく過ごせる「那須ハイランドパーク」です。楽しい時間を過ごせると人気ですが、人数でいくとなると気になるのが入園料金です。そこで、那須ハイランドパークの入園料金や割引方法をチェックしました。割引サービスを利用してお得に入ろう!

那須ハイランドパークの営業時間

Photo byFree-Photos

那須ハイランドパークの営業時間は季節によって変わります。春と秋は午前9時30分から午後4時30分までが基本です。12月の営業時間は午前10時から午後4時まで、土日のみと12月22日からの年末年始のみの営業となります。

夏の営業時間は基本的には午前9時から午後5時30分までですが、週末のみ午前8時から午後6時まで営業する日もあります。毎日の営業時間は那須ハイランドパークの公式サイトのカレンダーで確認できます。

1月と2月は冬季休園に注意が必要

Photo by Photoglovey

高原にある那須は冬の冷え込みがきつく雪も降ります。冬以外では快適な那須地方へのドライブですが、秋の終わりから春の初めにかけてはスタッドレスタイヤやチェーンが必須となります。那須ハイランドパークは冬休み期間中の営業を終えた後、1月と2月は冬季休園となります。冬に出かける際には注意が必要です。営業日は公式サイトで確認できます。

那須ハイランドパークへのアクセス

Photo by12019

那須ハイランドパークへのアクセスは車が最も便利です。駐車場まで東北自動車道の那須インターから約20分でアクセスできます。黒磯板室インターからは約30分のアクセスです。駐車場は有料で一日1000円です。

電車の場合は那須ハイランドパークからは東北新幹線の那須塩原駅が最寄りです。那須塩原駅からはバスで約70分のアクセスとなります。バスはエントランス前に到着するので楽々です。

首都圏からのアクセスは直行便も便利

Photo by TAKA@P.P.R.S

また最近注目されているアクセスとして、新宿駅前から那須ハイランドパークまでバスで向かう直行便があります。直行便でのアクセスはVIPツアーとトラベックスツアーズが主催していて、出発は新宿駅西口です。グループでのアクセスに便利と評判です。

JRのびゅうパッケージツアーには、東京・上野・大宮の各地から那須ハイランドパークまでアクセスするバスの直行便があります。出発地からハイランドパークまでは約2時間半でアクセスでき、営業時間を有効に使えます。

住所 栃木県那須郡那須町高久乙3375
電話番号 0287-78-1150

那須ハイランドパークの周辺の見どころ

Photo by Lai Cheng Yu

那須高原にはさまざまな見どころがあり、ハイランドパークの行き帰りに簡単にアクセスできます。ロープウェイで那須岳の景色を眺めたり南ヶ丘牧場で新鮮な牛乳やソフトクリームを楽しむ定番のコースのほか、藤城清治美術館や石の美術館でアートに触れるのも人気です。那須温泉の湯元のホテルもさまざまなタイプがそろっています。

南ヶ丘牧場は那須の人気スポット!ランチやソフトクリームなどおすすめも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南ヶ丘牧場は那須の人気スポット!ランチやソフトクリームなどおすすめも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南ヶ丘牧場は栃木県の那須高原にあり、アクセスも良好です。年中無休で入場料も駐車場も無料になっており、各地から那須高原の豊かな自然と美味しいグルメを求めてやってきます。動物のふれあい体験やレジャーも楽しめますし、南ヶ丘牧場自家製のスイーツや料理を堪能できます。
藤城清治美術館は那須高原の人気観光スポット!アクセスや料金など紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
藤城清治美術館は那須高原の人気観光スポット!アクセスや料金など紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
藤城清治美術館は栃木県那須郡那須町にある、影絵アーティストとして有名な藤城清治氏の常設美術館です。藤城清治氏は日本を代表するアーティストで、藤城清治美術館には、約140点の美術品とともに、大きな水槽を使った作品や影絵ミニチュア舞台なども展示されています。

那須ハイランドパークを思いきり楽しもう!

Photo by12019

スリル満点の10大コースターが人気の那須ハイランドパークについてご紹介してきました。ここでしか体験できないアトラクションや遊園地の定番の観覧車など那須ハイランドパークの魅力はバラエティ豊かです。特典付きのオフィシャルホテルもありおすすめです。皆さんもぜひ那須ハイランドパークで充実した休日をお過ごしください!

Fluxus2
ライター

Fluxus2

山梨生まれのFluxus2です。イギリスとベルギーにそれぞれ2年住んでいました。旅行が好きで田舎に都会にリゾートとフットワーク軽く出かけています。日常を忘れてリラックスできるお出かけの情報をわかりやすくお届けします!

関連記事

人気記事ランキング