本場台湾の小籠包なら絶対ココ!おすすめの有名店を厳選してランキング!

本場台湾の小籠包なら絶対ココ!おすすめの有名店を厳選してランキング!

台湾へ行ったら絶対にはずせない必食グルメNo.1は、間違いなく小籠包!皮の薄さやスープの味わい、いろんな変わり種の小籠包まで、その奥深さはもう病みつき!あの有名店も、この人気店も、そして台湾ローカルおすすめのお店も加えてランキングでご紹介します!

記事の目次

  1. 1.台湾グルメといえば小籠包!
  2. 2.台湾小籠包の食べ方を今一度おさらい!
  3. 3.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第8位『高記』
  4. 4.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第7位『金品茶樓』
  5. 5.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第6位『上海美味鮮湯包』
  6. 6.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第5位『鼎泰豐』
  7. 7.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第4位『明月湯包』
  8. 8.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第3位『冠京華』
  9. 9.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第2位『杭州小籠湯包』
  10. 10.本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第1位『點水樓』
  11. 11.小籠包目指して台湾へ!

台湾グルメといえば小籠包!

台湾といえば、美味しいものいっぱいのグルメ大国!その台湾での必食グルメは、なんといっても小籠包。ガラス越しの職人技を目にした時、煙モックモクの小籠包がテーブルにやってきた時、そして、スープを口にした時のあの感動!ここでは、全て実食済みの、絶対に美味しい小籠包がいただける人気のお店をランキングでご紹介します。

台湾小籠包の食べ方を今一度おさらい!

蒸された小籠包は、湯気をモックモクあげてテーブルにサーブされます。そのまま一口で食べようものなら、口内火傷必至です。それでは、小籠包のおいしい食べ方をおさらいしてみましょう。まず細切りのショウガが入った小皿にお好みで合わせ酢を作ります。台湾ローカルは、酢だけで食べる方も多いようです。

左手にレンゲを持ち、右手にはもちろん箸。そして、小籠包をつまみ、その合わせ酢に付けます。そのまま左手のレンゲの上に乗せて、小籠包下側の薄皮を箸で破ります。そしてレンゲに口をつけて、その出てきたスープを飲みますが、ここがファーストインプレッション!そして小籠包に好みの量のショウガを乗せて食べましょう。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第8位『高記』

台北に4店舗ある上海料理が有名な人気レストランです。復興店は、MRT忠考復興駅の1番出口すぐの場所にあるので、とにかくアクセスのいいお店です。店内はシックで落ち着いた雰囲気なので、デート利用にも最適ですね。店内は2階もあって、意外に広いです。1階奥では職人さんが小籠包を作る様子が、ガラス越しに見られます。

小籠包の味や特徴を比較するときに、皮が薄いか厚いか、スープはあっさりか濃厚か等と表現すると思いますが、こちらは、ちょうどど真ん中のバランスがとれているタイプ。つまり年代問わずに誰でも美味しくいただける小籠包なのです。焼小籠包なるものあるので、ぜひ試していただきたいですし、他のお料理もおいしくおすすめです。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第7位『金品茶樓』

台北の中山駅近く。エネルギッシュな台湾レストランの雰囲気を感じられるお店。広い店内なのに、待っている人がいたり、21時を過ぎてもまだまだ賑やかな人気店。日本語メニューがあり、日本語で接客してくれるので、安心感がありますね。またガラス張りの厨房では、職人さんの動きが見られます。このライブ感がたまりません。

小籠包は数種類あり、オーダーするとあっという間に登場します。薄めの皮からタプタプ見えるスープはあっさり系。大好きなタイプの小籠包です。アラカルトもハズレがないので、小籠包以外のメニューにもぜひトライしてみてください。お茶屋さんから始まったレストランだけあり、出される高山烏龍茶との相性が抜群です。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第6位『上海美味鮮湯包』

正直、こちらを載せるの、躊躇しました。自分だけのものにしておきたいとさえ思ってしまうお店なのです。台湾ローカルの方に非常に人気がある有名店です。日本人観光客は訪れないであろう名店とは、こちらのことです。このカジュアルな台湾レストランの雰囲気もたまりません。台北からはちょっと離れている基隆にあります。

小籠包は数種類あって、ノーマルな小籠包も、カニ味噌やへちま入りのものも抜群に美味しいんです。小籠包以外のお料理も、いただいたものは全て外れがなく、好吃!を連発してしまうくらいの美味しさでした。ここのお料理を食べたら、台湾でお食事をすることの楽しさまで味わえます。

基隆の夜市と言えば基隆廟口夜市!賑わう時間帯やおすすめグルメは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
基隆の夜市と言えば基隆廟口夜市!賑わう時間帯やおすすめグルメは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
基隆は、台北から北東方向に向かった港街。1875年建立の「基隆奠濟宮」という廟を中心として栄えた基隆廟口夜市が有名です。基隆奠濟宮は、基隆慶安宮、基隆城隍廟とともに、基隆三大廟のひとつとされています。基隆廟口夜市へのアクセスやおすすめグルメをご紹介します。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第5位『鼎泰豐』

言わずと知れた超超超有名店の鼎泰豐。台湾の小籠包を有名にさせたといっても過言ではないお店です。世界中に支店を持つ鼎泰豐は、日本でもおなじみですし、台湾以外の国でもいただくことができます。しかし、台湾に来たのなら、ここはぜひ台北にある本店に行ってみませんか?

いつも人がいっぱいですが、開店直後の時間や夕食前の中途半端な時間であれば、比較的すぐに通してもらえますよ。そして台湾一と思えるほどの接客の良さも味わいの1つになっています。皮と餡の重さが決まっていて、寸分の狂いもない職人技の小籠包のヒダは18。皮や餡の重さも決まっているのです。

1つ持ち上げると、スープが見えます!これは、まるで芸術作品ではないですか。油分が多く、濃厚なスープが口の中いっぱいに広がると、この世の至福に包まれます。まずはここの小籠包をスタンダードとして、台湾で自分好みの小籠包を探すのも良いかもしれません。小皿料理も美味しく、自分の満腹中枢が恨めしい限りです。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第4位『明月湯包』

台北に、食堂的なこじんまりとした雰囲気の本店と、新たにオープンしたとても綺麗でモダンな支店の2店舗があります。どちらもすぐそばにあるので、この有名小籠包を逃さずいただけます。本店は入ってすぐに厨房が見えるので、期待感がMAXになります。小籠包だけでなく、メニューが豊富で、ハネ付の餃子もいただけるのが嬉しいです。

「小籠包」ではなく「湯包」と呼ばれるこちらの人気の小籠包は、存在感のある大きさ。皮は厚めで肉汁がたっぷり。キムチやカニ味噌など数種類あります。どちらかというと、ボリューミーでずっしりとお腹にたまるので、観光の合間に、小籠包の食べ比べのためだけに立寄るのではなく、お食事をするために伺いたい、そんなお店です。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第3位『冠京華』

台北の街角の食堂的な雰囲気のお店です。初めて行ってもくつろげる台湾の家庭的な優しい接客とメニューに添えられた日本語が安心感を与えてくれます。小皿料理や薬味などはセルフで取りに行けるようになっているので、あの細切りのショウガを遠慮なくいっぱい食べられます!朝9時からの営業というのもツーリストには嬉しいところ。

小籠包は数種類あります。某有名店の職人技がひかる小籠包とはやっぱりちょっと違うけれど、皮が薄くて、スープにはコクがあって、かなりの美味しさです。もう一つの推しメニューは蒸し餃子。これは非常にボリューミーなので、シェアをおすすめします。もちろん他のメニューも、小皿料理すらもハズレ無しの当たりだらけです。

他店では、籠の底には、クッキングシートを使用していますが、こちらでは蒸し布が使われています。他店では見られないスタイルにグッときます。店内のテレビを見ながら、台湾ローカルの方に交じっていただくお食事の楽しいこと。そして、このクオリティで、このコストパフォーマンスには驚かされるばかりです。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第2位『杭州小籠湯包』

台北市内に2店舗かまえるお店です。本店はMRT中正記念堂駅から歩いて10分ちょっと。間口が広く、開放感が半端ない。そしてここは台湾なのに、何か懐かしい感じがするんです。どんな時間帯でもお客さんが絶えず、活気があって楽しい!ガラス越しの調理場のライブ感も加えられて、台湾でのお食事に求めたいものが全部揃ってます!

セルフで小菜と呼ばれる小皿料理を取ってきたり、細切りショウガを準備している間に、小籠包はすぐにやってきます。小籠包系のメニューは種類豊富で、スウィーツ系もあります。そして小籠包の他にも、日本でいう鉄鍋餃子のような形状の焼き餃子も悶絶クラスの美味しさです。日本にはないソースの味も最高で、ぜひ台湾啤酒と一緒に!

こんなに美味しいので、人気があるのもわかりますが、加えてコスパも申し分ないんですよね。大人気が故に、松山空港近くに支店もオープンしています。せっかく台湾へ行ったなら、ぜひ数店舗の小籠包を試したいところですが、こちらは絶対に外せないマストな1軒です。

本場台湾でおすすめの小籠包ランキング第1位『點水樓』

支店がどんどん増え、現在台湾国内に7店舗をかまえるレストランです。台湾ローカルおすすめのお店。台北アリーナ近くの南京店は、店内の石橋を渡り、ガラス越しの職人技にも心奪われつつ、テーブルへ。そしてSOGO店もシックなレストランで、当然アクセスが良いので、お買い物のついでにも寄れます。

小籠包をリフトすると、スープが見える皮の薄さにまず歓喜!しかし、皮は破れないという職人技!ヒダが19に統一されていて、なんと美しい。まさに芸術作品です。そして、そのコクのあるスープはしつこくなく、あまりの美味しさに、脳内でアドレナリンが噴き出すという現象が起きるのです。これが本場台湾の小籠包だと実感できます。

そして、この小籠包の種類は7種類。デフォルトの小籠包から、バジル、XO醤、カニ味噌、へちまとエビ、トリュフ、ピリ辛とお好みの数をオーダーできるのも観光客にはありがたいですよね。小人数なら、全て1籠ずつなんて無理ですし、これなら全ての味を制覇できます!意外かもしれませんが、台湾バジルをつかった小籠包、おすすめです。

小籠包目指して台湾へ!

台湾でいただく小籠包は、そのお店の持つ雰囲気や活気、台湾の優しさスパイスに包まれています。そしてそれが全て湯気と一緒になって登場し、私たちを包み込むもんですから、衝撃的に美味しいんですよね。「好吃!」の連呼で、追加オーダー必至の小籠包。食べても食べても、また食べたい。さぁ、小籠包目指して、いざ台湾へ!

しげしげ
ライター

しげしげ

No trip , No Life!! 今日も(気分は)異文化の風に吹かれています。

関連記事

人気記事ランキング