地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

北海道・美瑛の観光スポット案内!名所が沢山!【美瑛の丘・青い池】

観光名所が多い北海道の中でも、特にたくさんの名所が集まる美瑛町。観光に行きたいという人も多いことでしょう。そこで今回は、美瑛の観光名所で、ここだけは外せないおすすめスポットをご紹介します。ひとり旅や家族旅行のプランの参考にしてくださいね。

自然が美しい北海道・美瑛の鉄板観光スポット見出し

どこまでも続く花畑、牧草地が織りなす自然のパッチワーク……。北海道美瑛町は、そんな奇跡のような景色が広がっています。北海道には人気の観光名所がいくつもありますが、長年美瑛に足を運ぶ人は後を絶ちません。

そこで今回は、美瑛に行ったら一度は足を運んでほしい定番&おすすめ観光地をまとめてみました。どの場所も一度行ったら忘れられない思い出になるはずです。

冬の美瑛観光について

緑の草原、美しい花々が有名な美瑛ですので、どうしても観光のメインは春から秋にかけてという印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。たしかに、雪深い冬になると一部の観光地は入れなくなってしまいます。しかし、雪で覆われた丘というのも見逃せない観光名所の一つなんです。夏の美瑛を楽しんだだけでは、美瑛のすべてを見たことにはなりません。むしろ銀世界での雪遊びや、夜のライトアップなど、冬の美瑛だからこそ生まれる名所もあるんです。冬の北海道観光は大変ですが、夏の美瑛を心行くまで楽しんだら冬の美瑛にも挑戦してみてくださいね。

美瑛観光は美瑛の丘から見出し

美瑛といえば花々が咲き乱れる草原と、そこにぽつぽつと立つ木々を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実はそれらは案外近くにあるので、「美瑛の丘」としてひとくくりにご紹介します。

美瑛といえば花畑。ぜるぶの丘で季節の花を見ましょう

美瑛でお花を見たいなら、ぜるぶの丘をはずすことはできません。「かぜ」「かおる」「あそぶ」から一文字ずつとって名付けられたこの丘には、季節に応じて様々な花が咲き乱れます。

咲いている花も一種類ではありません。様々な色の花々が作り出す光景は、まさに美瑛を象徴する風景と言えそうです。

雄大な大自然を背景に、ひまわり、ラベンダー、ポピーをはじめ約30種類もの花々が咲き誇る観光名所の花畑です。花の開花は5月から始まり、6月下旬から10月上旬までずっと見頃の時期が続きます。

美瑛の有名な木、「ケンとメリーの木」もすぐそばにありますので、一緒に見ていくことをおすすめします。

亜斗夢の丘という展望台からは、その昔、日産スカイラインのTVCMで使われた「ケンとメリーの木」も展望できます。

北海道・美瑛の丘を観光!絶景の見頃は?季節別のめぐり方!【写真あり】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道・美瑛の丘を観光!絶景の見頃は?季節別のめぐり方!【写真あり】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自然が美しい北海道。特に旭川空港から車で15分の場所にある美瑛の丘は、一面に広がる鮮やかな花畑や美しく整備された丘陵地など、道内でも一、二を争う美しい観光地として有名です。そんな美瑛の丘の基本情報と四季ごとの見どころをご紹介。一年中美瑛の丘を楽しみましょう!

親子の木、セブンスターの木など変わった木々にも注目

美瑛の丘を進んでいくと、印象的な木々がぼつぼつと生えていることに気が付くでしょう。

例えば3本の木がまるで親子のように寄り添っている「親子の木」、コマーシャルに起用された「セブンスターの木」など、草原にとつぜん現れる不思議な木々が美瑛の丘の魅力を一層高めています。

有名な木は名前がついていることもありますが、中には誰にも知られていない名前のない木もあります。ゆっくり散歩して、自分だけのお気に入りの木を見つけてくださいね。

丘の上から自然のパッチワークを見下ろして

美瑛の丘を一通り廻ったら、どこでも好きな場所から丘陵を見下ろしてみましょう。畑がまるでパッチワークのように連なっているのが見えるはず。畑によって植えられている作物が微妙に違うことから生み出される、偶然が生んだ光景です。

さまざまな花や作物が織り成す模様が、まさに“パッチワーク”のような光景を作り出している。毎年違った作物が作付けされているため、2度と同じ風景に出会うことができないというのも魅力だ。

自然が偶然作り出したロマンチックな光景を見るだけで、美瑛観光に来たかいがあるというものですよね。

広がる広大な花畑…美瑛観光といえば四季彩の丘見出し

さて、美瑛の花畑というともう一つ、「四季彩の丘」というところも有名です。

こちらも美瑛の丘陵地帯の近くにありますので、美瑛の丘を散策がてらついでに訪れてしまいましょう。

ぜるぶの丘、パッチワークの路で見ることができる美しい自然を間近で見ることもできるんです。

離農した農家さんの畑に30~40種の花を植えており、それらは毎年5月から10月下旬にかけて咲き乱れます。なかでも最盛期は7月下旬~9月下旬。緩やかな斜面が花色に染まる様子は圧巻ですよ!

また、冬には一面の銀世界となり、雪遊びを楽しめる場所へと早変わりします。スノーモービルなどで丘を走り、雪の世界を楽しみましょう。

当期間中は展望花畑が雪に埋もれ、かわりに「スノーランド」になります。 スノーランドでは、スノーラフトやスノーモービルなど、初めての方でも雪と自然を気軽に楽しむことができます。

ジェットコースターの路を観光しよう見出し

北海道といえばどこまでもまっすぐに伸びた車道も有名ですね。美瑛も直線道路が多いですが、特に有名なのが「ジェットコースターの路」です。

『ジェットコースターの路』は全長約4kmの直線道路。その約4kmの間に高い丘と深い谷が交互にいくつも並んでいて、急激なアップダウンを繰り返しながら走り抜けるドライブルートなのです。

ジェットコースターという名前の通り、急激なアップダウン特徴。本当の名前は「美瑛町道西11線」といい、JR上富良野駅からアクセスすることができます。

高低差は大きいところで100メートル!4キロメートルの道ですが、なんども上へ下へ、本当にジェットコースターに乗っている気分になりますよ。ぜひマイカーかレンタカーで体感しましょう。

ただ、高低差だけに気を取られるのも考え物です。というのも、ジェットコースターの路だって美瑛の端くれ。両脇には当然美しい光景が広がっているんです。一度に走り抜けるのも爽快ですが、できれば両脇の光景を楽しみながら走りましょう。

周りの景色が素敵なので、ゆっくりと風景を楽しみながら走ることをおすすめします。

美しい水面、美瑛ならではの絶景を水沢ダムで見出し

美瑛といえば美瑛の丘と花畑、そう思い込んでいませんか?そういう人におすすめなのが「水沢ダム」です。

水沢ダムは農業に使う水を保管しておく灌漑ダム。農業が盛んな美瑛ですから、それは大きなダムです。

1964年にかんがい用に設置されたダム、満開の桜並木、残雪の十勝岳連峰の眺望は人気の撮影スポット

このダムの水面から奥を眺めると、美瑛の丘がまっすぐどこまでも続いている絶景を目に収めることができます。

実は美瑛には池や湖が少なく、水場と美瑛の丘を一度に見ることができるスポットというのは大変貴重。風がない穏やかな日だと、水面に美瑛の丘や十勝連峰が映りこむ絶景を見ることができるというのもおすすめポイントの一つ。

晴れていて風のない日には、湖面に十勝岳連邦が映る美しい写真を撮る事ができるため、カメラマンの間では美瑛らしい写真を撮れるスポットとして有名な場所だ。

初夏の時期には山頂付近に残された雪と山との色彩は圧巻。絶景を背景にゆっくり散歩を楽しむのがおすすめ。

美瑛の丘を散策がてら、ふらっと立ち寄ってみることをおすすめします。

地下水湧き出る白ひげの滝を見下ろして見出し

美瑛には「白金温泉」という温泉地区があります。十勝の山々を見ながらゆっくりお風呂に浸かることができるおすすめ宿泊スポットなのですが、その周辺にはいわゆる「美瑛らしい」光景ではないものの、やはりこの世のものとは思えないほど美しい光景を楽しむことができるおすすめスポットが存在するんです。

その一つが、「白ひげの滝」と呼ばれる滝。大きくはないものの、小さな白い流れが幾本も岩を伝っているさまには、神秘的な美しさを感じずにはいられません。「白ひげ」という名前は、この白い流れがひげのように見えたことから名づけられています。

白ひげの滝を作り上げている水は、地下水。ここから湧き出す水は「ブルーリバー」という真っ青な川になり、あの「青い池」までつながっています。

白ひげの滝を作り上げている水は、地下水。ここから湧き出す水は「ブルーリバー」という真っ青な川になり、あの「青い池」までつながっています。

冬季限定で青い池ともどもライトアップが予定されています。暗闇に照らし出される白ひげの滝はとても神秘的。暖かい恰好で楽しんでくださいね。

恋愛に悩む人は美瑛神社に参拝&観光がおすすめ見出し

恋愛に悩む方にぜひ訪れてほしい美瑛の観光スポットが、「美瑛神社」です。

美瑛神社は明治時代に作られた、日本の神社の中では比較的新しい神社ですが、そのご利益は折り紙付き。「北海道三大パワースポット」に数えられることもあるんですよ。

美瑛の街に縁結びの神様として注目され人気を集めているパワースポットがあります。 北海道三大パワースポットの一つとも言われる美瑛神社(びえいじんじゃ)です。

実は境内にはたくさんハートが隠れています。それが理由なのか、特に恋愛成就のご利益があるといわれているんですよ。参拝した後は、ハート探しにいそしみましょう。

お守りはお土産としての人気が高く、また御朱印も新しくなったことから最近特に注目されるようになってきています。パワースポットめぐりが趣味の人や、恋愛関係で何か迷っていることがある人は、ぜひ訪れてみてはどうでしょうか。

美瑛神社のパワースポット効果!恋愛にご利益あり?隠れハートを探せ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
美瑛神社のパワースポット効果!恋愛にご利益あり?隠れハートを探せ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の美瑛町にある美瑛神社をご存知ですか?この美瑛神社ですが恋愛の効果があるパワースポットとしてとても有名な神社なんです!恋愛にご利益があるとの事で、全国各地からの参拝者も多いと言われる美瑛神社。今回はそんな美瑛神社についてまとめてみました!

ファームズ千代田の観光で、一時忙しさを忘れよう見出し

美瑛は農業が盛んな町ですが、同じ位酪農も盛んで、あちこちに牧場があります。特に動物とのふれあいや酪農体験ができることで有名な牧場が、「ファームズ千代田」です。

園内には牛や馬がたくさん放牧されていて、思う存分触れ合うことが可能。かわいらしい動物と触れ合えば、一時時間を忘れて癒されてしまうはず。ポニーや羊といったいかにも牧場らしい動物はもちろん、うさぎやあひるといったかわいい動物や、北海道原産のどさんこ馬までさまざまな動物がいますよ。無料で触れ合えるという点もうれしいですね。

ふれあい牧場へようこそ!ポニーをはじめ、馬、ジャージー牛、ひつじ、やぎなど、たくさんの動物たちがいる「ふれあい牧場」は、年中無休で開放しており、食いしん坊の動物たちにエサをあげることもできます。

お腹が空いたらレストランに足を運びましょう。農園の新鮮な食材を使った食べ物がずらりと並んでいます。農園で種付けし、育て、出荷した牛は誰もが舌鼓を打つおいしさです。新鮮な野菜をたっぷり使っているという点も見逃せません。

ハンバーグはもちろんのこと、添え物の野菜がこれまた美味しいの!!!普通のズッキーニや玉ねぎなのになんでこんな甘いのさ〜〜〜〜〜!北海道の広大な自然で育った野菜の美味しさにただただ感動。

美瑛町内のおすすめランチグルメ9選!人気のカフェで地元の食材を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
美瑛町内のおすすめランチグルメ9選!人気のカフェで地元の食材を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美瑛は北海道を代表する美しい風景と出会える場所です。そんな美瑛で、美瑛の地元食材を使ったグルメなランチを楽しみませんか?おすすめのグルメランチや美瑛で人気のカフェ、子連れでもゆっくりできる美瑛のおすすめカフェなど、地元で人気のおすすめグルメカフェを紹介します。

小高い丘から美瑛の丘や十勝連峰を一望できる、「千代田の丘」もおすすめです。美瑛に来なければ見ることができない、美しい自然を楽しんでくださいね。

遠く東の方向に十勝岳連邦を、目下には美瑛の街並みを見通せます。360度見渡すことの出来るこの場所は、季節によりその雰囲気は大きく変化します。雪解けの残る春先には新緑と桜のコラボレーションを楽しむこともできます。

美瑛観光の定番スポット!青い池の絶景を見逃すな見出し

最後にご紹介するのは、もはや美瑛の代表的観光スポットといっても過言ではない「青い池」です。

コバルトブルーからエメラルドグリーンまで、見る角度や時間によっていかようにも色を変える神秘的な池は、まさに圧巻の一言。池の水面から突然現れる、真っ白な枯れ木がその神秘的な光景をさらに浮世離れしたものに変えています。

自然の力が生みだした青い池は、ほんのちょっとした太陽の光の加減や風の具合、季節でこんなにも大きく変化をします。 一度訪れただけではその魅力に迫ることが難しいと言われ、20年通っても澄んだコバルトブルーに出会えない方さえいるほどです。

繊細な青い池の湖面は、ほんの少しの風にもさざ波を立て、がらりと表情を変えます。全く同じ色になることは二度とない、貴重な光景を楽しんでくださいね。

そんな繊細な青い池ですから、季節によって大きく様変わりするというのも見逃せません。おすすめは比較的雨が少なく、風も穏やかな夏ですが、冬に白銀に覆われた青い池もまた、一生に一回は見ておきたい光景です。

一般的に綺麗な青に見えるのは5月~6月の春です。 その時季を過ぎると、アルミニウムを含まない水が多く流れ込むため、エメラルド色になります。でも、それはそれでものすごく綺麗です。私が行ったのは8月でしたが、本当に綺麗な色でした。

北海道の冬の厳しさもあり、これまでは「青い池」の観光といえば初夏~秋がベストとされていました。しかし冬に水面が凍結した上に雪が降り積もり、“真っ白な”青い池へと変貌した姿が美しすぎると、またまた話題に。

美瑛『青い池』が美しい!青い理由は?冬にはライトアップも!行き方も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
美瑛『青い池』が美しい!青い理由は?冬にはライトアップも!行き方も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道・美瑛町と言えば「青い池」が有名ですよね。その神秘的な光景を一目見ようと国内だけでなく、海外からも多くの観光客が押し寄せる、北海道屈指の観光スポットになっています。そんな美瑛の青い池はどうして生まれたのか?おすすめの時期はいつか?など魅力に迫りました。

美瑛観光で心と体をリフレッシュ!見出し

いかがでしたでしょうか。北海道を代表する美瑛には、青い池や美瑛の丘に加え、自然の美しさを堪能できるおすすめ名所が数多くあるということがお分かりいただけたと思います。美しい光景、都会では決して味わうことができない自然の絶景を見て、体も心も癒されてくださいね。

関連キーワード

投稿日: 2017年2月2日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote