地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ロシアの治安は?旅行ツアーの事前準備まとめ!持ち物や注意点をチェック!

ロシアへの旅行を検討されている皆さん、ロシアへ渡航する前に、現地の治安のチェックはおすみですか?今回は、渡航する前に知っておきたい、ロシアの現在の治安状況と、持ち物や注意点などをまとめました。事前にチェックをしロシア旅行に備えて下さい。

ロシアの治安は?見出し

歴史的建造物や教会、独特な美しい建物や豊かな自然が魅力のロシア。毎年各旅行会社から多くのツアーが出ており人気の旅行先の場所ですが、実際のところ治安はどうなのでしょうか。今回は、ロシアの現在の治安と、持ち物、そして注意点などをまとめました。ロシアツアーに行く前に、事前に知っておけばきっと役立つ情報が満載です。

ロシア観光旅行の魅力!世界遺産や名所・旧跡のおすすめスポット15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシア観光旅行の魅力!世界遺産や名所・旧跡のおすすめスポット15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界で一番広い領土を持つ国、ロシア。ロシアには世界遺産や名所、旧跡など見応えのある観光スポットが数多く点在しています。ロシアの魅力を知れば、旅行に行って見たくなること間違いなし。ロシア旅行で特におすすめしたい、15箇所の観光スポットを厳選してご紹介します。

現在のロシア治安情報見出し

2017年8月12日現在、ロシアの治安を外務省の海外安全ホームページの情報で確認をすると、ロシアのほぼ全域がレベル1の「十分注意してください」となっており、一部ジョージアと国境を接する北コーカサス連邦管区ではレベル3の「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が出ています。レベル3のエリアについては、治安が大変悪くなっています。

ロシアのジョージア及び国境を接する北コーカサス連邦管区に関しては、現在イスラム過激派組織ISILにロシア人が多く参加しているということもあり、武装勢力による自爆テロ事件や襲撃、誘拐などが多発しています。大変治安が不安定なので渡航は控えてください。その他のエリアに関しては、治安は良いとは言えませんが渡航は可能です。

首都モスクワを含め、その他のエリアは危険度がレベル1となっております。過去にテロ事件が起きているということもあり、引き続き十分注意を促しているということと、場所によってはスリや強盗、詐欺などの一般犯罪において治安が悪い場所があります。事前に外務省の地域ごとの治安をチェックしてから渡航をすることをおすすめいたします。

ロシアのお土産おすすめランキング!人気のお菓子から雑貨まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシアのお土産おすすめランキング!人気のお菓子から雑貨まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ロシアには帝政ロシア期に培われた華やかさと素朴さをかね合わせた独特の文化があります。そのためロシアにはお土産にしたい楽しいものや美しいもの、食べておいしいものが数多くあり、おすすめのものも多いです。そんなロシアのおすすめのお土産をランキングでご紹介します。

ロシアの治安:スリ・強盗などに注意見出し

ロシアの治安は良いとは言えません。ツアーの参加であっても人が多い場所ではスリに注意。個人旅行の方は、地下鉄や駅構内、マーケットでの買い物中など、人混みの中で被害に遭うことが多いです。普段はクールなロシアン人が多い中、向こうから写真を撮りましょうか?などと声を掛けてくる人には要注意です。いつの間にか盗まれていることも!

ロシアは日本よりも治安が良くありません。治安が悪い場所もあるので大金は持ち歩かず、ブランド品や宝飾品はなるべく身につけずに行動することをおすすめいたします。ツアーに参加している方でも、注意を怠らず、鍵は必ず掛けて、ホテルから外出する際は、念には念を、セーフティーBOXは使用せず自分で持ち歩いた方が、確実です。

ロシアの治安:ネオナチに注意見出し

ロシアの「ネオナチ」という組織を知っていますか?日本ではあまり聞かないかもしれませんが、ネオナチとは、ナチズムを復興に向けて政治運動を行なっている暴力的な集団です。ネオナチの特徴は、黒ずくめの服、もしくは迷彩服を着ていて、スキンヘッドの人が多いです。ヒトラーの誕生日や、ナチス記念日などに活発化されるので要注意です。

ネオナチの人々は、白人以外の人種に対して嫌悪感を持っている組織です。私達アジア人や黒人に対しても差別をしてくるので、ネオナチの人らしき集団や人物を見つけたら、その場から去り、トラブルを避けることをおすすめいたします。暴力的な集団なので、何をされるか分かりません。旅行中に不愉快な思いをしないためにも注意が必要です。

ロシアの治安:ぼったくりタクシーに注意見出し

ロシアでタクシーを利用する際は、注意が必要です。特に気をつけたいのは、ぼったくりタクシーの白タクです。以前政府の規制が入り、過去よりかは少なくなってきたものの、現在でも多くの白タクが走っています。タクシーを利用する場合には、できることなら宿泊先のホテルで呼んでもらうのが一番安心です。また英語も通じない場合もあります。

またロシアの運転は、全体的にとても荒いです。高速道路も前との車間距離が狭く、ヒヤヒヤするほど。ツアーではなく、個人旅行でロシアのタクシーに乗る予定がある方は、酔い止め薬を念のため持参しておいた方が良いかもしれません。ただ一般的なタクシーの料金に関しては、日本と比べてもお安いので、あまり心配する必要はありません。

ロシアの治安:偽警官に注意見出し

ロシアでは、身分を証明するためにパスポートの携帯が義務付けられています。以前よりかは減ってきているようですが、警察官を装い、パスポートを提示させ、奪われるという被害が起きることがあります。人通りが少ない場所など治安が悪そうなところは避け、道を歩くときは人が多い場所を選んで歩くようにしましょう。

もちろん本物の警察官にパスポートの提示を求められた場合、見せなくてはいけません。しかしながらなんだか怪しいなと思う人であれば、警察官のID番号と氏名を聞き、パスポートを見せるときも自分の手で持ちながら見せることをおすすめいたします。ちょっと勇気がいるかもしれませんが、パスポートを盗まれた方が大変なので注意。

ロシアの治安:売春婦に注意見出し

男性の方に注意していただきたいのは、ロシアには売春婦が多くいることです。特にリーズナブルなホテルの周辺、飲み屋さんなど、ツアー客を含め観光客をターゲットにした売春婦がうろついている場合があります。ロシア人の女性は大変美人な方が多いので、優しくされたり甘えられるとつい心を許してしまいそうですが、強い心を持ってください。

美人だからといって気軽に部屋に誘ったり、付いて行ったりすると、お金を取られるだけではなく、マフィアと繋がっている可能性も考えられます。昔日本人女性がイケメンロシア人と付き合ったら実はその人はマフィアの一員で、何も知らなかった日本人女性までも牢獄に入れられたという事件がありました。そんなことがないよう要注意です。

ロシアの治安:テロに注意見出し

ロシアでは一般犯罪による治安も不安定な国でありますが、治安が悪いとされる別の理由として、過去にテロがあったということ、冒頭でお伝えしたように一部の地域でテロ事件が起きており、治安が不安定ということです。ジョージア及び国境を接する北コーカサス連邦管区が主にイスラム過激派組織ISILによって治安が不安定です。

過去にはモスクワの地下鉄でテロ行為があり、当時は治安がかなり不安定となりましたが、現在では治安が落ち着き、危険度も1に下がりました。しかしながら今後動きがある可能性もあり得るので、ロシアへ旅行に行く時は必ず事前に外務省の治安情報をチェックしてから渡航するようにしてください。

モスクワで特に治安が悪い場所は?見出し

ロシアの首都モスクワで治安が悪いところをピックアップしました。一番治安が悪いとされている場所はチェルタノヴォです。インフラの整備が整っていないということもあり、強盗や窃盗が毎日のように行われています。またゴリャノヴォも治安が悪いです。ひったくりや強盗が大変多いです。その他にもモスクワで治安が悪い所はあるのでご注意を!

ロシアにはビザが必要!見出し

ロシアに入国をする際は、ビザが必ず必要です。旅行会社が主催するツアーに参加する場合には、ツアー団体でビザを申請をしてもらえる特典がありますが、個人旅行の場合は、結構面倒な手続きが必要となります。ご自身で東京もしくは大阪にあるロシア大使館に行って、必要書類を提出し、ビザを発行するという流れになります。

ロシアのビザを発行するためには、パスポートとビザの申請書、顔写真、バウチャーというホテルの予約確認書と行程表が必要です。細かい指定などがあるため、ご自身でビザを申請する場合には事前にホームページを確認しましょう。面倒な場合や時間がない場合には、ビザ代理の会社があるので、それも検討してみると良いかもしれません。

ロシア旅行おすすめの持ち物見出し

レンタルWifi

ロシアでは殆ど英語が通じません。そのため常にインターネットが繋がっている環境であれば自分でスマートフォンなどで情報収集をして観光をスムーズにすることが出来るので大変便利だと思います。カフェやホテルなどではWiFiがフリーな場合もあるので、レンタルをしなかった場合には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コンセント変換プラグ

日本のプラグタイプはAタイプですが、ロシアのプラグタイプはCタイプです。電圧は220ボルトです。日本の電化製品をロシアで使用する場合には、変圧器とアダプターが必要です。そのまま使用することはできないので注意をしてください。お値段は高くなりますが、どこの国でも使えるマルチプラグを買っておくと大変便利ですよ。

治安は事前に確認しロシア旅行を楽しもう見出し

今回は、現在のロシアの治安状況や持ち物、注意点などをご紹介いたしました。ロシアの治安は日本と比べると悪く、不安な点もあるかと思いますが、治安は多少悪くても最低限のことを気をつけて行けば、トラブルなく、安全に楽しむことができます。安全のために事前に渡航する地域の治安情報を確認してから旅行に行くことをおすすめします。

関連キーワード

投稿日: 2017年8月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote