地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ロシア通貨・ルーブルをお得に両替するには?物価も徹底調査!

ロシア旅行をご計画中ですか?旅行の前に、ロシアの通貨ルーブルの種類や両替事情、様々な物価を前もって知って準備しておきたいのではないでしょうか。今回は、ロシア旅行に役立つ通貨や両替所、物価情報を調査いたしました。ご旅行の準備の際、参考にしていただければ幸いです。

ロシアの通貨や為替レートご紹介!見出し

Photo by Olga Sytykh

ロシア旅行をご計画中でしょうか。旅行に先立って、準備が必要ですが、特に、ロシアの通貨や紙幣・コインの種類などについて、分かりにくイメージはないでしょうか。そして、為替レートや日本円からルーブルへのお得な両替方法も気になります。今回は、ロシアの紙幣・コインの種類や、為替、日本円からの両替で準備すべきなどを調査いたしました。

ロシア観光旅行の魅力!世界遺産や名所・旧跡のおすすめスポット15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシア観光旅行の魅力!世界遺産や名所・旧跡のおすすめスポット15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界で一番広い領土を持つ国、ロシア。ロシアには世界遺産や名所、旧跡など見応えのある観光スポットが数多く点在しています。ロシアの魅力を知れば、旅行に行って見たくなること間違いなし。ロシア旅行で特におすすめしたい、15箇所の観光スポットを厳選してご紹介します。

ロシアの通貨1:「ルーブルとは?」見出し

国外に持ち出しできなかったルーブル

ロシアでは、ルーブルが通貨として使われます。ただ、ルーブルといっても、フランスのルーブル美術館などとは異なります。2005年という最近まで持ち出しが禁じられていたため、謎に包まれたイメージがある通貨といえます。両替は、2005年に持ち出し解禁となってからは日本国内でもできるようになっております。

変動するルーブル

ただ、ロシアのルーブル通貨は非常に変動しやすいといわれており、アメリカの経済制裁を受けたりして物価も変わる可能性があります。実際、1991年のソビエト社会主義国連邦が崩壊後、ロシアの物価は1年で70倍になったといわれています。今後、為替レートだけではなく、通貨の種類も増えたり減ったりするのかもしれません。

ルーブルは、2014年から2017年で3円近くも上下しており、2015年には、1ルーブルが約1.8円、2017年9月8日現在は、1ルーブル(RUB/P)は約2円なので、大きく変動していることが分かります。これからも、両替の際は為替レートをチェックして、比較的お得な時期が分かればタイミングよく両替して準備しておくのも1つの方法かもしれません。

ロシアの通貨2:「紙幣の種類は?」見出し

通貨単位はロシア・ルーブル(RUB/P)です。補助通貨単位はカペイカ(K)です。1ルーブルは100カペイカになります。2017年9月8日現在、1ルーブル(RUB/P)は約2円です。紙幣の種類は5000、1000、500、100、50、10です。先のインフレでは、500000ルーブル紙幣も出たといわれています。

紙幣にデザインされている人物は、アレクサンドル3世、エカチェリーナ2世、ニコライ1世、ピョートル1世、ニコライ・ムラヴィヨフ=アムールスキー、ヤロスラフ1世などだそうです。その他、記念紙幣やコインもあるようです。多めに準備してお土産にされてはいかがでしょうか。

ロシアの通貨3:「コインの種類は?」見出し

通貨のうち、硬貨の種類は10、5、2、1Pと50、10、5、1Kがございます。ソ連時代に多種類のコインが出回ったので、現在ではオークションにかけられるほどコレクターも多いようです。珍しいものが見つかったら、オークションに出してみてはいかがでしょうか。

ロシアの通貨に両替する方法1:「日本国内でルーブルに両替しない」見出し

日本では、両替所、銀行・郵便局、空港の順に、為替レートと手数料が悪くなるといわれています。空港などでは数千円から1万円も手数料だけでかかってしまう場合もありますが、今や宅配やインターネットでも両替ができる時代です。そのため、手数料が数十円といったところもあるんです。よく検索してみてください。

ロシアの通貨に両替する方法2:「まずは米ドルかユーロに両替しよう」見出し

ただ、ルーブルの場合、日本円からの両替はどこもレートじたいが悪いので、日本で両替するよりも、「米ドル」や「ユーロ」に両替後、ロシアに着いてから現地の街中の両替所でルーブルに両替するのがおすすめです。後ほどご紹介いたしますが、両替所を探すのが面倒だという方も、ロシアの両替所の多さに驚かれるでしょう。

日本の両替カウンターでは、日本語でやり取りができるのは安心なのですが、とにかくレートが悪いです。いずれにしても旅行で使う予算の全額をあらかじめ日本で両替することはなく、実際には必要な少額の現金を持ってロシアや外国に入り、その後さらに必要であれば両替する形が一般的です。

ロシアの通貨に両替する方法3:「日本で米ドルやユーロに両替する方法」見出し

日本で米ドルやユーロに両替する方法は、レートや手数料のよい両替所を選び、提示される米ドルとユーロの為替レートを比較して、良い方で両替するという感覚で大丈夫です。それも、2から3万円ほどにしておかれるのをお勧めします。なお、現地で日本円からルーブルに両替しようとすると、その両替所を見つけることは非常に難しくなります。

ロシアの通貨に両替する方法3:「ロシアに両替所が多い理由」見出し

ルーブルは変動しやすいので、リスク回避のためにロシア国民も所持金をなるべく米ドルに両替することを好むといいます。そのため、ロシアやモスクワには両替所が多く、探そうとしなくても簡単に見つかるんです。まずは、日本で米ドルにお得に両替できる所を探してみてはいかがでしょうか。その際、空港は一番手数料もかかりますので避けましょう。

ロシアのクレジットカード事情見出し

ここでは、ロシアでクレジットカードが使えるのかについてまとめました。まず、ロシアも、クレジットカード社会です。そして、ATMもあり、キャッシングもできるところが多いようです。ただ、クリミア侵攻以後は、アメリカの経済制裁を受けて、2016年4月現在、AMEX・Master Card・VISA・JCBなどのカードが使えないという状況でした。

2016年3月から9月には、モスクワやサンクトペテルブルクで普通にクレジットカードが使えたという口コミが見られましたが、JCBよりはMaster CardやVISAを扱うお店が多いようです。また、ATMの表示は英語やロシア語で表示されています。用語や画面表示などを事前に日本で検索してみてください。

ロシアで英語は通じる?旅行で使えるロシア語まとめ!旅で活用! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシアで英語は通じる?旅行で使えるロシア語まとめ!旅で活用! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
モスクワやサンクトペテルブルクなど海外から旅行に来る人も増えているロシア。そんなロシアで英語は通じるのでしょうか?ロシアで英語が通じる場所や英語で話しかけてくる人への注意点、英語が通じないときの対処法、旅行で使えるロシア語などご紹介します。

ロシアの物価は?見出し

ルーブル安の今が旅行のタイミング

ロシアの物価は、ルーブル安に乗じて右肩上がりです。まず、ルーブルの急落で輸入品が値上がりします。さらに、国内の商品もそれに便乗して高くなる一方だといわれています。しかし、旅行者にとってはお得な買い物ができるチャンスです。地元の人々にとっては、生活物価の上昇は悩ましい問題です。

交通費は?地下鉄が便利?

Photo byFree-Photos

交通費の高い国と安い国がありますが、ロシアの場合、非常に安いといえます。特に地下鉄が良心的だといわれています。距離や時間に関係なく、一律50ルーブルで、お得な回数券もあります。それでも、2012年の25ルーブルが、急激に値上がりしているのです。購入できる場所は、駅構内の自動販売機などで、5回セット券が180ルーブルです。

モスクワ市内ではタクシーもありますが、タクシーが不要なほど地下鉄が網羅しています。また、番号とシンボルカラーで路線も一目瞭然ですし、日中はほぼほぼ2分から4分間隔で運行しています。運行時間は早朝5時30分過ぎから翌1時00分前くらいまでです。表示は、ほぼロシア語で書かれていますが、直感的に分かりやすくなっており、初心者でも大丈夫です。

観光地での入場料は?

ロシアの場合、モスクワが首都なので、料金が高めになるようです。有名なクレムリンの場合、入場料が500ルーブル、武器庫への入場料が700ルーブルです。また、主要な美術館は400ルーブルほどになります。そして、ルーブルの変動により料金が値上がりしているそうです。

食事代は?日本と同じ?

高級ではないカフェでのランチでも1人当たり400ルーブル前後です。また、レストランでは600ルーブルほど、ディナーでは飲み物を除いて1500ルーブルから2000ルーブルが相場です。高級店の場合は、7000ルーブルが予算です。チップの習慣はありませんが、最近は求めてくるウェイターもおり、相場はだいたい10%だといわれています。

宿泊費は?

格安ホテルの場合、1泊720ルーブルほどで、4つ星、3つ星といったホテルでは1泊2600ルーブルから3万ルーブルほど、5つ星となると、1泊6000ルーブルから4万ルーブル近くになるそうです。ユースホステルとなると、ヨーロッパなどよりも数が限られますので、バックパッカーの方はできるだけ早めのご予約をおすすめいたします。

おすすめのお土産は?

ロシアでは、ブランド品は日本よりも高級だといわれています。おすすめのお土産品としては、マトリョーシカが有名ですが、お土産物屋さんによっては交渉次第で半額まで値下げしてくれることもあるようです。また、ロシアは、実は、はちみつ天国で、非常に安い価格で大量のはちみつが買えるんです。日本でも近年見られますが、喜ばれるのではないでしょうか。

ロシアの治安は?旅行ツアーの事前準備まとめ!持ち物や注意点をチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシアの治安は?旅行ツアーの事前準備まとめ!持ち物や注意点をチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ロシアへの旅行を検討されている皆さん、ロシアへ渡航する前に、現地の治安のチェックはおすみですか?今回は、渡航する前に知っておきたい、ロシアの現在の治安状況と、持ち物や注意点などをまとめました。事前にチェックをしロシア旅行に備えて下さい。
ロシアのお土産おすすめランキング!人気のお菓子から雑貨まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシアのお土産おすすめランキング!人気のお菓子から雑貨まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ロシアには帝政ロシア期に培われた華やかさと素朴さをかね合わせた独特の文化があります。そのためロシアにはお土産にしたい楽しいものや美しいもの、食べておいしいものが数多くあり、おすすめのものも多いです。そんなロシアのおすすめのお土産をランキングでご紹介します。

ロシアの通貨は米ドルやユーロを準備して見出し

Photo byapreklama

ロシアの通貨や両替事情はいかがですか。思ったよりも簡単に両替できそうですが、ツアーによっては時間がないので両替しておくよう求められることもあるようですので、VISAやMaster Cardのクレジットカードをご準備されることをおすすめいたします。ぜひ、スキミングには注意され、ロシア旅行を楽しんでください。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月9日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote