地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

コールマンのヘキサタープはアウトドアで欠かせない優秀アイテム!種類や機能は?

アウトドア用品の代表的なメーカーの一つであるコールマンでは、テントやタープなどさまざまな商品を展開していますが、なかでもヘキサタープは必須アイテムとして人気です。そこでコールマンのヘキサタープの特徴やおすすめポイントなどについて紹介します。

コールマンのヘキサタープはコールマンの人気タープ見出し

Photo bybhossfeld

アウトドアを楽しむ際、テントと一緒にタープを用意しておくと、日除けなどさまざまな点で利用でき、おすすめです。中でもコールマンのヘキサタープはサイズが使いやすいと評判です。コールマンのヘキサタープについて紹介します。

コールマンのヘキサタープの種類・機能・サイズの違い見出し

Photo byBen_Frieden

そもそもヘキサタープというのは、ヘキサゴン、つまり六角形の一枚の布でできているタープです。それをメインポールと張り綱を使って設営します。

コールマンのヘキサタープにもいくつかの種類があり、それぞれサイズなどに違いがあります。そのため自分が使いやすいサイズ、簡単に設営できるものなど、いくつかの選び方が可能です。

そこでまず、コールマンのヘキサタープの中でも特におすすめの4種類について、サイズやおすすめのポイントなどについて紹介していきましょう。

XPヘキサタープ MDXの特徴

こちらは、コールマンのヘキサタープの中でもロングセラー商品となっています。使用時のサイズは約460センチ×435センチ×230センチです。

このコールマンのヘキサタープの大きな特徴が、メインポールの形状です。メインポールが2本のポールをX字型にクロスさせたものを使っていて、その部分の張り綱を1本にしています。このため安定感があり、ペグの数も少なくてすみます。

コールマンの商品ということで、質もよく、安定感があるうえ設営もしやすくなっており、初心者でも簡単に設営できることから、特に初めてタープを購入する方におすすめです。

XPヘキサタープ MDX+の特徴

その「XPヘキサタープ」の機能を高めたのがこちらの商品です。サイズは約470×410×240センチと、サイズ的にはそれほど変わりがありません。

こちらの商品の特徴として挙げられるのが「ダークルームテクノロジー」が採用されている点です。これは遮光性に優れた素材を生地に使うことで、光を90パーセント以上ブロックする機能で、暑い時期でも安心して使うことができます。

加えてこちらにはサイドウォールもついており、横からの光もブロックして、より涼しく快適に過ごすことができるようなつくりになっています。コールマンの技術が感じられる商品と言えるでしょう。

ヘキサライトⅡの特徴

こちらの商品は、コールマンのヘキサタープの中でも手頃な値段の商品となっており、初めてタープを購入するのに値段が気になるという方におすすめです。

また、こちらの特徴として、コンパクトに収納できるという点が挙げられます。このヘキサタープについているポールは6節の折り畳み式ポールなので、折りたたむことで小さくなり、荷物に入れる場合も邪魔になりません。

ヘキサライト+の特徴

同じく、コールマンのヘキサライトのタープ生地にダークルームテクノロジーを採用したタイプがこちらです。つまりこちらの方が遮光性が高いタープということになります。

遮光性が高いため、夏にキャンプによく行くという方で、コンパクトに収納できるタイプのタープを探しているという方には人気が高く、サイズ的にも十分な大きさがあります。

ヘキサタープおすすめ21選!サイズや張り方・アレンジ方法も解説のイメージ
ヘキサタープおすすめ21選!サイズや張り方・アレンジ方法も解説
アウトドアに必須のアイテムタープには六角形の形のヘキサタープがあります。ヘキサタープは色んな形にアレンジして張ることができるおすすめの形のタープになります。その中でも特におすすめの特徴あるヘキサタープを21選集めてみました。
コールマンのタープおすすめ21選!張り方や連結方法も知っておこう!のイメージ
コールマンのタープおすすめ21選!張り方や連結方法も知っておこう!
コールマンのタープは丈夫で、耐久性があります。サイズや連結方法なども様々なので、最適な種類を選ぶことができます。コールマンのタープおすすめ21選をご紹介します。タープの張り方やテントとの連結方法も合わせてチェックしましょう。

コールマンのヘキサタープの口コミ見出し

Photo bykaboompics

このように、コールマンのヘキサタープの中でも特に人気の高いタイプは4種類あり、それぞれ収納のしやすさ、設営の簡単さ、そして遮光性の高さなど特徴を持っています。

では実際に使った方はこれらの機能についてどのように感じているのでしょうか。口コミを中心に、実際の使い勝手について紹介していきましょう。

XPヘキサタープ MDXの口コミ

まず、コールマンのヘキサタープの中でもロングセラーとなっているこちらの商品についての口コミからみていきましょう。コールマンの中でもロングセラーと言うだけあり、高評価が多く見られました。

特にこちらのタイプで評価が高いのが、設営が簡単であるという点です。ポールがX字になっている結果としてそうなのですが、初めてで一人でも簡単に設営できるということは、キャンプの時にはおすすめと言えるでしょう。

またクロスポールである結果として、高さ調整も簡単であるという点も評価が高く、その時の状況に合わせて使いやすくできる点も口コミ評価が高いようです。

男性

男性

ポールがX字になっているため、1人でも簡単に設営でき、高さ調整も楽にできるところが気に入っています。2〜4人くらいのキャンプにちょうど良いサイズなのもいいです。

女性

女性

メインポールがクロスポールなので、風が吹いている時でも安定性があります。リビングルームとしてタープを使うとキャンプをしているという気分の盛り上がりも感じます。

XPヘキサタープ MDX+の口コミ

次に同じタイプで遮光性が高められているコールマンのヘキサタープです。こちらの口コミではやはり、コールマン独自の遮光性の高さを評価している方が多く見られます。

特に海辺や夏の時期にキャンプに行くことが多いという方に評判が高く、しっかりと遮光できるうえ、設営も簡単にできることから、機能的で使い勝手がよいという方が多く見られました。

ただしその分、重さが気になるという方もあり、コンパクトさと設営の簡単さで悩むという方も多いかもしれません。

女性

女性

前に購入したものは最低でも2人でないと立てにくいため、こちらを購入しました。クロスポールのためか、ソロキャンプでも簡単に使えます。日差しの強い中も、ちゃんと影ができてとても快適でした。

男性

男性

湖畔のキャンプで初めて使用しました。突然の雷雨でも安心でしたし、見た目も白くかっこいいです。また中はひんやり涼しいです。
クロスポールなので持ち運びの際など重いというコメントもありますが、設営もしやすいですし、とても良いタープだと思います。

ヘキサライトⅡの口コミ

コールマンのヘキサタープでも、こちらのタイプの口コミで評価が高いポイントは、やはり設営が簡単であるということと、コスパがよいという点が挙げられています。

また、こちらのヘキサタープの場合、「軽い」という評価が見られます。前に述べたXPヘキサタープは、ポールがクロスされている分重みがあるのですが、こちらはその点軽く、扱いやすいと感じている方も多いようです。

そしてこちらのヘキサタープでは、「エクスカーションTP」というテントとカラーリングが同じということから、セットで購入して使っているという方も多く見られました。

男性

男性

エクスカーションティピーⅡ/325とセットで購入しました。
小さな子連れでキャンプをするため、1人で立てることができてとても使いやすいです。
雨天でもしっかり雨をはじき、雨が止んだ後、2時間程度できれいに乾きますし、コンパクトに収納できるのもスペースを取らず助かっています。

女性

女性

多くのタープの中でコストバランスがすごく取れていますし、初心者ながらも使い勝手がよく、すごく使いやすいです。色もテントの色にバッチリでした。
今ではお気に入りの一品です。

ヘキサライト+の口コミ

そしてこちらのヘキサタープの口コミでは、今述べた軽さやコスパのよさと、遮光性の高さが高評価となっていることがわかります。商品としては2022年の新商品なので、それだけ機能的にも期待できそうです。

こちらは「ツーリングドームLXプラス」とカラーリングが同じということから、揃えて用意している方が見られます。もちろん色としては他のテントにも合わせやすいので、その点でも使いやすいという口コミがありました。

男性

男性

ツーリングドーム/LX+を持っているので、それと組み合わせるために購入しました。とてもいい組み合わせで、特にホワイトがキャンプ場でよく映えます。これから紫外線が強くなる季節に、ますます活躍してくれそうです。

男性

男性

子どもと2人でキャンプをしようと思い、ツーリングドームLX+と合わせて購入しました。設営も1人で楽にできました。
なによりも見た目がとてもかっこよく、ダークルームの色もスッキリした色で日差しもしっかりとカットしてくれます。朝起きた時や、日中でも暑さが気になりません。メンテナンスをしっかりしながら大事に使っていきたいと思っています。

コールマンのヘキサタープの設置方法見出し

Photo bymostafa_meraji

さて、ここまで述べてきたように、コールマンのヘキサタープは、簡単に設営できるというのが人気のポイントの一つになっています。一人でも設営できる、初心者でも設営できると言われますが、どうなのでしょうか。

そこで、なぜコールマンのヘキサタープは一人で簡単に設営できるのか、その設営方法のポイントも含めて紹介していきましょう。

コールマンのヘキサタープは一人でも簡単に設置できて初心者向け

Photo by nidate

コールマンのヘキサタープですが、設営に必要なものは一式全て入った状態で購入できるようになっています。ただしペグとハンマーはプラスチック製なので、固い地面だと使えない可能性があります。買い替えておくことをおすすめします。

設営する場所についたら、ヘキサタープを広げ、ポールを地面に置き、場所を決めます。ポールとタープの先端が交わるところに目印のためペグを差し、タープの端のリングに長い方のロープを結び、ポールの間に置きます。

