地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

【100均】ダイソー・セリアの防水スプレー9選!効果や使い方もチェック!

雨や雪の時、靴や服などに防水スプレーを使う方も多いのではないでしょうか。近年ではダイソーなどの100均でも売られるようになっていますが、効果はどうなのでしょう。そこでダイソーなどの100均で購入できる防水スプレーの商品の特徴や使い方のコツなどを紹介します。

100均ダイソー・セリアのおすすめ防水スプレーを紹介!見出し

Photo bypuotek

雨や雪の時に外出をする時、困るのが雨に濡れて服などが汚れることです。特に靴などに水がしみ込んでくると気分もよくありません。それを防ぐためにおすすめなのが防水スプレーです。ダイソーなどで購入できる防水スプレーを紹介します。

100均の防水スプレーの効果・使い道見出し

Photo byJamesDeMers

さて、日本は雨が多い国でもありますから、靴に防水スプレーを使って履いているという方も多いのではないでしょうか。しかし防水スプレーはそれなりの値段がするので、ついつい少なく使って効果が今一つという方もいるでしょう。

それが近年、ダイソーやセリアなどの100均で、防水スプレーが販売されるようになりました。ダイソーやセリアなどの100均で売られている防水スプレーの効果や使い方はどのようなものなのでしょうか。

そこでまず、ダイソー、セリアなどの100均の防水スプレーが本当に効果があるのか、またおすすめの使い方があるのかという点から紹介していきましょう。

100均の防水スプレーの効果

Photo byrkit

まず、ダイソー、セリアなどの100均の防水スプレーは効果かあるのかという、最も重要な問題についてです。いくら100均で安くても、効果がないのであれば意味がないからです。

結論から言うと、ダイソー、セリアなどの100均防水スプレーは十分に効果が期待できる商品です。実際にネット上では、これらの防水スプレーを使ってみた検証もありますが、しっかりと防水がされており、効果に関しては問題ないことがわかります。

ただ、100均以外の防水スプレーに比べると、効果の持続時間が短いという口コミなどもありますので、その分まめに使用するのがおすすめです。繰り返して使うことで効果を持続させることができます。

100均の防水スプレーの使い道

Photo byJillWellington

それでは、ダイソー、セリアなどの100均で販売されている防水スプレーの使い道にはどのようなものがあるのでしょうか。

もちろん防水スプレーですから、雨に濡れる心配があるもの、例えば靴やレイングッズなどに使うことができるわけですが、他にもおすすめの使い方があります。水をはじくため、汚れ防止に使えるのです。

たとえばテーブルクロスなどは、水や調味料などがこぼれたり、とんだりして汚れやすいものです。もちろん商品によってはもともと撥水加工などをしていることもありますが、防水スプレーを使うことで、汚れを落としやすくすることができます。

フリー写真素材ぱくたそ

同様に、小さな子供の服などに使うと、うっかりと子供が汚してしまった時にシミになるのを防ぐことができます。100均の防水スプレーならば、価格も手頃なので、気軽に使うことができます。

また、これはシリコン系の防水スプレーに限った使い方なのですが、切れ味の落ちたハサミに、シリコン系の防水スプレーを布に取り、塗り込むと、シリコン樹脂でコーティングされることで切れ味を復活させることができます。

このように、防水スプレーの使い方は単に雨などの防水だけでなく、さまざまな汚れを防いだり、ハサミの切れ味を復活させたりと多様です。100均の防水スプレーでまるごと対応してはいかがでしょうか。

バイク用レインウェアおすすめ21選!防水性に優れた人気アイテムばかり!のイメージ
バイク用レインウェアおすすめ21選!防水性に優れた人気アイテムばかり!
悪天候の日のバイク走行にかかせないのが、バイク用のレインウェアです。バイク用のレインウェアは防水性に優れており、中にはおしゃれなデザインのものも充実しています。雨の日は、バイク用レインウェアを着て安全にバイクを運転しましょう。

100均ダイソーのおすすめ防水スプレー6選見出し

Photo by alberth2

このように、ダイソーやセリアといった100均で販売されている防水スプレーは使い方もいろいろあり、効果も期待できるということがわかりました。

そこで次に、具体的に100均にある防水スプレーのおすすめポイントを紹介します。まずは100均最大手と言っていい、ダイソーにある商品からです。

ダイソーは日本の100均最大手と言われることが多いだけあり、商品のバリエーションがとにかく多いのが特徴です。「ないものはない」と言われることがありますが、防水スプレーもさまざまなタイプのものが揃っています。

ダイソー①ドライバリア365

ダイソーの防水スプレー「ドライバリア365」は、通販サイトなどでも同名商品が売られています。そちらでは1000円以上する防水スプレーを、なんとダイソーで購入することができるのです。

こちらの商品はダイソーでは、15ミリリットルのものが200円、300ミリリットルのものが300円で売られています。成分などは通販サイトのものと同じで、原産国が違うだけだということです。

非結晶二酸化ケイ素を使っており、成分が繊維を覆うことで防水効果を発揮します。使い方はスプレーしてから3時間以上乾かします。革製品や靴などにも使えるので、使い道の点でも幅広く、人気商品となっています。

ダイソー②Waterproof Spray

ダイソーには数種類の防水スプレーがありますが、その中で一番人気と言われるのがこちらの防水スプレーです。青と白のストライプカラーのパッケージがかわいらしいです。

容量が70ミリリットルと少ないため、いざという時に持ち歩きたいという方に人気のタイプとなっており、防水効果もしっかりと感じられます。使い方は30センチくらい離れたところからムラなくかけるというものです。

こちらの防水スプレーは、シリコン系のタイプであり、ドライクリーニングができる布地に使えます。毛皮や合皮、人工皮革などには使えないのでその点は注意して使うことをおすすめします。

ダイソー③防水スプレー

ダイソーにはそのものずばり、「防水スプレー」という名前の商品もあります。こちらも容量は70ミリリットルで100円で販売しています。本体の地の色が白で、水色のブーツの絵が書いてあります。

こちらも使えるのはドライクリーニングができる布製品で、コンパクトサイズで持ち歩きやすい点が人気です。また、スプレーをしてからすぐに効果が出るようなので、出先で突然雨が降ってきた時などに使いたい方におすすめします。

缶にブーツ、傘が書かれているので、突然の大雨などの時、傘やブーツに使うことができます。ネットの情報では、スキー場でスキー用品に使う使い方も書かれていました。

ダイソー④コートスプレー

ダイソーなどの100均で販売されている防水スプレーは、基本的にドライクリーニングかできる生地、つまり布地系に使えるものです。それに対して「コートスプレー」は靴、革製品などにも使うことができる特徴があります。

革製品に使える防水スプレーは普通に購入しようとすればそれなりの値段になります。しかし100均などで安く手に入れられるものは少ないので、この防水スプレーはダイソーの防水スプレーの中でも特に人気の高い商品となっています。

シリコン系の防水スプレーで効果も高く、使い方も簡単な点も人気のポイントです。特に革製品に使えるため、カバンや革靴などにさっと使い、気軽に防水加工を施すことができる点がいいところです。

Photo byrkit

容量は220ミリリットルと他のダイソーの防水スプレーよりも多めになっており、その分値段は200円となっています。ダイソーの商品の値段としてはやや高めなのですが、使い道の幅が広いので、一本あって損はないでしょう。

特にカバンや靴など、革製品を使う機会が多い方であれば、この防水スプレーは必需品です。ただし、それだけに人気となっており、売り切れていることも多いので、見つけたらぜひ入手することをおすすめします。

ダイソー⑤シューズ用防水スプレー

雨の時に靴に水がしみ込んでくるのは気分がよくないものです。そのような状態を避けたい方におすすめなのが、ダイソーの「シューズ用防水スプレー」です。

名前にあるように、靴に使える防水スプレーで、70ミリリットルとコンパクトサイズとなっているため、カバンなどに入れて持ち歩くこともできます。梅雨の時期など、いつ雨が降るかわからないという時には、用意しておくと安心です。

使い方も簡単で、使いたい生地にスプレーするだけですから、どこでも気軽に使うことができる点もいいところです。

Photo byAlexas_Fotos

ダイソーのこの防水スプレーが特におすすめなのがブーツ類です。この防水スプレーは革靴だけでなく、スエード生地などにも使えます。スエード生地は防寒ブーツなど、雪道対応の靴にも使われているため、防水スプレーの効果が必要です。

スエード生地などに使える防水スプレーは値段が高いものが多く、そのために購入するのは躊躇する方もいるでしょう。その点ダイソーのこちらの防水スプレーなら、気軽に用意しておくことができます。

ダイソー⑥シリコンスプレー

ダイソーには「シリコンスプレー」も販売されています。シリコンスプレーは厳密には防水スプレーではないのですが、シリコンに防水効果があることから、防水スプレーとしての使い方もできます。

シリコンスプレーの特徴としては、布以外の物にも使えるという点が挙げられます。それこそ車などにも使うことができるので、雑貨や調理器具など多様なものに使える商品となります。

先ほど防水スプレーの使い方として、ハサミの切れ味を復活させると述べましたが、これもシリコンスプレーならではの使い方です。それだけに100均のダイソーで購入できるメリットは大きく、ぜひおすすめします。

100均セリアのおすすめ防水スプレー2選見出し

Photo by yto

「セリア」は、比較的若い女性に人気の100均と言われており、カフェや雑貨屋さんにあるようなおしゃれな商品が多く販売されています。同じグッズでもモノトーンのものなど、ふだん使いのものをセリアにしている方もいるのではないでしょうか。

防水スプレーというと、おしゃれな服や靴などを汚したくないという女性の必須アイテムの一つではないでしょうか。そこでセリアで購入することができる防水スプレーについても紹介していきましょう。

セリア①フッ素防水スプレー

セリアで売られている防水スプレーには「フッ素防水スプレー」というものがあります。防水スプレーにはフッ素系とシリコン系のものがあり、フッ素系のものは防水力が高く、即効性があるのが特徴です。

フッ素の防水スプレーは水をはじく防水効果のほかに汚れをつきにくくする効果もあるので、傘や衣類、靴などに使うことで、グッズをきれいに保つ効果も期待できます。

100均のセリアで購入できるということで、気軽にいろいろなものに使える点もいいところです。汚れが気になるものやレイングッズなどにたっぷり使用してはいかがでしょうか。

セリア②防水スプレー waterproof SPRAY

セリアには、布製品専用の防水スプレーも販売されています。おしゃれなデザインでコンパクトサイズなので、雨が心配な時期などにはカバンに入れておき、いざという時に使いたいという方にもおすすめです。

こちらはドライクリーニングができる生地用の防水スプレーなので、革製品などには使えません。その分防水効果はしっかりしているので、雨の日の洋服などが汚れるのを防ぎたい時にもいいでしょう。

100均キャンドゥのおすすめ防水スプレー1選見出し

「キャンドゥ」は、いろいろな層の方が使いやすい商品がまんべんなく揃っており、気軽に入ることができる100均のお店と言われています。

日用品などはもちろん、メイクアイテムや手芸品などもあるなど、老若男女問わず使いやすいグッズが多く、防水スプレーももちろん取り扱っています。

キャンドゥ①防水スプレー water proof spray

キャンドゥで販売している防水スプレーはシリコン系タイプのもので、70ミリリットルで100円の商品です。ブルーのボトルに「防水スプレー」と書かれてあるので、すぐに見つけられるでしょう。

傘や衣類、靴など、ドライクリーニングができる素材に使うことができ、使い方は他の100均で販売している防水スプレーと同じです。ただし、革製品や変色の可能性のあるものに使うことはできません。

サイズもコンパクトで持ち歩きしやすいので、カバンなどにいれておき、突然雨になった時にさっと使うことができる防水スプレーを探している方におすすめです。

100均ダイソー・セリアの防水スプレーの使い方&注意点見出し

Photo byrkit

このように、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均でもさまざまなタイプの防水スプレーが販売されています。特にダイソーでは扱っている種類が多く、使い道に合わせていくつか揃えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、どんなに効果が高い防水スプレーであっても、正しい使い方をしなくては、その効果はなかなか得られません。結果的にダイソーなど100均の防水スプレーの効果がないように感じてしまうでしょう。

そこで、ダイソーなどの防水スプレーを使う際に気を付けたいポイントと、注意点について次にいくつか紹介していきます。

汚れを落としてから使用する

Photo byPublicCo

高級な靴などを購入した際、靴屋でクリームや防水スプレーをかけてもらった経験がある方もいるのではないでしょうか。防水スプレーを使うポイントは、「購入したらすぐ」がおすすめです。

汚れがついた状態だと、防水スプレーがその汚れを固めてしまい、汚れそのものも落ちにくくなってしまいます。ですから、靴や服など着用するものに防水スプレーをするなら、着用して出かける前の汚れのついていない状態がおすすめです。

特に靴やカバンなどの場合は、汚れのついていない状態で使うことでより効果が発揮されます。防水スプレーには汚れをつきにくくする効果もあるので、ぜひ新品に使いましょう

Photo by cinz

しかし後でも述べますが、防水スプレーの効果は時間が経つと落ちてきます。これはダイソーのものでも高いものでも、その時間の長さに違いはあっても同じことです。

既に着用したアイテムに防水スプレーをする場合は、しっかり汚れを落としてからにしましょう。靴ならきれいに磨き、服などならクリーニングなどをした後、ほこりなども落としてから使うことで、ふたたび防水スプレーの効果が発揮されます。

防水スプレーを使うタイミング

Photo bydiego_torres

次に、ダイソーなどの防水スプレーは「いつ」かけるべきなのかということです。ダイソーなどのものに限らず、防水スプレーというのは布地などにくっつき、完全に乾いたところでその効果が発揮されます。

お出かけ先で突然雨に降られて、急きょ防水スプレーが必要になったという場合は仕方ないですが、最低でも30分から1時間前にはスプレーし、しっかりと成分を定着させてから出かけることをおすすめします。

なお、ダイソーなど複数の成分の防水スプレーを扱っている場合、商品に含まれる成分によってその成分が定着する時間に違いがあります。使う前に説明をよく読んで使うことをおすすめします。

防水スプレーの使用頻度

Photo bywebandi

次に、防水スプレーを使う「頻度」についてです。先ほど、ダイソーなどの防水スプレーは、成分の点では一般的に売られているものと変わりがないと述べました。

ではなぜ、ダイソーなどの防水スプレーは100円などの安い値段で売ることができるのでしょうか。それは容量が違うという点ももちろんあるのですが、ダイソーなどのものは防水スプレーの効果が続く時間が短めと言われています。

もともと、防水スプレーというのは永久的に効果があるものではありません。特に雨具などを使う頻度が増える時期は表面が濡れる機会も多くなり、それによりスプレーの効果が落ちやすくなります。

Photo by s.sawada

ですから、ダイソーのものに限らず、梅雨や雪の時期などは使用頻度を高くすることがおすすめです。可能ならば1週間に1度ほど、継続的に使い、しっかり成分を定着させることで、効果を高めるとよいでしょう。

幸い、ダイソーなどの商品は値段が安く、たっぷりと使ってもお財布に優しいのが人気のポイントでもあります。ダイソーなどの商品を短いスパンで使うことで、汚れや防水の効果を高めて使うことをおすすめします。

防水スプレーの注意点

Photo byrkit

次に、防水スプレーを使う際の注意点について、もう少し細かく紹介していきましょう。ダイソーなどの防水スプレーは安い価格で販売されていますが、多少効果が持続する時間が短い程度で、十分に使える商品であることがわかりました。

ではダイソーなどの防水スプレーの効果をしっかり高めて使うためには、このほかにどのような点に注意すればよいのでしょうか。次にダイソーなどの防水スプレーの使い方で押さえたいポイントをもう少し紹介します。

ムラにならないようにスプレーする

Photo byrkit

防水スプレーの効果が今一つという場合、もう一つ気を付けたいポイントがあります。それは「ムラなく使う」という点です。

当然のことですが、防水スプレーはかかっている部分に効果が発揮されます。つまりかけ方にムラがあると、かかっていない部分は防水効果がありませんから、結果的に汚れたり、雨がしみ込んだりしてしまいます。

ダイソーなどの防水スプレーは値段が安いので、あまり躊躇なく使うことができるのですが、高いものだと、ついつい少なめに使おうとしてムラにつながることがあります。

Photo by yamakazz

ダイソーなどの防水スプレーは、値段が安いために躊躇なく使うことができる点はいいところですが、ダイソーなどのものには別の問題もあります。容量の問題です。

ダイソーなどの防水スプレーは先ほど紹介したように、容量が少ないタイプが多いです。そのため、傘など大きなものを防水しようとすると、1本では足りないということもあり得るのです。

防水効果をしっかり高めるために、ムラなく使いたいので、ダイソーなどで防水スプレーを購入する時は、まとめ買いするのもおすすめです。まとめ買いして、たっぷり使うことで、ダイソーなどのものでも十分な効果を発揮させられるのです。

使用できる素材を確認する

Photo by yhy_jp

ダイソーなどの防水スプレーを使う際、もう一点注意したいのが素材です。ここまでダイソーなど100均の防水スプレーを紹介してきましたが、同じダイソーの防水スプレーでも、使える素材に違いがあります。

ドライクリーニングができる生地の場合はどれでも特に問題がありませんが、革製品などについては、使える防水スプレーが限られます。使えないタイプのものだと、変色したりシミができたりする危険性があります。

革などに使いたい場合はダイソーなどでそれ専用の商品がありますから、それを使いましょう。しっかり確認することで仕上がりもきれいにできるでしょう。

100均ダイソー・セリアの防水スプレーを使ってみよう!見出し

Photo byJamesDeMers

近年ではゲリラ豪雨など、突然の大雨などのリスクも増えてきており、防水スプレーを使う機会も多くなっています。ダイソーなどの100均で購入できる防水スプレーはコスパがよく、たっぷり使えます。ぜひ雨対策などに有効活用してください。

投稿日: 2022年6月18日最終更新日: 2022年6月18日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote