地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

サンクトペテルブルク観光旅行の見所!美術館は世界遺産!治安は?

ヨーロッパで最も美しい水の都で知られているサンクトペテルブルクは、世界遺産や芸術など観光名所が数多く点在しています。ロシアの中でも有名な観光地が点在しているので、旅行先として人気があります。今回はそんなサンクトペテルブルクの人気観光名所を紹介していきます。

サンクトペテルブルクの観光名所をご紹介!見出し

かつてロシア帝国の首都であったサンクトペテルブルクは、ロシアの中でも有名な観光名所になります。1年中多くの旅行者がサンクトペテルブルクに訪れており、水の街そして芸術の街と呼ばれる素晴らしい景色を見ることができます。今回は有名な美術館、世界遺産をはじめとしサンクトペテルブルクで1度は足を運んでほしいおすすめの観光地を紹介していきます。

サンクトペテルブルク観光地:ロシアを代表する教会「血の上の救世主教会」見出し

世界遺産の1つでロシアの中でも有名なこの教会は、玉ねぎ型の装飾が目立つ観光名所になります。ロシアだけでなく、全国から多くの旅行者が訪れており、1年中賑わう観光地でもあります。かつてのロシア帝国アレクサンドル2世の暗殺がきっかけで創建されたと言われており、歴史を感じる観光地でもあります。とても派手な装飾が眼を引くおすすめの教会です。

外観はもちろん、内装もとても美しく何時間でも見ていられる景色が広がっています。この内部には、暗殺されたことをきっかけに造られたので、聖書の中から比較的悲劇的な要素を取り入れたモザイク画壁一面に広がっています。また、夜はライトアップもされるので、昼と夜に違う表情が見え、1日中楽しめるおすすめの観光名所です。ぜひ朝晩と訪れてみてください。

フィンランド観光おすすめスポットは?人気観光地の見どころはココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
フィンランド観光おすすめスポットは?人気観光地の見どころはココ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フィンランドと言えば、何をイメージされるでしょうか。北欧デザインの雑貨、美しい自然美、オーロラやムーミンをイメージされる方も多いと思います。そんなフィンランドから、おすすめの観光地を10か所ご紹介したいと思います。楽しいフィンランド観光の参考にして下さいね。

サンクトペテルブルク観光地:世界三大美術館「エルミタージュ美術館」見出し

世界遺産、そしてパリ、ニューヨークと並ぶ世界三大美術館の1つになります。世界遺産の1つとしても有名で、サンクトペテルブルクに旅行の時は1度は訪れてほしいおすすめの観光名所になります。エルミタージュ美術館は、世界屈指の大きさを誇り、約300万点もの芸術品を展示しています。また、近代美術のコレクションが豊富に展示されています。

この美術館は実際にロシア皇帝が住んでいた宮殿を中心に、合計で5つの建物からなっています。部屋数は約1050室もあり、1日中いても足りないほど大規模な美術館です。おすすめは、美術館のメインとなっている宮殿で、その美しさから別名「冬の宮殿」とも呼ばれています。レオナルドダヴィンチ、ラファエロなど世界でも有名な芸術家の作品が収蔵されています。

数々の芸術品はもちろん、世界遺産にも登録されている美術館の建物なので、建物自体も見どころが数多く点在しています。1764年にエカチェリーナ2世がドイツから芸術品を購入したことがこの美術館のはじまりと言われており、エカチェリーナ2世がイギリス人の建築家に造らせた「ラファエロの回廊」は幻想的で1番有名な名所になります。

ポーランド・ヴロツワフ観光旅行の見どころ!世界遺産の行き方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ポーランド・ヴロツワフ観光旅行の見どころ!世界遺産の行き方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ポーランド南西部、中世の面影をしたかわいい街並みを持つ「ヴロツワフ」。メルヘンな街並みが特徴で、さらにかわいい小人が出迎えてくれることで旅行客から大人気の観光地です。ヴロツワフ観光の見どころや、世界遺産であるシフィドニツァの平和教会への行き方をご紹介します。

サンクトペテルブルク観光地:ロシア人の信仰場所「カザン大聖堂」見出し

サンクトペテルブルクの世界遺産の1つであり、今なおロシア人の信仰場所として市民からも親しまれている観光名所です。サンクトペテルブルクで最も有名な通りに面しており、堂々たる外観が人気を呼んでいます。カザンという名はロシア正教の「イコン」の1つから取られており、観光地の中心に位置しているので多くの旅行者が訪れています。

カザン大聖堂の内部は撮影が禁止されているので、訪れたものにしか見ることのできない絶景が広がっています。内部は少し暗めの証明になっており、落ち着いた雰囲気が流れています。また、熱心な信者もいるので、大きな声でのお喋りは控えましょう。大聖堂の前の広場はベンチがあり、地元の方の憩いの場としても有名なスポットです。

サンクトペテルブルク観光地:ロシア最大の教会「聖イサク大聖堂」見出し

ロシア最大規模を誇るこの教会は、世界遺産の1つであり、観光名所として人気があります。1858年に完成したものになり、地元の方があまりお参りしている様子はなく、旅行者で日々賑わっている場所でもあります。ロシア帝国のシンボルとも言われており、はじめて旅行する方は、写真で見るよりも実物大の大きさに驚く方が大勢います。

世界遺産の1つとして多くの旅行者が訪れるこの教会は、内部がとても美しいことでも有名です。聖人たちの絵や像が天井や壁に隙間がないほど描かれており、とくにおすすめは心奪われるほどの美しいステンドグラスです。また、約100mの高さがある屋根の上に実際に登ることができ、サンクトペテルブルクの街並みを一望することができます。

クラクフ(ポーランド)観光の見所!レストランやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
クラクフ(ポーランド)観光の見所!レストランやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ポーランドの南部にある街・クラクフ。この街は、ポーランドが王国だった時代に首都だった場所。そのため、ポーランドで最も歴史のある観光地です。日本でいえば京都のような古都、それがクラクフ。ここでは、そんな魅力的なクラクフでおすすめの観光スポットをご紹介します。

サンクトペテルブルク観光地:おとぎ話の世界「エカテリーナ宮殿」見出し

緑豊かな公園を歩いて10分ほど進むと、水色と白を基調とした可愛らしい宮殿が現れます。まるでおとぎ話に出てくるような外観に旅行者から人気の観光名所になります。かつてはロシア帝国やその一族が夏の時期にこの宮殿で過ごしたことから「夏の宮殿」とも呼ばれていました。サンクトペテルブルクの歴史を感じれる有名スポットでもあります。

宮殿内は約55室もの部屋があり、第二次世界大戦のときにドイツ軍に壊されるまでは大量の金が使われていました。第二次世界大戦後ドイツ軍に壊された部分の復興作業が行われており、2003年に完全に復元されました。ドイツ軍に盗まれていた琥珀もすべて取り戻し、当時から有名だった「琥珀の部屋」も完全に元の姿に戻っています。

サンクトペテルブルク観光地:ネヴァ川沿いの要塞島「ペトロパヴロフスク要塞」見出し

ネヴァ川沿いに浮かぶ要塞島になり、観光名所として人気があります。18世紀にスウェーデンから国を守るために造られた要塞になり、現在は旅行者向けに中を見て回ることができます。街の中心部から少し離れており、メトロでのアクセスになりますが行く価値があるおすすめの観光地です。刑務所や博物館など1日中いても飽きない観光地です。

要塞の中には世界遺産に登録されているペトロパヴロフスク聖堂があります。黄色い目立つ塔が目印で、川の反対側からも外観がわかるほど高い聖堂になります。聖堂ですが、現在ではロシア皇帝が眠っている納骨堂としての役割を果たしています。金細工が細かいところまで施されているので、豪華でとてもキラキラとした大聖堂になります。

モンゴルの観光をホテルやお土産と一緒に紹介!グルメやショッピングも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
モンゴルの観光をホテルやお土産と一緒に紹介!グルメやショッピングも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
モンゴルの観光シーズンは夏、大ナーダム(夏祭り)の時をピークにして、8月いっぱいを国民全員が夏休みを楽しみます。藍色の澄み切った空の広がりと、地平線まで続く緑の草原を疾駆する馬の背に乗って、あなたもモンゴル観光の醍醐味が味わえる事でしょう。

サンクトペテルブルク観光地:美しいシンメトリーの建物「スモーリヌイ聖堂」見出し

ここはサンクトペテルブルク郊外にあるサンクトペテルブルク大学のキャンパスになります。いくつもの古い教会からできた場所になり、ピョートル1世の実の娘が建設したと言われています。18世紀ころの歴史ある建物になり、白と青を基調した明るい雰囲気の建物です。ここはコンサートも行われることがあるので時期は合えば足を運んでみて下さい。

中央にある塔が観光名所となっており、一般人も中を見学することができます。高さ約94mの時計塔があり、サンクトペテルブルクの学生たちの姿も見ることができます。サンクトペテルブルクの地元の方の普段の姿を垣間見ることができ、この大学では日本語を専攻している学生も多くいるそうです。日本とは違った学校の文化を見学しに行きましょう。

サンクトペテルブルク観光地:ロシアで最初の美術館「国立ロシア美術館」見出し

ロシアで最初の国立美術館になり、ロシアのコレクションが詰まったおすすめの美術館です。建物自体もとても魅力ある場所になり、19世紀はじめのミハイロフスキー宮殿を再利用した美術館になります。先ほど紹介したエルミタージュ美術館は外国人の作家の作品が多いですが、国立ロシア美術館はロシア出身の作家の作品を多く展示しています。

約40万点もの芸術品を展示しており、彫刻やイコンの作品も展示されているのでサンクトペテルブルクの芸術の歴史についても知ることができます。おもに18世紀から19世紀、そして現代の美術に至るまで幅広く展示されています。力強い印象を受ける絵が数多く展示されており、ここでしか見られない作品もいくつかあるので時間のある方はぜひ足を運んでみて下さい。

モンゴル旅行の注意点は?費用や持ち物・服装などを紹介!治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
モンゴル旅行の注意点は?費用や持ち物・服装などを紹介!治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ユーラシア大陸の内部に位置するモンゴル。モンゴルは定番の旅行先というわけでは無いので、あまり多くの情報がないのが現実ではないでしょうか。今回は、モンゴルへ旅行へ行く際の注意事項や費用や持ち物、服装など、モンゴルの基本情報をお伝えします。

サンクトペテルブルク観光地:オペラとバレエの殿堂「マリインスキー劇場」見出し

創立1860年の長い歴史がある劇場になり、オペラ、バレエ専用の劇場になります。かつてのロシア帝国の皇帝専用の劇場として設立しましたが、現在では世界各国の観光客が訪れる有名な劇場です。白鳥の湖、眠れる森の美女、くるみ割り人形など誰もが1度は耳にしたことのある名作の初公演がここの劇場で行われたと言われています。

ここの劇場で公演しているバレエやオペラ団体は、世界各国を周るほど人気のチームになり、わが国日本にも何度か来日したことがあります。外観も緑色を基調とした特徴的な建物になり、外観を楽しむだけでも価値があります。新館、旧館と建物が2つあり、川に挟まれた状態で建設されています。ぜひ予定の合う方は世界レベルのバレエやオペラを鑑賞しませんか。

サンクトペテルブルク観光地:かつての貴族の館「モイカ宮殿」見出し

ラスプーチンの暗殺場所として知られる「モイカ宮殿」は、かつてロマノフ王朝時代の貴族の宮殿でした。さまざまな有名建築家が宮殿の建設に関わっており、当時のロシアの貴族「ユスポフ家」のお気に入りの宮殿としても知られています。現在では中を観光客用に一般公開しており、内部を散策することができます。

食後の祈りを捧げていたラスプーチンを2発の銃弾が襲い、絨毯でまかれ冷たいネヴァ川に落とされ溺死したと言われています。ラスプーチンが祈りを捧げていた場所、最後に食事をとった場所、逃げようとした中庭まで当時のままに残されており、歴史好きにはたまらない観光スポットとなっています。

サンクトペテルブルク観光地:ロシアの英雄の眠る場所「アレクサンドルネフスキー大修道院」見出し

ロシアの英雄の1人として有名な「アレクサンドルネフスキー」の眠る修道院です。サンクトペテルブルクで最古の建築物としても有名で、ネフスキー大通りの最終地点に位置しています。教会内は撮影ができないので、訪れたものにだけわかる感動があります。ロシアでの著名文化人も多く埋葬されている場所でもあります。

ピョートル大帝の命令により建築された建物になり、中央のメインの建物にアレクサンドルネフスキーが眠っています。ロシアの宿敵スウェーデンを破った歴史的価値のある地でもあり、修道院へ向かう途中にお墓があります。修道院とは別で拝観料がかかりますが、サンクトペテルブルクの歴史を深く知りたい方にはおすすめです。

サンクトペテルブルク観光地:観光の拠点「ネフスキー大通り」見出し

先ほど紹介したアレクサンドルネフスキー大修道院をはじめとし、カザン大聖堂、血の上の救世主教会、そしてエルミタージュ美術館など世界遺産の観光名所がこの通りに集う観光のメインストリートになります。ピョートル大帝によって設立され、古くからある大通りなので地元の方からも親しまれる観光の拠点となります。

ネフスキー大通りにはさまざまなお店が立ち並んでおり、お土産屋やレストランといった観光にかかせないお店も集う通りになります。ぶらぶらと散策しながら観光名所をまわり、気に入ったカフェで一休みとそれぞれの旅のスタイルに合わせて楽しむことができます。メインストリートに立ってロシアの歴史を感じることもできます。

サンクトペテルブルク観光地:最も有名な橋「宮殿橋」見出し

サンクトペテルブルクで最も有名な橋になり、観光名所としても有名なスポットです。世界遺産のエルミタージュ美術館に向かうための重要な橋になり、昼間は交通量が多いことから跳ね上がる瞬間は夜中にのみ見られる光景となります。夜中の0時30分スタートと遅いですが、一目見ようと多くの観光客が訪れます。

おすすめの時期は6月から7月になり、ロシアで太陽が沈まない夜「白夜」の時期になります。白夜の時期では夜中でも昼間みたいに明るいので、その自然現象と橋の跳ね上がる瞬間は幻想的な景色を作りだしています。白夜の時期には船から見られるツアーなども開催されているので、時期の合う方はぜひツアーに申し込んでみて下さい。

サンクトペテルブルクの治安は?見出し

昼間のサンクトペテルブルクは世界遺産、大聖堂、自然の観光地を巡るときの治安は悪くないです。ただし、気を付けたいのは夜の街を散策するときです。日本でもそうですが、お酒を飲んでいる人や、大きい建物が多い分薄暗い場所もあるので、夜にはホテルに戻るのをおすすめします。また夕食は少し高くても安全なレストランを選ぶのをおすすめします。

芸術と歴史の街サンクトペテルブルクへ観光に行こう!見出し

サンクトペテルブルクには、数々の世界遺産、そして名作と出会える美術館が点在しており、何日いても飽きない観光スポットになります。ロシアの歴史を垣間見ることができ、日本とは違った文化を楽しみながら観光することができます。あなたの旅のスタイルに合う観光地はいくつ見つかりましたか?ぜひサンクトペテルブルクへ素敵な思い出を作りに行きましょう。

投稿日: 2017年8月2日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote