十勝豚丼が大人気!地元で食べれるおすすめのお店を調査!由来は?

2017年2月12日 (2019年5月9日最終更新)

十勝・帯広に訪れたら、必ず食べておきたいのが十勝郷土料理の代表格とも言える、豚丼です。今では有名牛丼店がまねをするなど、全国区で知名度も上がっています。おいしい豚丼を食べられるお店ベスト5と、「なぜ十勝・帯広で豚丼なの?」という疑問にもお答えします。

目次

  1. 北海道十勝・帯広のご当地グルメの代表選手
  2. 十勝豚丼のおすすめ店1:いっぴん
  3. 十勝豚丼のおすすめ店2:ぶたはげ
  4. 十勝豚丼のおすすめ店3:レストハウスかしわ
  5. 十勝豚丼のおすすめ店4:ぱんちょう
  6. 十勝豚丼のおすすめ店5:ぶた丼のとん田
  7. 番外編1:上質な空間でいただく豚丼「ガーデンズカフェ」
  8. 番外編2:ラーメン屋さんだけど豚丼も捨てがたい「五朗」
  9. 持ち帰り弁当:タレで家庭でも十勝郷土料理を
  10. 豚丼が十勝の郷土料理になった由来
  11. 十勝に行ったらぜひ郷土料理・豚丼を味わいましょう

北海道十勝・帯広のご当地グルメの代表選手

16789027 1390039884349118 5402164991090491392 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ka_n_chi_

豚丼とは、甘辛いタレで味付けた豚肉を、ご飯の上に乗せた北海道十勝地方、帯広発祥の料理です。お店によって扱う豚肉の種類や部位、タレの味付けに特徴があり、それぞれに個性があります。色々なお店を訪れて、お好みのお店を見つけるのも楽しいものです。

P023571484 480帯広の豚丼人気ランキング・ベスト11!おすすめの有名店でご当地グルメ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
数ある北海道ご当地グルメの中の帯広の豚丼は、人気グルメの内の1つに挙げられます。また、帯広は...

十勝豚丼のおすすめ店1:いっぴん

自分好みの丼を見つけられる

16583826 188642261617012 6783638636278579200 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
moonyeob_lee

お店の近辺からタレの香りが漂う、「いっぴん」は、JR西帯広駅が最寄りです。豚丼専門店では珍しく、ごはん少な目や、お肉増量、冷ややっこやサラダが付くセット、またお味噌汁を豚汁に変更可など、嬉しいカスタマイズが可能な点も人気です。

サラダや冷ややっこ、豚汁なども想像以上のボリュームがあるので、スタミナたっぷり、たくさん食べたい方も満腹になれます。

15876484 231908103924377 894431766935240704 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
saepyul

備長炭で焼くことにより、豚肉の旨みが凝縮されており、安定のタレの味との相性も完璧です。白髪ねぎが盛られているのがこちらの丼の印と言ってもいいでしょう。この白髪ねぎも別料金で増量が可能です。更なるスタミナアップが期待できます。

人気店ゆえ、並ぶこともありますが、気持ちのいい店員さんの動きで、回転もいいです。オープンキッチンなので、カウンターに座って、豪快に焼く様を見ているのも楽しいです。

十勝豚丼のおすすめ店2:ぶたはげ

十勝郷土料理店による豚丼専門店

14553226 233021530454415 3183635995534819328 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
donflyer

帯広駅構内のエスタという建物に入る、十勝豚丼のお店「ぶたはげ」は、外観は新しくきれいながら実は創業90年を超える郷土料理の人気老舗です。

ここの豚丼の豚肉は網焼きで焼かれています。温度は850度にもなり、この高温こそが香ばしさの秘訣だそうです。丼の種類はお肉の枚数6枚・4枚・1枚から選びます。こくのあるタレが豚肉の旨みをうまく引き出しており、女性でも6枚をぺろっと平らげてしまうとか。胡椒のスパイシーさがぴりっとアクセントになっている、スタミナたっぷりの丼です。

12716736 171903509851796 367806599 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
bumble_bee_mum

郷土料理のお店として有名な「はげ天」プロデュースというだけあり、特にタレの味はあと引くおいしさです。このたれは卓上にも置いてあり、追いダレとして自由にかけることができます。

帯広観光のスタートに、また帰る前に郷土料理を、と思いついてすぐに訪れられる立地にありながら、その人気に甘えることなく、しっかりと伝統を守り続けている名店と言えるでしょう。

十勝豚丼のおすすめ店3:レストハウスかしわ

魅力は十勝豚丼だけじゃない!

13181479 1042172205842174 743521017 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
king_matsu

とかち帯広空港からアクセスのよい場所にある豚丼の人気店と言えば「レストハウスかしわ」です。ウッディーな外観から豚丼のイメージがわきませんが、肉を焼く炭は北海道産の木炭、タレは昆布とかつおぶしから、とこだわりの詰まったお店です。

メニューの半分ほどが豚丼で、他にカレーなどの軽食もあります。またテーブル席・カウンター席・座敷があるので、1人から家族連れまで入りやすいのも高ポイントです。

13584175 1025747130827535 513402323 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
shankou_youfu

使われているロース肉はかみこみ豚というブランド豚で、絶妙な霜降り具合が他にないやわらかさとスタミナアップを実現しています。良質な脂の乗った肉に、照りのあるタレがくど過ぎず、簡単に噛み切れるやわらかさのおかげであっという間においしくいただけます。

コスパのよさ、すばらしい自然の中にある立地、広々とした店内でゆっくり味わえる雰囲気など、他のお店とは一味違う豚丼のお店と言えます。

十勝豚丼のおすすめ店4:ぱんちょう

十勝豚丼発祥のお店として名高いお店

16465282 1262609103828178 3306123605208727552 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
taikibali

十勝豚丼のお店の代表格とも言われる「ぱんちょう」は、十勝の郷土料理となった豚丼発祥の店として知られています。

長い間人気であり続けているこのお店の豚丼は、十勝の人にはもちろんのこと、今や観光客に広く知られる存在となりました。店内のほとんどを観光客で占めるということも珍しくないそう。そんな中、込み合っている時は相席になるのも自然な雰囲気で、リピーターが多いのも納得です。

16465590 379787035712360 7452588077622493184 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
sasuraino_tabibito

丼の種類はお肉の枚数の多い方から華・梅・竹・松の4種類です。一般的な松竹梅と違って、梅が豪華なのは、お店を始めたご主人の奥様の名前が“ウメさん”だったから、というあたたかいエピソードもあります。少しだけ、という時は松を、しっかりスタミナを摂りたい時には華がおすすめです。

13731233 550914031778962 486725008 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yanasaku8739

ふたからはみ出さんばかりの丼が運ばれて、まず目をうばわれるのは豚肉の厚さ。しっかりと食べごたえがあります。さらっとしたタレはこだわりのコシヒカリにいい具合に絡みます。香ばしい炭火の風味を感じつつ、箸が進むこと間違いなしです。スタミナたっぷりのロースのおいしさを存分に味わえるおすすめの一品です。

また、豚丼のお供にはなめこのお味噌汁は隠れた人気商品だそうです。訪れた際には忘れずに注文したいものです。

十勝豚丼のおすすめ店5:ぶた丼のとん田

十勝の人も納得の豚丼

16230614 1748901992092748 6586710327012884480 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
sasuraino_tabibito

供される時のそのビジュアルから圧倒的な「ぶた丼のとん田」の豚丼。種類がロース・ヒレ・バラの部位から選べる点も人気です。

豚の脂の甘味をしっかりと感じられるスタミナたっぷりのバラは特におすすめです。迷ったらロースとバラのどちらも乗った盛り合わせぶた丼もあるので、心配ご無用。

16465140 288370181579347 5905990179901931520 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
o_pnpn06

タレを絡めて香ばしく焼きあげられた豚肉の味は1度食べるとやみつきになります。創業者がもともと精肉業を営んでいたことから、この価格で品質的に間違いのない豚肉を頂けるようです。並んででも食べたい、まさに郷土料理・豚丼の原点とも言えるお店です。

番外編1:上質な空間でいただく豚丼「ガーデンズカフェ」

35354808 1715269155215868 5010203286360293376 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
tokachi_gardens_hotel

帯広駅前にある、十勝ガーデンズホテルはパスタなどの洋食を中心としたメニュー構成ですが、豚丼も賞味することができます。ホテル2階にある「ガーデンズカフェ」は、開放的な店内で、ゆっくりくつろげる空間となっています。

こちらの豚丼は“豆豚丼”といい、まず目につくのは豚肉の上に載った、彩りのよい野菜です。添えられたタレをお好みでかけていただきます。中札内産十勝野ポークを使用したロース肉はやわらかく、ごはんとの間には煮豆が顔を出します。食べ進むと豚肉と豆が意外に合うことが実感できるでしょう。

14488307 163122444136916 4992547998656364544 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yumi.travel

普通のサイズとハーフサイズが選べるので、おなかのすき具合に合わせることができます。彩りよく、スタミナたっぷりで栄養バランスも考えられたホテルメイドの豚丼。落ち着いた雰囲気の中でリーズナブルにいただけ、おすすめの穴場と言えるでしょう。

十勝ガーデンズホテル

4137.original
住所:
北海道帯広市西2条南1116
アクセス:
車以外/JR根室本線帯広駅徒歩1分
料金の目安:
2,500円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

番外編2:ラーメン屋さんだけど豚丼も捨てがたい「五朗」

11326486 121183671576363 392358349 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
hohoho0726

帯広駅から歩いてすぐ、黄色の看板が目印の「五朗」はラーメン屋さんです。ラーメンはもちろんのこと、おすすめは豚丼です。豚丼はロース・バラ肉・ミックスの3種類があり、どれも人気の白濁したスープが付きます。

41684269 131149447838197 7605020558009138312 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
hiroshi_nashiki

ラーメン店の豚丼と言ってもあなどれません。使われているのは、十勝産の放牧豚、ケンボロー種で、甘味と脂身のおいしさが特徴です。鉄板であおるようにしてタレと共に焼き上げる豚肉は香ばしく、食欲が増すこと請け合いです。寒い帯広において、スタミナチャージにはもってこいの一品となっています。

持ち帰り弁当:タレで家庭でも十勝郷土料理を

スタミナがあり、栄養たっぷりの豚丼は、お店で食べるだけでなく、滞在先のホテルや家庭でも味わいたいものです。そんなニーズに応えてくれる、豚丼のおすすめの持ち帰りと、タレの販売をしているお店をご紹介します。

14540635 574855169388696 978086562946351104 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
u2_1231

「ぱんちょう」の持ち帰りは1000円~で、事前に時間を電話で知らせておくとスムーズに受け取れます。

「かしわ」の持ち帰りは小盛り・大盛りの2種類です。お店が混み合っている時間帯などは電話での予約がベストです。

14716541 574413586091273 3526065298434162688 n
sumie612

「ぶたはげ」の持ち帰りは、駅校内のお店ということもあってすぐに買うことができます。店内でいただく場合のラストオーダーは19:30ですが、持ち帰りは19:45までです。

「いっぴん」の持ち帰りは、お肉の量やごはんの量の調整、味噌汁・豚汁・ネギ盛りなど、店内でのカスタマイズと似た内容でオーダーできるのが特徴です。

14597370 248460932247881 8557747295334957056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuuki.n.88

「ドライブインいとう」のお弁当もおすすめです。たっぷりの豚肉が乗るお弁当は、ふたを取った瞬間、タレの甘辛い風味が食欲をそそります。また、人気店の特製タレがあれば、自宅で好きな時に豚丼を作れます。簡単にお店の豚丼が再現できると人気です。

15876833 389117801421177 7006476825383665664 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
templetail.k

「とん田」のタレを使えば、あっという間に豚肉が深みのある味に仕上がります。お店で買える他、お取り寄せもできます。

「いっぴん」のタレは、北海道の人なら知っている、ソラチというブランドでタレを出しています。長年愛されてきた味です。

「ゆうたく」のタレはお取り寄せにも対応しています。丸みのある味わいが、家庭料理で出せるところが人気です。

豚丼が十勝の郷土料理になった由来

16584883 265689227169792 7118353890151497728 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yakitori.monjirou

1930年(昭和初期)頃、十勝地方では農家の冬の収入源として養豚が行われていました。牛肉が今のように手頃でなかったことから、すき焼きのタレが染み込んだ豚肉をごはんに載せて家庭料理として食べたのが、豚丼の始まりだと言われています。

豚肉には牛肉の10倍以上のビタミンB群が含まれています。ビタミンB群はエネルギー代謝と密接で、体内の糖質をエネルギーに変える上で欠かせない栄養素です。糖質がエネルギーに変わると熱を発するため、体温保持の助けになり、寒冷地の食べ物として理に適っているのです。

また、白米と豚肉を組み合わせた豚丼は炭水化物を効率よく消化する上でもいい相性と言えます。厳しい開拓生活を乗り切る上で、重要な栄養源となった豚丼は、現在ではすっかり十勝の郷土料理となっています。

十勝に行ったらぜひ郷土料理・豚丼を味わいましょう

16123164 241502956305938 533465526920282112 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
synchro_osaka

十勝地方では、豚丼のお店が至るところにあります。帯広市内において、牛丼は10店舗以下なのに対して、豚丼を扱うお店は200店舗もあるとか。長く食べ継がれてきた郷土料理を、本場で食べると、また味わいも深いものです。リーズナブルにスタミナ補給できる豚丼を、ぜひ本場で食べてみたいものです。

関連記事

Missing
この記事のライター
kesten611

帯広・十勝の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

帯広・十勝の新着のまとめ