金沢の雪はいつから・どのくらい降る?観光を楽しむための服装や靴もチェック!

2020年1月24日 (2020年1月26日最終更新)

冬の金沢は観光スポットに雪が積もり、幻想的な、冬だけしか見られない金沢を見せてくれます。金沢の観光地を回るには寒さや雪が気になります。豪雪地帯の金沢ではどのような服装が最適でしょうか、着こむ必要があるでしょうか。気になる点は多々あります。

目次

  1. 金沢の雪の降り方を知って観光を満喫!
  2. 金沢の雪はいつから・どのくらい降る?
  3. 金沢の雪シーズンとは
  4. 雪シーズンの金沢の注意点
  5. 雪シーズンの金沢観光におすすめの服装
  6. 雪シーズンの金沢観光におすすめの靴
  7. 雪の金沢のおすすめ観光スポット
  8. 雪事情をチェックして冬の金沢観光を楽しもう!

金沢の雪の降り方を知って観光を満喫!

豪雪地帯として知られている石川県金沢市。金沢には冬にも行ってみたい人気の観光地があります。そんな金沢に行く際に知っておきたいのが雪の情報です。

いつから寒くなるのか、いつから雪が降るのか、下調べをしておいて、金沢旅行を快適に過ごしてみましょう。いつから雪が降るのか知らずに行って、服装が薄すぎた、足元がびしょびしょになってしまったとならないように、準備万端で旅に出ましょう。では金沢の雪の情報のご紹介です。

金沢の雪はいつから・どのくらい降る?

旅に出ようを思う方は、その土地の気象条件も知っておく必要があります。いつから寒くなるのかいつから雪が降るのかを、しっかりと把握して雪が降るならこの観光地へ、寒くなるならここは避けよう、など旅の計画に天候を確認するのは必須事項です。

特に冬の金沢は雪が多く車で観光をしようと考えている方には注意が必要です。慣れない雪道を運転する必要がある場合は車にもそれ相応の装備が必要です。

観光を楽しむための服装や靴もチェック!

金沢は東京と比べて気温はどうでしょうか。その際の服装はどうでしょうか。実は東京と比べると気温はさほど変わらないのが金沢です。2度ほど低いだけといわれます。しかし雪が降るのが金沢です。

通常12月下旬あたりから雪が観測され2月いっぱいまでは降るといわれます。ピークは1月です。そんな雪は、町中では数センチほどで、街中では消雪装置もある為ずっと雪が残ることもほぼありません。町中の観光ではさほどコートや防寒対策に敏感になる必要はないようです。

しかし東京の町中とは違った服装選びの必要はあります。金沢の冬の観光のおすすめの服装や靴を見ていきましょう。

金沢の雪シーズンとは

金沢の雪のシーズンはいつからでしょうか。そしていつから大雪となるのでしょうか。なかなか知らない金沢の雪事情を詳しく見ていきましょう。

石川県は雪の多い地域とイメージします。そのため1月2月に観光に行くには、長靴に厚手のコートに手袋に帽子にと、スキー場に行くような服装を考えます。その服装は必要でしょうか、いつからそのような厳重な装備で行けばいいのでしょうか。

金沢で雪が降り始めるのはいつから?

金沢で雪が降り始めるのがいつからかと言いますと、12月上旬から中旬と言われます。2019年は12月6日に初雪が観測されました。2017年では11月下旬、2018年では12月8日となっています。

しかし初雪が観測されても、2020年の1月では暖冬で雪のない金沢市内です。年によっていろんな冬がありますので、その都度天気を確認してみましょう。そして雪が降り始めても、市内にはしっかりと消雪装置が完備されている金沢ですので、安心して観光をすることができます。

冬の金沢はどのくらい雪が積もる?

では金沢ではどれほどの雪が積もるのでしょうか。金沢の過去の気象データから積雪量を見てみましょう。60年代最深積雪は77センチほどでした、しかし17年には30センチほどとなっています。しかも1番深いところですので、市内観光スポットではより少ない積雪であることがわかります。

年々雪の量が減ってきている金沢になります。そして2020年の1月は暖冬となり積雪ゼロの地域がほとんどです。金沢市内の方々も雪が少なくなってきていると言われるほどです。

1月で一番深いところは30センチほどです。昔は70センチもあったといわれますが、雪が少なくなっています。そして雪の降る日数も年間45日ほどです。

雪シーズンの金沢の注意点

では東京と変わらない気温の金沢ですが、雪は降ります。しかし積もって歩けないほどではありません。その雪の注意点としては、北陸特有の重たい水分を含んだ雪になります。その雪が溶けると路面に水たまりが多くできます。

雪と水の合わさったところは滑りやすく、注意が必要です。金沢では大雪で動けない、交通機関がストップすると心配するのではなく、ほどほどに降った雪のなかどのように歩いて、また車を運転していくのがいいのかに注意を向けてみましょう。

道路の水たまりや溶けかかっている雪に注意!

金沢の水分量の多い雪はすぐに溶けて水たまりのようになります。そして雪とともに雨も降ります。そうすると路面は水たまりが多くできます。

この水たまりと氷の混ざったところに注意が必要です。道路の端っこには少し深さのある水たまりと氷のシャーベットがたまります。ここに足を突っ込まないようにしましょう。観光で来られている方は替えの靴まで用意していないと思います。

そんなときのために、靴は防水加工がされている靴がおすすめです。長靴ではなくしっかりと歩くことができる、防水加工のされている靴を選びましょう。

雪道の車の運転に注意!

そして靴や服装とともに、雪の金沢の観光では、運転にも注意が必要です。いつから路面に雪が積もりだすかは、その年によって様々ですが、初雪を観測される前から冬用のタイヤや、タイヤチェーンは搭載して観光に行くようにしましょう。

雪道の車の運転のポイントは次の通りです。「急な運転操作はしない」「エンジンブレーキを使う」安全な道で「どれだけ滑るかブレーキを確かめる」などがあります。

発進時はゆっくりと!

雪道では急発進急停止は禁物です。いつも以上にスピードを落として運転が必要です。発進時はタイヤがスリップしないように、ゆっくりと発進する必要があります。また停車時もゆっくりとです。

運転も車間距離をいつもの2倍はとるようにして、追い越しや急ハンドルも厳禁です。急なタイヤの動きで、タイヤが滑るとコントロールが効かなくなります。滑り出さないようにゆっくり運転をするのがいいでしょう。

カーブは手前で十分に減速する!

そして滑りやすいポイントをしっかりと頭に入れておきましょう。路面に雪やシャーベット状の水と雪が混ざったものがあるとき、またカーブで水に見える路面が凍結している場合もあります。そんな時はアイスバーンになっているためより一層滑ると思って交差点に入りましょう。

車のスピードは最減速でカーブに入るようにしましょう。ここで滑ってしまうと、ほかの車との接触も免れません。

下り坂はエンジンブレーキを効かせて下りる!

また雪道の坂道も危険です。雪が降った坂道は、いつもの道とは全く違う路面状態になります。坂道ではいつでも停まれるスピードで走行するようにしましょう。

エンジンブレーキを使ってスピードの調整をします。そしてワンボックスカーなどの重量のある車は、ブレーキを踏んでから停まるまでの距離が長くなります。その点も考えて走行するようにしましょう。

雪シーズンの金沢観光におすすめの服装

では関東や関西九州の方からは豪雪地帯金沢観光はいつから、防寒着を着こんでいけばいいのか?どれほどの服装で行けばいいのか、少し分からない部分もあります。

いままで金沢の気温や積雪の情報ではさほどたくさん上に着こんだ服装で行く必要もないような感じも致します。少し詳しく見てみましょう。

雪シーズンの金沢観光におすすめのパンツコーデ

東京都さほど気温が変わらない金沢ですが、観光をすること、雪が降ること、溶けた雪があることを考えて、足元からの寒さ対策も必要です。

おすすめのパンツコーデは、デニムもいいでしょう。しかし寒さを足元から感じますので、裏地に暖かい素材の裏ボアのあるデニムはいかがでしょうか。動きやすさと暖かさを兼ね備えています。またいろんなパターンで合わせやすいデニムはおすすめの服装です。

そしてパンツコーデでは暖かさと共に、裾の長さにも注目しましょう。地面に溶けた雪がありますので裾が濡れると考えて長さの調整が必要です。

雪シーズンの金沢観光におすすめのスカートコーデ

冬の金沢観光でスカートのおしゃれな服装を楽しみたい方は、スカートの長さや素材を工夫してみましょう。長さは長すぎる丈はこちらでも注意が必要です。

そしてスカートの服装では素材に注目してみましょう。寒い風を防ぐためにキルティングやベロア、コーデュロイそして、スカートの裏起毛付きなども取り入れてみましょう。寒い風をスカート生地でブロックしましょう。

そしてスカートの服装の時は中に履くレギンスも工夫してみましょう。温かい素材のレギンスやタイツ、レッグウォーマーを身に着けて暖かくスカートを楽しんでみましょう。

雪シーズンの金沢観光におすすめのワンピースコーデ

観光でワンピースも服装が決まって素敵に着まわせます。そのため観光でワンピースを1つ持っていくのもおすすめです。また温泉に入ろうと考えている方は着替えやすいと人気の服装です。

そんなときも、スカートの服装と同じように素材を気にし、下にレギンスを履いて、靴も暖かなものを選ぶようにしましょう。

雪シーズンの金沢観光におすすめの防寒アイテム

雪の残る金沢では、マフラーや帽子、耳当てやネックウォーマーもおすすめです。ご自身で寒いときに脱ぎ着ができる防寒グッズを持参しておきましょう。

そしてコートの下で調整できるフリースやセーターを1枚持っていくのもいいでしょう。寒い天気の時は中にも着こんで寒さ対策をしましょう。

雪シーズンの金沢観光におすすめの靴

そして冬の金沢では足元の靴選びがとっても重要です。靴をしっかりと選んで溶けた水分の多い雪に対応します。

なかなか靴の替えを持っていけない観光では、雪のない場所、雪の解けた場所でも濡れない靴を履いていくのがおすすめです。

ポイントは「防滑よりも防水」

金沢の靴の選び方は凍った雪で滑らないように考えるより、防水対策のしっかりできている靴を選ぶようにしましょう。

降る雪よりも地面で溶けた雪に対応する靴を選びましょう。観光地はしっかりと除雪されていて雪がない場所も多くあります。その代り溶けた雪の水たまりがたくさんあります。これをしっかりと防いで靴が濡れない対策を考えましょう。

Original雨の日の靴もおしゃれに!レインシューズから撥水スニーカーまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雨が降ると、どうしても足元が気になります。普通に靴を履いて、靴から染み込む雨水が冷たく足が濡...

雪シーズンの金沢観光におすすめのブーツ

防水ブーツと聞くと長靴を想像しますが、今は高性能なブーツでしっかりと防水機能がついているものがあります。

おしゃれなブーツは金沢観光でもおすすめで、冬のファッションに取り入れやすいものがあります。例えば、ZOOのブーツは、アウトドアやガーデニングでも利用可能でおしゃれなデザインです。

今人気のワークマンからもおしゃれな街歩きにも最適なものが1000円台から販売されています。アウトドアブランド「ノースフェス」「コロンビア」等からも登山用ブーツもおすすめで、街歩きにおすすめなものもたくさんあります。

Originalアウトドアシューズおすすめ31選!防水機能があるおしゃれなアイテムも? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアシューズのおすすめをご紹介します。アウトドアでどこに行くかによっても、どのような靴...

靴についた雪はこまめに払い落す

そして防水ブーでも、雪がついたらすぐに払うようにしましょう。防水効果を長く維持するには雪はつかないほうがいいでしょう。

そして使用前にはしっかりと防水スプレーをかけてより防水効果を高めておきましょう。もしも中まで濡れてしまった場合はホテルで、靴の乾燥機が借りられるかも確かめてみましょう。

ヒールはNG!

なかなかありませんが、冬の雪が降る金沢でヒール靴を履いて、観光に来るのは危険です。ただでさえ足元が滑りやすい路面ですので不安定なヒールは避けましょう。

行くときに雪が積もっていなくても、途中で降る確率は高いです。寒さ対策、防水対策もできませんのでヒール靴は避けていきましょう。

観光案内所で無料長靴貸し出し

金沢駅に着いたら大雪で靴に困った!という方は、駅構内にある観光案内所に行ってみましょう。こちらでは無料で長靴の貸し出しを行っています。

だれでも利用可能で、女性は21.5センチから、男性は24.5センチからの長靴のレンタルが可能です。お子さん用はありませんが、小学生くらいであれば利用可能な方もいるのではないでしょうか。もしもの時は借りてみましょう。

雪の金沢のおすすめ観光スポット

では金沢の雪の状況や服装のことがわかったら、雪が降っているときに特におすすめの金沢の観光スポットをおすすめしましょう。

ただ寒いだけではなく、きれいな雪景色を楽しめる観光スポットが金沢にはたくさんあります。雪が少し積もったスポットでもきれいに道は除雪されていますのでご安心下さい。

雪の金沢のおすすめ観光スポット①:兼六園

金沢市の中心部にある日本三名園のひとつの兼六園は、江戸時代の代表的な大名庭園になります。長い年月をかけて作られた庭園は世界中から観光に訪れる金沢の人気観光スポットになっています。

春夏秋冬、どの季節に行っても楽しめる兼六園ですが、11月ごろから園内では雪吊り作業が始まります。雪吊りとは、北陸地方特有の重たい雪によって、庭園内の木々の枝が折れないように木のてっぺんを頂点に傘のような形で縄が張られていきます。

重機は入れずに兼六園の500本近い木に手作業で雪吊りが行われます。この雪吊り技術を日本全国から、庭師が見学に来るほどです。

冬の兼六園の特徴的な雪吊りは、金沢の風物詩となっています。兼六園内で一番大きい「唐崎松」の雪吊りの様子は圧巻の景色を作り出します。

そして兼六園では冬の間の、1月、2月から2週間ほどライトアップが行われます。2020年は1月24日から2月2日と、2月8日から16日の17時半から21時の間です。

雪をかぶった庭園が、ライトアップによりより幻想的な世界を見せてくれます。雪吊りされた松の影が放射線状に伸びて、きれいに湖面に映る様子も素敵です。

また雪吊り作業はいつからか知っておくと作業する日も見ることができます。これは毎年11月1日からと決まっています。ぜひ足を運んでみましょう。

住所 石川県金沢市丸の内1番1号
電話番号 076-234-3800 

雪の金沢のおすすめ観光スポット②:金沢公園から成巽閣周辺

兼六園の横にある金沢城公園も雪が降るととても幻想的な景色を見せてくれます。三の丸広場と五十間長屋の景色は前に広がる芝生に、真っ白な雪が一面降り積もります。朝早くに行って、だれにも踏まれていないきれいな雪と金沢城を見に行ってみましょう。

金沢城公園の通路となる道はしっかりと除雪されていますので、さほどしっかりした靴でなくても散策が可能です。しかしちょっとコースを外れると背丈ほどの雪が積まれています。

真っ白な雪とお城のコントラストがとてもきれいな金沢城公園になります。天気のいい日は雪からの照り返しもあるので上着を脱いで散策する日もあるでしょう。

成巽閣では庭から雪の庭園を

そして成巽閣では、この縁側から雪が積もった縁側庭園をしっとりとみてみましょう。春から夏にかけては、すがすがしい緑のきれいな庭園で、秋には赤や黄色に色づいた華やかな庭園、冬には真っ白な雪をかぶった静かな庭園を見ることができます。2020年は暖冬で雪があまり降っていないとのことですが、これからの雪に期待しましょう。

住所 石川県金沢市兼六町1番2号
電話番号 076-221-0580

雪の金沢のおすすめ観光スポット③:金澤神社

兼六園、金沢城公園と一緒に見て回ることが多い金澤神社も雪の時期には幻想的な景色を見せてくれるスポットとしておすすめです。

金澤神社は金沢では幅広いご利益が得られる神社として有名で、きれいな朱色の神門が雪の時期にはより一層鮮やかに見えます。

拝殿の天井の鋭い目つきの白蛇龍神の天井や、願い事をかなえてくれる夢牛さんやこころのいぼをとるといわれる、いぼとり石などを巡ってみましょう。

雪がたくさん降った時には、神門まで行く道の両側に雪が積まれ、トンネルのようになります。しかししっかりと除雪されますので参拝することができます。

住所 石川県金沢市兼六町1-3
電話番号 076-261-0502

雪の金沢のおすすめ観光スポット④:東茶屋街

ではお次は金沢市内を観光してみましょう。アクセスは金沢駅から1日乗り放題のバスがおすすめです。「ひがし茶屋街」&「主計町料理料亭街」に向かいます。

こちらも雪の日には、重要伝統的建造物群保存地区で、風情ある石畳の両側に木の格子がある町屋が並びます。風情ある東茶屋街も雪が積もれば、その様子も素敵です。木々に積もった雪と、家の屋根に残っている雪、道の横に除雪された雪がなんとも風情ある北国の景色を見せてくれます。

住所 石川県金沢市東山
電話番号 -

雪の金沢のおすすめ観光スポット⑤:長町武家屋敷跡のこも掛け

兼六園から西に20分ほど歩いたところにある長町武家屋敷跡にも雪景色が似合う場所があります。こちらも金沢の冬の風物詩といわれる「こも掛け」を見ることができます。

こも掛けは、金沢の水分を多く含んだ雪で土塀の損傷を防ぐために行われます。12月上旬に行われる町武家屋敷跡界隈のこも掛けは、金沢の本格的な冬の到来を意味します。

金沢の雪の時期がいつからかと感じる方は、このこも掛けで感じてみてはいかがでしょうか。このこも掛けは3月中旬まで見ることができます。

住所 石川県金沢市長町
電話番号 -

雪の金沢のおすすめ観光スポット⑥:金沢の冬のイルミネーション

では金沢のおすすめ冬のイルミネーションをご紹介いたします。まず始めは金沢駅から徒歩
分ほどの場所の金箔雪吊り「金箔きらら」です。金沢の冬の風物詩である雪吊りに雪の結晶、金箔をイメージしてイルミネーションが飾られます。こちらは、2020年2月11日までになっています。

香林坊交差点から武蔵方面の歩道にあるケヤキの木36本が、約11万球の電球で飾られます。車で通ってみるのも周辺を散策がてら散歩するのもおすすめです。

金沢観光で必ずと言っていいほど通る金沢駅の鼓門も晩にはきれいにライトアップされます。世界で最も美しい駅14選のうち6位に選ばれた金沢駅のライトアップは、日没から22時まで行われています。

また周辺のお茶屋街、ひがし茶屋街・主計町茶屋街・にし茶屋街、先ほど紹介した長町武家屋敷跡も、オレンジのライトに照らされきれいな街並みを見て回ることができます。

Original金沢駅周辺の観光スポット17選!神社や美術館・グルメを楽しめる場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
金沢駅周辺には美味しいグルメスポットや古のロマンを感じる魅力的な観光スポットがいっぱいです。...

雪事情をチェックして冬の金沢観光を楽しもう!

いかがでしたでしょうか。金沢の雪のイメージが少し変わったのではないでしょうか。連日大雪が降って、歩くのが大変な金沢ではなく、地面に溶けた雪が靴を濡らす程度の雪の日も多くあります。

そして雪国はしっかりと除雪対策が行われている道が多く、雪で歩きづらいことが少ないのが現状です。そんな雪に対応できる服装、靴をしっかりと選んで、快適な金沢観光をしてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

305.thumb
この記事のライター
tomo
兵庫在住、旅行すること、食べること、遊ぶことが大好きなtomoです。次の週末はどこに行こうか日々計画中!

金沢の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

金沢の新着のまとめ