地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ソレイユの丘でキャンプ!バンガローの予約や料金は?子供向けの遊具はある?

神奈川県の横須賀市に農業体験型大型公園「ソレイユの丘」ができました。子供の喜ぶ遊具やバーベキュー場だけでなく、三浦半島唯一のオートキャンプ場としてキャンプサイトやバンガローも充実しています。今回はその「長井海の手公園ソレイユの丘」のご紹介をしていきます。

家族で楽しめるソレイユの丘をご紹介!見出し

神奈川県の三浦半島といえばアウトドア好きの集まる自然豊かな場所です。しかし意外にも本格的なキャンプ場はソレイユの丘ができるまでありませんでした。広大な公園の中にバンガローや遊具、体験コーナーがこれでもかと詰まっています。家族で出かける時の予約や費用の情報、子供むけ遊具などの情報をお届けいたします。

ソレイユの丘って何だろう?見出し

神奈川県横須賀市に生まれた「長井海の手公園ソレイユの丘」は南フランスのプロヴァンス地方をモチーフに、美しい街並みや可愛いレンガ造りの家などを再現するとともに豊かな農場や牧場まで設置している大型公園です。ソレイユの名の通り明るい太陽の元、10万本ものひまわり畑が来客者の目を楽しませます。ぜひ家族でお出かけ下さい。

場所:神奈川県横須賀市長井4丁目地内 問合せ先:046-857-2500

三浦半島唯一のオートキャンプ場「ソレイユの丘」見出し

どこもかしこも良釣り場の広がる三浦半島において、今までキャンプ場が無かったほうが不思議なのですが、やっとここソレイユの丘に開設されました。それも244名収容の本格的キャンプサイトです。オートキャンプサイトの値段は1泊デッキ付きで5500円と少し高めですが、公園内の設備などを鑑みますと決してコスパは悪くありません。

「ソレイユの丘」キャンプサイトの紹介見出し

収容人数244名のうち150名(25区画)がフリーサイトになっています。相模湾に突き出た広々としたテントサイトからは伊豆半島や天気の良い日は富士山も望めます。こちらも園内の遊具などの施設や設備の充実を考えますと1泊3000円は決して高くはないでしょう。ちなみに日帰りキャンプは半額なのでバーベキューだけでもOKです。

「ソレイユの丘」のバンガローキャンプ見出し

2017年4月にオープンしたバンガローサイトは一番外海に面した位置に5棟並んで建っており、6から8名利用の大型バンガローと4から6名利用の小型バンガローがあります。お値段は1泊9000円となっていますが、トップシーズンのみ10000円になります。バンガローはとてもお得感があり人気ですから、必ず予約を入れてからがいいでしょう。

横須賀市主体の「長井海の手公園パートナーズ」として地元企業がバンガローを含む施設管理をしているため気配りのできた運営になっています。使う側の勝手がよく考慮されており、例えばまったくの手ぶらでバンガローを使用したとしてもバーベキューやお風呂などで困る事はありません。子供さんを連れての体験宿泊にはもってこいです。

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ1「観覧車」見出し

遂に三浦半島に観覧車登場

2017年1月に着工した新たな遊具がこの10月にお目見えします。実はソレイユの丘は横須賀市の市内施設の来場者数1位(約年間65万人)で、これからもその集客を伸ばすために様々な試みが行われています。今回は1歳の子供から遊べる遊具ということで、観覧車のほかメリーゴーラウンドとウォーターシューティングが追加されました。

2017年10月25日の水曜日、遂にオープンを迎える観覧車。前述の3つの遊具に加えて高さ6.8メートルのフリーフォールも含めたオープニングセレモニーが行われます。三浦半島唯一の観覧車は高さ36メートルと小型の物ですが、高台に設置されているためその眺めは絶景です。相模湾の新たなランドマークに感動して下さい。

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ2「動物村」見出し

公園内には動物エリアがあり、色々な動物が飼育されています。ふれあい動物村の「カピカンひろば」では癒し動物最右翼のカピバラとカンガルーが4頭づつ共同生活を送っています。この広場は入っていく事ができ、文字通りふれあうことも可能です。プールで泳ぐカピバラを観察することもできますし、子供さんに大人気の広場です。

バードショーの時期はタカやミミズクなどの猛禽類や大型インコなどが大空を駆け巡ります。10月1日から11月末まで毎日開催されていますから、バーベキューでお腹いっぱいになった後のお楽しみで出掛けるのがおすすめ。12月1日から2月末まで休演になりますからお早めに。ハリスホークの体験キャッチに子供さんは大興奮です。

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ3「収穫体験」見出し

さすがに農業体験型公園を謳うだけあって広大な畑を持っています。画像はブロッコリーですが、このほかにジャガイモやナス、エダマメなども植わっています。収穫体験はその季節の土日祝だけなのでお気を付け下さい。予約は無く、人気の温室トマト収穫体験などは人数限定になることが多いので、早めに並ぶことをお勧めします。

体験型農業で一番の人気がサツマイモ収穫体験です。食欲の秋にふさわしい野菜だと思います。1人3株まで500円で掘ることができ、日によってはその後スイーツ作り体験まで用意されています。天候や育成条件で中止や延期もありうるので調べてから出かけましょう。期間は短いですが、イチゴやトウモロコシの収穫体験も人気です。

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ4「各種遊具」見出し

大量の無料遊具

ソレイユの丘は子供向け遊具も充実しています。海賊船をモチーフにしたアスレチック「ソレイユパイレーツ」をはじめ、ターザンロープや大木の中を滑り降りる巨大チューブ滑り台、ブランコやボルダリング、難破船型アスレチックまで子供用遊具は無料で利用できます。入園自体無料なので、子供さんを連れて1日ぶらぶらするのも良いかも。

有料遊具もあります

おおむね一人当たり310円で遊べる遊具は子供だけでなく大人も楽しめるものがたくさんあります。ほとんどが時間制で、画像の「芝ソリ」は15分310円でハマる大人が続出しています。おもしろ自転車コーナーや園内をぐるりと走るSL型バス「チューチュートレイン」なども人気です。ちなみに2人乗りゴーカートは620円で利用できます。

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ5「じゃぶじゃぶ池」見出し

夏は無料プール

ゴールデンウィークから10月上旬まで無料で遊べるプールがあります。それが「じゃぶじゃぶ池」です。ソレイユの丘の中央あたりに大小6個の水溜りがあり、大人でも子供でもじゃぶじゃぶ遊べます。水中宝探しやドラゴンボール探しなどのイベントが催されることもあり、夏の間家族で出かけてじゃぶじゃぶしちゃいましょう。

冬は釣り堀

更衣室とシャワールームが隣接しているのでとてもありがたいのですが、シャワーが2本しかないので時間をずらすなどうまく混雑を避けて使用して下さい。ところで夏のじゃぶじゃぶ池、冬はどうなるのでしょうか。はい、ニジマスの放流をして釣り堀になります。冬はここで釣ったニジマスをバーベキューでいただくという贅沢も味わえますよ。

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ6「体験教室」見出し

自由研究にも

オリジナルクラフト製作の「クラフト体験教室」は1000円から2000円ほどの授業料で色々なものが作れちゃいます。現在は観覧車のオープンにちなんでの観覧車型オルゴールが話題になっていますが、キャンドルやオカリナ、振り子時計など夏休みの自由研究に使えそうなものも沢山あります。予約は当日予約のみで16:00までの受け付けです。

ソレイユの丘の体験教室で現在一番人気なのが「パン作り体験」です。パンやピザを1から作って焼きたてを食べます。参加費はパンが1000円、ピザが1500円で、1時間ほどの教室になります。他にも夏の人気教室のアイスクリーム教室やチーズケーキ教室などおいしい教室がいっぱいです。当日の予約状況で中止になることもありますので注意!

ソレイユの丘キャンプ以外の楽しみ7「手ぶらバーベキュー」見出し

ソレイユの丘ではキャンプをしなくても「手ぶらバーベキュー」を楽しむことができます。2500円からのコースで2時間たっぷり楽しめてなんとすべてのコースに「入浴券」が付いてきます。予約は前日の15:00までですが、多客期は予約ができません。640席あるとはいえ満員なんてこともありますので、早めの当日券ゲットをおすすめします。

「ソレイユの丘」へのアクセス方法見出し

徒歩でも行けますが

京浜急行「三崎口駅」下車徒歩1時間(4キロ)です。これではあまりにも不親切ですね、ですからあと2ルート紹介しておきます。三崎口から「ソレイユの丘」行きバスが出ていますから、それに乗って終点まで15分の方法と、「荒崎」行きに乗って「漆山」で下車して650メートル歩く行き方があります。荷物が少なければ歩くのも良いかも。

マイカーなら三浦縦貫道路

口コミに使わせて頂いたツイッターへの答えは「ソレイユの丘」へ行くための道路です。東京、横浜、千葉、埼玉など関東地区からのマイカーでのアクセスは、最後は必ず「三浦縦貫道路」に乗って頂きます。「林」出口を降りたら134号線「林入り口」交差点を左折、「ソレイユの丘入り口」交差点を右折です。林出口から3.4キロ8分です。

秋の行楽シーズンは「ソレイユの丘」へGO!見出し

1日ではとうてい遊びきれない広さの「ソレイユの丘」。家族でキャンプ、カップルでバーベキュー、気の合う仲間とキャンプ&バーベキュー、子供を連れて遊具で1日のんびり、これからの季節ニジマス釣り&バーベキューなど遊び方は無限です。思い出作りに最適なソレイユの丘で秋の行楽シーズンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

三浦半島の観光スポットはどこ?おすすめのグルメなども紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
三浦半島の観光スポットはどこ?おすすめのグルメなども紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
三浦半島は神奈川県南東部にある半島で、太平洋に向けて突き出し東京湾と相模湾とを分けています。三浦半島を初めて訪れる方におすすめの観光コースとして、ダイナミックな景勝地やグルメスポットなどをご紹介しながら、三浦半島の観光について触れて行きます。

関連キーワード

投稿日: 2017年10月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote