地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

バイカル湖はシベリアの真珠!世界一の透明度!現地ツアーも人気!

バイカル湖は、世界遺産に登録されている3つの世界一を持つ湖です。10万年以上存在し続けるバイカル湖は、オールシーズン満喫できるロシアの人気観光地です。押さえておきたい観光スポットから、便利なバイカル湖ツアー、その他アクセス方法や、周辺情報をまとめました。

シベリアの真珠!バイカル湖観光!見出し

シベリアにあるバイカル湖は、世界一の透明度、古さ、深さがある湖です。バイカル湖はその美しさから、シベリアの真珠とも呼ばれていて、世界遺産に指定されています。バイカル湖観光のポイントや、周辺の観光地、現地でも参加できるおすすめツアーなど、詳しくご紹介していきます。

ロシアシベリアにあるバイカル湖とは?見出し

ロシアの中央シベリアにあるバイカル湖は、面積およそ31平方キロメートルあり、滋賀県にある日本最大の湖のおよそ46倍の、大きさの面積があります。1996年に世界遺産に登録され、バイカル湖周辺は、自然保護区に指定されています。バイカル湖は、ロシアシベリア旅行では、外せない観光地となっています。

バイカル湖の奇跡の氷

バイカル湖では、気温や水温の急激な温度変化がおこると、膨張熱により氷に亀裂が入るようです。ロシアシベリアは、寒冷地帯なので冬シーズンは、氷点下の気温が基本となるようです。そのため、湖の湖面が凍結し、分厚い氷が広がります。その氷厚は約100センチ以上になるようです。

淡水に生息する動物

ロシアシベリアのバイカル湖では、寒冷地にも関わらず世界有数の固有種が、多く生息する湖です。その中でバイカル湖に生息する、バイカルアザラシがいます。バイカルアザラシは世界で唯一淡水に生息しているアザラシです。またバイカルアザラシはバイカル湖の生態系の中で、トップとされる位置付けです。

悲劇の湖でもあるバイカル湖見出し

シベリアの真珠とも呼ばれているバイカル湖ですが、一方では悲劇の湖とも呼ばれています。バイカル湖は、ロシアの歴史が深く残されている湖です。バイカル湖が悲劇の湖と呼ばれるようになった理由は、主に20世紀初頭の第一次大戦や、近年のボート行方不明事故からきているようです。

冬のロシアシベリア

バイカル湖には、船が突然姿を消す、悪魔のクレーターと呼ばれている水域があると、言われています。2011年にボートに乗った4人の男性は、バイカル湖を熟知していました。しかし悪魔のクレーター水域でボートごと姿を消し、それ以降行方不明になってしまいました。この事件の他にも、色々な事件や噂があるようです。

バイカル湖の悲劇

20世紀初頭に、ロシア革命が起こり、赤軍の手から逃れようとした白軍の数十万の兵士が、バイカル湖を横断しようとしました。しかし季節は冬、寒波に見舞われた白軍は、バイカル湖上で凍死してしまいました。雪解けの時期なると数十万の兵士は、バイカル湖の水底に沈んでしまいました。このような悲劇がバイカル湖にありました。

世界遺産!3つの世界一を持つ湖見出し

世界遺産に登録されているバイカル湖は、3つの世界一をもつ湖です。その3つは、世界最古の湖、世界一透明度が高い湖、世界一深い湖です。またバイカル湖が最も美しいのは、冬のシーズンといわれていて、その期間は約5か月間にも及びます。ロシアシベリア旅行では、是非おすすめしたい観光スポットです。

世界最古の湖と呼ばれるバイカル湖見出し

10万年以上の歴史がある湖は、古代湖と呼ばれていて世界でも約20ヶ所しかないようです。その古代湖のなかで、最も古い歴史をもつのが、バイカル湖です。バイカル湖は、元々海溝でしたが約3000万年前に湖になり、徐々に淡水化されていったようです。また湖の周辺には、約2万年前から人類が住み始めたと言われています。

バイカル湖にしかいない生物

世界最古の湖バイカル湖の生態系は、固有種が多く生息していて、微生物にも固有種がいます。水質を透明にしてくれる微生物や、バイカル湖の水質に深く関わりがある可能性が高いようです。世界最古の湖には、まだ発見できていないい生物が、多く存在すると言われています。

バイカル湖の逸話

約2万年前からバイカル湖周辺に、人類が住み始めたと言われています。その人類は、寒冷地帯から南下していき、朝鮮半島、中国などに渡来し、その一部が日本へ渡来したと考えられています。実際にバイカル湖周辺に住む民族は、日本人やアジア人と似ている顔立ちをしているようです。

バイカル湖は世界一透明な湖見出し

バイカル湖は世界一透明度が高い湖とされ、約30メートルの水底まで見えると言われています。バイカル湖の透明度が高い理由は、寒冷地の気候が関係していると言われています。またバイカル湖固有種のプランクトンも関係しているようですが、実際の理由はまだ分かっていないようです。

シベリアの真珠

夏のシベリアバイカル湖も美しいですが、冬に寒さで凍ったバイカル湖は、目を見張るものがあるようです。冬シーズンのバイカル湖の景色が美しく、シベリアの真珠とも呼ばれています。近年では地球温暖化の影響により、バイカル湖の水温が年々上昇しているため、凍る時期や厚さも短くなっているようです。

冬の時期限定

バイカル湖は冬の時期になると、湖面が厚さ1メートル近くに渡って凍るので、冬シーズン限定で自動車走行が許可されています。オリホン島に渡るための道路ですが、バイカル湖上に標識が立てられます。湖面の上を走行できるオリジナルツアーもあるようなので、バイカル湖旅行に来た時は、是非おすすめです。

世界一深い湖・バイカル湖の貯水量見出し

バイカル湖の深さは、最大水深約1741メートルとされています。バイカル湖は、ユーラシア大陸プレートと、インド亜大陸プレートの境目部分に位置している湖です。そのため陥没部分にバイカル湖は存在し、現在も年に深さ約6ミリメートル、幅2センチメートルずつ広がり続けているようです。

貯水量世界一のバイカル湖!

ロシアシベリアのバイカル湖は、貯水量も世界最大とされています。世界中の淡水の、約20パーセント近くがバイカル湖にあるとされています。淡水貯水量も加われば、世界一を4つもつ湖となります。ロシアシベリア旅行に行く際は、見逃せない観光スポットの一つとされています。

バイカル湖と繋がる川

バイカル湖にはおよそ336本の河川から、水が流入していますが、バイカル湖のから流入する川は、南西方向にあるアンガラ川のみです。アンガラ川は、全長およそ177キロメートルあり、モンゴルまで繋がっている川です。アンガラ川も冬シーズンは凍結し、5月の上旬を過ぎると解氷してくるようです。

シベリアの真珠と呼ばれる観光スポット見出し

バイカル湖を眺めるだけで満足する人が多いようです。しかしバイカル湖の周辺には、展望台や博物館など人気の観光スポットがあります。ロシアのパワースポットとされている観光地もバイカル湖にあります。バイカル湖観光は、春夏秋冬違った楽しみ方ができるおすすめ観光地です。

バイカル湖博物館観光

バイカル湖の近くのリストヴェンカには、バイカル湖博物館があります。バイカル湖博物館は、湖の成り立ち、バイカル湖の固有種や植物を、詳しく学ぶことができる観光スポットです。またバイカル湖に生息している、バイカルアザラシを見ることができるようです。天候の悪い日でも楽しめる、シベリア旅行観光スポットとなっています。

観光スポット展望台

バイカル湖博物館の隣にあるリフトを登って行くと、バイカル湖が見渡せる展望台があります。晴れた日には、見晴らしが良く、バイカル湖が一望できる観光スポットとなっています。また冬はスキー場になるので、春夏秋のシーズンのみとなります。バイカル湖旅行で人気のスポットとなっています。

夏シーズンのバイカル湖見出し

夏のロシアシベリアは、気温平均20度前後まで上昇するので、比較的に旅行しやすい気候となります。バイカル湖の周りは、国立公園や自然保護区となっているので、原生林に囲まれているバイカル湖も、一際輝いて見えるようです。冬の寒さが苦手な人も、夏のロシアシベリア旅行はおすすめの観光地となっています。

バイカル湖シャーマンの岩

バイカル湖にあるシャーマンの岩は、地元ロシアシベリアで、パワースポットとなっている観光名所です。シャーマンの岩には古代から、シャーマンの岩の底には、貨幣が埋まっていたという言い伝えがあるようです。そのためシャーマンの岩には力があると、言われているようです。

バイカル湖近くの市場観光

バイカル湖近くの市場では、バイカル湖で獲れた魚を購入することができるようです。市場で食べることもできるようなので、バイカル湖観光に行った際は、ご飯を市場で済ませる人も多いようです。魚意外にも、日本では見かけない珍しい食べ物などあるようです。シベリア旅行では、人気の観光地です。

冬シーズンの観光が人気!見出し

冬シーズンに人気の観光地バイカル湖は、ロシアシベリアでも屈指の観光スポットのようです。シベリアの真珠とも呼ばれている、一面真っ白なバイカル湖は、世界中から観光客が集まる観光スポットとなります。また冬シーズンは、遊覧船でバイカル湖を遊覧することもできます。

バイカル湖観光人気ツアー

冬のバイカル湖人気ツアーは、遊覧船やホバークラフトでバイカル湖を遊覧する、ツアーが人気となっています。約一時間程度、ゆっくりバイカル湖を遊覧するツアーは、時間を忘れさせてくれる心地良い観光となっています。またバイカル湖アザラシ博物館も、人気の観光スポットとなっているようです。

車で走るバイカル湖観光

バイカル湖は冬になると一面厚い氷で覆われるので、バイカル湖に浮かぶ島オリホン島への道路ができます。オリホン島は、幅約12キロメートル、長さ72キロメートルと小さな島です。オリホン島には人口約1500人が暮らしていて、バイカル湖に訪れる観光客の、人気観光スポットとなっています。

バイカル湖観光ツアーがおすすめ!見出し

バイカル湖観光は、現地でも参加できるツアーがおすすめです。バイカル湖観光の主なツアーの流れは、シーズンごとによって変わってきます。主なツアーの流れは、シベリア湖湖畔からオリホン島へ上陸、オリホン島観光を楽しんでから、バイカル湖博物館やバイカル湖アザラシ博物館という観光ツアーです。

シベリア観光もできる!

シベリア観光もできるプランもある観光ツアーもあるようです。シベリア湖のオリホン島や博物館などを観光してから、シベリアの歴史ある教会や世界遺産に指定されている美術館等を周るツアーです。折角バイカル湖に来たからには、シベリアも観光したいという人におすすめの観光ツアーです。

ガイド付きのバイカル湖観光

バイカル湖ツアーには、ガイド付きで観光できるツアーがあります。日本語ではなく英語ガイドとなりますが、バイカル湖を遊覧しながら、バイカル湖の歴史や生態系について説明してくれるようです。実際の場所を見ながらの説明となるので、バイカル湖のことがより知れる人気の観光旅行となります。

バイカル湖がある都市イルクーツク見出し

イルクーツクとは、バイカル湖があるロシアの都市の名前です。バイカル湖に比較的にアクセスしやすいのがイルクーツクのようです。イルクーツクはロシアの首都モスクワから、シベリア鉄道で繋がっているので、アクセスも抜群です。また昔シベリアで捕虜となった日本人によって、建設された建築物が多いことでも知られています。

バイカル湖と合わせたツアー

シベリア旅行でバイカル湖とイルクーツク、両方観光できるツアーが人気となっているようです。バイカル湖では展望台やオリホン島観光、イルクーツクではシベリア東部で最も古いとされているスパスカヤ教会、キーロフ広場などの観光ツアーとなっているようです。評価の高い観光ツアーで、現地でも予約可能のツアーとなっています。

シベリアのパリと呼ばれた都市を観光

シベリアのパリとも呼ばれたことがあるイルクーツクは、街並みがとても美しい観光地です。歴史ある観光地が非常に多いですが、ロシア料理を食べられるレストランや、建築が美しいホテルなど観光施設が充実しているようです。バイカル湖旅行の拠点にする人も多いイルクーツクは、シベリアを堪能できる都市です。

バイカル湖へのアクセス見出し

バイカル湖へのアクセスは、バイカル湖から最も近いイルクーツク国際空港へ行きます。日本からの直行便は出ていないので、乗り換えが必要となります。イルクーツク国際空港からバスで、バイカル湖近辺の町まで約1時間程の移動となります。またバイカル湖の最寄り都市イルクーツクと日本の時差は、1時間です。

バイカル湖観光の交通手段

バイカル湖観光ツアーにも組み込まれているシベリア鉄道は、世界一長い鉄道です。首都モスクワから、ウラジオストクまで繋がっている鉄道は、バイカル湖観光でも人気の交通手段となっています。シベリア鉄道のバイカル湖の最寄り駅はイルクーツクとなり、ロシア全土のアクセスが非常に便利な交通手段です。

バイカル湖の観光注意ポイント見出し

バイカル湖では、氷の薄い場所を走っていた車が、湖に落ちるなどの事故があるようです。観光ツアーなどに参加して、安全な場所を走って楽しむことが、バイカル湖旅行の観光注意ポイントとなります。またバイカル湖観光に限らず、旅行中はスリ、ぼったくり、置き引きなどに気を付けて、旅行を楽しんでください。

シベリアの世界遺産!バイカル湖の魅力見出し

シベリアの世界遺産に指定されているバイカル湖は、神秘的で魅力溢れる湖です。バイカル湖周辺には春夏秋冬楽しめる観光スポットがあるので、季節を限定することなく、バイカル湖観光を満喫することができます。シベリアの真珠と呼ばれているバイカル湖観光をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。

ロシア観光旅行の魅力!世界遺産や名所・旧跡のおすすめスポット15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシア観光旅行の魅力!世界遺産や名所・旧跡のおすすめスポット15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界で一番広い領土を持つ国、ロシア。ロシアには世界遺産や名所、旧跡など見応えのある観光スポットが数多く点在しています。ロシアの魅力を知れば、旅行に行って見たくなること間違いなし。ロシア旅行で特におすすめしたい、15箇所の観光スポットを厳選してご紹介します。
ウラジオストク観光の魅力を紹介!ロシア極東の人気スポット!治安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ウラジオストク観光の魅力を紹介!ロシア極東の人気スポット!治安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本からわずか2時間でヨーロッパ気分を味わえるおすすめの観光スポットウラジオストク。世界で1番美しい海辺の街として小さい国に魅力あふれる観光スポットが数多く点在しています。そんなウラジオストクで1度訪れてほしい観光スポット、そして治安情報まで紹介していきます。
ロシアで英語は通じる?旅行で使えるロシア語まとめ!旅で活用! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロシアで英語は通じる?旅行で使えるロシア語まとめ!旅で活用! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
モスクワやサンクトペテルブルクなど海外から旅行に来る人も増えているロシア。そんなロシアで英語は通じるのでしょうか?ロシアで英語が通じる場所や英語で話しかけてくる人への注意点、英語が通じないときの対処法、旅行で使えるロシア語などご紹介します。
投稿日: 2017年8月25日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote