たこ焼きのアレンジを楽しもう!人気の具材やソース・変わり種も美味しい!

2019年8月6日 (2019年8月6日最終更新)

子供から大人まで人気のあるグルメ「たこ焼き」。たこ焼きパーティーなど大人数で楽しむことができ、定番以外にもアレンジされたたこ焼きも注目されています。アレンジとして人気の変わり種やソース、具材、そしてたこ焼きの残りでも楽しめる種類が多くあります。

目次

  1. たこ焼きの美味しいアレンジ具材をご紹介
  2. たこ焼きアレンジ術が必要な理由は?
  3. たこ焼きアレンジ術:まずは基本の材料・作り方をチェック!
  4. たこ焼きアレンジ術:人気の具材
  5. たこ焼きアレンジ術:人気のソース
  6. たこ焼きアレンジ術:変わり種の具材(残り物でもOK)
  7. たこ焼きアレンジ術:喜ばれるサイドメニュー
  8. たこ焼きアレンジ術:たこ焼き器にもこだわってみよう!
  9. たこ焼きアレンジ術を一挙ご紹介!たこ焼きパーティーをしよう!

たこ焼きの美味しいアレンジ具材をご紹介

子供から大人まで人気のあるグルメ「たこ焼き」。たこ焼きはスタンダードな種類はもちろん、アレンジの種類も多く、何度でも美味しく味わえる食材になります。具材やソースによっても違う味わいを楽しむことができます。今回はそんなたこ焼きの人気アレンジレシピをご紹介していきます。

たこ焼きアレンジ術が必要な理由は?

たこ焼きは外で食べるのはもちろん、専用のたこ焼き器で家でもパーティーを楽しむことができます。たこ焼きの残りや具材を増やすことによって、アレンジも増えていきます。

たこ焼きはアレンジが必要な理由がいくつかあります。そのため、今回はたこ焼きになぜ、アレンジが必要なのかをご紹介していきます。

たこ焼きの具材はタコだけでは飽きてくる!

たこ焼きの具材と言えば、定番の「タコ」になります。ですが、タコばかりではずっと食べ続ける場合に飽きてしまう場合もあります。タコが残り、無駄になってしまうケースもあります。

タコが飽きないように、たこ焼きをする際はタコ以外にもアレンジ具材を揃えておくのがおすすめです。変わり種やソースによってもたこ焼きの味わいが変わっていきます。

たこ焼きパーティーを盛り上げるには工夫が必要!

家でたこ焼きパーティーを行う際は、タコ以外に具材を揃えて工夫をしておくのがおすすめです。友達同士でたこ焼きパーティーを行う際は、変わり種でロシアンルーレットなどゲームも考えておくと盛り上がります。

家族や夫婦でたこ焼きを行う際は、タコ以外にも具材を揃えて何が入っているか当てていくのもおすすめです。たこ焼きはアレンジを加えて楽しく美味しく食べるのがおすすめです。

たこ焼きアレンジ術:まずは基本の材料・作り方をチェック!

たこ焼きはアレンジを加える前に、基本的なレシピを知っておく必要があります。基本的にはスーパーですべて食材が揃うので、気軽にたこ焼きを味わうことができます。

今回はそんなたこ焼きを作る際に必要な基本的なレシピをご紹介していきます。初めてたこ焼きを作る方は、ぜひ1度目を通してみてください。

たこ焼きにはどんな材料が必要なの?

たこ焼きにはスーパーでも販売されているたこ焼き粉が必須になります。たこ焼き粉には卵、水を加えていくので、たこ焼きを作る際は揃えておきましょう。

他には具材となるタコ、青ネギや天かす、そして欠かせないソースやマヨネーズも揃えておきましょう。青のり、鰹節があると少し違った味わいを楽しむことができます。

たこ焼きの作り方をおさらい!

たこ焼きの作り方は、まずボールにたこ焼き粉、水、卵を入れて混ぜていきます。混ぜる際にだまができないようにかき混ぜるのがコツです。天かすを入れる際は一緒に混ぜましょう。

専用のタコ焼き器を熱しておき、1つずつの穴に油を塗っていきます。最初に混ぜ合わせたたこ焼き粉を入れていきます。タコや具材を入れ、専用のピックを使って回してよく焼いていくと完成です。

たこ焼きアレンジ術:人気の具材

たこ焼きの定番具材と言えばタコになります。ですが、最近ではアレンジたこ焼きとしてタコ以外にも多くの具材が揃っており、さまざまな味わいを楽しむことができます。

今回はそんなたこ焼きでおすすめのアレンジ具材をご紹介していきます。人気のある具材ばかりになり、たこ焼きととても合うのでぜひ1度試してみてください。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(1)明太子

たこ焼きで子供から大人まで人気のある具材が明太子になります。明太子がしっかりとした味わいをしているので、たこ焼きとの相性も抜群です。明太子の辛さによって味わいも少しずつ変わっていきます。

たこ焼きはソースをかけなくても濃厚な味わいを堪能することができ、チーズやお餅などとの相性も抜群です。食感が少ないので、食感のある具材と合わせるのもおすすめです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(2)エビ

プリプリとした食感を楽しめるたこ焼きで人気の具材となっています。たこ焼きでも口に入れた瞬間にエビの風味を楽しむことができ、子供から大人まで人気のあるアレンジ具材でもあります。

エビはそのままでも美味しいですが、予めペッパーやオリーブオイルで味付けしておくのもおすすめです。洋風のたこ焼きを味わうことができ、ワインなど大人のたこ焼きパーティーにピッタリです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(3)ホタテ

たこ焼きで海鮮ならではの旨味を味わいたい方におすすめの具材がホタテになります。程よい塩気がたこ焼きの旨味を引き出しており、ホタテ独特の食感や味わいを楽しむことができます。

定番のタコとの相性も良く、エビも加えて贅沢な海鮮たこ焼きも楽しめます。ベビーホタテや缶詰のホタテであれば火も通りやすいのでおすすめです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(4)ベビースターラーメン

お菓子の残りでも使用できる具材として人気あるのが、ベビースターラーメンになります。たこ焼きでもしっかりと食感を楽しむことができ、ベビースターラーメンの味によっても変わっていきます。

ベビースターラーメンはどんな食材でも合わせることができるので、1袋あるだけで便利に使用することができます。ベビースターラーメンはたこ焼きの食感を変えてくれるアレンジ具材です。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(5)チーズ

女性から人気のあるたこ焼きのアレンジ具材が「チーズ」になります。トロトロととろける味わいを楽しむことができ、チーズや餅、ウィンナーなど組み合わせも楽しむことができます。

たこ焼きをひっくり返す際に中身からチーズが出てしまっても、カリカリに焼き上げておつまみとしても人気があります。たこ焼きで濃厚な味わいを楽しみたい方はチーズがおすすめです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(6)納豆

アレンジのある具材の中でも、コアな方に人気あるのが納豆になります。納豆は専用のタレ、そして辛子を加えて混ぜた後にたこ焼きに加えることで、濃厚な味わいを楽しめます。

ウィンナー、チーズなどにも相性が良く、納豆の下味がしっかりとついているのでソースをかけなくても味わえます。ぜひ1度納豆を試してみてください。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(7)お餅

残り物として余りがちなお餅も、たこ焼きのアレンジ具材として人気があります。味はあまり変わらないので、他の具材と組み合わせたり醤油などで味わうのもおすすめです。

お餅は小さめにカットしたり、しゃぶしゃぶ用で販売されている溶けやすいお餅を使用すればたこ焼きとしても美味しく味わうことができます。ボリュームも出て、男性にもおすすめです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(8)ウインナー

たこ焼きでタコ同様、定番の具材にもなっているウィンナーです。ウィンナーは子供からも人気のある具材になり、お肉の中でも火がとても通りやすいのでたこ焼きでも安心して味わうことができます。

ウィンナーはチーズやキムチなど他の食材とも合わせることができ、気軽に手に入れることができます。タコよりも安いので家庭のたこ焼きパーティーで人気があります。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(9)キムチ

たこ焼きのアレンジ性ある具材として人気を集めており、ピリ辛なたこ焼きを食べたい方におすすめです。辛いのが苦手な方は、チーズと合わせることによって辛味もまろやかになります。

キムチはマヨネーズとも相性抜群になり、ソースによっても味わいが変わっていきます。キムチの辛さは自分好みに変えていくのがおすすめです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(10)こんにゃく

低カロリーで女性から人気を集めているのがこんにゃくになります。タコと似た食感になりますが、タコよりも低カロリー、そしてお腹にもたまりやすいとダイエットしている方にもおすすめです。

アレンジと言っても味に変わりがないので、事前にフライパンで調理したこんにゃくでも美味しく味わえます。また、他の残りの具材と合わせるのもおすすめです。

おすすめしたいたこ焼きの定番アレンジ具材(11)コーン

たこ焼きのアレンジ具材でも、子供から人気のあるコーンになります。コーン独特の甘みがたこ焼きでも味わえると人気があり、キムチなど辛い物が苦手な方にもおすすめの食材になっています。

コーンはマヨネーズ、そしてツナでも味わうことができ、コーンはさまざまな組み合わせを楽しむことができます。組み合わせによって新しいたこ焼きの味を楽しめます。

たこ焼きアレンジ術:人気のソース

たこ焼きに欠かせないのがソースになります。ソースの味によってもたこ焼きの味わいが変わっていきます。マヨネーズや青のりなどソース以外にもおすすめの食材があります。

今回はそんなたこ焼きにおすすめのソースをご紹介していきます。塩や出汁など具材によってもわけることができるので、ぜひ1度試してみてください。

1:たこ焼き用ソース

たこ焼きの定番となっているのが、たこ焼き専用のソースになります。種類も豊富にあり、辛口、甘口とわかれているので小さい子供連れの方でも美味しくソースを味わうことができます。

大阪では各家庭でソースをブレンドしており、それぞれ家庭の味を楽しむことができます。たこ焼き専用のソースでも種類が多くあるので自分好みのソースをブレンドしてみるのもおすすめです。

2:お好み焼き用ソース

たこ焼きのソースは、お好み焼きソースでも代用することができます。そのため、家庭にお好み焼きソースのある方は、わざわざたこ焼きソースを購入する方も少ないです。

たこ焼きソースは全体的に甘く作られています。お好み焼きソースは種類にもよりますが、甘みは少ないので大人のたこ焼きパーティーにもおすすめです。ぜひ1度試してみてください。

3:マヨネーズ

たこ焼きで欠かせないのがマヨネーズにあります。ソース、マヨネーズの相性は抜群になり、お好み焼きでも美味しく食べられる組み合わせになります。

マヨネーズはどの種類でも美味しく味わうことができます。アレンジ具材でも美味しく味わうことができ、子供から大人までソースとマヨネーズで美味しくたこ焼きを味わうことができます。

4:出汁(明石焼きで食べよう!)

たこ焼きをあっさりと味わいたい方におすすめのアレンジが出汁になります。兵庫県では明石焼きとして有名な食べ方になり、和風の出汁につけて食べるのでソースとは違った味になります。

家でも出汁のたこ焼きを味わうことができ、たこ焼きの残りを違う味わいで楽しめます。好みの和風出汁で味わえるので、ぜひ1度試してみてください。

5:塩

たこ焼きが好きな方に人気のある食べ方が塩になります。シンプルながらもソースよりたこ焼きの旨味を味わうことができ、その具材によって変わる味わいも楽しむことができます。

たこ焼き店でも人気のあるお店は素焼きや塩たこ焼きを販売しており、味に自信のある証拠とも言われています。家でも塩をかけるだけなので、気軽に挑戦することができます。

6:ケチャップ

たこ焼きでソースに飽きた場合、少し違った味わいを楽しみたい方はケチャップがおすすめです。あまり知られていない食べ方ですが、ケチャップとマヨネーズの組み合わせが人気を集めています。

たこ焼きにケチャップとかけると、まるでオムライスのような味わいを楽しむことができます。ケチャップ、ソースの組み合わせでも美味しいので、新たな味を見つけることができます。

7:ポン酢

たこ焼きであっさりとした味わいを楽しみたい方は、ポン酢がおすすめです。ポン酢で食べる場合はたこ焼きにネギをたっぷりとかけて食べると、風味が口の中に広がっていきます。

ポン酢はおろしポン酢や柚子ポン酢などさまざまな種類がたこ焼きに合い、好みの味を探すことができます。家でも簡単に食べることができます。たこ焼きにポン酢がしっかりとしみ込んでくれるので、少量でも美味しく味わえます。

たこ焼きアレンジ術:変わり種の具材(残り物でもOK)

たこ焼きはさまざまな具材を合わせることができるので、少し変わった変わり種の具材も挑戦することができます。家にある残り物ももしかしたら抜群の相性があるかもしれません。

今回はそんなたこ焼きに合う変わり種をご紹介していきます。家にある残り物を有効に使用することができるので、たこ焼きアレンジは主婦の強い味方でもあります。

1:チョコレート

たこ焼きの〆、そしてスイーツ感覚で味わいたい方に人気のある変わり種はチョコレートです。おやつとして食べているチョコレートの残り物を代用することができ、たこ焼きにとても良く合います。

チョコレートはたこ焼きの塩気と甘みがうまく調和しており、甘党にはたまらない食べ方です。お菓子のチョコレートよりも、シンプルな板チョコを使用するのがおすすめです。

2:タバスコ

たこ焼きであまり知られていない変わり種がタバスコになります。タバスコは数滴たこ焼きの粉にかけ、チーズと合わせることで辛すぎない味わいで楽しむことができます。

タバスコをかけることによって洋風の味わいを楽しむことができ、まだ挑戦したことのない方が多くいます。辛味が強くなってしまうので、量は自分好みに調整していきましょう。

3:納豆

先ほども紹介した納豆になります。変わり種として知られており、納豆独特のネバネバ感を楽しみたい方は、あまり焼かずに食べるのがおすすめです。

家にある納豆の残り物で充分になり、ひきわり納豆であれば生地と馴染んでくれます。食感を楽しみたい方は小粒や大粒でもおすすめです。

4:砂肝

居酒屋やお酒のおつまみとして人気のある具材「砂肝」。砂肝はたこ焼きの変わり種としても人気があり、家で残りやすい食材でもあるので、たこ焼きを行う際に美味しく味わうことができます。

変わり種である砂肝は、たこ焼きでもしっかりとした食感を楽しむことができます。たこ焼きで味わう前に、フライパンで火を通しておき、ペッパーなどで味付けしておくのもおすすめです。

5:漬物

たこ焼きの変わり種として知られる漬物は、家でも残りやすい食材なので気軽に挑戦することができます。漬物はしっかりとした塩気、酸味があるので野菜と組み合わせるのもおすすめです。

漬物の種類にもよりますが、しっかりとした食感も楽しむことができ、残り物を使用できるので簡単です。変わり種として人気があるので、ぜひ1度試してみてください。

6:アンチョビ

ワイン好きな方におすすめのたこ焼きの変わり種になります。たこ焼きではチーズと一緒に味わうことができ、大人のたこ焼きを食べることができます。

たこ焼きの変わり種の中でも塩気が強い具材になるので、量はきちんと調整しましょう。オリーブオイルをつけるとまた違う味わいを楽しめ、お酒片手に味わうことができます。

たこ焼きアレンジ術:喜ばれるサイドメニュー

たこ焼きはたこ焼きをアレンジするのはもちろん、たこ焼きに合うサイドメニューも充実しています。家の残り物で作ることができ、お腹いっぱい味わうことができます。

今回はそんなたこ焼きパーティーで人気のあるサイドメニューをご紹介していきます。どれもたこ焼きと合うメニューなので、ぜひ参考にしてみてください。

1:ポテト

子供から大人まで人気のあるサイドメニューがポテトフライになります。お酒のおつまみとしても人気があり、それぞれ塩味やニンニク味などさまざまな味わいを楽しめます。

ポテトフライは熱々はもちろん、冷めても美味しいのでたこ焼きパーティーの間サイドに置いておくことができます。スーパーでも販売されているので、気軽に用意することができます。

2:ポテトサラダ

家でも簡単に作ることができ、野菜不足を解消できるメニューがポテトサラダになります。たこ焼きととても合うメニューとなっており、マヨネーズやじゃがいも、好きな野菜を加えることができます。

たこ焼きのアレンジでも人気のあるチーズを加えることで、濃厚な味わいを楽しめます。お酒もおつまみにもなるので、大人のたこ焼きパーティーにもおすすめです。

3:唐揚げ

たこ焼きには唐揚げも良くあいます。がっつりとしたお肉を味わいたい方におすすめのサイドメニューでもあり、子供から大人まで美味しく味わうことができます。

唐揚げはたこ焼きととても良く合い、ビール片手に味わいたくなるサイドメニューでもあります。唐揚げは濃厚な味わいのものを選ぶのがおすすめです。

4:ローストビーフ

ワイン片手にたこ焼きパーティーを楽しみたい方におすすめのサイドメニューになります。ローストビーフは市販でも家庭で作ることもできるのでおすすめです。

ローストビーフはたこ焼きとの相性も良く、子供から大人まで美味しく味わうことができます。たこ焼きパーティーでも置いてあるだけで写真映えする人気のサイドメニューです。

5:お寿司

大人数でたこ焼きパーティーを行う際に人気のあるサイドメニューになります。お寿司は数種類用意しておき、たこ焼きの合間に食べるのがおすすめです。

お寿司独特の旨味を味うことができ、ネタが残ってしまった場合はたこ焼きに入れることもできます。お祝い事の席でもおすすめのサイドメニューになります。

6:アスパラガス・トマト・ブロッコリーなどの生野菜

たこ焼きパーティーで女性から人気のあるサイドメニューが生野菜になります。トマトやブロッコリー、アスパラガスなど茹でるだけで簡単に味わうことができます。

野菜不足も解消することができ、ブロッコリーなどはたこ焼きに入れても美味しく味わうことができます。お酒のおつまみにもなるので、用意しておくのがおすすめです。

たこ焼きアレンジ術:たこ焼き器にもこだわってみよう!

たこ焼きは外で食べるのはもちろん、家でも簡単にできるようにさまざまなたこ焼き器が販売されています。それぞれ種類によってやり方も変わっていきます。

本格的にたこ焼きを楽しみたい方、みんなでワイワイたこ焼きパーティーを楽しみたい方とたこ焼き器を変えていくのがおすすめです。安い値段のたこ焼き器も販売されています。

おすすめのたこ焼き器は?

たこ焼き器にはカセットコンロ式、そして電気式と2種類にわかれています。電気式のほうが初心者向けになっており、家庭で簡単にたこ焼きを楽しむことができます。それぞれ値段も変わるので、事前に調べておきましょう。

最近、可愛い見た目で女性から注目を集めている「BRUNO」がおすすめです。サイズもさまざまあり、見た目がとても可愛いので自宅に飾っておくだけでもインテリアとして利用することができます。

たこ焼きアレンジ術を一挙ご紹介!たこ焼きパーティーをしよう!

大人数でも少人数でも楽しめる「たこ焼き」。アレンジ次第でさまざまな味わいを楽しむことができ、たこ焼きは子供から大人まで味わうことができます。新たな変わり種で味を楽しむことができ、たこ焼きは飽きずに食べることができます。ぜひ、これからたこ焼きパーティーを楽しみたい方は、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