地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

仙台のスーパー銭湯!昔ながらの銭湯からゲームや食事もできるスポットまで!

仙台市や仙台近郊には実にスーパー銭湯が多い。形態も昔ながらの銭湯から数種類の風呂を有するところや岩盤浴ができるところもあるというのが仙台のスーパー銭湯だ。ここでは、そんな仙台のスーパー銭湯を紹介する。さあ思い切り銭湯の暖簾をくぐろう。

仙台のスーパー銭湯とは見出し

Photo by flasksrw

一般の銭湯と違い都道府県の条例に制限を受けないのがスーパー銭湯というもので、定義としては特にない。仙台のスーパー銭湯の特徴は温泉施設が多く岩盤浴の施設などが多く見受けられる。それでは、仙台にある昔ながらの銭湯の雰囲気を残すものからサウナや露天風呂など多くの設備があるスーパー銭湯まで紹介しよう。

仙台で温泉に行くならどこがおすすめ?日帰り利用できる旅館やホテルも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
仙台で温泉に行くならどこがおすすめ?日帰り利用できる旅館やホテルも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東北の中心都市である仙台には、おすすめの日帰り温泉が数多く点在しています。ホテル、旅館など宿でも日帰り温泉を楽しむことができ、現在でも多くの観光客が訪れています。そんな仙台での身も心も癒されるおすすめの日帰り温泉を紹介していきます。

仙台のスーパー銭湯1:喜代乃湯見出し

まずは昔ながらの銭湯に近いスーパー銭湯の「喜代乃湯」だ。この場所が「第一喜代乃湯ビル」の2階という実に目立たない場所にある。「喜代乃湯」の案内表示も目立たないので見落とさないように。正式には「コミュニティセントウ喜代乃湯」という。2階には椅子と座敷がある広いロビーがあって、ここでコミュニティーが行われるのだろう。

浴場は階段で1階に降りる。内湯は普通の浴槽のほかにジェットバスや泡風呂もあってそれなりに快適である。サウナもあるからスーパー銭湯のお墨付きを与えたい。営業時間は平日16時から(日曜14時から)22時までの営業だ。入浴料も440円と安い。昭和の香りがする隠れ家的なスーパー銭湯「喜代乃湯」にぜひ足を運んでもらいたい。

住所:宮城県仙台市宮城野区小田原1丁目8-5
電話番号:022-256-5749

仙台のスーパー銭湯2:花の湯見出し

昭和13年創業という銭湯の「花の湯」も紹介しておく。住宅街にたたずむ「花の湯」は昔ながらの銭湯という感じで中に入れば番台と脱衣所、浴場というスタイルは懐かしい。ここの特徴は「ブラックシリカ」という天然鉱石のお湯だ。腰痛や神経痛に良いとされおすすめだ。湯上りには牛乳1本飲むのが定番だ。こちらも入浴料440円である。

住所:宮城県仙台市青葉区中江1-20-23
電話番号:022-223-1521

仙台のスーパー銭湯3:極楽湯名取店見出し

日本一の店舗数を誇るスーパー銭湯「極楽湯」は仙台にも名取店と多賀城店の2店舗ある。名取店は大浴場や電気風呂、シェイプアップバス、釜風呂、ジェットバス、遠赤外線サウナなど内湯が充実しているのを始め、露天岩風呂や壺風呂、座り湯など外湯も楽しい。男湯には日焼けマシーンも設置。本当に飽きないスーパー銭湯でおすすめだ。

風呂上りもロビーや大広間でゆっくり休憩できる。軽食コーナーでの食事や散髪、マッサージ、足つぼ、アカスリ、タイ式とリラクゼーションも充実。ゲームコーナーやうたた寝どころなどもあり一日いても飽きないのだ。入浴料は平日560円(土日610円)で深夜3時までの営業だからアナタの都合に合わせいつでもリフレッシュに訪れていい。

住所:宮城県名取市田高字原463
電話番号:022-363-1126

仙台のスーパー銭湯4:日帰り温泉都の湯見出し

こちらは作並温泉の中にある「日帰り温泉都の湯」。周りには大きなホテルや旅館が立ち並んでいるが、その中でしっかりとスーパー銭湯として営業している。内湯の浴槽自体はあまり広くないが、岩盤浴も楽しめる施設だ。休憩所も割と広く食事も楽しめる。入浴料は温泉のみ700円、岩盤浴(温泉含む)2000円。作並温泉を日帰りでどうぞ。

住所:宮城県仙台市青葉区作並元木2-36
電話番号:022-391-4733

宮城の温泉・秘湯ランキング!おすすめの温泉郷やアクセス方法などをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮城の温泉・秘湯ランキング!おすすめの温泉郷やアクセス方法などをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県には歴史ある温泉がたくさんあります。気軽に子連れで行ける温泉から、秘湯とも言える温泉まで様々な種類の温泉があります。宮城のおすすめ温泉をアクセス等と合わせてランキングでご紹介しますので、宮城にお出掛けの際はぜひ足を運んでみてください。

仙台のスーパー銭湯5:しんとろの湯見出し

仙台市からは少し遠くなるが、中山平温泉「しんとろの湯」もおすすめだ。入浴料420円で、風呂の施設は内風呂のみなのだがここのお湯がすごいのだ。ツルツルというかトロトロのお湯が肌を覆う感じだ。肌がツルツルになること間違いなし。風呂から上がったら交流室で温泉卵(350円)をほお張ればスーパー銭湯ということになるだろう。

住所:宮城県大崎市鳴子温泉星沼18-9
電話番号:0229-87-1126

仙台のスーパー銭湯6:市太郎の湯見出し

秋保温泉の天守閣自然公園内にある「市太郎の湯」もおすすめだ。ヒノキの香りが漂うこの天然温泉は低張性弱アルカリ性温泉で色は褐色である。神経痛や筋肉痛、皮膚病などに効くそうである。内湯やサウナのほか2つの露天風呂で日ごろの疲れが癒されるスーパー銭湯「市太郎の湯」である。

「市太郎の湯」の施設内で簡単な食事もできるが、そば処とイタリアンレストランが隣接しているので本格的に味わい方はそちらで食事をどうぞ。

「市太郎の湯」の入浴料は800円だが小屋舘庭園や他の施設などが無料で利用できる。庭園の散策はリフレッシュできると大好評だ。秋保温泉のスーパー銭湯「市太郎の湯」は侮れないのだ。

住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原10
電話番号:022-398-2111

秋保温泉の日帰りおすすめ特集!人気施設やグルメスポットもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
秋保温泉の日帰りおすすめ特集!人気施設やグルメスポットもご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
秋保温泉(あきうおんせん)は、非常に人気の高い温泉地です。日帰り入浴プランも充実しているので、気軽にフラッと立ち寄りたいですね。秋保温泉人気の日帰り入浴プランをご紹介します。人気のスポットや、グルメ情報もお伝えしますので、お出掛けの参考になさってください。

仙台のスーパー銭湯7:芭蕉の湯いやしの館見出し

仙台郊外松島にもスーパー銭湯「芭蕉の湯いやしの館」があっておすすめ。松島の観光帰りによってほしいスーパー銭湯だ。温泉のみは500円の低価格で入れる。疲労回復にいいという肌にやさしいお湯やサウナがアナタを包む。リンパマッサージや肩こり&腰痛ケアマッサージもあるリラックスルームも大人気だ。

「芭蕉の湯いやしの館」に来たら鉱石風呂(岩盤浴)もおすすめ。紅麦飯石とヒマラヤ岩塩を使用した鉱石風呂でリフレッシュ効果は抜群のようだ。入浴料は浴衣やバスタオル、フェイスタオルミネラルウォーターが付いて1200円だが温泉も入れる特典がある。入浴後は76席のキャパを持つ食事処もあるのでゆっくり過ごすとよい。

住所:宮城郡松島町松島字石田沢32-1
電話番号:022-353-8155

仙台のスーパー銭湯8:スパ泉ヶ岳見出し

「泉ヶ岳温泉やまぼうし」に隣接する温泉施設「スパ泉ヶ岳」は塩化物泉のやさしい天然温泉だ。少し温度が高めの内湯にはカーネリアンやトルマリンといった天然石が入っていて温泉効果を補助しているようだ。もちろんサウナも併設している。泉ヶ岳という雄大な自然をバックに入る露天風呂も格別だ。温泉の入浴料は800円である。

1500円で岩盤浴と天然温泉の両方も楽しめる。岩盤浴は男女共用と女性専用ルームがあるので、カップルでまたは女性1人でも安心である。岩盤浴と天然温泉との相乗効果でデトックス効果は抜群なはずだ。入浴後は食事メニューが豊富な食事処でゆっくり過ごされたし。スーパー銭湯としてはまずまずの設備だといえる「スパ泉ヶ岳」である。

住所:宮城県仙台市泉区福岡上鼬原12-9
電話番号:022-376-6111

泉ヶ岳温泉やまぼうし

住所:
宮城県仙台市泉区福岡字上鼬原13-1
アクセス:
車/東北自動車道~泉PAスマートIC~泉ヶ岳通りに合流、泉ヶ岳方面へ 車以外/地下鉄泉中央駅下車、泉ヶ岳青年家行き金森バス停下車
料金の目安:
8,000円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

仙台のスーパー銭湯9:仙台コロナの湯見出し

全国規模の大江戸温泉物語が運営するようになった「仙台コロナの湯」はとてもおすすめだ。入浴料700円ながら地域最大規模の露天風呂は入り放題。

座り湯や岩炭酸風呂、薬湯風呂など種類が豊富である。もちろんサウナも完備している。また、300円出せば3種類の岩盤浴も同時に楽しめる。専用のリラックスルームもあって風呂上りも快適だ。

風呂上りは食事メニューも充実している。体のケアとしてエステやあかすりなどもおすすめだ。マンガコーナーやゲームもあるが、遊ぶのであれば隣りの「コロナワールド」に行くことだ。カラオケやボウリングなどアミューズメント施設がいっぱいある。「仙台コロナの湯」のスーパー銭湯を含め一日中楽しめる場所である。宿泊施設もある。

住所:宮城県仙台市宮城野区福室字田中前一番53-1
電話番号:022-786-1426

仙台のスーパー銭湯10:竜泉寺の湯仙台泉店見出し

仙台のスーパー銭湯と言ったら「竜泉寺の湯仙台泉店」が大人気だ。朝6時から深夜3時まで21時間営業はここだけだ。内湯は疲れをとってくれる高濃度炭酸泉を始めとする15種類のお風呂(露天風呂含む)とサウナが入り放題だ。入浴料600円は安いくらいだろう。300円を追加すれば東北最大級という13種類の岩盤浴も楽しめる。

好きな岩盤浴でカップルや家族で、あるいは1人で楽しむとよい。女性専用の岩盤浴もあるので安心である。お風呂側の休憩所も広いが岩盤浴の休憩所も広々としてゆったりと疲れを癒せるところだ。食材にこだわった食事処もあり、リラクゼーションとしてボディーケアや足つぼ、タイ古式、アカスリ、エステなども充実していておすすめである。

住所:宮城県仙台市泉区大沢2丁目5-9
電話番号:022-374-2683

仙台はスーパー銭湯のパラダイス見出し

Photo by Takanori Ishikawa

仙台は実に様々なスーパー銭湯が紹介しきれないくらい存在している。それというのも仙台は温泉が多く存在しているため温泉旅館(ホテル)も多いが、日帰りで入浴できるスーパー銭湯が発展したものと思われる。中にはパジャマ姿で家の風呂のように入っていく人もいるくらいだ。スーパー銭湯のパラダイス仙台へどうぞ!

投稿日: 2017年10月21日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote