大杉神社(あんばさま)は日本唯一の夢むすび神社!茨城のパワースポットをご紹介

2019年11月26日 (2019年11月26日最終更新)

茨城県にある「大杉神社」(あんばさま)は、日本に数ある神社の中でも唯一と言われている「夢むすび」の神社です。あまり聞きなれない「夢むすび」という言葉ですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。今回はその「大杉神社」のありがたいご利益などをご紹介いたします!

目次

  1. 大杉神社は「あんばさま」の愛称で親しまれる茨城のパワースポット!
  2. 大杉神社(あんばさま)とは
  3. ねがい天狗とかない天狗とは?
  4. 大杉神社(あんばさま)の見どころ
  5. 大杉神社(あんばさま)の御朱印
  6. 大杉神社(あんばさま)へのアクセス
  7. 大杉神社に参拝して夢むすびのご利益をいただこう!

大杉神社は「あんばさま」の愛称で親しまれる茨城のパワースポット!

茨城県にはパワースポットと呼ばれる場所がいくつかありますが、その中の一つに「大杉神社」(あんばさま)という神社があります。こちらは多くの方が願いを叶えに訪れる神社なのですが、そのご利益の一つに「夢むすび」というものがあります。では、今回は「大杉神社」(あんばさま)で得られるご利益「夢むすび」などについてご紹介いたします。

日本唯一の夢むすびの神社

日本には様々なご利益を得られるパワースポットや神社がありますが、茨城県の「大杉神社」(あんばさま)は、日本で唯一「夢むすび」のご利益があるという珍しい神社です。

「夢むすび」とは何かと言うと、自分が将来こうなりたいという夢をもち、それを強く願い、努力をする人にご利益を与えてくれるのだそうです。

ですから、「大杉神社」(あんばさま)は決して他力本願ではなく、自分の夢に向かって頑張る人にご利益を与えてくれるということなのでしょう。

Original茨城の神社特集!有名なパワースポットや初詣にも人気の場所など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南北に広い茨城県は自然に恵まれ、古くは「風土記」に常陸国として登場し、長い歴史と由緒のある格...

大杉神社(あんばさま)とは

では、茨城県のパワースポットの一つ「大杉神社」(あんばさま)は、具体的にどのような場所なのかをご紹介いたします。

この「大杉神社」(あんばさま)の由来などの歴史を知ればなぜ「夢むすび」のご利益があると言われているのかがわかるでしょう。

大杉神社の由来・由緒

まずはあんばさまと呼ばれる茨城県の「大杉神社」の由来をご紹介いたします。大杉神社の創建は、遡る事平安時代の神護景雲元年(767)と言われているそうです。

茨城県「大杉神社」の由来は、まず日光開山の祖と言われている勝道上人が、日光に行く途中にこちらの「大杉神社」のある場所に訪れたことから始まります。

勝道上人が「大杉神社」のある地に訪れた時に、疫病が蔓延していたのだそうです。その疫病退散を「大杉大明神」(あんばさま)が宿る巨杉に祈願したところ、三輪明神が現れて、疫病の蔓延が収まったのだそうです。

そのため、「大杉大明神」の祠を造立して、奉斎したのが「大杉神社」の始まりなのです。古くからその土地を守ってきた「あんばさま」が他の神様の力を借りて疫病の蔓延を収めてくれた、という事なのでしょう。

大杉神社のご利益

茨城県でパワースポットとしても人気のある「大杉神社」には、他の神社では得られる事ができないご利益「夢むすび」というご利益があります。

「夢むすび」の夢とは、なれたらいいなというぼんやりとした願いではなく、例えばオリンピックにでるために日々鍛錬をしているスポーツ選手などが「数年後のオリンピックでメダルを取れますように」といった具体的な夢を結んでくれるというものです。

ですから、「就職できますように」という願いは他の神社で「就職祈願」として行うといいでしょう。

しかし大企業などに就職して、「何年後には自分はこのポジションになっていたい」といった願いがあり、それに向けて日々努力をしている方は、茨城県の「大杉神社」に訪れるのがおすすめです。

ねがい天狗とかない天狗とは?

今から800年前に常陸坊海存(海尊)が「大杉神社」に社僧として務めていたそうなのですが、その常陸坊海存は独特の容姿をしていたのだそうです。

大きな体に紫の髭、碧の眼をもち、鼻が高かったと言われています。その常陸坊海存は不思議な力の持ち主で、病を直して多くの人を救ったため、「海存は大杉大明神の眷属で、天狗である」と言われたのだそうです。

そういった信仰が根付き、どんな願いも叶えてくれる「海存」にちなんで、ねがい天狗、かない天狗が「大杉神社」の御眷属になったのだそうです。

大杉神社(あんばさま)の見どころ

茨城県のパワースポットと言われている「大杉神社」は、様々な見どころがある神社としても人気です。

それは、「夢むすび」というご利益以外にも沢山の見どころと、他の神社にはない魅力が詰まっているからなのです。

厄除けスポット①:悪縁切りの斎庭

茨城県のパワースポット「大杉神社」は、努力して夢を追いかける人の願いを叶えてくれるという他に、「嫌な相手との縁を切ってくれる」という「悪縁切り」も行ってくれるのです。

縁切りの仕方は、「我念君」とかかれた「かわらけ」と呼ばれる素焼きの焼き物を使用します。それを購入して呪文を唱えながら叩き割るのだそうです。

その作業を「大杉神社」の境内にある「悪縁切りの齋庭」という場所に行うという事です。もしも縁を切りたいという相手がいる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

厄除けスポット②:厄除け桃

茨城県の人気パワースポットでもある「大杉神社」には、厄除け桃という桃の像が建てられています。

古来より神聖なものとされている桃をかたどったこちらの像を撫でると、厄除けができるのだそうです。

江戸の鬼門に位置する「麒麟門」

麒麟は世の中が平和な時にしか現れない霊獣と言われています。麒麟門は江戸の鬼門に位置しており、こちらは江戸(東京)に災いが訪れないよう、開門されることはなく、閉じたままなのです。

そしてこちらは約280年という長い年月を経て、2010年に再建されました。非常にきらびやかで彫刻も美しく、観光にもおすすめです。

競馬関係者の参拝が多い「勝馬神社」

茨城県の「大杉神社」には、多くの神様が祀られているのですが、その中には一風変わった神様も祀られています。

その中の一つに「勝馬神社」と言われる神社があり、ご祭神は不明なのですが読んで字のごとく馬を守ってくださる神様となっています。

そのため、馬主や騎手、調教師が馬たちの健康や健やかな成長を祈願して訪れることも多いそうです。

神様が宿るトイレ

皆さんはおじいさんやおばあさんに「トイレは常に綺麗にしておきなさい」と言われたことはありませんか?トイレには金運や家内安全、そして無病息災に深い関係があるのだそうです。

こちらの「大杉神社」のトイレには「雪隠神」(せっちんがみ)と呼ばれる神様が祀られています。昔から民間の間で信仰されてきたこの神様が、「大杉神社」には祀られているのです。

大杉神社(あんばさま)の御朱印

茨城県のパワースポット「大杉神社」(あんばさま)には、様々な見どころやご利益の他に、素敵な御朱印もいただくことができます。

御朱印を集めるのが好きな方は、ぜひ「日本唯一夢むすび大明神」という印が押された「大杉神社」の御朱印をいただいてみてください。

正月や七福神の御縁日の限定御朱印も人気!

あんばさまと呼ばれる「大杉神社」の御朱印ですが、通常いただける御朱印の他にも、お正月限定御朱印や、七福神の御朱印など、様々な種類の御朱印をいただくことができるそうです。

お正月の限定御朱印は、1月1日から数量限定でいただけるそうですので、もしも欲しい、という方は、早めに行くことがおすすめです。

また七福神の御朱印は、毎月1日、7日、15日、17日、27日にだけいただけるそうですので、チャンスがある方は御朱印をいただきに訪れてみてください。

大杉神社のオリジナル御朱印帳

まだ御朱印帳を持っていないという方は、「大杉神社」の御朱印帳を購入してみてはいかがでしょうか?

金色と赤が基調となった御朱印帳は、見るからにご利益がありそうな縁起の良い色合いになっています。

Original茨城県で御朱印巡りを楽しもう!定番人気の神社や珍しいものがあるお寺も? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
茨城県には御朱印が頂ける神社や寺が数多くあります。その中には茨城県内でも定番の人気神社や寺か...

大杉神社(あんばさま)へのアクセス

では続いて「大杉神社」へアクセスを考えている方に、アクセス方法や問い合わせ先などの必要事項をご紹介いたします。

アクセスする際にぜひ参考にしてみてください。バスや電車でも行くことは可能ですが、車でのアクセスが一番簡単でおすすめです。

所在地

まずは所在地をご紹介いたします。茨城県のパワースポット「大杉神社」(あんばさま)は、茨城県の南に位置しています。

千葉県の香取市と非常に近い場所にありますので、千葉県に出かける際にも立ち寄ることができるかもしれません。

住所 茨城県稲敷市阿波958

問合せ先

続いては、茨城県「大杉神社」へ御祈願を頼みたい方や、何らかの問い合わせをしたいという方に、お問い合わせ先をご紹介いたします。

もちろん厄除けなどのお祓いもしてくれますので、厄年の厄払いをしたいという方も、ぜひ問い合わせてみてください。

電話番号 029-894-2613

電車・バスでのアクセス

では、茨城で人気のパワースポット「大杉神社」(あんばさま)への公共交通機関を使用してのアクセス方法をご紹介いたします。

茨城県の「大杉神社」には、JR成田線下総神崎駅まで電車で行くと、そこから無料シャトルバスがありますのでそちら利用するのがおすすめです。

車でのアクセス

続いては、車でのアクセスをご紹介いたします。もしも「大杉神社」だけではなく、他も観光して帰りたいという場合は、車のアクセスが便利でしょう。

車でアクセスする場合は、圏央道を稲敷インターチェンジで降りて、そこから国道125号を右折して、約3キロ進むと到着します。

駐車場

車で「大杉神社」へアクセスする場合に気になる駐車場の問題ですが、人気のパワースポットである「大杉神社」には、無料の駐車場が完備されています。

都会にある神社ではあまり考えられないかもしれませんが、「大杉神社」には無料で200台もの車が停められる駐車場がありますので安心してアクセスしてください。

大杉神社に参拝して夢むすびのご利益をいただこう!

神社には願いを叶えてくれる神様が、それぞれ祀られているものですが、茨城県の「大杉神社」(あんばさま)は、日本で唯一「夢むすび」をしてくれる神様が祀られています。その夢は本人の努力なしでは叶えては貰えませんが、もしもその夢を本気で叶えたいと願うなら、ぜひ参拝してご利益をいただいてください。

関連記事

関連するキーワード

2215.thumb
この記事のライター
小鉄
関東出身の旅行好き。おしゃれな物も好きだけど、面白いものや面白い事がもっと好き。食べるのが大好きで海が好き。動物が好き。私の大好きな事や面白い事を皆さんにご紹介していきたいです

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

鹿島・潮来の新着のまとめ