ムルギーは渋谷の老舗カレー店!著名人にも愛された人気のメニューは?

2018年11月26日 (2018年11月26日最終更新)

多くの飲食店が立ち並ぶ渋谷。カレーメニューを提供しているお店の中でも人気上位に入るお店が「ムルギー」になります。有名な小説家のエッセイの中でも紹介され有名な、渋谷のカレー店「ムルギー」のカレーメニューの値段やアクセス情報、人気の秘密などについてご紹介します。

目次

  1. ムルギーは渋谷にある老舗のカレー店
  2. あの「池波正太郎」も愛した絶品カレー
  3. ムルギーのおすすめメニュー
  4. ムルギーの美味しさの理由
  5. ムルギーは料理のテイクアウトも可能!
  6. ムルギーの店舗情報
  7. 渋谷「ムルギー」に次ぐ人気カレー店1:もうやんカレー246
  8. 渋谷「ムルギー」に次ぐ人気カレー店2:カレーハウスチリチリ
  9. ムルギーは長年愛され続けているカレー店だった!

ムルギーは渋谷にある老舗のカレー店

昭和26年創業の老舗カレー店「ムルギー」。渋谷でカレーといえばムルギーというほど人気店となっています。多くの飲食店が渋谷にあり、どのお店も素敵ですが、今回は渋谷カレー店のムルギーのアクセス情報、人気メニュー、値段などについてご紹介します。

あの「池波正太郎」も愛した絶品カレー

渋谷の中でも老舗のカレー店「ムルギー」。昭和26年の創業です。カレーマニアの中には知らない人がいないくらい名が知られています。「ムルギー」はインドの言語でもあるヒンディー語で「鶏肉」という意味です。戦後を代表する小説家の池波正太郎も愛したカレーのお店としても有名です。

自身の本の中にも「ムルギー」が登場

池波正太郎という方の本は知らなくても名前は聞いたことがあるという方はいるのではないでしょうか?池波正太郎は戦後を代表する小説家で、江戸時代を舞台とした歴史小説や、戯曲などを数多く執筆しています。

一方で、美食家としても有名で、美味しい食べ物に目がなかったといわれています。そんな池波正太郎のエッセイ本にも今回紹介している渋谷の老舗カレー店「ムルギー」が登場しています。

ムルギーのおすすめメニュー

渋谷で昭和26年に創業したカレー店「ムルギー」。人気のカレーメニューはどれも大盛で注文することが可能で、値段がプラス350円になります。そんなムルギー自慢のカレーメニューは3種類のみ。

どんなカレーなのかについて詳しくご紹介します。カレーメニューには腹心付けと生姜がサービスでいただくことができます。また、追加料金で辛さを変更することができ甘口の値段は50円、辛口の値段も50円、大辛の値段は100円になります。

卵入りムルギー

渋谷カレー店「ムルギー」の一番の人気メニューが「ら孫煎りムルギー」で、値段は1050円です。そびえたつ三角盛りのライスが印象的です。三角盛りは山好きの先代が考案した盛り付け方になります。

スパイシーで苦みが少しある、少し大人向けのカレーとなっています。ですが、卵が加わることで驚くほどまろやかな味となり、スパイシーさが苦手な方でも食べることのできる人気カレーとなっています。卵は湖の上に浮かんでいるかのようにゆで卵のスライスがトッピングされています。トマトケチャップが卵にかかっています。

ムルギーカリー

値段は1000円です。先ほど紹介した卵入りムルギーカレーの卵が入っていないメニューになります。卵が入っていないため、ムルギーカレーのスパイスを存分に楽しみたい方、まろやかさは一切いらないという方におすすめメニューです。お替りカレールーの値段は550円になります。

ハヤシカリー

値段は1100円です。見た目は卵入りのムルギーカレーと変わりません。ゆで卵のスライスがトッピングされています。ハヤシの味は甘めですがスパイシーさがあるのが特徴です。ハヤシライスではなくあくまでハヤシカレー。カレーと比べソフトな仕上がりで、爽やかな酸味もあります。卵にはトマトケチャップがかかっています。

サッテ

持ち帰りメニューとしても人気のサッテ。値段は1200円です。なんとじっくりと20分という時間をかけて焼き上げられるチキンはジューシーで美味しいと人気メニューです。皮はぱりぱりとした食感となっています。

タンドリーチキンのような見た目ですが、やや甘辛な照り焼きチキンといったような味で、わずかに酸味も感じることのできる、多くの日本人の好みに合う味のメニューです。ムルギーのカレーメニューに浸して一緒に食べるのもおすすめです。

ムルギーの美味しさの理由

渋谷にある老舗カレー店の「ムルギー」。どのカレーメニューも人気です。そのムルギーのカレーメニューのおいしさの秘密についてご紹介します。人気カレーメニューをただ味わうだけでなく、秘密を知ったうえで味わうと、よりおいしく感じることができます。

手作りのルーと国産の食材

昭和時代から続くカレー店「ムルギー」。13種類ものスパイスを調合したものにひな鳥をいれ、1時間かけて煮込みます。ピリリとした辛さが程よく大人の味となっています。

チキンのスープの旨味があり、玉ねぎをローストした苦みと食べ進めるうちに強まってくる辛みが癖になると評判です。最近では手作りのルート国産の食材を使用したカレーにチーズをトッピングすることができ、芳醇なコクをプラスすることができます。チーズのトッピングの値段は100円になります。

ムルギーは料理のテイクアウトも可能!

渋谷の老舗カレー店「ムルギー」。店内でレトロな雰囲気を感じながら食べることが一番おすすめですが、忙しい方にはテイクアウトもできるので、ぜひ利用してみてください。クール便での発送も可能となっています。

テイクアウトメニューは持ち帰りカレーが2人前で、値段は1200円。サッテという特製ディップが付いた焼いたチキンのメニューの値段は1000円。1日15食の限定メニューです。

ムルギーの店舗情報

多くの商業施設や、学校、企業が多く集まる、人気観光スポットでもある渋谷。渋谷の道玄坂近くに今回紹介しているカレー店「ムルギー」があります。

アクセス便利のムルギーの外観はレンガ造りでレトロな素敵な雰囲気となっています。テーブル席は38席ほど。外観だけでなく、店内・使用しているカトラリーなどからもレトロな雰囲気を楽しむことができます。

営業時間

ムルギーの営業時間は11時30分から15時です。定休日は金曜日です。平日のランチタイムにも並んでいることが多いので、ムルギーのカレーを食べたい方は早めの時間でのアクセスをおすすめします。営業時間がランチタイムだけと短いので時間の余裕をもってアクセスしてください。

アクセス方法

多くの飲食店が並ぶ渋谷駅から徒歩5分にあります。道玄坂の百軒店商店街にあるのでアクセスがとても便利です。道玄坂は坂が少し急なので少々大変ですが、山を登るような感覚で、ムルギーカレー人気メニューの山の形が特徴の三角盛りカレーを目指してください。

住所 渋谷区道玄坂2-19-2
電話番号 03-3461-8809

Original渋谷の美味しいカレー屋特集!ランチも食べ放題も名店で堪能しよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美味しいものがいっぱいの街・渋谷。そして、B級グルメを代表するカレーも、有名店や人気店がひし...

渋谷「ムルギー」に次ぐ人気カレー店1:もうやんカレー246

渋谷老舗カレー店「ムルギー」に次ぐ人気カレー店が「もうやんカレー246」です。渋谷店以外にも多くの場所に店舗を展開しています。個性的なカレーメニューはどれも人気メニューですが、ランチのビュッフェではお手頃な値段でカレーに加えサイドメニューを楽しむことができます。

「もうやんカレー246」おすすめメニュー

渋谷もうやんカレーでおすすめのカレーメニューの値段はすべて1400円です。カレーメニューはすべて業界初、グルテンフリー。多くのスパイスを使用しているのが特徴的です。カレーの注文方法はルートご飯の量の選択、辛さの選択をすることができ、辛さ変更の値段は無料ですが、ごはんとルーの変更には値段があります。

渋谷もうやんカレーのおすすめカレーメニューはアボカドを使用したカレーになります。「アボカドベーコントマトカレー」はドイツで金賞を受賞した真木沢ベーコンを使用し、ねっとりとしたアボカドとフレッシュなトマトを組み合わせたメニューです。

「アボカドカレー」はとろとろねっとり食感のアボカド。「海老アボカドカレー」は海老を特製ソースで一度ソテーしたものとねっとり食感のアボカドを組み合わせたカレーメニューです。

お替り自由のランチビュッフェでは1000円という値段でいろんな種類のカレーを楽しむことができます。看板メニューの牛の希少部位の和牛ほほ肉を使用した「ビーフ煮込み」、野菜や果物の旨味とごろっと入った柔らかな豚肉が絶品の「ポーク豚バラ肉」、スパイスがありながらうまみもしっかり感じることのできる「激辛20」のカレーメニュー。

カレー以外のメニューももちろんビュッフェの料金に含まれています。サイドメニューのサラダやジューシーなタンドリーチキン、皮つきのふかしじゃがいも、そしてデザートまであります。おなか一杯食べたい方におすすめメニューです。

カレーの種類もかなり豊富ですが、トッピングメニューも豊富です。チーズをはじめ、キノコ、卵、アボカド、千切りキャベツ、近年話題のパクチーもあります。値段は100円から400円まであります。

「もうやんカレー246」のアクセス情報

営業時間は11時30分から23時30分。グルテンフリーで野菜や果物が大量に溶け込んでいることでうまれるどろどろとした食感が特徴のもうやんカレー。アクセス便利な場所にあり、渋谷駅から宮益坂に向かうと派手な看板があります。

スパイス居酒屋という表記がある通り、店内は居酒屋のような雰囲気となっています。体にいいグルテンフリーやスパイスを多く使用していて大変魅力的で人気のカレー店ですが、ランチのビュッフェでの食べすぎにはくれぐれもご注意してください。

住所 東京都渋谷区渋谷1-7-5
電話番号 03-6805-1994

渋谷「ムルギー」に次ぐ人気カレー店2:カレーハウスチリチリ

渋谷と恵比寿の間にあり、薬膳という観点からカレーを作るお店のため、男性客に比べ女性客から大変人気を集めているカレーの店舗が「カレーハウスチリチリ」です。ランチタイムのみの営業で作るカレーの量も限られているため早めの時間でのアクセスがおすすめのお店になります。

「カレーハウスチリチリ」おすすめメニュー

脂っぽさがなく、純粋にカレーの辛さや味を楽しむことのできる薬膳カレーのメニューが人気です。化学調味料も塩うしていません。一人前のカレーには玉ねぎ約1.5個使用し野菜たっぷりが売りで程よくとろとろとしているのが特徴です。

人気のカレーメニューは中辛とスパイシーな辛口で分類され、さらに中辛は9種、辛口も9種のマサラカレーで分けられています。30センチ近くある大きなお皿にご飯とカレールーが一緒に盛られてきます。卓上にはカレーのお供として定番福伸漬けと玉ねぎのチャツネが用意されています。

「チキンマサラカレー」さらりとしたカレールー。スパイスの効きがあり、食べ続けていくうちに口の中だけでなく体の芯からぽかぽかと温まることのできるホットな辛さが感じることができます。チキンはほろほろに煮込まれているため、スプーンですぐに切ることができます。一口サイズのお肉が5つほど入っています。

同じお肉系のカレーの「ポークカレー」には豚のもも肉が使用されています。バラ肉のように脂っぽさがなく薬膳カレーにぴったりのあっさりとしたカレーに仕上がっています。豚もも肉は調理すると固くなってしまいがちですがこちらのカレーの中に入っている豚もも肉は程よい柔らかさで食べやすくなっています。

「ミックスカレー」にはチーズ、トマト、ホウレンソウなどが入っています。トマトの酸味やチーズのコクが程よくきいています。豆を使用したカレーメニューは、豆の風味が効いているため、ポークやチキンのものに比べまろやかな味わいが特徴です。レンズマメはプチプチ、ひよこ豆はほろほろとした食感となっています。

トッピングの値段は100円から200円。定番のゆで卵をはじめ、チーズ、ホウレンソウ、レンズマメ、海老、レタスなど、全部で10種類あります。そのカレーメニューも店名通り、心地いいチリチリとしたホット加減が特徴的です。

「カレーハウスチリチリ」のアクセス情報

渋谷と恵比寿の間にある、アクセス便利なカレー店「カレーハウスチリチリ」。営業時間はランチタイムのみで11時30分から14時30分。売り切れ次第終了なので早めの時間でのアクセスをおすすめします。定休日は金曜、土曜、日曜、祝日になります。

渋谷駅からは少し遠いですが、ランチタイムのみなので席は常に満席となっています。恵比寿と渋谷からアクセス可能ということもあり、女性の方も多く利用する人気カレー店です。テイクアウトも可能となっています。

住所 東京都渋谷区東1-27-9
電話番号 03-3499-4678

ムルギーは長年愛され続けているカレー店だった!

渋谷駅から徒歩5分というアクセス便利な場所にある渋谷の老舗カレー店「ムルギー」の人気カレーメニューのご紹介いかがでしたでしょうか?近年100年に1度といわれる大開発が行われている渋谷。最新の商業施設もあり観光スポットとして人気が高まってきているので、ランチタイムにぜひアクセスしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
イロナ

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の新着のまとめ