地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

d払いはセブンイレブンでも使える!支払い時の使い方やポイント還元率も調査!

d払いはセブンイレブンでも使える!支払い時の使い方やポイント還元率も調査!

d払いは、セブンイレブンでも利用できるお得な支払い方法です。DoCoMoのスマートフォンを使用していなくても、d払いを利用することができます。年会費や決算手数料などもかからず、無料で使えます。セブンイレブンで利用できるd払いについてご紹介します。

d払いはセブンイレブンで使用できる!見出し

Photo by sekido

「d払い」は、NTTDoCoMoが提供しているスマホ決済サービスとなります。DoCoMoの携帯を持っていなくても、dアカウントに登録すれば誰でも利用することができます。

d払いはdポイントが貯まり、お得に買い物することができます。セブンイレブンで使えるd払いをご紹介します。

セブンイレブンでd払いをするメリット見出し

セブンイレブンでd払いをするメリットは、多数のメリットがあります。d払いをすることで、dポイントが貯まります。

そのdポイントは、「dポイント加盟店」で利用することができます。dポイント加盟店はコンビニエンスストアや百貨店、インターネット通販サイトでも利用できます。

d払いでdポイントが貯まる

セブンイレブンで食料や雑貨を購入する際に、d払いで支払いをすると、dポイントを貯めることができます。

d払いは、dポイントカード、モバイルdポイントカード、dポイントカードゴールドなどで支払いすることができます。

dカード提示でdポイントが貯まる

dカードは、NTTDoCoMoが発行しているスマホ決済サービスです。コンビニエンスストアや家電量販店などのdポイント加盟店では、dカードを提示するだけでdポイントが貯まります。

セブンイレブンは、dポイントカードの加盟店ではないため、dポイントカードの提示だけではdポイントを貯めたり使ったりすることはできません。しかしd払いやdカードでの決算で、dポイントを貯めることはできます。

キャンペーンでよりお得になる時がある

セブンイレブンで200円以上の商品をd払いで購入すると、dポイントが自然と貯まっていきます。特別な手続きは必要ないので、気軽に利用することができます。

d払いは、キャンペーンを行っている期間があります。キャンペーン期間中はよりお得になる場合があるので、随時キャンペーン情報をチェックしておくことがポイントです。

iD払いも可能

iDは、NTTDoCoMoが提供している電子マネーです。iDは加盟店数が多いので、d払いが利用できない場合でもiDは使用できるというケースも多くあります。

dポイントを貯めたい方は、iDと併用しておくとポイントが貯まる機会を増やすことができます。iDを搭載したdカードで決算したりなど、様々な方法があります。

キャッシュレス消費者還元の対象になる

セブンイレブンでd払いをするメリットは、消費税増税後のキャッシュレス消費者還元を利用することがポイントです。

2019年10月から始まったキャッシュレス消費者還元事業で、キャッシュレス消費者還元事業の加盟店を利用すれば、2%か5%のdポイントが還元されます。セブンイレブンもキャッシュレス消費者還元事業の加盟店です。

セブンイレブンでのd払いの使い方見出し

2019年10月1日からセブンイレブンで、d払いが使用できるようになりました。普段からd払いを使用している方は、便利な支払い方法となります。

セブンイレブンでのd払いは、nanacoと併用できるのかなど、セブンイレブンでのd払いの使い方をご紹介します。

支払い方法を設定しておく

セブンイレブンでのd払いの使い方として、まず初めに「d払い」のアプリケーションをダウンロードしましょう。d払いはDoCoMoのスマホ決済アプリケーションとなりますが、DoCoMoユーザー以外も使用することができます。

初めに使い方やアプリケーションをダウンロードしておくことで、スムーズにスマホ決済を行うことができます。

d払いでできる支払い方法は「電話料金合算払い」「クレジットカード」「ドコモ口座」「dポイント」の4種類あります。クレジットカードの場合、dカード以外のクレジットカードを紐づけておくと、登録したクレジットカードのポイントも貯めることができるのでお得感があります。

会計時にd払いアプリを提示する

セブンイレブンでd払いするときの使い方としてダウンロードした後は、実際に会計時にd払いアプリケーションを提示します。まず現金で会計する時と同じように、レジに購入したい商品を持っていきます。次に「d払いでお願いします」とレジのスタッフさんに伝えます。

そしてd払いアプリケーションを開きます。アプリケーションを開くと、初めの画面にバーコードが表示されます。そのバーコードをレジのスタッフさんに提示すると、レジで読み取ってくれます。レジで読み取ってもらうと、支払い完了となります。

簡単な使い方なので、慣れると便利に使用することができます。会計する前や、レジのスタッフさんがレジ打ちしているタイミングでd払いアプリケーションを開いておくと、スムーズに支払いすることができます。支払いが完了すると、スマートフォンの音が鳴るので分かりやすいです。そして決算情報が、直ぐにスマートフォンに表示されます。

nanacoと併用できないことに注意

セブンイレブンでは、nanacoを使用することができますが、d払いとnanacoは同時に使用することはできません。d払いやnanacoのキャンペーンや還元率などを考えて、どちらを使用した方がお得かを踏まえて支払いすることがポイントです。d払いするときに、nanacoを提示してもnanacoにポイントは貯まらないので気を付けましょう。

またd払いは、セブンイレブンのnanaco以外にも併用できない支払い方法があります。それは現金、楽天Edy、クレジットカード、suicaやPasmoなどの交通系の電子マネーです。d払いで支払いきれなかった料金を、現金で支払うという使い方はできません。

レジで読み取ってもらう

セブンイレブンでd払いするときは、レジで読み取ってもらう方法があります。d払いのアプリケーションを開き、右上にある「読み取る」をタップします。読み取るをタップすると、カメラが起動されます。

カメラが起動したら、お店が提示しているQRコードを読み取ります。QRコードを読み取ると、お支払い内容の確認の表示があります。「支払う」をタップすると、支払い完了となります。支払い完了をタップした後は、アプリケーションに決済情報が表示されます。レシートメールも送付されます。

セブンイレブンでd払いできない時の対処法見出し

セブンイレブンでd払いできない原因は、様々な原因が考えられます。自分で対処できる方法もあるので、慌てず原因を考えましょう。

単純な原因で、セブンイレブンでd払いできないこともあるので事前にチェックしておきましょう。セブンイレブンでd払いできない時の対処法をご紹介します。

モバイル端末が傷ついている

セブンイレブンでd払いできない時の原因として、モバイル端子が傷ついているという原因があります。d払いは、持っているスマートフォンの画面にバーコードを表示して支払いする使い方となっています。

そのスマートフォンの液晶画面にヒビが入っていたり傷が入っている、液晶画面が汚れていたりするとd払いのバーコードが読み取れないことがあります。セブンイレブンでd払いをしたい時は、気を付けたいポイントです。

d払い対象外の商品である

セブンイレブンでd払いできない時の原因は、d払い対象外の商品であることです。d払い対象外の商品は、インターネットショッピング商品店頭受け取り時の支払いやインターネット代金収納料金などです。

また公共料金などの収納料金やプリペイド携帯カードなども、対象外の商品となります。各種電子マネーへの現金チャージも対象外の商品です。多数のd払い対象外商品があるので、d払いで支払いする際は気を付けましょう。

d払いの限度額を超えている

セブンイレブンでd払いが使用できない原因は、d払いの限度額を超えている可能性があります。dポイントのクラブ会員で利用可能なdポイントを保有していれば、いつでも利用可能となります。しかしバーコード決済の場合は、利用可能ポイントと保有していても、最大理由限度額は1度に99999円が上限となります。

dポイントカードでポイントを使用する際に、ポイントの利用上限と変更、上限の一時解除の設定を行うことができます。dポイントカードの利用上限設定から、変更を行うことができます。

セブンイレブンでd払いのポイント還元率を上げるコツ見出し

セブンイレブンでd払いのポイント還元率をあげるコツが、幾つかあります。チェックしておくと、お得に買い物できる可能性もあります。

セブンイレブンでは、d払い対象外商品もあるので気を付けましょう。セブンイレブンでd払いのポイント還元率をあげるコツをご紹介します。

各種キャンペーンを利用する

セブンイレブンでd払いのポイント還元率を上げるコツは、各種キャンペーンを利用することです。随時様々なキャンペーンが開催されているので、そのキャンペーンを利用することで還元率をあげることができます。

事前にエントリーが必要なキャンペーンなどもあるので、随時キャンペーン内容をチェックしておくことがポイントです。頻繁に行くお店などでd払いポイントのキャンペーンが開催していないか、d POINT CLUBサイトなどを見ておくことが大切です。キャンペーン内容によって、還元率が変化するので還元率も見ておきましょう。

お支払割でdカードの還元率を5%にする

セブンイレブンでは、お支払割を使用するとdカードの還元率が5%になります。キャンペーン期間中にdカードやdカードゴールドなどで買い物をすると、通常の決算したポイントにプラスして、決算金額の4ポイントのdポイントを付与するキャンペーンです。

付与されたdポイントは、利用月の翌月末に付与されます。有効期限は、付与された日から6ヵ月間となっています。また付与されるポイントの上限は、月2000ポイントまでとなります。

d払いのポイントとnanaco支払いの比較見出し

NTTDoCoMoが提供しているd払いと、セブンイレブンが提供しているnanaco支払いの還元率などをチェックしましょう。

キャンペーン期間中は還元率が変化する可能性もあります。注意して見ておきたいポイントとなります。

基本的な還元率は同じ

多様な使い方ができるd払いのポイントとnanacoで支払いした時の還元率を比較してみると、基本的な還元率は同じとなります。

nanacoは、セブンイレブンやイトーヨーカドー、ツルハグループなどのnanacoマークがある場所で、利用することができます。またnanacoは、対象商品を購入すると通常200円1ポイントに加えて、ボーナスポイントがプレゼントされます。ボーナスポイントは、全額nanaco支払いをした場合となります。ポイント数は商品によって異なります。

キャンペーン中はキャンペーン中の支払いがお得

セブンイレブンでは、d払いに関するキャンペーンなどを行っています。キャンペーン期間中であれば、nanacoで支払いするよりもd払いで支払いする方が、還元率が高い場合があります。

セブンイレブンで開催されていたキャンペーンは、「エントリーしてd払いで支払いを行うと、最大20%相当ポイントが還元される」というキャンペーンです。nanacoを利用するよりも、圧倒的にd払いの方が還元率が高くなります。多様な使い方ができるので、普段はnanacoを使用し、キャンペーンが開催されている間はd払いをするのも良いようです。

セブンイレブン以外でもdポイントを貯めるなら一本化がお得

dポイントを貯めたいときは、セブンイレブン以外のコンビニエンスストアや飲食店でも、d払いの一本化をしていくことが大切です。

dポイントの還元率が高いお店は、ローソンとマツモトキヨシなどのお店です。ローソンはdカード利用で4%還元、マツモトキヨシはdカード利用で3%還元となります。dポイントカードを提示すると、さらに還元されることがあります。

またd払いをする際に、200円以下の商品を購入してもポイントは付与されません。200円以下の商品を購入する際は、気を付けましょう。

nanacoは税金・公共料金を支払えるのが強み

セブンイレブンのnanacoは、公共料金や税金を支払うことが可能です。d払いでは公共料金や税金を支払うことができません。nanacoは、税金や公共料金を支払えるのが強みでもあります。

しかし日常的にdポイントを使用する方であれば、d払いの方がお得です。様々な支払い方や使い方があるので、最もお得に支払える方法を見つけることがポイントです。

セブンイレブンはクレジットカードが使える!お得なnanacoカードについても | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セブンイレブンはクレジットカードが使える!お得なnanacoカードについても | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
全国に店舗があるセブンイレブンはコンビニ業界最大手です。今回はセブンイレブンで使えるクレジットカードについて詳しく解説いたします。ポイントが最も高還元で貯まるクレジットカードのほかnanacoポイントが貯まるnanacoカードについての情報もご紹介いたします。

セブンイレブンでのd払いはポイントを貯めやすくおすすめ見出し

Photo by zenjiro

セブンイレブンでd払いすると、ポイントを貯めやすくなります。セブンイレブン以外でのショッピングも、d払いに一本化することで、ポイントをさらに貯めることができます。

またd払いをクレジットカード登録しておくことで、クレジットカード払いのポイントも貯めることができます。セブンイレブンでのd払いについてぜひ参考にしてみて下さい。

投稿日: 2020年5月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote