地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

横須賀の花火大会情報!気になる日程やチケット無しでも見れる人気の穴場等を紹介

毎年大盛況の「よこすか開国祭」。そのフィナーレを飾るのが「横須賀開国花火大会」です。横須賀花火大会の日程や大人気の有料チケット、おすすめの穴場など、気になる情報をまとめてご紹介します。次の夏は、横須賀花火大会で思いっきり夏を満喫してみませんか。

毎年大人気の横須賀花火大会がおすすめ!見出し

毎年大盛況を収めている、横須賀の夏の風物詩「よこすか開国祭」。そんなよこすか開国際フィナーレを飾る一大イベントこそがまさに「横須賀開国花火大会」なんです。次の夏は、横須賀花火大会で思いっきり夏を感じてみてはいかがでしょう。横須賀花火大会の日程や大人気の有料チケット、おすすめの穴場など、気になる情報をまとめました。

ペリー来航150年記念「よこすか開国祭」見出し

横須賀の夏の風物詩として親しまれている「横須賀花火大会」ですが、実はこの花火大会、「よこすか開国祭」というメインのお祭りのフィナーレを飾る花火大会のことを指しています。このよこすか開国祭は「開国」とあるように、日本の歴史上で戦国時代と肩を並べるほどの人気を誇る幕末の「ペリー来航」を記念して始まったお祭りなんです。

ペリーが率いる黒船が来航した地として知られているのが「浦賀」。この浦賀という地がまさに、現在の神奈川県横須賀市なのです。横須賀花火大会のメインのお祭りである「よこすか開国祭」が始まったのは、2003年のこと。ペリー来航から150周年を記念して開催され、2017年の開催によって、よこすか開国祭は開催15周年を迎えたのです。

2018年横須賀花火大会の開催日程見出し

よこすか開国祭およびフィナーレの横須賀花火大会の2018年の開催日程についてご紹介していきます。よこすか開国祭および横須賀花火大会は、毎年8月の第1土曜日に開催されています。特に大きな変更がなければ、2018年の開催日程は8月4日(土)となる見込みです。あくまでも予定なので、シーズンになったら再度詳しく確認してみてください。

花火大会で心配になるのは、やっぱり天候です。雨天の場合にはどうなるのかについても押さえておきましょう。横須賀花火大会は、花火の打ち上げに影響がない程度でしたら開催されるようですが、天候が酷く荒れてしまった場合には「中止」とされるようです。つまり残念ながら日程の延期はされず、次の夏まで持ち越しということになります。

横須賀花火大会の開催場所と時間見出し

続いて、横須賀花火大会の開催場所と花火の打ち上げ時間についても同時に押さえておきましょう。まずは、横須賀花火大会の開催場所についてです。横須賀花火大会の開催場所は、東京湾内の「横須賀市うみかぜ公園沖合」となっています。横須賀市うみかぜ公園沖合がメインとなるようですが、「三笠公園」も同じく開催場所とされているようです。

次に、横須賀花火大会の打ち上げ時間について。横須賀花火大会の打ち上げ開始時間は19時15分となっています。また横須賀花火大会が開催される時間は19時45分までの30分間で、一般的な花火大会の開催時間と比較しても少し短めとなっています。ですが、5000発もの花火が30分間というわずかな時間で打ち上げられていく姿は圧巻です。

横須賀花火大会へのアクセス方法見出し

次は、横須賀花火大会へのアクセス方法についてご紹介していきます。横須賀花火大会当日はかなりの混雑が予想されるため、公共交通機関の利用してのアクセスをおすすめします。ここでは、電車でのアクセス方法をご紹介します。最寄駅の京急汐入駅からだと徒歩15分、京急横須賀中央駅、またJR横須賀駅からだとそれぞれ徒歩25分となります。

横須賀花火大会の開催場所周辺では、当日の夕方頃になると通行止めとなり、横須賀市うみかぜ公園沖合は一般車両の駐車が禁止されたりと、さまざまな交通規制がかけられます。運良く開催場所周辺に車を停めることができたとしても、花火が19時45分で終了してしまうのにも関わらず、22時頃までは駐車場から動くことができないので要注意。

大人気!横須賀花火大会おすすめの見所見出し

毎年大盛況を収めている横須賀で大人気のビッグイベント、横須賀花火大会で押さえておきたいおすすめの見所をご紹介します。横須賀花火大会は「よこすか開国祭」のフィナーレを飾る花火大会ですが、メインのお祭りであるよこすか開国祭を見逃してしまうのはもったいないかも。ダンスコンテストなど、さまざまなイベントが用意されています。

よこすか開国祭のフィナーレを飾る花火大会、横須賀花火大会では、さまざまな工夫が凝らされた花火にぜひ注目してみてください。水中花火やスターマインなど、豪華な花火のラインナップが横須賀花火大会の最大の見所であると言われています。2003年から始まり、まだ歴史の浅いお祭りであるからこそ、さまざまな挑戦を行っているのです。

横須賀花火大会の有料チケット情報見出し

規模こそは大きくはないものの、30分間という短い時間で5000発もの花火が打ち上げられる豪華な花火大会、横須賀花火大会。そんな横須賀花火大会を、ベストポジションで楽しんでみたいと思いませんか。そんなときにおすすめなのが、有料観覧席です。こちらは2015年より「市民協賛観覧席」という名目でチケットの販売が行われています。

市民協賛観覧席のチケットは、ベストポジションの席にワンドリンクが付いているというお得なチケットで、お値段は1席2700円となっています。意外とリーズナブルなお値段で、毎年大好評。「チケットぴあ」、「JTB首都圏横須賀中央店」、「京急観光横須賀旅行センター」、「京急観光久里浜旅行センター」、「スカナビi」で購入可能です。

横須賀花火大会を穴場スポットで満喫!見出し

横須賀花火大会をベストポジションで楽しむことができる有料観覧席「市民協賛観覧席」もいいですが、無料でよりゆっくりと楽しみたいという人におすすめな穴場スポットもあるんです。横須賀花火大会を満喫することができる穴場スポットはいくつもありますが、その中でも特におすすめな穴場スポットを二箇所厳選してご紹介していきます。

横須賀花火大会穴場スポット1:横須賀米軍基地見出し

まず最初にご紹介する、横須賀花火大会の穴場スポットがこちら「横須賀米軍基地」です。あまり知られていないのですが、実は横須賀花火大会当日、横須賀米軍基地が「ネイビーフレンドシップデー」という名目で、米軍基地の一部を一般公開してくれるんです。なかなか足を踏み入れることのない場所で花火観覧なんて、とってもわくわくします。

横須賀花火大会当日、横須賀米軍基地が一般公開される時間帯は10時から21時までとなっています。ほぼ1日中公開されていますが、こちらは知る人ぞ知る穴場スポットなので、できるだけ早い時間に現地入りしてベストポジションを確保しておくことをおすすめします。打ち上げ場所により近い三笠公園寄りのスポットをターゲットにしましょう。

横須賀米軍基地の開放日に潜入!グルメやライブが楽しいイベントだった! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
横須賀米軍基地の開放日に潜入!グルメやライブが楽しいイベントだった! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
横須賀米軍基地では年に数回開放日を設けており、日本にいながらアメリカに来た気分になれます。アメリカンサイズの食べ物や飲み物、ライブからグッズ販売までこれを読めば行きたくなること間違いなし!横須賀米軍基地の開放日におすすめポイントついてまとめて紹介します!

横須賀花火大会穴場スポット2:大津漁港 三春町岸壁見出し

次にご紹介するのがこちら「大津漁港 三春町岸壁」です。大津漁港 三春町岸壁もまた、横須賀花火大会の穴場スポットのひとつです。大津漁港 三春町岸壁は、「海辺つり公園」の南東に位置しています。花火の打ち上げ場所からは少し離れてはいるものの、障害物なく綺麗な花火を眺めることができます。比較的人も少ない方なのでおすすめです。

海辺つり公園の南東に位置している大津漁港 三春町岸壁ですが、花火の見え方としてはやっぱり海辺つり公園に比べるとは劣ります。より近くで花火を楽しみたいという人は、海辺つり公園の方がいいかもしれません。大津漁港 三春町岸壁は近くにドン・キホーテやスーパーなどが設けられているため、飲食やトイレには困らないという点が魅力。

「猿島」の横須賀花火大会ツアーも必見!見出し

「猿島」といえば、神奈川県横須賀市に位置している無人島です。実は毎年「猿島から開国花火大会を観る」という花火観覧ツアーが「株式会社トライアングル」から販売されているんです。ツアーの参加料金は大人4000円、子供2000円となっており、有料観覧席「市民協賛観覧席」よりもお値段は上がりますが、とっても魅力的なツアーなんです。

「猿島から開国花火大会を観る」という花火観覧ツアーでは、横須賀花火大会の開催場所周辺や穴場スポットからは見ることのできない角度や背景で、特別な横須賀花火大会を楽しむことができるんです。とってもロマンチックで、カップルのデートにもおすすめです。毎年売り切れ必死の大人気ツアーなので、早めに予約することをおすすめします。

横須賀花火大会で夏の風物詩を楽しもう!見出し

いかがでしたでしょうか。横須賀の夏の風物詩「よこすか開国祭」。そんなよこすか開国際フィナーレを飾る、見ごたえ抜群のビッグイベント「横須賀開国花火大会」の日程や大人気の有料チケット、おすすめの穴場など、気になる情報をまとめてご紹介しました。次の夏には、横須賀花火大会で思いっきり夏を満喫してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2017年11月6日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote