カナダのワーホリ情報まとめ!ビザの申請方法や費用・年齢制限についても調査!

2019年7月4日 (2019年7月5日最終更新)

ワーホリは人生でさまざまな素晴らしい経験を積み重ねることができる大きな機会になります。カナダもワーホリで行ける国として長らく人気があります。このページでは気になるビザの問題や申請の仕方、費用や就ける仕事、年齢制限などカナダでのワーホリについてまとめました。

目次

  1. ワーホリでカナダへ行くメリット
  2. ワーホリでカナダへ行くデメリット
  3. カナダのワーホリビザの基本情報
  4. ワーホリビザならではのメリットを役立てよう
  5. カナダでのワーホリにかかる費用
  6. カナダでのワーホリの仕事事情
  7. カナダのワーホリ先として人気の都市5選
  8. カナダでワーホリしながら英語を学ぼう!

ワーホリでカナダへ行くメリット

ワーホリの制度を使って海外で英語を勉強したり、海外独自のライフスタイルや考え方を学んでみたいと思う人は年々増えてきています。海外在住経験があることで日本帰国後の就職や仕事に役立てようという人もいます。

ワーホリの行き先にはアジアやヨーロッパなど色々な国々がありますが体のビザ申請費用や現地で就ける仕事、年齢制限についてなどをまとめました。カナダのワーホリは日本では経験できないような貴重な楽しみに満ちています。

なまりの少ないきれいな英語を習得できる

カナダにワーホリに行く最初のメリットとして、カナダではなまりの少ないきれいな英語を習得できることが挙げられます。実際は語学学校などで英語の発音が汚い先生というのはどこの国にもあまりいません。

しかし仕事先やホームステイ先など語学学校以外で出会う人の英語の発音が綺麗なのは大きな違いです。綺麗な発音を聞き綺麗な発音で話したいと思う人にとって、カナダへのワーホリは申請する価値があるものと言えるでしょう。

多国籍で多様な文化に触れることができる

またカナダでは北米圏の特徴ともいえるべき、多国籍な文化をワーホリの最中に楽しむことができます。様々な人種や年齢の人がいる上に、そのどれもが日本人のものさしとは大きく違います。

多国籍な慣習からなる異文化を経験することによって、人としての考え方も人生の選択肢も両方広がるのもカナダへのワーホリのメリットと言えます。食事や学校、仕事などはこれを通じて体の文化に触れる機会はたくさんあります。

平和で治安がいい

またワーホリの際に見逃してはならないのは治安の良さです。ワーホリでは1年という長期間にわたってカナダに渡ることになるため、カナダ現地の治安がよいかどうかは非常に重要な問題です。

日本からワーホリで行ける国の中でもカナダは治安がいい国として知られており、こういった事情はワーホリ先にカナダを選ぶ理由の大きな原因となっています。特に女性ではこれを使って体で一人暮らしをしたいという人にとっては大切な情報です。

美しい大自然が満喫できる

カナダのワーホリでは美しい自然を満喫できることも特徴です。カナダ南部は人口が密集しており、人との繋がりを通して体の文化や英語を学ぶことができます。それに対して北部は手つかずの自然が多く残っています。

スキーに行ったりオーロラを見たり、北国でしかできないアクティビティをカナダのワーホリを通じて経験することができます。せっかくワーホリに行くのですから、日本でもできるようなことではなくてカナダ現地でしかできないことをやりたいものです。

Originalカナダの自然や動物に触れる観光スポット特集!文化や歴史を感じる壮大な旅へ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カナダには自然遺産と文化遺産を合わせて18もの世界遺産に登録されてるスポットがあります。自然...

ワーホリでカナダへ行くデメリット

続いてはワーホリでカナダを選ぶ際のデメリットについてまとめます。カナダのワーホリは素晴らしいメリットもたくさんありますが、多くの刺激的な体験にはデメリットがつきものでもあります。

カナダへワーホリを考えている人は下記のようなデメリットも忘れずに覚えておきましょう。せっかく年単位で外国で過ごそうというのに、リサーチ不足のせいで満足できないワーホリになってしまったのでは残念です。

日本人が多い

カナダへのワーホリで気になる最初のデメリットは日本人が多いということです。知り合う日本人の数が多いとついつい日本人同士でかたまってしまうことも多く、気づいたら外国にいるのに周りにいるのはいつも日本人ということもあり得る話です。

カナダでは日本人も多いため英語を習得した人は特に意識しておく必要があります。しかし現在は世界中どこの国にワーホリに行っても大抵は日本人がいます。日本人との距離をどのように上手く保つかはあらかじめ考えておきましょう。

寒さに弱い人には辛い気候

カナダのワーホリ二つ目のデメリットは寒い気候にあることです。寒さに弱い人や体調の関係であまりに寒い気候は耐えられないという人にとってはカナダへのワーホリも難しくなってしまうかもしれません。

特にカナダの寒い冬には外に出ることが億劫になってしまうこともあるでしょう。せっかくカナダにワーホリに来ても学校や仕事、買い物など必要な時にしか外に出ないというライフスタイルではなかなか英語も伸びません。

州によっては仕事や学校探しが大変

三つ目のデメリットは州や地域によっては職探しや学校選びが大変だということです。カナダに限らずワーホリでは現地で家を借りて長期間住むことになります。最初の地域選びで失敗してしまうとワーホリの期間ずっと悪影響を及ぼしかねません。

しかしこれはデメリットと呼ぶほどのことではなく、こちらもワーホリ前にしっかりと念入りにチェックしておくことで回避することは可能です。バンクーバーなどカナダでも職探しや学校選びに向いた場所は多くあります。

物価が安くない

カナダへのワーホリで誰にでも関わってくるデメリットとして物価の高さがあります。カナダの物価はものすごく高いというわけではないのですが、アジアにワーホリに行くのと比べた場合その出費は大きいです。

ルームメイトと一緒にルームシェアをするのかそれとも一人暮らしをするのか、治安の良い地域に住むのか少し妥協するのかなど物価の高さを少しでも下げるためには不便な生活やセキュリティの面で不安を受け入れることも考えなければなりません。

Originalカナダの物価はどれくらい?観光の費用やお土産の相場など日本と比較! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ダイナミックな自然と、美しい街並みが人気の観光地カナダ。かなり物価が高いイメージですが、最近...

カナダのワーホリビザの基本情報

続いてここの見出しからカナダのワーホリの申請についてまとめていきます。申請方法や申請期間など、カナダへワーホリに行く前に済ませておかなければいけないことはたくさんあります。

またカナダへのワーホリには年齢制限もあります。年齢制限に引っかかってしまうともうその人にはワーホリのチャンスが一切ないのも制度の特徴です。カナダだけではなくワーホリに行こうと思っている人は年齢制限のチェックも欠かさず行いましょう。

対象年齢

カナダへのワーホリビザを入手するためにまず必要なのが年齢確認です。カナダへのワーホリ申請が可能なのはビザ申請時に18歳から30歳までの年齢の人のみです。この年齢制限を超えてしまうとワーホリに行くことは一切できません。

ビザ申請時に年齢制限を満たしていれば良いため、出発時に31歳になっていても大丈夫です。この年齢制限はカナダへのワーホリだけでなく他の国とも共通です。年齢制限が近づいてくる前にワーホリに行くか行かないか決めてしまうのが賢いでしょう。

申請スケジュール

続いてはカナダのワーホリビザの申請スケジュールについてです。ワーホリビザの申請が通るか通らないかは基準を満たした人たちの中から抽選によって決められます。そのため抽選に漏れてしまうとその年はいけません。

毎年6500人がカナダへのワーホリに当選しています。この抽選スケジュールがビザの申請にも関わってくるため毎年10月には手続きを終わらせておくようにしましょう。抽選に漏れて次の年は年齢制限で行けなかったと言うことにならないように気をつけましょう。

申請方法

カナダのワーホリへのビザ申請はカナダ政府のサイトにオンライン申請することで始めることができます。その他にも留学エージェントなどを通してワーキングホリデーのビザ申請の手続きを代行してもらうことが可能です。

もちろんビザの申請代行手続きにはお金がかかります。カナダへのワーホリの準備のために用意しなければならない書類は数多くありますが、もしカナダ以外にもワーホリに行きたい国があるのであれば自分で申請するのがおすすめです。

申請期間

カナダのワーホリにかかる申請期間はおよそ3ヶ月間と言われています。抽選などの関係から必要書類を段階的に準備しなければならないため、3ヶ月と言われてもなかなか手続きが思うように進まないこともあるでしょう。

しかし学校や滞在先の決定なども3ヶ月前から始めていれば十分に間に合います。進学する学校や住む地域、ホームステイの手続きなどは事前にしておく必要があります。

ワーホリビザならではのメリットを役立てよう

ワーホリビザにはビザなしでカナダを訪れるときとは明確に違う、複数のメリットが存在します。その中でも「就労できること」と「1年間カナダと日本を自由に行き来できること」は見逃せないポイントです。

ビザなしでカナダに行く場合、最長でも6ヶ月までしかいられませんし働くこともできません。特に海外で働くことへのハードルは高いです。しかしワーホリビザなら1度申請するだけでその両方をクリアできてしまいます。

逆に現地で働く気がないという人は、ワーホリビザを取らなくてもカナダを楽しめるでしょう。ビザなしでカナダを訪れても学校に通うことはできるため、ワーホリビザを取るなら現地での就労を念頭に置いて手続きを進めていく方がおすすめです。

カナダでのワーホリにかかる費用

ビザ申請の基本情報が分かったところで続いてはカナダのワーホリにかかる費用について計算していきましょう。ワーホリでかかる費用については数ある心配事の中でもトップクラスに大切なこととも言えます。

ワーホリにかかる費用は国や生活習慣、住んでいるアパートメントの家賃や仕事をしているかなど様々な事情が人それぞれ違うため一概には言えません。しかしビザ申請などにかかる費用は一律のためここで確認しておきましょう。

1年間にかかる総額

まず初めは気になるカナダのワーホリでの1年間にかかる費用の総額です。こちらは100-150万円ほどと言われています。しかし慣れない外国ということもあり、最初は思ったように費用が抑えられないこともよくあります。

人によっては100万円を切る人もいれば、300万円かかったという人もいました。しかし平均を見てみると大体が100-150万円ほどに落ち着いて来ていると言えるでしょう。

航空券

続いてはカナダのワーホリにかかる航空券費用です。日本からカナダはヨーロッパほどではありませんが遠いため、航空券の費用もしっかりと準備しておくに越したことはありません。

航空券にかかる費用は15-25万円と言われています。1度行って帰ってくるくらいであれば問題ありませんが、複数回往復することになる人はあらかじめ見積もっておきましょう。

海外保険

カナダへのワーホリでは滞在期間の1年をまるまるカバーできる保険に入っておく必要があります。出発前に1年前の保険を契約しておく必要があるため、こちらもまとまったお金が必要となります。

海外保険の費用は1年間で15万円から30万円と言われています。保証される内容によって費用も変わってくるため自分の年齢や仕事、カナダでの生活環境などを考慮して決めましょう。

語学学校の学費

ワーホリを通してカナダで語学学校に通いたいと思う人はその費用も必要になってきます。語学学校にかかる費用は一か月でおよそ8万円から15万円と言われています。

語学学校に通うか通わないか、仕事をするかしないかでカナダでのワーホリにかかる費用は大きく変わってきます。そのためトータルでかかる費用がいくらになるかは大きな差が出ることもよくあります。

滞在費・家賃

カナダのワーホリでかかる家賃などの住居費は5万円から12万円となっています。ホームステイやルームシェアをするかどうか、また一人暮らしをするかしないかでもここは大きく変化するところです。

ルームシェアをするなら家賃に5万円というのも珍しくありません。逆に一人暮らしの物件が日本に比べて少ないカナダではワンルームなどの物件は日本に比べて割高になってしまいます。

ホームステイ

カナダのワーホリでホームステイをした場合かかる費用は6万円から9万円ほどです。これには食費が含まれていることもあり食費がない場合は5万円から7万円ほどと言われています。

最初の数ヶ月はホームステイにするという人もカナダへのワーホリでは多いです。現地での情報をカナダに住んでいる人から直接得られるのは大きく、近隣の地理にも明るいため信頼できます。

学生寮

語学学校の寮など学生向けの住居に住むことを選ぶ人もいるでしょう。同じ語学学校に通う友達ができたり、学校の近くに住んでいることでスーパーが近かったり利便性が高いことも多いです。

寮に住む場合、家賃は6万円から10万円ほどです。こちらも食事が出るかどうかによって変わってきます。田舎に住んだ方が生活費を抑えられると言う人もいますが、田舎にはこうした寮がないことも多いです。

シェアハウス

友達と一緒にシェアハウスに住むのも一つの賢い判断と言えます。シェアハウスの場合家賃は5万5千円から7万円ほどで済むでしょう。この場合は食事がついていませんが現地で会った友達と気軽に住めるのがメリットです。

最初の2ヶ月間だけホームステイをし、その後は語学学校であった友達とハウスシェアをするというのもおすすめです。日本にいる状態でルームメイトを探すのは難しいためカナダでの生活に慣れてからが良いでしょう。

生活費・おこづかい

生活にかかる費用やお小遣いがどれぐらいかかるかは自炊をするかしないか、どれぐらい外に遊びに行くかで大きく変わってきます。カナダでは外食が非常に高いため、自炊が出来ないのであれば食事付きのホームステイや寮に住むのが良いでしょう。

だいたい5万円から10万円ほどあれば生活費は十分といえます。この生活費は住居費を除いたものなので、10万円も使うことは少ないと言えるでしょう。家具やキッチンツールなどをどれくらい揃えるかにも依存してきます。

4622 1カナダ観光特集!おすすめスポットや人気の名所ランキング15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雄大な自然がたっぷりのカナダ。北米大陸で比較的治安の良いカナダへは、日本からも留学や観光で訪...

カナダでのワーホリの仕事事情

続いてはカナダのワーホリでできる仕事事情です。ワーホリの目的はカナダ現地で仕事をすることという人も多いでしょう。責任のある仕事に就くことはできませんがそれでも現地で働くことができるのは貴重な体験です。

年齢的にも30手前で海外での仕事を経験できるのはワーホリを除いてなかなかありません。基本的に外国人は仕事をすることが禁止されていますが、ワーホリのビザを申請していれば例外的に現地で仕事をすることができます。

カナダでのワーホリでできる仕事

カナダのワーホリでできる仕事は意外にも多くの種類があります。中でも人気なのは日本食レストランでしょう。カナダは最低時給が920円ということもあり日本の田舎で働くよりも時給が高いのも特徴です。

一方でワーホリ中にバイト以上の仕事をすることは非常に難しいでしょう。1年で日本に帰国することが分かっているため、ワーホリを通して現地での人脈を作って再度来たいと考える人もいます。

飲食系の仕事

ではここからカナダのワーホリで就ける仕事を具体的にまとめていきます。まず一つ目は飲食関係の仕事です。飲食関係といっても日本人ということで多くの人が日本食レストランで働いています。

日本食はカナダでも人気があり、多くの日本食レストランを見ることができるでしょう。働きながら同僚やお客さんとコミュニケーションを取ることで英語も向上します。時給はだいたい920円から1000円ほどです。

観光系の仕事

お土産物屋さんやグッズ売り場など観光関係の仕事もワーホリの典型的なお仕事のひとつです。こちらも接客がメインのため、少なくともコミュニケーションが取れるそこそこの英語力が求められます。

こちらも時給は920円から1100円ほどとなっています。ツアーガイドなどは100円から200円ほど時給が良いです。ツアーガイドはカナダのワーホリの中でも勉強や観光などいろいろなものを一度に経験できる仕事でもあります。

販売系の仕事

物販店などの販売スタッフとして働くのもアリでしょう。観光関係に比べて英語のハードルが低く、日本食レストランと並んで比較的カナダで働く場合でも簡単な部類のお仕事といえます。

時給はこちらも同じく920円から1100円ほどとなっています。日本食レストランや観光関係の仕事と同じく、最低時給レベルのお仕事になりますがそれでも生活にかかる費用の足しにするには十分です。

作業系の仕事

ホテルのベットメイキングや農家の収穫のような作業系のお仕事もカナダのワーホリでは経験することができるでしょう。作業系の仕事は体力勝負のため特に男性には向いています。

こちらは時給も多少高く1000円から1300円ほどのところが多く見られます。中でも季節労働者のような仕事は時期が決まっているため時給も他の仕事より数百円高くなることがよくあります。

カナダでのワーホリで稼げる金額

カナダのワーホリで稼げる金額は仕事内容とは関連性が薄いです。カナダのワーホリ中に就ける仕事の種類は多いですがどれも時給は似たようなものであることがわかります。

カナダの最低賃金は州によっても違いますが一番低いところでは920円となっています。他の州でも最低賃金が大きく変わるということはないため、900円前半から1000円ほどの時給だと考えておいて間違いはありません。

カナダでのワーホリの仕事の探し方

せっかくビザの申請を済ませてワーホリでカナダに行くのですから、熱意を持って仕事に取り組みたいものです。しかしカナダでの仕事はどのように探せばいいのでしょうか。

Government of Canadaというサイトで仕事の求人が盛んに行われている他、Jpcanada.comというサイトでは日本語で仕事を探すこともできます。もちろん現地で直接ホストファミリーやルームメイトから仕事を紹介してもらうこともできるでしょう。

カナダのワーホリ先として人気の都市5選

カナダのワーホリでの滞在先として人気の場所には以下のような都市があります。日本人でも名前を聞いたことのあるような有名な都市もあり、基本的な生活では不便することはないでしょう。

日本と同じく仕事や語学学校などを豊富な選択肢の中から選びたいという人はやはり都市部がおすすめです。逆に全く日本人と接する機会がないような環境に自分を追い込んで英語漬けの生活を送りたいという人は田舎に行くのもよい選択です。

バンクーバー

まず最初のおすすめスポットはバンクーバーです。バンクーバーは日本のような四季が特徴ですが日本のように急激に暑すぎたり寒すぎたりということがなく、過ごしやすいため数多くの移民がバンクーバーで過ごしています。

治安も良くカナダ第3の都市ということで学校やレストランも多くあります。語学学校同士の競争率も高いため良い教育を安く受けられやすいというメリットもあります。留学先の中でもカナダのバンクーバーはおすすめされることが多いです。

トロント

バンクーバーに並んでトロントもワーホリ滞在地としておすすめです。トロントにはヨーク大学やトロント大学などの名門大学もあり、ワーホリからカナダに興味を持ってカナダの大学に進学することを決める人もいます。

こちらも語学学校の数が多いこと、語学学校の周辺アクセスが整っていることから利便性ではバンクーバーと並んでトロントもよく推薦されています。世界的なビジネスの中心地でもあるため異文化を経験するならもってこいの土地でしょう。

モントリオール

モントリオールはケベック州に位置し、フランスの文化が色濃く残る土地です。煉瓦造りの建物やフランス式の食事などカナダに居ながらフランスの文化を経験できるのがモントリオールのおすすめポイントです。

わざわざフランスに行かずとも二つの国を味わえるのはモントリオールならではのメリットです。こちらも欧米諸国を肌で感じたいという人にはおすすめですが、冬の降雪量が多いことに注意です。

ビクトリア

ビクトリアはバンクーバーに近い場所にありながら移民の数がそれほど多くないという特徴を持っています。ネイティブスピーカーとより多く話したい、せっかくなんだからカナダ現地の文化を経験したいという人にはビクトリアがおすすめです。

バンクーバーと似た気候にありながらバンクーバーよりも天気が良いこともアドバンテージとして挙げられます。晴れの日が多く気温は年間を通して10度ほどのためビクトリアでも過ごしやすいワーホリ生活が送れるでしょう。

カルガリー

おすすめの最後はカルガリーです。ネイティブスピーカーが多いビクトリアに対しカルガリーは移民の数が非常に多い場所です。チャイナタウンやインディアンタウンなど、多国籍感あふれる街並みが特徴です。

カナダの大自然を体験できることもカルガリーの良い点です。山登りやスノーボードなどをロッキー山脈を舞台に楽しむことができます。北国の大自然を思いっきり楽しみたいという人は是非一度カルガリーに行ってみてください。

カナダでワーホリしながら英語を学ぼう!

カナダのワーホリについてビザの申請や大まかにかかる費用、おすすめの仕事やワーホリ自体の年齢制限などをまとめてきました。カナダは気候的にも治安的にも過ごしやすく、ワーホリにも向いた土地であることがわかります。

ビザの申請をすれば外国で働く権利を得られるというのは、他のビザでは見られないワーホリビザの貴重な利点です。現地の語学学校や職場での体験を通して国際的な感覚を身に付けられるのがカナダへのワーホリです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

カナダ全都市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

カナダ全都市の新着のまとめ