ニュージーランドの食べ物おすすめ13選!有名な料理やご当地グルメは何?

2019年5月18日 (2019年5月24日最終更新)

ニュージーランドの有名グルメといえばラム肉やシーフードがあげられますが、それだけではありません。ニュージーランドには古くから伝わる伝統料理や有名なスイーツなど、様々な食べ物が楽しめます。ここではその中からおすすめの食べ物を紹介します。

目次

  1. ニュージーランドには有名な食べ物がたくさん!
  2. 1:ニュージーランドのおすすめ食べ物「フィッシュアンドチップス」
  3. 2:ニュージーランドのおすすめ食べ物「パイ」
  4. 3:ニュージーランドのおすすめ食べ物「クレイフィッシュ」
  5. 4:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ラム肉」
  6. 5:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ブラフオイスター」
  7. 6:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ホーキーポーキーアイス」
  8. 7:ニュージーランドのおすすめ食べ物「キングサーモン」
  9. 8:ニュージーランドのおすすめ食べ物「グリーンマッスル」
  10. 9:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ラミントン」
  11. 10:ニュージーランドのおすすめ食べ物「パブロバ」
  12. 11:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ロリーケーキ」
  13. 12:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ジンジャービア」
  14. 13:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ハンギ」
  15. 有名な料理・伝統グルメなども食べてみよう!

ニュージーランドには有名な食べ物がたくさん!

ニュージーランドの有名グルメというと、ラム肉やシーフードを思い浮かべるかもしれません。ニュージーランドは、世界でも有数のラム肉の輸出国で、美味しいラム肉を手軽に味わうことができます。また、海に囲まれたニュージーランドでは、牡蠣やサーモンなど美味しいグルメがたくさんあります。

ここでは、ニュージーランドを訪れたら味わいたい有名グルメや伝統的な料理などを紹介しましょう。スイーツからニュージーランド先住民族の伝統料理まで、いろいろな料理を紹介します。

1:ニュージーランドのおすすめ食べ物「フィッシュアンドチップス」

まず最初に紹介するニュージーランドの有名な食べ物は、フィッシュアンドチップスです。ニュージーランドでは子供からお年寄りまで年代を問わず、幅広く食べられている料理で、まさにニュージーランドを代表する料理といえるでしょう。

フィッシュアンドチップスは、イギリスで1860年代に生まれた食べ物です。イギリスでは産業革命のもと多くの労働者が働いていましたが、栄養があり短時間で食べられる食べ物として考え出されたのがフィッシュアンドチップスと言われています。

イギリスの植民地だったニュージーランドでは、イギリスからフィッシュアンドチップスが伝わり、広く食べられるようになりました。現在ではニュージーランドのあちらこちらで食べられる、人気の食べ物です。

おすすめする理由

ニュージーランドの名物グルメ・フィッシュアンドチップスはボリュームがあり、初めてニュージーランドでフィッシュアンドチップスを食べる人はびっくりするかもしれません。店によってサイズは違いますが、女性なら2~3人で分けて食べるとちょうどいいでしょう。

フィッシュアンドチップスはは、安くて手軽に食べられるのがポイントです。一般的にはテイクアウト専門店で5~7ドルくらいで食べることができます。

フィッシュアンドチップスは魚によっても値段が異なり、最も安いのがホキで、スナッパーやブルーコッドなどは高くなります。レストランで食べると、値段は高くなります。

2:ニュージーランドのおすすめ食べ物「パイ」

パイはニュージーランドではおやつや軽食に日常的に食べられていて、まさに国民的な食べ物と言えるでしょう。パイもイギリスから伝わって来た食べ物で、幅広い年齢層で人気があります。

パイというとアップルパイなどフルーツを詰めた甘いパイをイメージするかもしれませんが、ニュージーランドのパイや肉やポテト、チーズなどを詰めた食事系のパイのことを意味します。

カフェではサンドイッチと並んで必ずパイが置かれていて、ガソリンスタンドやデリーと呼ばれるコンビニなど、どこても手軽に買うことができます。

おすすめする理由

ニュージーランドで美味しいパイを食べたいときは、ベーカリーの焼き立てを買うのがおすすめです。マッシュポテトとひき肉が詰まったミンツミートパイ、ビーフシチューを詰めたようなステーキアンドチーズパイなど、食べごたえがあるパイが多く販売されています。

その他にもキッシュのように卵を使ったパイや、チーズを使ったパイなど種類も豊富に揃っています。甘いパイが好きな人は、クリスマスのシーズンのみで回るフルーツミンツパイがおすすめです。

スーパーでは冷凍パイが売られていて手軽に購入できます。興味のある人は、いろいろ買って食べ比べてみるのもおもしろいでしょう。

3:ニュージーランドのおすすめ食べ物「クレイフィッシュ」

クレイフィッシュはイセエビやロブスターの一種で、ニュージーランドの滞在中に一度は味わいたいグルメです。特にカイコウラはクレイフィッシュで有名な場所で、とれたての新鮮なクレイフィッシュを堪能することができます。

旬は春から夏にかけて、つまり9月から3月となります。クレイフィッシュはカイコウラだけではなく、全国のレストランで味わうことができます。クレイフィッシュはどちらかというと高級料理の部類に入りますが、他の新鮮な魚介類とともに楽しんで欲しい料理です。

おすすめする理由

ニュージーランド名物のクレイフィッシュは、伊勢海老に似たプリプリとした食感が人気です。ボイルしたものをレモンをかけたり、辛味のきいたトマトソースなどで食べたりします。またガーリックバターとの相性もよく、一層美味しく食べることができます。

クレイフィッシュはビールにもよく合います。高級レストランでは、クレイフィッシュとともに旬の野菜をきれいに盛り付けた料理が楽しめます。

4:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ラム肉」

ニュージーランドの伝統料理の中で欠かせないのがラム肉です。ラム肉とは1歳未満の羊肉のことで、ニュージーランドは世界でも有名なラム肉の輸出国です。人工飼料を使わず放牧で育てているため、臭みがなくやわらかいため世界中で人気があります。

日本でも最近、高級スーパーで見かけるようになりましたが、ラム肉は低コレステロールのうえ、ビタミンや鉄を豊富に含み、ヘルシーな食材として人気があります。日本ではまだまだ高級食材ですが、ニュージーランドではお手頃価格で買うことができます。

おすすめする理由

ニュージーランドでラム肉を食べるなら、ラムチョップがおすすめです。ラムチョップとは骨付きのあばら肉のことで、グリル焼きにして食べるのが一般的です。レストランでは、アスパラガスやグリーンピースなど旬の野菜を付け合せてくれます。

その他にもラム肉の伝統的な食べ方としては、ラム肉の塊をローストした「ローストラム」や、骨付きすね肉をシチューのように煮込んだ料理などがあります。ビーフシチューのようにまろやかな味わいで、ラム肉を食べ慣れていない人でも美味しくいただけます。

ラム肉は店によって調理法も味も様々です。ニュージーランドには美味しいラム肉が食べられるレストランがあちらこちらにあるので、ぜひ味わってください。

5:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ブラフオイスター」

ニュージーランドで最近注目されているグルメがブラフオイスターです。ブラフオイスターはニュージーランドでしか食べることができない希少な牡蠣で、身のしまったプリプリとした食感が人気グルメとなっています。

ブラフオイスターは、ニュージーランドの南島の最南端にある街で獲れる天然の牡蠣で、南極からの冷たい海水の中で育ちます。そのため身は小さいのですが、旨みがぎゅっと詰まっています。

収穫量が少ないため主にニュージーランド国内で消費されています。旬は秋から冬の3~8月までと、1年の半分しか食べることができません。

おすすめする理由

ブラフオイスターは「世界一の牡蠣」とも呼ばれるグルメです。口の中に入れると、とろけるような食感を味わうことができ、甘いと深い香りが感じられます。

まずはレモンをぎゅっと絞って生牡蠣で、その味を体験しましょう。カキフライにしても美味しく、現地でも人気がある料理法です。

ブラフオイスターは希少な牡蠣で期間が限られているため値段も高く、なかなか食べることができないかもしれません。そんな時は、ニュージーランドの各地で養殖されているパシフィックオイスターがおすすめです。ニュージーランドの牡蠣は独特の方法で養殖されていて、グルメにも人気の美味しい牡蠣を食べることができます。

6:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ホーキーポーキーアイス」

ニュージーランドは世界一のアイス消費国と言われていて、食後のデザートやおやつにアイスクリームを食べます。ニュージーランドは世界で有数の酪農国で、乳製品の質が高いことでも有名です。街角にもアイスクリームショップが至るところにあり、濃厚で美味しいアイスクリームを気軽に食べることができます。

そんなアイス大国のニュージーランドで最も有名なのがホーキーポーキーアイスで、定番中の定番といえる食べ物です。ホーキーポーキーとは簡単に言うとキャラメルなのですが、正確にはさとうきびを抽出したエキスから作る「ゴールデンシロップ」から作られています。

それに重層を加え固めたものがホーキーポーキーで、これをバニラアイスに加えたものがホーキーポーキーアイスとなります。バニラアイスの中にトフィーのようなカリカリとした食感が楽しめます。

おすすめする理由

ニュージーランドの人はこのホーキーポーキーアイスが大好きです。ホーキーポーキーアイスといえばバニラアイスが定番で、他のフレーバーはあまり見かけることがありません。たまにチョコレート味のホーキーポーキーアイスを見かけることがあるかもしれません。

ニュージーランドは乳製品が美味しく、街角で売られているアイスもミルクの濃厚な味が楽しめます。ホーキーポーキーアイスは日本ではあまり見かけないフレーバーなので、ニュージーランドを訪れたらぜひ味わってください。

Rachael gorjestani 154906ホーキーポーキー!ニュージーランドの定番アイスクリームを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「ホーキーポーキー」は、世界一のアイス大国といわれるニュージーランドの定番アイス。キャラメル...

7:ニュージーランドのおすすめ食べ物「キングサーモン」

海に囲まれたニュージーランドは魚介類が豊富で、美味しい料理を堪能できます。サーモン(鮭)は日本でも人気がある食べ物で、銀鮭・紅鮭・トラウトサーモンなど主に5種類の鮭が流通しています。

キングサーモンは世界的に見ても希少で日本でも流通量が少なく、値段が高い高級グルメです。一方、ニュージーランドではキングサーモンが一自然に近い状態で養殖されていて、スーパーやレストランで手軽に味わうことができます。

キングサーモンは脂がのっていて、栄養価も優れています。春から夏にあたる9月から4月が旬なので、この時期にニュージーランドを訪れたら、ぜひ味わって欲しいグルメの1つです。

おすすめする理由

ニュージーランドのキングサーモンはほどよく脂がのり、トロに例えられます。ニュージーランドでは様々な料理に使われ、スモークサーモンの前菜やソテーやグリルなどのメイン、パスタなどにも使われます。

また日本料理屋では新鮮なキングサーモンを使った寿司などの料理を楽しむことができ、キングサーモン丼は地元の人にもよく知られている有名料理です。値段は店によって幅がありますが、日本より安い値段で食べることができます。

8:ニュージーランドのおすすめ食べ物「グリーンマッスル」

ニュージーランドの有名な食べ物の1つにグリーンマッスルがあります。グリーンマッスルはムール貝の仲間で、厳しい基準で管理されている食べ物です。ニュージーランドの各地に広く流通していて、安全で美味しいグルメとして人気があります。

グリーンマッスルはムール貝に似ていますが、ムール貝より大粒で、縁が明るい緑色になっているのが特徴です。ニュージーランド各地で食べることができますが、マールボロ地方では全国のグリーンマッスルのうち80パーセントを水揚げしていて、新鮮で美味しいグリーンマッスルで有名です。

おすすめする理由

日本ではなかなか見かけないマッスルですが、ニュージーランドのスーパーでは安い値段でこのグリーンマッスルが売られています。

1キロあたり3~5ドルと安く、家庭では白ワイン蒸しなどにしてよく食べる料理です。グリーンマッスルの中には時々、小さな蟹が潜んでいることがあるので、食べる時には注意してください。

レストランでは「マッスルポット」という料理名で呼ばれ、ワイン蒸しのほか、カレー味やチーズ味などいろいろな味で楽しめます。その他、蒸したりグリルにしたりする料理法もあります。ニュージーランドではよく見かける有名な食材で、いろいろなスタイルで楽しむことができます。

9:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ラミントン」

ラミントンはニュージーランドの伝統的なスイーツの1つです。ニュージーランドでは定番のお菓子として有名で、家庭でもよく作られています。発祥はオーストラリアとも言われ、ラミーと呼ばれることもあります。

ラミントンというお菓子の作り方は簡単で、スポンジケーキを切ってジャムやクリームを挟み、一口大の四角に切ったら、ケーキ全体にラズベリーやチョコレートなどでコーティングをします。最後にココナッツパウダーをまぶします。

家庭で作らなくても、スーパーの菓子パンコーナーには必ずあるお菓子で、大きさも一口サイズのものから多きなものまでさまざまです。

おすすめする理由

ニュージーランドでは伝統的なお菓子として有名なラミントンですが、日本ではほとんど見かけないので、ニュージーランドを訪れたらぜひ味わってください。

ラミントンはチョコレートでコーティングされたものが一般的ですが、中にはラズベリーやレモンなどでコーティングされたものもあり、色も鮮やかなピンクやイエローなど様々です。

スーパーでは赤と黒の2色のケーキが1袋に入っているのが一般的です。外はほろほろとしていて、中はふわっとしたスポンジケーキです。シンプルなケーキですが、コーヒーや紅茶によく合います。

10:ニュージーランドのおすすめ食べ物「パブロバ」

パブロバはニュージーランドの伝統的な焼き菓子です。メレンゲを使った優しい味わいのお菓子で、オーストラリアとニュージーランドの両方が発祥地と主張しています。どちらが本当の発祥地だか分かりませんが、古くから愛されて来た伝統菓子で、子供から大人までみんなに好まれています。

パブロバという伝統菓子は、卵白に砂糖、コンスターチ、酢などを加えしっかりと泡立てメレンゲを作り、オーブンでふんわりと焼いたら、生クリームと旬のフルーツを飾ったものです。

いちごやキウイなど甘酸っぱいフルーツと甘い生クリームがよく合い、意外とあっさりとした味わいの伝統菓子です。

おすすめする理由

パブロバは、ニュージーランドでは短く「パブ」と呼ばれている伝統菓子です。クリスマスやお祝い事のとき、家族みんなが篤合った時に食べる伝統の味で、家庭によってフルーツやクリームの量などが違います。家庭で代々、受け継がれていくスイーツとして有名です。

パブロバはスーパーでもよく売られています。またカフェやレストランのメニューもよく見かけるスイーツで、日常的によく食べられています。レストランでデザートとして出されるパブロワは、アイスクリームがサンドされていたり、フルーツが品よく盛り付けられていたりととてもおしゃれです。

日本のショートケーキに比べるとサイズも大き目で、デザートとして食べるには1人では多いかもしれません。何人かで分け合って食べるといいでしょう。

11:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ロリーケーキ」

ニュージーランドの有名スイーツといえば、ポップでかわいいロリーケーキです。コンデンスミルクとクッキー、バターを混ぜて作った生地にロリーというキャンディーを加えて焼きます。ココナッツをかけて、冷して固めてから食べます。

キャンディーのように串に刺したものやパウンドケーキのようなものまで、形も味も様々で、子供から大人まで愛されているスイーツです。

おすすめする理由

日本では紹介されることは少ないのですが、かわいいお菓子として現地ではとても有名です。切り口がピンクやイエロー、ブルーなどカラフルなキャンディー色に染まり、見ているだけでもワクワクしてきそうなお菓子です。

ロリーケーキはスーパーなどのスイーツ売り場で買うことができます。見かけたらぜひ買って、味わってみてください。

12:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ジンジャービア」

日本ではほとんど耳にしない「ジンジャービア」ですが、ニュージーランドではよく知られた有名なドリンクです。

ビール瓶のような容器に入っているのでビールと間違えそうですが、実際はアルコール分は含まれておらず、ビールと同じように蒸留して作る、生姜味のドリンクです。

似たようなものにカナダ発祥のジンジャーエールがありますが、大きな違いはジンジャーエールが基本、生姜と砂糖を炭酸水で割って作るのに対し、ジンジャービアは生姜と砂糖と水を発酵させて作ります。ジンジャービアに炭酸が感じられるのは、発酵する過程で炭酸が生じるからです。

しかし市販されているジンジャービアは、自然発酵させたものではなく、炭酸水を加えて作ったものがほとんどだそうです。

おすすめする理由

ジンジャービアはイギリスが発祥のドリンクです。生姜が原料なので、飲むと独特の風味が感じられます。スーパーではジュースコーナーに売られていることが多く、メーカーによって味の違いがあります。

バーベキューや自宅で行うパーティーなどによく登場する丼陸で、そんな時はコップに注ぐことはしないで、瓶に口を付けて直接飲むことが多いのだそうです。お酒を飲まない人や、車を運転する人などが、ビールの代わりによく飲む飲み物です。

13:ニュージーランドのおすすめ食べ物「ハンギ」

最後に紹介するユージーランドの名物グルメはハンギです。ハンギは料理というよりは、どちらかというと調理方法を意味します。ニュージーランドの先住民族であるマリオ族の伝統的な調理方法で、原始的かつ豪快な野外料理として有名です。

ハンギは、さつま芋やじゃがいも、カボチャ、ニンジンなどの野菜を土の中に埋め、木の葉や土をかぶせ蒸し焼きにするという伝統的な料理です。野菜はゆっくりと蒸し焼きされるため甘みが増し、肉は余分な脂が抜けあっさりとした味わいが楽しめます。

おすすめする理由

昔のハンギは、食材をフラックスの葉で包んだのですが、現代ではアルミホイルで包みます。また1食分ずつ食材を入れることができるハンギバックもよく使われます。分量にもよりますが、ハンギが出来上がるまで3~4時間かかります。

食材も昔と現代では違いが見られます。昔は鶏肉や魚の他、さつま芋がよく使われていたそうです。現代は豚肉やラム肉を加えたり、キャベツやカボチャなど様々な種類の野菜を加えます。

ロトルアやベイ・オブ・プレンティの地熱地帯では、地熱を利用したハンギを食べることができ、現地の名物料理となっています。

Originalニュージーランドの先住民はマオリ族とモリオリ族?その歴史や文化を学ぼう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニュージーランドにはマオリ族という先住民がいることを知っている人は多いですが、モリオリ族とい...

有名な料理・伝統グルメなども食べてみよう!

ニュージーランドの有名グルメや伝統料理などを紹介しました。ニュージーランドはイギリス文化の影響を強く受けていて、フィッシュアンドチップスやパイ、ジンジャービアなどイギリス発祥の食べ物を味わうことができます。

また、マリオ族の伝統料理ハンギや希少なブラフオイスターなども有名です。ニュージーランドを訪れたら、ラム肉やクレイフィッシュなどいろいろな有名料理に挑戦して、楽しんでください。

関連記事

Missing
この記事のライター
Momoko

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する