桃園といったら夜市!おすすめ店や場所・アクセス情報を徹底紹介!

桃園といったら夜市!おすすめ店や場所・アクセス情報を徹底紹介!

台湾旅行といえばB級グルメは外せません。しかし、週末の日帰り旅行では夜市に行くのは難しいと思っていませんか。桃園国際空港から車で20分のアクセス抜群の桃園観光夜市なら深夜早朝便利用者も台北市内より地元の雰囲気をたっぷり味わうことができます。

記事の目次

  1. 1.桃園の夜市に出かけよう
  2. 2.夜市では何が楽しめるの?
  3. 3.桃園観光夜市の場所ってどこのあるの?
  4. 4.桃園観光夜市へのアクセス方法は?
  5. 5.桃園観光夜市の営業時間は?
  6. 6.桃園観光夜市おすすめグルメ1:蚵仔煎(オアジェン)
  7. 7.桃園観光夜市おすすめグルメ2:土魠魚羹(トゥトゥォユーゴン)
  8. 8.桃園観光夜市おすすめグルメ3:塩酥鶏(エンスージー)
  9. 9.桃園観光夜市おすすめグルメ4:魯肉飯(ルーローファン)
  10. 10.桃園観光夜市おすすめグルメ5:臭豆腐
  11. 11.桃園観光夜市おすすめグルメ6:猪血湯(ジーシエタン)
  12. 12.桃園観光夜市おすすめグルメ7:胡椒餅(フーチャオピン)
  13. 13.桃園観光夜市おすすめグルメ8:阿灶伯當歸羊肉湯(アーザオブォダングイヤンロウタン)
  14. 14.桃園観光夜市おすすめグルメ9:薬膳羊肉
  15. 15.桃園観光夜市おすすめグルメ10:豪大大鶏排(ハオダーダージーパイ)
  16. 16.桃園観光夜市おすすめスイーツ1:杏仁豆腐
  17. 17.桃園観光夜市おすすめスイーツ2:草仔粿(ツァオズーファー)
  18. 18.桃園観光夜市おすすめスイーツ3:愛玉檸檬
  19. 19.桃園観光夜市おすすめスイーツ4:フルーツジューススタンド
  20. 20.桃園観光夜市おすすめスイーツ5:豆花(トーファー)
  21. 21.その他桃園観光夜市おすすめのお店
  22. 22.桃園観光夜市に出かけよう

桃園の夜市に出かけよう

Photo by lwtt93

リーズナブルでとってもおいしい台湾のB級グルメが味わえるのが夜市の魅力です。また昔懐かしいゲームや雑貨の露天などがずらりと軒を連ねていて、お祭りさながらの熱気に包まれています。今回は地元色の強い桃園観光夜市のおすすめの店の場所やアクセス情報をお届けします。

夜市では何が楽しめるの?

夜市とはかつて農産物市場や寺の門前に形成された屋台村がはじまりです。日本の夜祭りに近い雰囲気のものが、毎日開催されています。夜市の中心はグルメ系の屋台です。台湾各地の伝統料理やスイーツの屋台が並び、人気店には長蛇の列ができます。また、雑貨や衣類の露店や、射的ゲームが楽しめるお店もあります。

夜市にはイートインスペースがあるお店とないお店があります。イートインスペースのあるお店では席について注文し、店を出る時に支払いをします。イートインスペースがないお店では食べ歩き用にウエットティッシュとごみ袋を持っていくと便利です。また、不衛生そうなお店は避けて、衛生的で火がしっかり通った料理を選びましょう。

治安は比較的よいですが、人混みでのスリや置き引きには注意が必要です。遅い時間の一人歩きや深夜のタクシー利用も避けたほうが良いです。高額紙幣はおつりがない時もあるので、小銭を用意していったほうがいいです。

桃園観光夜市の場所ってどこのあるの?

Photo by 老綿羊

桃園観光夜市は、景福宮大廟を中心に中正路沿線と両側の路地に屋台が集まり出したのが始まりです。そのため、中正路夜市と呼ばれることもあります。全長約3kmで、およそ265の屋台があります。各地方のB級グルメや、ファッション小物、生活雑貨、インテリア、アクセサリー、日用品など、ここにないものはありません。今では地元の人にとって欠かせないものとなっています。しかも大体が60元(約220円)前後という安さも魅力です。

また、他の夜市は食べ物屋台の場所も雑貨屋台の場所も同じ場所にありますが、ここ、桃園観光夜市では食べ物屋台の場所と雑貨屋台の場所が分かれており、食べ物屋台は北埔路に集中し、ファッションや雑貨は正康二街に集中していて、探し物がしやすいのが特徴です。

桃園観光夜市へのアクセス方法は?

空港からのアクセス

成田空港から台北の空の玄関である桃園国際空港までは3時間30分です。桃園国際空港から桃園市内までのアクセス方法はは「高鐵桃園駅」行(705系統)と「台鐵桃園駅」行(706系統)の2系統があります。夜市は台鐵桃園駅が最寄なのですが、高鐵桃園駅へのバスの方が本数は多いです。

高鐵桃園駅までは料金は30元で時間はおよそ20分くらい、台鐵桃園駅までは料金は36元で時間は40分から60分くらいです。その後のアクセス方法は、高鐵桃園駅からタクシーで25分、もしくは台鐵桃園駅から徒歩20分くらいです。

トランジットで桃園市内に滞在をする方は、桃園国際空港周辺にも桃園観光夜市へ徒歩でアクセスができるホテルが立ち並んでいますので、そこを拠点にすれば、短い時間を有効に活用できます。特に桃園市内にあるマジェスティホテル (大爵商務飯店)は空港送迎があり、時間にゆとりのない方でも夜市までは徒歩10分強なので、早朝出発のときなどはホテルに泊まって夜市を楽しめます。

台北市内からのアクセス

台北市内から桃園観光夜市へのアクセス方法はバスでアクセスする方法と鉄道でアクセスする方法とあります。バスでのアクセスの方法は台北駅の北東に「國光客運台北車站」という建物があり、そこが桃園方面に行くバスが出ています。鉄道でのアクセス方法は、台北東駅から台鉄桃園駅に行く方法もあります。台鉄桃園駅からは歩いて20分くらです。

桃園観光夜市の営業時間は?

每日夕方17時過ぎくらいの時間になると道々に続々と灯りがともり始めます。多くの屋台は北埔路、正康二街、正康一街の分岐点辺りに集まり、ありとあらゆる物が商われています。そして、日付が代り、深夜2時ころの時間になると、夜市の営業がすべて終了して静かな夜にもどります。

桃園観光夜市おすすめグルメ1:蚵仔煎(オアジェン)

台湾B級グルメの代表格といえば、プリップリの牡蠣がごろごろ入っている「蚵仔煎(オアジェン)(牡蠣オムレツ)」です。牡蠣は小ぶりですが、ぎゅっと濃厚でミルキーな味です。味はプルプルとした食感でソースもあっさりしていて、野菜もたくさん入っていておすすめです。場所は夜市のメイン通りのちょうど真ん中で、大きな鉄板に牡蠣オムレツを豪快に焼いているのですぐにわかります。

桃園観光夜市おすすめグルメ2:土魠魚羹(トゥトゥォユーゴン)

Photo by Blowing Puffer Fish

土魠とはサワラ系の魚のことで、身は白っぽい色をしているのに赤身に分類されるという珍しい魚です。土魠魚羹は、白身魚を食べやすい大きさにしてから揚げにし、海鮮ダシがきいたとろみスープをかけて食べる料理です。甘酸っぱいスープと魚のうまみが混ざり合い、とてもおいしいくおすすめの一品です。営業時間は午前10時から夜0時30分までです。

桃園観光夜市おすすめグルメ3:塩酥鶏(エンスージー)

Photo by Jessie.yang

日本人からすると想像しづらいかもしれませんが、食材が並べられた屋台から好きなものをバスケットに取り、屋台で焼いたり揚げたりしてもらうものです。あれもこれもとついつい食べたくなってしまいますが、一串単位で計算されるものと一定の分量でいくらと計算されるものがあるので、たくさん取るとお値段も高くなってしまうので要注意です。

定番の鶏肉とポテトから、変わり種としてはピータンやマントウもおすすめです。特にスイーツ好きの方には銀絲捲(中が糸のように巻かれているように見えるマントウ)の練乳がけが特におすすめです。

まずは材料を決めて指をさしていき、アルミのお皿に盛ります。終わったらそれを店員さんに渡します。串に刺してあるものは炭火で焼き、あとの材料は細かく刻んで揚げてくれます。最後にスパイスをまぶして、紙袋入れてもらえます。

桃園観光夜市おすすめグルメ4:魯肉飯(ルーローファン)

煮込み豚肉かけ飯です。豚バラ肉などを細切れにして、甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごとご飯の上にかけて食べます。台湾では地元の味として親しまれていて、たいへんポピュラーな料理です。タレの味付けに使う調味料や肉の部位(脂身の具合)によって味が変わるため、お店ごとにさまざまな特徴があります。時間とおなかに余裕があればいろいろなお店を食べ比べてみるのもおすすめです。

桃園観光夜市おすすめグルメ5:臭豆腐

夜市をめぐっていると何とも表現し難い刺激臭が飛び込んできます。そう、臭豆腐です。臭豆腐には「生」タイプと「揚げ」タイプがあります。店の前を通る時、明らかに刺激臭を感じるお店とそうでないお店があります。刺激臭の感じる店は生の臭豆腐を陳列していて、あまり刺激臭を感じないお油でカラッとこんがりきつね色に揚げた臭豆腐を提供する店です。

揚げ臭豆腐は、中が暖かく、臭みは幾分緩和され、それでいて臭豆腐としてのおいしさも味わうことができるのでおすすめです。台湾人の中でも生の臭豆腐が苦手という人は多いようです。

桃園観光夜市おすすめグルメ6:猪血湯(ジーシエタン)

名前を聞いて驚く人もいるかもしれません。これは豚の血にもち米などを入れて固めたプルプルしたものがスープの中に入っています。スープには生姜などいろいろな出汁の香りがして、全く臭みは感じられません。モチモチした食感が人気の台湾を代表するB級グルメで、場所は中山路沿いにあり、「大鼎豬血湯」という老舗のお店で食べることができます。

桃園観光夜市おすすめグルメ7:胡椒餅(フーチャオピン)

Photo by Blowing Puffer Fish

「小吃(シャオチー)」の定番といえば胡椒餅。もとは、中国福建省福州市の郷土料理「葱肉餅」が由来です。。豚肉と葱、胡椒で混ぜた餡を小麦粉で作った皮に包んだもので、これが、台湾に伝わり改良され、胡椒餅と呼ばれるようになりました。

200度以上の窯の内壁にペタペタお饅頭を貼りつけて、できあがったら鉄の棒でかきあげます。外の皮はパリパリで、中はアツアツなので火傷に注意です。肉汁もジュワッとあふれだし、とてもおいしいです。

桃園観光夜市おすすめグルメ8:阿灶伯當歸羊肉湯(アーザオブォダングイヤンロウタン)

Photo by 羽諾

薬膳羊肉スープです。當歸はトウキ(当帰)という名前の漢方薬のことで、体を温めたり、貧血予防に果があると言われています。羊肉も東洋医学では陽の食材で体を温める食べ物と言われます。つまり当帰と羊肉を使ったスープは体の冷えや血の巡りの悪さに悩む人たちに最強の組み合わせということですね。透明感のあるスープは全く癖もなくサッパリしていて少し羊のにおいがしますがなかなかおいしさです。

桃園観光夜市おすすめグルメ9:薬膳羊肉

Photo by kawanet

台湾では「ネギ餅」という定番のメニューがあり、朝食として食べたりおやつ感覚で食べたりと、とっても人気があります。葱油餅はいわゆる中華風のお好み焼です。小麦粉の生地にネギが練りこんであって、それを焼くか揚げるか、して食べます。生地もお店によって特徴も様々で、サクサクの生地のお店から、ふかふかな感じの生地まであります。

桃園観光夜市おすすめグルメ10:豪大大鶏排(ハオダーダージーパイ)

特大クリスピーチキンで人間の顔ぐらいの巨大なチキンです。胡椒がきいていてスパイシーで、少しばかり八角の香りもします。最後にチリパウダーを掛けるかきいてきます。辛いもの好きでない限り「不辣(プーラー)」(辛くない)と言って掛けないほうがいいと思います。

桃園観光夜市おすすめスイーツ1:杏仁豆腐

スイーツ屋台も豊富なのが女性にうれしいポイントですね。日本で杏仁豆腐と言えば、パンナコッタのような白いプリンを想像しますが、台湾では温かいスープと一緒に食べます。特に杏仁豆腐+黒木耳(黒きくらげ)の組み合わせは絶品です。

黒きくらげを細かく刻んでスープにしたものと杏仁豆腐を一緒に食べる味は今まで食べたことがない味わいです。手作り杏仁豆腐はとろける食感で、通常のプルプルという感じではありません。口の中で滑らかに溶けていきます。黒きくらげは食物繊維が豊富で、鉄分もレバーの3倍ともいわれているので、おいしく健康になれるなんて一石二鳥ですね。

杏仁豆腐のほか、紅豆豆腐、芋頭豆腐などもあり、どれもなめらかな舌触りとやさしい甘さなので、食べ歩きのしめにいかがでしょうか。是非味わって欲しい一品です。杏仁豆腐が食べられる場所は、桃園観光夜市の入り口から入ってすぐの黄色い提灯が目印です。

桃園観光夜市おすすめスイーツ2:草仔粿(ツァオズーファー)

もち米で作る台湾の伝統的なおやつで、日本でいうところの草餅です。しかし日本の草餅と違い、ものすごく柔らかくて、伸びがいいお餅です。プレーンのほか、小豆入りやタロイモを使ったお餅や小豆や緑豆、干し大根などのちょっと変わった餡が入ったものもあります。

桃園観光夜市おすすめスイーツ3:愛玉檸檬

Photo by sabamiso

愛玉子という果実から作ったゼリーです。ゼリー自体には殆ど味がないので、レモンジュースに浮かべて食べます。タピオカミルクティのようにつぶつぶが入ったものもあります。台湾の食べ物って食感にも強いこだわりをもっています。夜市で食べ過ぎてしまってもすっと食べられてしまします。

桃園観光夜市おすすめスイーツ4:フルーツジューススタンド

台湾に行って、必ず食べたいものの一つに、フレッシュなフルーツがありますよね。その場で、果物を直接ミキサーにかけてくれる生絞りジュースのお店も夜市の中に必ず有りますし、街のいたる場所にも有ります。日本にもフルーツジューススタンドくらいありますが、台湾と何が違うのでしょうか。

日本では、水や氷、シロップを添加しています。台湾は本当に果物だけをミキサーにかけてジュースにします。お店によっては、「うちのお店は、何も添加してませんよ!」と看板を掲げてるお店まであるぐらいです。是非果物王国台湾の旬のフルーツジュースを味わってみてはいかがでしょうか。

桃園観光夜市おすすめスイーツ5:豆花(トーファー)

台湾で豆花と言えば外せない定番スイーツの1つですね。台湾を代表するデザートと言えば「かき氷」が一番有名ではありますが、温かい食後のデザートと言えば、やっぱり「豆花」です。お豆腐なのでカラダにもやさしく、他のスイーツに比べるとカロリーもひかえめということで、健康志向の方にも大人気です。

豆花のイメージは日本の豆乳プリンですが、食感は絹ごし豆腐のように柔らかく、黒糖シロップなどで味付けされたほんのり甘いデザートです。プルプルとした豆腐とスープのようなシロップ、種類豊富なトッピングのシンプルな3つのベースで繰り広げられる豆花はお店ごと個性があり、食べ比べをしてみたい一品です。

その他桃園観光夜市おすすめのお店

Photo by (Lily)

台北市内に見られる夜市では、食べ物や洋服などが中心ですが、ここ、桃園観光夜市では食べ野のや洋服ばかりでなく子ども向けの射的など、地方の夜市のようなお祭り感覚を味わえる夜市です。子供たちは景品を貰っては大喜びしたり、大人も童心に帰り懐かしいゲームを楽しむことができたりします。

桃園の観光おすすめスポットはここ!台湾旅行で人気のスポットをチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
桃園の観光おすすめスポットはここ!台湾旅行で人気のスポットをチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の桃園には、台湾ならではの歴史的文化がある観光スポットや、自然の中の人気観光スポットのなど数多くの観光スポットが点在しています。そんな細長い地形が特徴的な桃園で、たくさんの思い出作れる人気観光スポットを紹介していきます。

桃園観光夜市に出かけよう

Photo by othree

桃園観光夜市には台北市内では見られないエキゾチックな屋台も数多くあります。台北にはおもに台湾人が暮らしていますが、桃園には、東南アジアや中央アジアから移り住んだ人々も多くいるからです。トルコ人が商うケバブ、メキシカンブリトーなど、台湾料理以外も味わえるちょっと珍し夜市です。時間があれば、同じく中正路にある台鉄桃園駅前商圈にも足を伸ばしましょう。きっと新しい発見があるはずです。

HEISHI NATSUE
ライター

HEISHI NATSUE

関連記事

人気記事ランキング