地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

那須の日帰り温泉人気ランキングTOP15!おすすめ施設には露天風呂も!

那須というとさまざまな温泉地の名を思い浮かべる方もいらっしゃるのでは?その歴史は630年ごろにまで遡ります。さまざまな効能・泉質が楽しめる那須の温泉を日帰りでいろいろと湯巡りするのは楽しいですね。日帰りで楽しめる温泉を厳選してランキングにしてご紹介します。

那須の温泉の特徴は?見出し

那須の観光名所である「鹿の湯」の源泉が発見されたのが約1380年前。その後、次々と温泉が発見され板室、三斗小屋、大丸、北、弁天、高雄、那須を「那須七湯」といい、すでに江戸時代には知られていました。それぞれ泉質、効能が異なるため、湯めぐりが楽しめるのが興味深いです。今回は日帰りで楽しめる温泉をランキングにしてご紹介します。

那須の日帰り温泉人気ランキング第15位「金ちゃん温泉」見出し

那須高原の森の中に佇む日帰り温泉専門の入浴施設「金ちゃん温泉」。2016年11月にリニューアルしたばかりの源泉かけ流しの天然温泉です。まるで日本庭園のような大小さまざまの岩々に囲まれた露天風呂は周囲の木々と一体となり、とてもリラックスしながら温泉を楽しむことができます。内風呂・露天風呂の他にプライベートで楽しめる温泉付き貸切個室もおすすめです。

泉質はナトリウム・塩化物泉で殺菌効果が高く、とろみのある柔らかなお湯でお肌がツルツルもちもちに!湯上りは体の芯まで温まり、しばらくポカポカとした温浴感が続きます。併設のお食事処にて昼食・夕食も可能です。気軽でアットホームな温泉にゆったり浸かりませんか?

那須の日帰り温泉人気ランキング第14位「こころのおやど 自在荘」見出し

新那須高原温泉にある「こころのおやど自在荘」は、那須の御用邸にも引湯されている「地蔵の湯」を引いており、湯量豊かな美人の湯とも言われています。おすすめ施設の沢沿いの露天風呂では、那須の自然を眺めながら川の水音も楽しむことができます。泉質は単純泉で、無色透明お肌に優しい源泉かけ流しの湯が堪能できます。

日帰りは14:00~20:00まで、接客が丁寧で親切と評判、こじんまりとした綺麗な宿で日帰り入浴が楽しめるとあり女性客に大人気!食事付き入浴プランは女性向けの御膳と温泉の両方がリーズナブルなお値段で味わえるお得なプランです。

新那須高原温泉 こころのおやど 自在荘

住所:
栃木県那須郡那須町湯本206ー98
アクセス:
車/東北道を那須方面へ~那須~県道17号線を茶臼岳方面へ一軒茶屋の信号を越え2つ目を右折 車以外/東北本線黒磯駅または東北新幹線那須塩原駅下車バス
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:
泊まりたい客室がきっと見つかる!那須のリゾートホテル・ホテルエピナール那須をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
泊まりたい客室がきっと見つかる!那須のリゾートホテル・ホテルエピナール那須をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ホテルエピナール那須は綺麗な空気、青々しい自然に囲まれた高級リゾートホテルです。那須での滞在をより楽しめるように、体験工房やアクティビティが充実しています。ペット犬も一緒に泊まれる「テラス棟」もあり、様々なニーズに対応しています。そんな魅力いっぱいのホテルエピナール那須の客室を詳しくみていきましょう。
那須でデート!人気スポットは?カップルにおすすめ穴場ランキング15選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
那須でデート!人気スポットは?カップルにおすすめ穴場ランキング15選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栃木県の一大観光地である「那須」には、温泉や遊園地、動物園やスキー場など、レジャースポットが満載。もちろんカップルにオススメのデートスポットも多数存在します。この記事では、知る人ぞ知る那須の穴場デートスポット15選を、ランキング形式でご紹介します。