次にポールを立ち上げると、ヘキサタープは洗濯物のようにぶら下がったような状態になります。あとはタープの端を短い方のロープで固定すれば完成となります。

Photo by skuds

このように、地面の上である程度揃えてから立ち上げるようにすることで、一人で設営したいという時でも簡単にできるというのがコールマンのヘキサタープのおすすめポイントとなります。

特にクロスポールを使っている種類のコールマンのヘキサタープは、ポールがずれることがないという機能性もあるため、設営もかなり楽にできます。初心者の方にもコールマンのヘキサタープはおすすめできます。

テントと一緒に使うにはスペースが必要

Photo bychulmin1700

このように、タープそのものは設営は簡単にできますが、もともとタープはテントとセットで使うものです。そのため設営する際にはテントと合わせて設営するスペースを考える必要があります。

一般的なキャンプのエリアではテントとタープの両方が使えないということはありませんが、コールマンのヘキサタープはサイズもそれなりなので、ソロキャンプの場合は少し大きいかもしれません。

次に述べますが、コールマンにはヘキサタープ以外にもさまざまな種類のタープがあります。キャンプに行く人数や日除けや雨除けがどの程度必要かを考え、タープを選ぶのもおすすめです。

タープの種類とメリット見出し

Photo bypiviso

さて、今少し触れたように、コールマンのヘキサタープは2人から4人くらいの人数でキャンプをする際におすすめのサイズです。ではタープにはどのような種類があり、それぞれ機能的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

次に、コールマンなどアウトドア専門店で販売しているタープの種類について紹介します。合わせてそれぞれのタープの種類によりおすすめしたい人数やメリットなどについても紹介していきましょう。

ヘキサタープ

ここまで紹介してきたように、コールマンなどで販売しているヘキサタープは、六角形のタープを、基本的には2本のポールと数本のロープで組み立てる種類のタープです。

コールマンなどのヘキサタープはパーツが少なく、サイズ的には2人から4人ほどと、比較的少人数で使いたい時におすすめです。パーツが少ないため片付けや設営が比較的簡単で、サイズもコンパクトなものが少なくありません。

またサブポールを追加すれば、形がアレンジできるのもポイントであり、キャンプの場所や日当たりの状態などを見てアレンジすることで、さらに快適に使うことができるでしょう。

スクエアタープ

コールマンには、ヘクタタープ以外にも様々な種類のタープがあります。コールマンなどで販売しているスクエアタープはスクエア、つまり正方形のタープで、4本のポールを使って設営します。

スクエアタープは布が四角いこともあり、機能的でさまざまな設営方法ができるという点がおすすめポイントです。そしてヘクタタープに比べると大人数で使いたいというニーズにもこたえてくれます。

形は側面が大きく開いているため、開放感があります。なお、布が長方形のレクタタープもあり、こちらはさらに大人数で使いたい方や、多様な張り方を慕いなど、機能性を追求したい方に人気です。

ウィングタープ

逆にソロキャンプなど、コールマンのヘキサタープだとちょっと大きいという方におすすめなのがウィングタープです。こちらは2本のポールとロープで組み立てるのですが、布がひし形をしているのが特徴です。

三角のような形に設営するタイプで、日差しや雨を遮る部分が少ないのですが、その分コンパクトで機能的なのが特徴で、ソロキャンプなど人数が少ない時などにおすすめです。

もちろんコールマンでもウィングタープを販売しており、ちょっとした日除けなどのために購入する方も多いです。コールマンの商品ということで質もよく、少人数で大きなタープまではいらない場合などにおすすめです。

ソロキャンプのタープおすすめ13選!丁度よいサイズ・安い人気アイテムものイメージ
ソロキャンプのタープおすすめ13選!丁度よいサイズ・安い人気アイテムも
日本でもアウトドアが大人気となり近年ではソロキャンプを趣味にする方が急上昇しています。ソロキャンプに欠かせれないアイテムと言えばタープですが、ソロキャンプでも活躍できるおすすめのタープを13選でご紹介します。タイプや使い勝手やお値段を比較してみましょう。
タープのおすすめ商品12選◎キャンプやバーベキューに欠かせない!のイメージ
タープのおすすめ商品12選◎キャンプやバーベキューに欠かせない!
キャンプやバーベキューなどのアウトドアには、手軽に使えるタープが一つあるととても重宝するのでおすすめです。手軽に運べるものから、ワンタッチで簡単に設営ができるものまで種類は様々です。今回はお気に入りのタープを見つけられるようにおすすめ12選をご紹介します!

コールマンのヘキサタープは初心者におすすめ!見出し

Photo bychulmin1700

コールマンというと、アウトドア用品を販売する代表的なメーカーであり、コールマンの商品なら安心して使えるというニーズも高いです。そのコールマンのヘキサタープはおすすめポイントが多いです。ぜひコールマンのヘキサタープをチェックしてください。

投稿日: 2023年1月19日最終更新日: 2023年1月19日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote