地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

十和田市現代美術館は建築好き必見!まったり過ごせる人気のカフェも!

青森県にある十和田市現代美術館は、そのユニークな建築が他の美術館とは一線を画しているほか、草間彌生の作品やスタンティング・ウーマンなどを目的に遠方からわざわざ訪れる人が後を絶ちません。そんな十和田市現代美術館について見どころやカフェ情報などをお届けします。

今まで見たことのないアート建築!十和田市現代美術館見出し

十和田市現代美術館といえば、今までの美術館という固定概念を覆す建築デザインで注目されているほか、水玉模様の作品で国際的にも評価の高い草間彌生などの展示で人気を集めています。この記事では、そんな十和田市現代美術館について営業時間やアクセス、おすすめの見どころ、おしゃれで人気のカフェなどについてご紹介します。

十和田市現代美術館の基本情報見出し

十和田市現代美術館は、青森県十和田市が推進しているArts Towada(アーツ・トワダ)構想の一環として2008年4月にオープンをしました。今までの美術館建築とは一線を画し、四角の大小さまざまな展示室がいくつもあり、各展示室の中には作品は一つだけ。そしてそれが通路で相互に接続されているというユニークな建築で注目を集めています。

また、作品が展示室の外にもあるので美術館の外からも鑑賞できるという造りになっているほか、美術館から道路をはさんだ反対側にもアートがあります。これは、十和田市現代美術館の位置する通りである十和田市官庁街通り全体を美術館と見立てるという目的の元にデザインされているためで、官庁街通り沿いには様々なアートの展示があります。

このような斬新でユニークなアート展示が話題を呼び、青森県という立地ながら十和田市現代美術館がオープンした直後の大型連休などには入場待ちの長い行列ができました。もちろん建築自体のユニークさだけでなく、草間彌生をはじめとする有名作家のアートや、おしゃれなカフェの雰囲気でも人気を集めています。 住所:青森県十和田市西二番町10-9 電話番号:0176-20-1127

十和田市現代美術館のアクセス見出し

電車とバスでアクセスする場合

十和田市現代美術館に公共交通機関でアクセスする場合は、まずは「八戸駅」もしくは「七戸十和田駅」まで東北新幹線でアクセスします。「八戸駅」からは、十和田観光電鉄バスに乗って「官庁街通りバス停」で下車をする方法と、JRバスおいらせ号に乗って「十和田現代美術館バス停」で下車をする方法があります。

十和田観光電鉄バスを利用した場合は約1時間、JRバスを利用した場合は約40分ほどかかりますので、予めしっかり予定を組んでおくのがおすすめです。「七戸十和田駅」からのアクセスの場合も、十和田観光電鉄バスで「官庁街通りバス停」で下車をしてください。乗車時間は約35分です。

車でアクセスする場合

車で東京、盛岡方面からアクセスする場合は、百石道路「下田百石インター」が最寄りのインターです。その後国道45号線を通り、国道102号線を通って十和田市現代美術館にアクセスすることになります。東北自動車道「十和田インター」は最寄りのインターではないので注意してください。

青森市内から十和田市現代美術館へアクセスする場合は、みちのく有料道路を通り、国道4号線経由で十和田市内へ入るのが便利です。十和田市現代美術館には、美術館裏に専用駐車場が10台分あり無料で利用できます。そこが満車の場合は、十和田市西二番町駐車場(住所:青森県十和田市西二番町8)が無料で利用できます。

十和田市現代美術館の営業時間と休館日見出し

十和田市現代美術館の営業時間は午前9時から午後5時までです。美術館に入館できるのは午後4時30分までですので注意してください。カフェとショップのCube Cafe & Shopの営業時間も同じく午前9時から午後5時、ラストオーダーは午後4時30分です。十和田市現代美術館の休館日は月曜日ですが、月曜日が祝日の場合はその翌日が休館日です。

十和田市現代美術館の料金見出し

十和田市現代美術館の料金は大人が企画展600円、常設展510円、セット券(企画展と常設展)が1000円です。高校生以下は無料で入館することができます。20名以上の場合は団体料金が適応され、100円引きで入館ができます。また、十和田市現代美術館の市民活動スペースは1時間につき330円、屋外イベントスペースは1日510円で借りられます。

十和田市現代美術館の見どころ1:建築自体がアート見出し

十和田市現代美術館と言えば、いくつもの箱を繋げたような今までには見たことのない建築スタイルが見どころの一つです。設計さは西沢立衛 (にしざわりゅうえ)。妹島和世と共同であの有名な金沢21世紀美術館を手掛けたことでも知られている世界的に有名な設計者で、多くの賞も受賞している実力派です。

独立した各展示室は通路で結ばれており、まるで一つの街のような空間が作り上げられています。そしてその大小様々な展示室の隙間から見えるのは屋外に展示されている巨大なアート作品。美術館の展示室がその屋外アートと相まって、エリア一体が一つの巨大なアートのようになっています。

金沢21世紀美術館の見所!人気の『プール』とは?アクセスも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
金沢21世紀美術館の見所!人気の『プール』とは?アクセスも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
石川県の金沢の大人気スポットの金沢21世紀美術館の観光でおすすめの情報をご紹介していきます。石川県の金沢21世紀美術館は、全国的にも有名な作品を展示している人気の美術館で、世界各国の美術品を見ることが出来るスポットです。駐車場やアクセスもまとめています。

十和田市現代美術館の見どころ2:フラワー・ホース見出し

十和田市現代美術館の屋外イベントスペースにある巨大でカラフルな馬のモニュメントがフラワー・ホースです。アーティストは韓国出身のチェ・ジョンファ。十和田市現代美術館の前の通りである官庁街通りは愛称を駒街道と呼ぶことから、この馬のアートが展示されています。高さはなんと5.5メートル。背後の白とのコントラストが美しい展示です。

十和田市現代美術館の見どころ3:スタンディング・ウーマン見出し

十和田市現代美術館の初めの展示室に入ると迎えてくれるのがこのスタンディング・ウーマンという作品です。高さは4メートルほどあるこの女性の像のアーティストはオーストラリア出身のロン・ミュエク。細部まで詳細に作られているという現実的な面と4メートルという非現実的な面の融合が面白いアートです。

十和田市現代美術館の見どころ4:草間彌生のアート作品見出し

十和田市現代美術館の屋外にあるアート広場。そこにあるひと際カラフルな作品が草間彌生の「愛はとこしえ十和田でうたう」です。カボチャ、少女、2匹の犬、キノコからなる彫刻群は草間彌生と言えばの印象的な水玉模様で彩られています。見ているだけでパワーがもらえるような、生き生きとした作品です。

実はこの各像ですが名前が付いており、カボチャは「十和田で発見された私の黄色カボチャ」、少女は「十和田のハナコちゃん」、犬は「リンリン」、そしてキノコは「太陽のキノコ」といいます。カボチャには穴が開いているので中に入ってみることもでき、まさに体験型のアートになっています。

十和田市現代美術館の見どころ5:フライングマン・アンド・ハンター見出し

十和田市現代美術館のようなユニークな建築だからこそ生きてくるのがこのフライングマン・アンド・ハンターのような作品です。森北伸のこの作品は、建築と建築の間をまるで忍者のように自由に動き回っているようです。下から見上げると体を通して空が見え、地面には不思議な形の影ができるなど様々な角度から楽しめるユニークな作品です。

十和田市現代美術館の見どころ6:アッタ見出し

前庭に突如として現れたのが巨大なハキリアリ。本来であれば小さいはずのアリが巨大化していることや、その鮮やかな赤色などが非常にメッセージ性を持っています。アーティストは椿昇。2001年に開催された「横浜トリエンナーレ2001」では、55メートルにも及ぶバッタを出現させたことでも話題を呼んだ今注目のアーティストの一人です。

十和田市現代美術館のカフェ&ショップ見出し

十和田市現代美術館にはいくつもの白い箱がありますが、そのうちの1つだけ巨大な外壁画か描かれているものがあります。それがカフェとショップのcubeです。ポール・モリソンによる「オクリア」と奈良美智による「夜露死苦ガール2012」が白黒で描かれたcubeは遠くからでもよく目立ちます。

カフェの印象的な床はマリケル・リンによるものです。十和田の伝統工芸である南部裂織にインスパイアされた鮮やかな色合いと白い外壁とがお互いをよく引き立てあっています。カフェではドリンクの他、「青森スペシャルスイーツ」「十和田富士屋ホテルのアップルパイ」など、地元の食材を使ったスイーツや軽食が食べられます。

ショップでは、大人気アーティストである草間彌生など十和田市現代美術館の展示作家のグッズやミュージアムグッズがある他、地元作家の工芸品、食材なども扱っています。十和田を訪れた旅の記念やお土産にぜひどうぞ。カフェ&ショップの電話番号は0176-22-7789です。

十和田市現代美術館でアートなひとときを見出し

一般的に美術館といえば少し敷居が高いイメージもありますが、この十和田市現代美術館は実際にアートを体感するように楽しむことができ、子供さんにもおすすめです。草間彌生の作品を始め、どれも印象的なアートばかり。ぜひ十和田市現代美術館でアートなひとときを楽しんでください。カフェで青森スイーツを食べるのもお忘れなく!

関連キーワード

投稿日: 2017年9月14日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote