旭川空港のお土産ランキングTOP25!人気の限定商品やラーメンもご紹介!

旭川空港のお土産ランキングTOP25!人気の限定商品やラーメンもご紹介!

旅行といえばやっぱり外せないのはお土産ではないでしょうか。今や空港で様々なお土産が手に入るため、帰る直前に購入するという方も多いです。北海道第二の都市である旭川には旭川空港があり、年間多くの方が利用しています。そんな旭川空港でのお土産ランキングを紹介します。

記事の目次

  1. 1.多くの観光客が訪れる旭川
  2. 2.旭川空港のアクセス・お土産売り場の場所
  3. 3.旭川空港のお土産人気ランキング①お菓子編
  4. 4.旭川空港のお土産人気ランキング②ラーメン編
  5. 5.旭川空港のお土産人気ランキング③海鮮・肉編
  6. 6.旭川空港のお土産人気ランキング⓸お酒編
  7. 7.旭川空港のお土産人気ランキング⑤その他グルメ編
  8. 8.旭川空港でおいしいお土産をゲットしよう!

多くの観光客が訪れる旭川

Photo by bryan...

北海道の中央部にある旭川。札幌について北海道第二の都市であり、一年を通して多くの観光客が訪れています。そんな旭川には美味しい名物が沢山あり、お土産は何にしようか迷ってしまうという方も多いです。そこで、旭川への出入り口である旭川空港で手に入るお土産をランキング形式で紹介します。

旭川のお土産ランキング・お菓子編!人気のスイーツが沢山!お店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
旭川のお土産ランキング・お菓子編!人気のスイーツが沢山!お店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
旭川の厳しく豊かな自然の素材から作られるお菓子やスイーツは、定番のお土産や歴史ある銘菓として人気ランキングに名を残し多くの人々に愛されています。地元密着型のお菓子や絶品スイーツなど魅力にあふれたお店をご紹介する、旭川のお土産ランキングTOP11です。

旭川空港のアクセス・お土産売り場の場所

Photo by i-saint

それではまずは旭川空港へのアクセス方法やお土産売り場の場所について紹介します。旭川空港は国内線の他に国際線もあり、多くの方が利用しています。旭川空港内にはお土産売り場の他に5軒のレストランがあり、ゆっくり過ごすことができます。

旭川空港のアクセス

Photo by Kentaro Ohno

それでは、旭川空港へのアクセスを紹介します。旭川空港へはレンタカーや自家用車なので車でのアクセス、タクシーでのアクセス、バスでのアクセスの3通りの方法があります。

まずは車でのアクセスについてです。JR旭川駅からは約30分ほど、札幌からは約2時間半ほどかかります。広々とした空港駐車場もあり、1時間までは無料で利用することができます。その後1時間ごとに100円、宿泊の場合は1泊500円で利用できます。

続いてタクシーでのアクセスです。タクシーを利用する場合は、小型車のケースで旭川駅から約4100円ほどとなります。道路状況などによって価格は変わりますが平均するとそれぐらいの金額になるとのことです。

Photo by hans-johnson

最後に、バスでのアクセスについてです。空港専用バスと路線バスがありますが、空港専用バスは旭川市内と往復しており、料金は620円です。路面バスの場合は、旭川市内行きや旭山動物園行き、富良野駅行き、旭岳行きがあります。旭川駅にバスで向かう場合には、空港専用バスも路面バスも同じ値段となっています。

旭川空港のお土産はどこで買える?

Photo by Sig.

続いて、お土産を購入したい場合は旭川空港の中でもどこで購入できるのでしょうか。旭川空港の2階、出発ロビーの隣にはお土産売り場が密集しており、これから紹介するお土産を購入することができます。

BLUE SKY、ANA FESTA、アゼリア、エアポートリラ、マルカツ、point7、まるとみの7軒でお土産が購入出来ます。営業時間いずれも7時55分から20時までです。その他、サッポロドラッグストアーもありちょっとしたお土産も購入することができます。

旭川空港のお土産人気ランキング①お菓子編

Photo by くーさん

それでは、旭川空港でのお土産ランキングを紹介します。まずは「お菓子」です。お土産といえばやっぱりお菓子は外せません。北海道のお菓子は全国的に有名なものが多く、どれを買っても間違いないほどクオリティも高いです。旭川空港でも多くの種類のお菓子が販売されており限定のものもあるため、迷ったときにぜひ参考にしてください。

10位:マルセイバターサンド

Photo by jetalone

お菓子編10位は「マルセイバターサンド」です。北海道で有名なお菓子店である六花亭の中でも特に人気が高いものであり、一度は食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ビスケットの中にホワイトチョコレート、レーズン、バターを合わせたクリームがサンドされています。

マルセイバターサンドは4個入り500円、5個入り650円、10個入り1300円などと様々なサイズがあり、簡易包装のものもありますので、他人にあげるお土産の他に自分へのお土産として購入する方も多いです。六花亭の4割の売り上げを占めているほどの人気商品です。

9位:じゃがポックル

Photo by june29

続いてお菓子編9位は「じゃがポックル」です。カルビーが作っているお菓子であり、原料となるじゃがいもは100%北海道産のものを使用しています。サクサクとした食感とジャガイモ本来の風味、オホーツクの塩と全てにこだわって作られており、老若男女問わず人気のお土産なんです。

今や北海道の定番のお土産となっているじゃがポックルですが、一袋18グラムで6袋入り、10袋入りの2サイズで販売されています。一袋当たりの大きさも小さめなので、バラマキ用のお土産としてもぴったり、お子さんにも人気が高いお土産です。

8位:北かりのかりんとう

Photo by Kanko*

お菓子編8位は「北かりのかりんとう」です。昭和6年に創業した旭川発のかりんとう屋である北かりのかりんとうは、北海道産の小麦を100%使用しており、様々な種類があるので人にあげる用のお土産にも自分用のお土産もぴったりです。

定番の黒糖や蜂蜜かりんとうの他に、野菜味や黒コショウ味など種類も多く、詰め合わせでも購入出来ます。期間限定や店舗限定、旭川空港限定のものも販売されていることがありますので気になる方はチェックしてみてください。

7位:ドゥーブルフロマージュ

Photo by norio_nomura

お菓子編7位は「ドゥーブルフロマージュ」です。小樽で有名なルタオで一番人気のチーズケーキはお土産としても人気です。ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキが二層になっており、口に入れると一体化してとろけていく美味しさです。

お取り寄せをして食べるというほど、全国にファンが多いドゥーブルフロマージュですが、旭川空港では気軽に購入することができます。まとめ買いをするというファンもいるほどの人気のドゥーブルフロマージュ、1個あたり1728円です。

6位:お昼ねプリン

Photo by yousukezan

お菓子編6位は「お昼ねプリン」です。旭川で人気の「エチュード洋菓子店」の看板商品であるお昼ねぷりんは、プリンの殿堂でも人気投票1位を獲得したことがあるほどの人気商品であり、旭川の方のみならず遠方からも買いに行く人がいるほどです。

北海道の厳選した材料を使用しており非常にクリーミーでなめらかな食感ながらも、コクもあるので一つ食べると充分満足できるお昼ねぷりんです。1個310円です。家族へのお土産におすすめです。

5位:ふらの雪どけチーズケーキ

Photo by is_kyoto_jp

お菓子編5位は「ふらの雪どけチーズケーキ」です。テレビなどのメディアで多く取り上げられることもあるチーズケーキであり、地方の北海道物産展でも人気が高いものです。富良野の雪解けをイメージした見た目になっており、真っ白の生クリームが素敵な一品です。

ふらの雪どけチーズケーキは4層になっており、クッキー生地の上にはやまぶどうのジャム、ベイクドチーズケーキ、最後に生クリームと、口に入れると様々な味が広がっていきます。ホール以外でもピースでの販売もあり、1ホールは1236円、ピースだと216円です。

4位:ほかじや

Photo by emrank

お菓子編4位は「ほかじゃ」です。ほかじゃとは、北海道小清水町産のじゃがいもでんぷんを使用した、風味豊かなおせんべいのことであり、パリッとした食感がたまらないと人気が高いお菓子です。ピリッとした辛味もあり、おつまみにもぴったりです。

博多土産として有名な「めんべい」というお菓子をご存知でしょうか。めんべいとほかじゃは非常に似ていますが、実はこれらは同じ会社である山口油屋福太郎で作られています。めんべいがお好きな方は間違いなくほかじゃも気に入るのではないでしょうか。福岡の方へのお土産として購入して帰るのも面白いです。

3位:しゅうまんじゅう

Photo by ryumu

お菓子編3位は「しゅうまんじゅう」です。大正3年創業の、旭川でも老舗のお菓子屋さんである「梅屋」で販売されているお菓子です。梅屋といえばシュークリームが有名ですが、旭川空港では常温で持ち運びできる「しゅうまんじゅう」も人気が高いです。

しゅうまんじゅうは、しゅまり産あんこをお餅とシュークリーム生地で包んでものであり。ふんわりとしながらももっちりという2つの食感を一度で楽しむことができます。常温で30日保存が可能ということもありお土産にぴったりで、旭川空港で人気が高いお土産です。

2位:氷点下41度

Photo bygeralt

お菓子編2位は「氷点下41度」です。明治35年に旭川で記録された日本最低気温であるマイナス41度からこの名前が付けられたお菓子は、旭川を代表するお土産として旭川空港で多くの方が購入しています。

ホワイトチョコやアーモンド、ウエハースなどで作られている氷点下41度ですが、スライスアーモンドは北の大地を、ホワイトチョコは白雪を、ウエハースはダイヤモンドダストを表現しています。8枚入りで660円とリーズナブルな価格、常温で180日持つということでお土産としておすすめのお菓子です。

1位:き花

Photo by 305 Seahill

お菓子編1位は「き花」です。旭川空港のみならず、北海道内様々な場所でお土産として非常に多くの方が購入している人気の商品です。き花は昭和4年創業以来旭川で愛されてきた老舗の「壺屋総本店」で販売されており、モンドセレクション26年連続で金賞を受賞しています。ランキング1位も納得の人気商品です。

き花は粉砕されたアーモンドで作ったガレットでクーベルチュールホワイトチョコをサンドしたお菓子です。定番のものの他にもイチゴ味やショコラ味などもあり期間限定や季節限定の味もあります。一枚130円で、目上の方へのお土産にもおすすめのお菓子です。

旭川空港のお土産人気ランキング②ラーメン編

Photo by Kossy@FINEDAYS

旭川空港のお土産、お菓子編に続いてこちらも外せないのが「ラーメン」です。旭川で有名なグルメといえば旭川ラーメンを挙げられる方も多く、お土産としても人気が高いんです。様々な店舗がそれぞれのラーメンを販売していますが、一体何を買ったらよいのでしょうか。おすすめラーメンのお土産をランキング形式で紹介します。

5位:信玄 味噌ラーメン

Photo by bamvivid

ラーメン編5位は「信玄 味噌ラーメン」です。石狩市に本店があり、札幌でも非常に人気が高いラーメン店であり、地元の方はもちろんのこと観光客も多く訪れています。

野菜と豚骨を50時間以上煮込んで作る清湯スープを使ったラーメンが人気で、特に味噌ラーメンがおすすめです。

コクがあってやみつきになってしまうラーメンですが、旭川空港ではお土産として購入することができます。お店の味をしっかりと再現してあるラーメンはコクがあり中太の縮れ麺は麺に絡んで非常に美味しいです。常温で保存が可能で、2食入りで648円です。

4位:橙や 橙みそラーメン

Photo by yto

ラーメン編4位は「橙や 橙みそラーメン」です。橙やは旭川に本店があり、現在では旭川と札幌に5店舗ある人気ラーメン店です。豚骨味噌スープを使用しており、水からこだわっているスープはこってりとしながらも全く臭みも感じず最後まで飲み干してしまえるほどです。

旭川空港で購入できる橙やのラーメンは2食入りで648円です。橙やのファンの方も、食べたことがないという方も誰もが満足できるお土産としておすすめのラーメンです。

3位:すみれ 味噌ラーメン

Photo by rhosoi

ラーメン編3位は「すみれ 味噌ラーメン」です。札幌の味噌ラーメンのお店として全国に名前が知られているすみれ。コンビニでインスタントラーメンが販売されていたこともあり店名を目にしたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

こってりしながらもコクのあるスープは、たっぷりのラードによって最後までアツアツで食べることができます。自宅で絶品のすみれのラーメンを食べたいというときにおすすめのお土産です。

2位:お店そのままの生ラーメン

Photo by ttanabe

ラーメン編2位は「お店そのままの生ラーメン」です。こちらは旭川で人気が高いラーメン店である「梅光軒」が販売しているラーメンであり、その名の通り家にいながらもお店で食べるのと同じラーメンを食べることができるんです。

お店そのままの生ラーメンは、梅光軒の工場でお店と同じ食材や製法でスープを作り、出来立てを真空冷凍したものです。スープとラーメンの他にも、チャーシューやメンマもついています。

しょうゆ味やみそ味、しお味の3種類があり2食で1512円です。ラーメン好きな方へおすすめのお土産です。

1位:えびそば 一幻 えびみそ

Photo by Hsiehld

ラーメン編1位は「えびそば 一幻 えびみそ」です。札幌のラーメン店で1、2位を争うほどの人気店である一幻は旭川空港でのお土産でも大人気です。エビの風味と旨味がスープに凝縮されており、コクがあって濃厚な旨味を感じられるスープに仕上がっています。

ラーメンといえば豚骨で出汁をとるお店が多い中、エビで出汁をとっており一幻は他のお店では食べることができないエビの出汁がしっかり感じられるスープが人気です。

極上のスープともちもちしたストレート麺が食べられる「えびそば 一幻 えびみそ」は2食入りで648円です。エビ好きの方には一押しのお土産です。

旭川空港のお土産人気ランキング③海鮮・肉編

Photo by june29

続いて旭川空港のお土産、「海鮮・肉」はいかがでしょうか。食べ物がなんでも美味しいというイメージがある北海道ですが、旭川も例外ではなく非常に美味しいものばかりなんです。自宅でも北海道の美味しいご飯が食べられるようにと海鮮やお肉もお土産としておすすめです。

4位:鮭とば

Photo by is_kyoto_jp

海鮮・肉編4位は「鮭とば」です。北海道の魚で人気が高いのが鮭ですが手軽なおつまみとしておすすめなのが鮭とばなんです。鮭とばは秋鮭を半身におろしたあと縦に細く切って海水で洗って干したものであり、そのまま食べたり炙ったりと様々な食べ方があります。

北海道や東北地方ではなじみが深い鮭とばですが、初めて見るという方もいらっしゃるのではないでしょうか。鮭とばは塩気が強いため一度にたくさんは食べられず、固めなので歯が弱いかたにも注意が必要です。

会社によって柔らかさや塩気も違いますので食べ比べてみて自分の好みの鮭とばを見つけるのもおすすめです。

3位:しのはらジンギスカン

Photo by Koji Horaguchi

海鮮・肉編3位は「しのはらジンギスカン」です。北海道の名物料理であるジンギスカンを自宅でも楽しみたいという方におすすめのお土産です。「しのはら」は明治25年に旭川で創業した会社であり、柔らかくて美味しいラム肉は旭川市民からも定評があります。

ジンギスカンは食べてみたいけれど、羊肉にはちょっと抵抗があるという方でもしのはらジンギスカンのお肉は全く臭みを感じることがなく美味しくいただけます。

お肉とタレは別売りされているので、漬け込んでから焼いても、焼いてからタレにつけてもと好きなように食べることができます。

2位:炭や 塩ホルモン

Photo by Norisa1

海鮮・肉編2位は「炭や 塩ホルモン」です。旭川空港のみならずスーパーでも販売されている炭やの塩ホルモン。焼肉やバーベキューの時は必ず購入するという方もいるほど北海道民にはなじみが深いものであり、旭川空港で購入できるお土産としてもおすすめです。

「炭や」シリーズは旭川市の米谷産業が手掛けており、塩ホルモンだけでなく豚さがりやトントロなど種類も豊富です。その中でもやはり一番人気は塩ホルモンであり、絶妙な塩加減と複雑な味わいの味付けが最高だと旭川空港で毎回購入されるというファンもいらっしゃいます。

1位:いくらしょうゆ漬け(稚内名産店 まるとみ)

Photo by Masa Sakano

海鮮・肉編1位は「いくらしょうゆ漬け」です。旭川空港内にのお土産コーナーに稚内名産品まるとみのお店はありますが、海産物を中心にアスパラやとうもろこしなどの農産物も販売しています。

そんなまるとみで人気が高いのが「いくらしょうゆ漬け」です。北海道の海産物といえばいくらをイメージされる方も多いでしょうがこちらのいくらしょうゆ漬けは程よい塩加減、いくらのプチプチとした食感が絶妙なバランスということで人気が高いです。

農産物は旬のものが販売されているため、期間限定なので行くたびに販売しているものが違うということもあるようです。

旭川空港のお土産人気ランキング⓸お酒編

Photo by sabamiso

続いて旭川空港のお土産ランキングは「お酒」です。水が澄んでいて美味しいので、お酒造りが盛んな旭川。酒蔵巡りをするという方もいらっしゃるほど美味しいお酒が揃っている旭川ですが、旭川空港でも様々なお酒が販売されています。限定の物も多く、お酒好きの方へのお土産で参考にしてください。

3位:日本酒 あさひかわ

Photo by uka0310

お酒編3位は「日本酒 あさひかわ」です。旭川で地元の方に長年親しまれている高砂酒造で販売されている日本酒であり、JAあさひかわ産の酒造好適米である吟風を100%使用して作られた、まさに旭川のお酒です。

口に含むと芳醇な香りが広がっていき、非常に味わい深い新米大吟醸酒です。720mlで1600円で販売されています。高砂酒造では季節限定品も多くあり、限定品を手に入れるために店舗を訪れる観光客も多いです。

2位:大雪地ビール

Photo by 漢迪沃荷

お酒編2位は「大雪地ビール」です。その名前の通り、大雪山の水を使って作ったビールです。国内最大のビールコンテストで数々の賞を受賞した地ビールであり、旭川でしか手に入らないということでお土産としておすすめです。

旭山動物園のラベルのシロクマラベルやペンギンラベルなど限定の物も多く、非常に人気が高いです。限定ラベルの物は飲んだあとも飾っておくのにもおすすめなほど可愛らしいです。

1位:国士無双

Photo by sabamiso

お酒編1位は「国士無双」です。こちらは3位の日本酒あさひかわと同様の高砂酒造で販売されている純米酒です。高砂酒造の代名詞とも言われている国士無双は多くの方に好まれている正統派の純米酒であり冷でも熱燗でもどちらでも楽しむことができます。

国士無双には様々な種類があり、大吟醸や純米吟醸、本順三、純米、梅酒、新酒ひやおろしなど様々な種類があります。限定品も多くあり、旭川空港で手に入るものも多いため気になる方はお土産としても自分用としてもチェックしてみてください。

旭川空港のお土産人気ランキング⑤その他グルメ編

Photo by Zengame

最後は、旭川空港でのお土産「その他のグルメ」のランキングです。今まで紹介してきたジャンル以外にも、旭川空港では美味しいお土産を購入することができます。そこで、上記で紹介できなかったその他のグルメということでランキング形式で紹介します。旭川では旭川空港でしか手に入らない限定のお土産品もあるのでチェックしてみてください。

3位:札幌円山動物園ラーメン

Photo by kohrogi34

その他グルメ編3位は「札幌円山動物園ラーメン」です。旭川の動物園といえば旭山動物園が有名ですが、札幌の動物園では札幌円山動物園が人気です。その札幌円山動物園で人気のシロクマをデザインしたラーメンはパッケージが非常に可愛くてもちろん味も絶品なのでお土産におすすめです。

こちらのラーメンは塩味になっており、香味野菜の旨味がたっぷり入っています。麺は生麺を熟成乾燥させて、しっかりとコシがあります。

1個あたり171円と値段もリーズナブルなのですが、他のインスタントラーメンとは違い本格的な味わいを楽しむことができます。バラマキ土産としてもおすすめです。

2位:ふらのチーズ

Photo by ivva

その他グルメ2位は「ふらのチーズ」です。富良野にある富良野チーズ工房で作られているチーズは新鮮な牛乳から作られたナチュラルチーズであり、富良野までいかずとも旭川空港で購入できるのでお土産に非常におすすめです。

ワインチェダーチーズやホワイト、メゾン・ドゥ・ピエールなど様々な種類がありますのでお土産にはどれにしようか迷ってしまうほどなんです。

1位:スモークドエッグ

Photo by giovanniscanavino

その他グルメ1位は「スモークドエッグ」です。北海道剣淵町にあるゴトウくんせいで販売されているスモークドエッグはその名の通り、燻製になったゆで卵です。

10日間じっくりと燻煙を浴びた卵は真っ黒で初めて見る方は驚かれるのではないでしょうか。常温で2か月間保存が可能なのでお土産にぴったりです。そのまま食べても、ラーメンのトッピングなどに使用してもと様々な食べ方で楽しめます。

旭川空港でおいしいお土産をゲットしよう!

Photo by Mr Wabu

いかがでしたか。旭川空港でおすすめのお土産をランキング形式で紹介しました。美味しいものばかりの旭川、お土産ももちろん美味しいものや限定のものが揃っています。家族に、友達に、会社の同僚にと様々なシーンで必要になるお土産。ぜひ旭川空港で美味しい限定のお土産をゲットして帰りましょう。

reiko
ライター

reiko

九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

関連記事

人気記事ランキング