地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ときわ公園はイベントたくさん!動物園・遊園地もある子供連れに人気の遊び場

山口県宇部市にある「ときわ公園」は、大きな総合公園で、敷地内には遊園地や動物園があり、ファミリーの人気のスポットとなっています。ミュージアムもあり、県内の有数の桜の名所で、自然を楽しめるスポットでもあります。ときわ公園へ行ってみましょう!

ときわ公園に行ってレジャーを楽しもう!見出し

ときわ公園は、ときわ湖周辺を中心に作られたレジャースポットで、遊園地や動物園があります。広大な敷地には広い芝生広場もあるので、身体を思う存分動かすことができ、湖の周囲は歩道があるので、ウォーキングやランニングも楽しめます。お子さんだけではなく、大人の方も充分楽しむことのできる、おすすめの公園です。

徒歩も心配なし! バリアフリーのときわ公園見出し

ときわ公園の敷地内はバリアフリー平坦な道が多いので、小さなお子さんが歩くのも心配なく、ベビーカーでも快適に通ることができるので、安心して過ごすことができます。もちろん、車椅子もスムーズに移動できます。先着順なので予約はできませんが、ベビーカーや車椅子の貸し出しが無料であります。正面入り口や動物園入り口で問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんだって大丈夫! ときわ公園見出し

ときわ公園のトイレ内には、オムツ替えができるようにオムツ台が設置されているので、赤ちゃんを連れて行ってもオムツを替える場所の心配をすることなく過ごせます。正面入り口やときわミュージアム、ときわ動物園入り口、ときわ湖水ホールなど、公園内にはいくつもオムツ台があります。どこのエリアに行っても大丈夫です。

授乳室も何ヵ所か設置されています。設置場所は、ときわ湖水ホールやときわミュージアム、ときわ動物園の売店などにもあります。授乳室にはミルク用のお湯も用意されているので、赤ちゃんを連れている方にも配慮があるのが、とても嬉しいです。年齢を問わず楽しめる場所なので、おすすめしたい公園です。

ときわ公園の動物園行ってみよう!見出し

いきいきと暮らす動物を見ることができる「ときわ動物園」では、動物の生息地をゾーンごとに再現してあり、動物の自然な行動をそのまま見ることができるように工夫されているのが魅力の動物園です。毎日行われているイベント、「ぱくぱくタイム」があり、キツネザルが12時頃、ペリカンが16時頃にあります。

乾いた生息地に近い状態のエリアにはワオキツネザルがいたり、川を挟んだ向こう側には降雨地に生息するエリマキキツネザルがいたりと、同じエリアにいながら違う生息地の動物を見る事ができるので、飽きることなく楽しめます。動物ものびのびと過ごしていますよ。

動物園には柵があることが多いのですが、ときわ動物園では「柵なし展示エリア」もあります。柵が無くても大丈夫なのかと思われますが、動物の特性を生かす事で実現可能となった、世界でも数少ない展示方法を取り、注目を集めている動物園です。

ときわ動物園の入園料ですが、一般500円、3歳以上中学生以下200円、70歳以上250円となっています。開演時間は9時30分から17時までなので、ゆっくりと動物を見ることができます。休館日は、毎週火曜日となっていますが、火曜日が祝日の場合は開館しています。

ときわ動物園は、当日の再入園も可能で、動物園出口付近の再入園スタンプを手の甲に押して、当日券と手の甲のスタンプをスタッフに見せると再入場できます。年間パスポートをお持ちの方は、手の甲にスタンプをすることなく再入場できます。年間パスポートの料金は、大人1500円、中学生以下600円、70歳以上の方は750円です。

ときわ遊園地でアトラクションを楽しむ!見出し

ときわ公園には遊園地もあり、子供向けのアトラクションがいくつもあります。懐かしいメリーゴーランドやバッテリーカー、高いところから景色を楽しめる大観覧車もあります。小さなお子さんが楽しめるアトラクションが中心となっている遊園地です。

大人の方も楽しめるアトラクションは、カッタ君の大観覧車を始め、立体迷路ときわラビリンスやアモーレエキスプレスなどがあり、お子さん向けのアトラクションと比べると数は少ないですが、楽しむことができます。遊園地で遊んでいる間は童心に返るのもいいですよ。

遊園地を利用できる時間は、9時30分から17時までとなっています。遊園地の入園料は無料で、アトラクションを利用する毎にのりもの券を購入したり、現金で利用するものもあります。のりもの券には、有効期限がないので、いつでも利用できます。のりもの券は1000円の回数券で購入するのがおすすめです。のりものに乗る時には、保護者が同伴だったり、身長や年齢に制限のあるものもあります。

遊園地でたくさん遊んだ後、ひと休みするのにちょうど良いのが、こちらの「Bar Miel(バルミエール)」です。カフェテリアなので、軽食とドリンク類が多いですが、サラッと食べたいときにちょうど良いかと思います。営業時間は10時から17時まで(冬期間16時まで)、定休日は火曜日ですが、ときわ公園でイベントなどがある場合は、営業しています。

ときわミュージアムで植物鑑賞見出し

ときわミュージアムには、彫刻を楽しめるエリアと植物を楽しめるエリアがあります。開館時間は9時から17時までとなっております。彫刻を見られるエリアの入館料は無料で、定休日は火曜日と年末年始(12月29日から1月1日)です。

世界を旅する植物館では、様々な植物を観ることができます。植物のエリアは8エリアあり、熱帯アジアやヨーロッパ、アフリカなどの植物を観ることができ、人気のある植物館なのです。多肉植物も多数展示してあり、多肉植物を好んでいる方がよく来館しています。

植物を観ることができるエリアは、入館料は有料となっております。18歳以上70歳未満は300円、70歳以上は200円となり、18歳以下は無料で入館できます。何度も入館する方は年間パスポートを作ることをおすすめします。18歳以上900円、70歳以上600円となり、発行から1年間有効です。定休日は火曜日、年末年始となっております。火曜が祝日の場合は営業しており、翌日は休館します。

常盤湖周辺を楽しむのもいい!見出し

ときわ公園内に佇む、地域の文化活動と憩いの場となっているときわ湖水ホール、博物館や石炭記念館もあり、ミュージアム分館も併設されているので、植物や彫刻を企画展示してあったりと、美術や文化を静かに楽しみたい方も訪れます。

ときわ湖周辺は、遊歩道があるので、ウォーキングやランニングをする方も多いです。湖周辺の涼しい風を浴びながら、景色を眺めながら身体を動かしたり、気分転換をする方の姿が見られます。白鳥の飼育が再開されたので、ゆっくり眺めている方もいます。

ときわ公園のイベント見出し

ときわ公園では、様々なイベントが行われます。植物に関するイベントでは、フラワーフェスタ&緑化祭があり、お花の展示販売やハーブティーの試飲ができます。お花のスタンプラリーも楽しめるので、お子さんと一緒にあちこち歩くのも楽しくなります。お花の無料配布もあり、植物が好きな方におすすめイベントです。

ときわ公園の東駐車場では、フリーマーケットもイベントの企画に上がります。お買い物の駆け引きを楽しむのもいいですが、自分が出展しても楽しいかもしれませんよ。ふらりと立ち寄ったフリーマーケットで、探しているものが出てくるかもしれない、わくわく感も楽しめます。気に入った物が手に入るといいですね。

冬になりますと、ライトアップがとてもきれいと評判のイルミネーションが点灯され、ときわ公園を幻想的な雰囲気に作り上げます。西日本のイベントの中でも大きなイベントで、たくさんの方が訪れます。参加型のイルミネーションイベントで、見るだけではなく、組み上げる楽しみもあります。11月末頃から翌年1月上旬頃まで開催で、この期間は夜間営業をしているので、冬のおすすめイベントになっています。

四季を通して自然を楽しめる! ときわ公園見出し

四季を通して自然を楽しむことのできるときわ公園では、春には100本の梅が咲き、鮮やかな花が梅園を彩ります。梅まつりも開催されます。春はよく知られた桜の名所でもあり、たくさんの花見客も訪れる場所です。秋には紅葉がときわ湖周辺を鮮やかに染めます。

ときわ公園で夜桜を楽しむ方も多く、カメラのシャッターを切る方をよく見かけます。ライトアップされた桜は、昼の顔と違い、がらりと雰囲気が変わります。明るい時間に公園でたくさん遊んで、夜に夜桜を楽しむのもいいですよ。ときわ公園は、おすすめの夜桜スポットです。

ときわ公園へのアクセス見出し

ときわ公園のアクセスをお考えの時は、山口県宇部市則貞3丁目4番1号を目指します。中国自動車道・小郡ICで降り、ときわ公園を目指します。移動時間は約35分前後です。山陽自動車道・山口南ICで降ります。ときわ公園までの移動時間は30分前後です。どちらからのアクセスでも、ときわ湖を目指して下さいね。

ときわ公園の駐車料金ですが、15分まで無料で止められ、普通車で2時間まで200円となり、1時間増えるごとに100円ずつ加算されていきます。24時間まで最大500円になりますが、24時間を越えると新たに入場したと言う扱いとなり、駐車料金が加算されていきます。大型車も止められますが、普通車の4倍の料金がかかります。

新山口駅方面からのアクセスは、新山口線などを利用し、ときわ公園入口で下車をします。市内線を使うのもいいですが、「特急便」を使うと便利です。特急便は、新山口駅から直行でときわ公園にアクセスでき、30分で到着するので、こちらを利用をおすすめします。

宇部新川駅方面からのバスでのアクセスは、萩原線や萩原循環線を利用し、「ときわ公園」で下車します。東部市内循環線「めぐりーな」のご利用の方は、「ときわ公園」か「ときわミュージアム」で下車します。阿知須線、あるいは中央病院線をご利用の方は、「ときわ公園入口」で下車します。

宇部空港からのアクセスですと、タクシーを使って5分前後で到着します。宇部空港からは路線バスもありますが、タクシーを使ってアクセスするのをおすすめします。どのアクセス方法でも来られるのであれば、ご自分の都合の良いアクセス方法を選んで遊びに行きましょう。

一日中たくさん遊べるときわ公園見出し

広大な敷地で、一日中楽しく遊べるときわ公園をご紹介しました。動物園や遊園地もお子さんに人気ですが、湖畔沿いをランニングやウォーキングができるので、大人の方にも人気です。赤ちゃんも気兼ねなく一緒に過ごせるので、年齢を問わず過ごせるのが嬉しいですね。イベントもたくさんあるので、一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

山口県キャンプ場ランキングTOP10!豊かな自然とコテージも楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山口県キャンプ場ランキングTOP10!豊かな自然とコテージも楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山口県は三方が海に面しており、内陸部の多くは山岳地帯。その為、山口県では様々な姿の自然と触れ合うことができ、キャンプ場も豊富にあります。今回はそんな山口県の、地元の人も遠くの人も家族で楽しめる自然豊かなキャンプ場ランキングトップ10を紹介します!
 山口県道の駅おすすめランキングTOP10!温泉もある人気の施設をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山口県道の駅おすすめランキングTOP10!温泉もある人気の施設をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山口県の道の駅は23駅あります。県別で17番目に多い県です。1位は北海道117駅で2位の倍以上です。山口県は北側は日本海、南側は瀬戸内海で海の幸、山の幸に恵まれています。山口県の道の駅TOP10と合わせておいしい食べ物と観光スポットを紹介します。
山口県お土産ランキングTOP15!お菓子などもらってうれしい人気商品! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山口県お土産ランキングTOP15!お菓子などもらってうれしい人気商品! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山口は日本の絶景ランキングで1位をとった角島のある県。特産品も多く、お土産の種類が豊富すぎてどうしようか迷ってしまうことがあります。そんな時にも迷わず選べる、山口のおすすめのお土産を15位までのランキングでご紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年5月7日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote