ラ・ボンヌターブルは日本橋の人気フレンチ店!おすすめメニューや予約方法は?

2019年3月26日 (2019年3月27日最終更新)

東京の日本橋にあるラ・ボンヌターブルはミシュランを取得したレフェルヴェソンスの姉妹店となります。カジュアルなフレンチ料理が堪能できるラ・ボンヌターブルは話題となっているお店です。今回ラ・ボンヌターブルのお店の詳細やおすすめメニューをご紹介します。

目次

  1. ラ・ボンヌターブルとは?
  2. グルメなら訪れたいフレンチ「ラ・ボンヌターブル」の魅力
  3. ラ・ボンヌターブルがこだわっているポリシー
  4. シェフの中村氏の考え方
  5. ラ・ボンヌターブルで食べてみたいメニュー
  6. ラ・ボンヌターブルの基本情報
  7. ラ・ボンヌターブルに訪れる際の注意点
  8. 極上のフレンチを求めてラ・ボンヌターブルへ行こう!

ラ・ボンヌターブルとは?

日本橋にあるラ・ボンヌターブルはとても美味しいフレンチ料理が楽しめる話題のお店となっています。

今回ラ・ボンヌターブルのお店のおすすめメニューやランチからディナータイムの営業時間について、更に気になる予約方法やドレスコードまでをまとめてご紹介させていただきます。

日本橋のおしゃれスポットとなっているラ・ボンヌターブルのお店について大注目してみましょう。

日本橋の人気フレンチ店!

ラ・ボンヌターブルのお店は2014年に日本橋にオープンした人気のフレンチ料理のお店となります。

日本橋は東京駅からもアクセスがしやすく、また東京の中でも商業施設派が多く、文化が栄えた歴史深い街です。

そんな日本橋にあるラ・ボンヌターブルのお店は駅からもアクセスがしやすくて、仕事や観光で東京に訪れる方も立ち寄りやすいお店となります。

Fcfg100155635 tp v日本橋でディナー!デートや女子会で使えるおしゃれなおすすめ店特集! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
たくさんの商業施設や飲食店が勢揃いしている日本橋。今回はそんな日本橋でおすすめのディナーをご...

グルメなら訪れたいフレンチ「ラ・ボンヌターブル」の魅力

まず初めにラ・ボンヌターブルのお店の魅力についてご紹介させていただきます。おしゃれな外観から漂う素敵なラ・ボンヌターブルが話題となっています。

またラ・ボンヌターブルは知る人ぞ知る有名なフレンチ料理のお店です。2014年3月からオープンして5年が経った現在、その人気は確立されています。

そんなラ・ボンヌターブルの人気の理由についてご紹介させていただきますので大注目しておきましょう。

日本橋にある「ラ・ボンヌターブル」とは?

老若男女問わずに人気のラ・ボンヌターブルは東京駅からもアクセスがしやすい日本橋に店舗があります。

オープンから4年が経過したラ・ボンヌターブルでは本格的なフレンチ料理でありながらも、幻想的で一般的に想像しているフレンチ料理の常識を覆す魅力的があります。

また誰もが考えつかないような独創的なコラボレーションメニュー等を続々とラインナップされているので、新しいフレンチ料理をラ・ボンヌターブルで楽しむ事ができます。

カップルシートやソファー席もある

続いてラ・ボンヌターブルのお店の人気のカップルシートやソファ席についてご紹介させていただきます。

ラ・ボンヌターブルの店内の席数は合わせて51席程となります。店内もとても広々としていて、くつろげる空間が大人気です。

落ち着いた空間でゆっくりとした時間の中美味しい料理を楽しめます。またラ・ボンヌターブルでは1番人気のカップル席やソファ席が充実しています。

ランチタイムやディナータイムをより良く快適にくつろぎながら過ごせるカップルシートやソファ席を予約して訪れるのがおすすめです。

お洒落な空間

続いて日本橋にあるラ・ボンヌターブルのお洒落で快適な空間の店内の様子をご紹介させていただきます。

ラ・ボンヌターブルの店内は広々としていて天井の高い、ガラス張りで明るい日差しが差し込むおしゃれな店内となっています。

またラ・ボンヌターブルで使用しているテーブルや椅子もまたこだわりの北米の雰囲気の家具を利用しているのでとてもおしゃれで素敵な店内です。

店名の由来?

続いてラ・ボンヌターブルのお店のネーミングの由来についてご紹介させていただきます。「ラ・ボンヌターブル」はフランス語です。

直訳すると「美味しい食卓」と言う意味合いになり、ラ・ボンヌターブルで提供する食材の徹底して追及したもの、また料理への愛情をお客さまに届けると言うコンセプトからネーミングに付けられました。

食にこだわるオーナーシェフが老若男女問わずに届ける絶品の料理をカジュアルで誰でも楽しめるお店として提供しています。

ミシュランの星に輝いたフレンチレストラン『レフェルヴェソンス』の姉妹店

続いてラ・ボンヌターブルお店はミシュランの星に輝いたフレンチレストランの「レフェルヴェソンス」の姉妹店となります。

西麻布にある名店中の名店のレフェルヴェソンスはミシュラン2つ星で有名なお店となっています。

ミシュラン取得のレフェルヴェソンスは高級店であり、客層も限られてしまう事で、セカンドインとして生み出されたのがラ・ボンヌターブルとなります。

勿論ラ・ボンヌターブルのこだわりのランチメニューやディナー、コースやアラカルトメニューまでミシュラン2つ星のオーナーシェフが考案した1皿が楽しめます。

ラ・ボンヌターブルがこだわっているポリシー

続いてラ・ボンヌターブルのこだわっているポリシーについてご紹介させていただきます。人気のフレンチ料理が楽しめるお店だけではありません。

ラ・ボンヌターブルに訪れる誰もが楽しめるお店作りが感じられます。来店した人が驚くラ・ボンヌターブルの仕掛けや散りばめられた想いがたくさん詰まったお店なので大注目しておきましょう。

飾られている絵画に注目!

まず初めにラ・ボンヌターブルの店内に飾られている絵画に大注目してみましょう。実はラ・ボンヌターブルの絵画にはある仕掛けがされています。

壁に飾られている絵画をずっと見ていると、実は絵画の絵が変化します。実はこの絵画はキャンパスに描かれている物ではなく、液晶画面となります。

あの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの代表作の「最後の晩餐」やその他のの有名な作品にさし変わる仕掛けをしています。初めて来店される方はきっと驚かれるサプライズが隠されています。

BGMとして流す曲のチョイス

続いてラ・ボンヌターブルの店内に流れるBGMはオーナーシェフのこだわりでもある70年代ロックミュージックが心地よく流れています。

フレンチ料理のお店としては従来では考えられない曲の超椅子ですが、実は70年代ロックミュージックが流れる事によってライブ感が感じ、オープンキッチンから料理の音や香り等が全て一体化した雰囲気を楽しむ事ができます。

繊細に調整された調理方法

続いてラ・ボンヌターブルで提供される食材の素材の味を最大限に引き出した調理方法を常に心掛けています。

まず野菜や食材は全て新鮮で厳選されたものを、そのまま直送されお店に到着します。そこから素材の種類や状態に合わせた調理を行い美味しい料理が完成されます。

大胆かつ今までになかった食材を融合させたメニューを生み出されているので、新しいフレンチ料理を更に楽しむ事ができます。

シェフの中村氏の考え方

続いてラ・ボンヌターブルのオーナーシェフでもある中村さんの考え方についてご紹介させていただきます。

今やミシュラン2つ星を取得した敏腕シェフの中村さんがこだわる店作りや、誰もが考えつかないような料理の発想がとても魅力的です。料理の道に進んだ理由や、料理へのこだわりについて大注目しておきましょう。

フレンチの道を進むようになった理由とは?

まず初めにラ・ボンヌターブルのオーナーシェフの中村さんがフレンチの道に進むようになったきっかけをご紹介させていただきます。

現在ミシュラン2つ星を取得したオーナーシェフの中村さんはもともと、料理人を志していた訳ではなかったようです。

大学に進学して一人暮らしをし始めてから、自分で自炊をする事になったことが料理への興味がわいたきっかけとなります。そこから22歳でフランス料理の魅力を知り、フレンチの道に進むようになったそうです。

料理へのこだわりを熱く語る

続いてオーナーシェフの中村さんの料理へのこだわりについてご紹介させていただきます。これまで修業を積み、たくさんのフランス料理の名店を着実と経験をしていきました。

中村シェフが料理に対する想いは「ただ美味しい物を提供できるお店作り」です。好きな物を真っ直ぐ追いかける姿勢であったり、またラ・ボンヌターブルはカジュアルに誰でもフレンチを楽しめるお店にしたかったのが大きな理由となっています。

フレンチの想いがとても熱い中村シェフがこれから展開していく、素敵な料理を今後も展開されるのを心待ちにしておきましょう。

ラ・ボンヌターブルで食べてみたいメニュー

続いてラ・ボンヌターブルの気になる絶品メニューをまとめてご紹介させていただきます。どのメニューもミシュランを取得したオーナーの中村シェフが手掛けた贅沢な1品となります。

ランチやディナーに提供される贅沢なコース料理で楽しむ事ができます。特別な日やお祝いに、いつもとは違った雰囲気のドレスコードでラ・ボンヌターブルで素敵な時間を過ごしてみましょう。

絶品メニューの一部をご紹介

まずラ・ボンヌターブルの絶品メニューを一部人気の料理をご紹介させていただきます。フォトジェニックなメニューに美味しいのは勿論の事、発想豊かなラ・ボンヌターブルの人気メニューはたくさんあります。

ミシュラン2つ星のシェフが生み出した厳選食材に加え、カジュアルで楽しめる人気のメニューを厳選6品をご紹介します。

またラ・ボンヌターブルの人気メニューはシーズンによって変更する場合もあり、新たな新作メニューも続々登場します。ランチやディナーのコースに登場する絶品メニューに大注目してみましょう。

鴨のロースト、山椒とマデラ酒のソース、春菊、蕪、豆腐、芹

まず初めにラ・ボンヌターブルのおすすめコースメニューに登場する鴨のロースト、山椒とマデラ酒のソース、春菊、蕪、豆腐、芹をご紹介します。

ラ・ボンヌターブルに訪れたら必ず食べていただきたいおすすめのメニューとなりますので大注目しておきましょう。

こちらは色鮮やかな鴨ロースをレアで焼き上げ、苦みと香り高い季節の野菜がメインとなっています。日本の季節を感じる1品で、見た目だけじゃない美味しい1品です。

畑のサラダ

続いてラ・ボンヌターブルのおすすめのメニューの畑のサラダはラ・ボンヌターブルが契約している畑から直送で届く新鮮な完熟野菜が自慢のサラダとなります。

野菜の美味しい旨味をメインに、色鮮やかで1つ1つ楽しめるサラダはラ・ボンヌターブルだからこそ楽しめるメニューとなります。野菜の内容はシーズンによって変化しますが、その時に1番美味しい野菜を楽しめるのも魅力的なポイントとなります。

ウチワエビのパイ包み

続いてラ・ボンヌターブルの贅沢メニューのウチワエビのパイ包みに大注目しておきましょう。こちらのメニューは新鮮で美味しいウチワエビを優しくパイ生地で包み込んだ贅沢な1品となります。

ラ・ボンヌターブルの旨味や香りを凝縮させるためにパイ生地に包み込んで楽しむ事ができます。また見た目も美しく食事が一層に楽しくなります。

鮎のコンフィ、スイカ、黒オリーブ、木の芽

続いてミシュランを取得したオーナーシェフがこだわるラ・ボンヌターブルの人気メニューの鮎のコンフィにはスイカや黒オリーブや木の芽が添えられています。

誰もが思いつかない様な、その組み合わせにチャレンジできるのはラ・ボンヌターブルだからこその表現力となっています。この盛り付けの意図は「スイカをかぶりつく無邪気な子供の頃を思い出してほしい」事から発案されたメニューとなっています。

ウズラのパイ包み、タモギ茸のソース、クレソン、シャインマスカット

続いてラ・ボンヌターブルのコース料理のメインともなるウズラのパイ包みにはその他にもタモギ茸のソースやクレソンやシャインマスカットが添えられた1品となっています。

愛知県産のウズラのもも肉は骨付きで、パテには白子やキンカンも一緒にペーストされています。円形型の中にはズッキーニを土台として使用されています。大きなお皿にはたくさんの想いが込められた内容となっています。

ライムピーチドラゴンタルト

続いてミシュラン2つ星のシェフが誕生させた最後のデザートのライムピーチドラゴンタルトをご紹介させていただきます。

テーブルにライムピーチドラゴンタルトが運ばれれば、誰もが注目する色鮮やかなドラゴンフルーツのピンクのカラー、実はフレッシュピーチにドラゴンフルーツソースがかけられています。

またその上にアンバランスに乗せられたライムタルトも酸味があり贅沢で美味しい食後のスイーツとなります。

ラ・ボンヌターブルの基本情報

続いてラ・ボンヌターブルの基本情報についてご紹介させていただきます。ラ・ボンヌターブルの定休日やランチやディナーの営業時間、またお店へのアクセスをご紹介します。

ラ・ボンヌターブルのランチやディナーの営業時間や予約方法等は事前に把握しておくのがおすすめです。カジュアルに楽しめる絶品フレンチ料理をに注目しておきましょう。

またラ・ボンヌターブルのランチやディナーの予算等もまとめてご紹介しますのでチェックしておきましょう。

アクセス

まず初めにラ・ボンヌターブルのお店へのアクセス方法をご紹介させていただきます。日本橋にあるラ・ボンヌターブルは駅を利用する場合、東京メトロ銀座線や半蔵門線を利用してアクセスしましょう。

東京メトロを利用する際には三越駅前からだとお店まで徒歩1分程でアクセスができます。また半蔵門線を利用される方は三越駅前からだとお店まで徒歩5分程でアクセスがができます。

またお車で来店される場合は有料パーキングのCOREDO室町2に駐車してお店までアクセスするのがおすすめです。

LA BONNE TABLE

ジャンル:
東京駅・丸の内・日本橋 / フランス料理
住所:
東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1F
PR:
シェフ中村の独創性が詰まったカジュアルガストロノミーをご堪能下さい。
提供: Ikyu

営業時間

続いてラ・ボンヌターブルのお店の定休日をご紹介します。ラ・ボンヌターブルでは毎週ではありませんが月に2回ほど月曜日が定休日となります。月曜日に来店したい場合は事前にホームページで確認してから予約をする様にしましょう。

次に営業時間はランチタイムが11時30分からラストオーダー13時30分までとなります。またディナータイムは18時から20時30分まで、またアラカルトメニューが登場する時間が20時からラストオーダー21時30分までとなります。

ランチやディナーコースの営業時間と、アラカルトメニューを楽しみたい方は事前に営業時間を把握しておくのがおすすめです。

予算

続いてラ・ボンヌターブルに訪れる際の気になる予算を事前に把握しておきましょう。ランチタイム、ディナータイムによって予算は大きく変動します。

まずランチタイムであればおすすめのプリフィックスコースは3600円で注文ができます。ランチの場合予算はサービス料金を含めても6000円程で利用する事ができます。

またディナーの予算はシェフのお任せコースや様々な種類のコース料理があるので、お酒と一緒に注文しても1人20000程の予算で利用ができます。コース料理以外の注文が多くなる様であれば、それ以上多めに用意しておくのがおすすめです。

ラ・ボンヌターブルに訪れる際の注意点

最後にラ・ボンヌターブルに訪れる際の注意点をご紹介させていただきます。ラ・ボンヌターブルに来店する際は人気店となりますので予約しておくのがおすすめです。

またその他もラ・ボンヌターブルはカジュアルに来店できるフレンチ料理のお店となりますが、必要最低限のドレスコードが設けられているので注意しておきましょう。

気になるラ・ボンヌターブルの注意点でもある予約方法やドレスコード等をしっかりと把握しておきましょう。

予約方法

まず初めにラ・ボンヌターブルの予約方法についてご紹介させていただきます。ラ・ボンヌターブルのお店はランチやディナータイムのコースを楽しみたい方は事前予約をしておくのがおすすめです。

予約をする場合はラ・ボンヌターブルの公式ホームページから簡単に予約する事ができます。日時指定や人数、また具体的に食べれない食材やアレルギーのあるものを伝えましょう。

またサプライズの対応もしてくれるので、記念日や誕生日のお祝いの際には予約をする時に事前に伝えておくのがおすすめです。

ドレスコードはある?

続いてラ・ボンヌターブルのお店ではドレスコードについてご紹介させていただきます。ラ・ボンヌターブルはカジュアルなフレンチ料理のお店ですが必要最低限のドレスコードがあります。

ドレスコードと言っても堅苦しいものではなく、スポーツウエアやラフ過ぎる服装はお店から断られる場合があります。

ラ・ボンヌターブルのお店はおしゃれなお店なので必要最低限のドレスコードを守り、カジュアルすぎない服装で訪れるのがおすすめです。またドレスコードとしてサンダル等もあまりおすすめしません。

素敵な時間をラ・ボンヌターブルで過ごせるように予約やドレスコードで訪れて、楽しい時間を存分に過ごしてみましょう。

極上のフレンチを求めてラ・ボンヌターブルへ行こう!

極上のフレンチ料理を求めた日本橋のラ・ボンヌターブルにアクセスしてみましょう。ミシュラン2つ星シェフが生み出す絶品でユーモアな料理を楽しむ事ができます。

誰もが考え付かない食材を上手く融合させながらランチやディナーで絶品のコースを堪能してみましょう。

またラ・ボンヌターブルのお店はカジュアルなフレンチ料理を楽しめるお店ですが、必要最低限のドレスコードは必要です。

人気店なのでランチやディナーのコースを楽しみたい方は事前に予約しておくのがおすすめです。素敵な時間をラ・ボンヌターブルで存分に満喫してみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
LOOK

東京駅・日本橋・大手町の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

東京駅・日本橋・大手町の新着のまとめ