那須の日帰り温泉人気ランキング第13位「松川屋 那須高原ホテル」見出し

こちら「松川屋那須高原ホテル」は、開湯1380年以上の歴史ある鹿の湯と、大丸温泉のさらに上から引く奥の沢源泉の2種類の温泉を引湯しているのが特徴です。硫黄泉かけ流しで殺菌力が高く薬品無添加、自然のままの温泉が楽しめます。高台にある宿の露天風呂からは移り変わる四季折々の那須の絶景が見渡せ、ロケーション抜群です。

男性浴場は鹿の湯源泉かけ流しのにごり湯で那須湯本随一の大きい浴槽でゆったりと入浴が楽しめます。女性浴場は鹿の湯と奥の沢源泉の2種類が楽しめ、日帰り入浴は先着1日100名様までと制限があります。鹿の湯温泉の湯をゆったり広々と堪能したい方におすすめの宿です。

鹿の湯源泉かけ流しの宿 松川屋 那須高原ホテル

住所:
栃木県那須郡那須町湯本252
アクセス:
車/首都高から東北道で仙台方面へ(約2時間)~那須IC~2つ信号右折し那須街道(県道17号線)を湯本方面へ直進 車以外/東北新幹線那須塩原駅下車、タクシー40分又はバスで約50分
料金の目安:
10,260円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

那須の日帰り温泉人気ランキング第12位「ホテルサンバレー那須」見出し

大人も子供も一緒に大浴場、プールで思いっきり楽しみたい方には「ホテルサンバレー那須」はいかがですか?温泉ゾーンでは「硫黄泉」、「弱アルカリ泉」、「マグネシウム泉」と3種類の泉質の異なる温泉が楽しめます。またプールのゾーンにはジャグジーバスを中心に寝湯、洞窟風呂、シェイプアップバス等おもしろく、存分に遊べる22種類のプールがあります。(水着着用のこと)

日帰り入浴とランチバイキングがセットになったパックもおすすめ!地元の食材をたっぷり使った本格的な石窯で焼き上げたピッツァやパスタなどのイタリアン&和食、自慢のスイーツも大充実です。たくさん遊んで、たくさん食べて、お子さんの笑顔が浮かびますね!

ホテルサンバレー那須

住所:
栃木県那須郡那須町湯本203
アクセス:
車/首都高から東北道で仙台方面へ~那須IC~2つ目信号右折し那須街道(県道17号)直進5つ目信号の先を左折 車以外/JR東北新幹線那須塩原駅下車、事前予約で駅から宿の送迎バス有
料金の目安:
7,600円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:30 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

那須の日帰り温泉人気ランキング第11位「立花屋はなやホテル 小鹿の湯」見出し

那須湯本温泉街に位置する「たちばな屋はなやホテル」の温泉施設「小鹿の湯」は日帰り入浴にも対応しており、専用の受付があります。こちら名湯「鹿の湯」源泉の硫黄の香りがする白いにごり湯でかけ流し。木造の脱衣所と浴室が木のぬくもりがあり、脱衣所の床は温泉を使った床暖房になっているのが嬉しいですね。浴槽は、「高温槽」と「適温槽」の二つに仕切られています。

露天風呂は眺望は望めませんが、信楽焼の浴槽があり、少人数でのんびりするのにうってつけです。「鹿の湯」と同じ湯が、ゆったりと堪能できるのでおすすめ穴場スポットと言えるでしょう。

白濁の名湯「鹿の湯」掛け流しの宿 はなやホテル

住所:
栃木県那須郡那須町湯本77
アクセス:
車/東北自動車道、仙台方面へ~那須IC~那須街道を那須湯本方面へ直進13km 車以外/東北新幹線、那須塩原益よりバスで約50分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

那須の日帰り温泉人気ランキング第10位「那須高原の宿 山水閣」見出し

贅沢な1日をカップルで過ごしたい方におすすめなのが「山水閣」での「温泉ランチ」。20名様限定のお食事は、ステーキ・しゃぶしゃぶ・会席コースから選び、地元の食材を使った旬のお料理が堪能できます。入浴は大浴場または貸切風呂(追加料金)で、大丸温泉源泉のお湯に浸かりながらゆっくりと温まることができます。

自然の中に溶け込むようにひっそりと佇む昭和初期の木造建築の建物は、大切な方とゆったり過ごす時間にまさにぴったり!また女性同士で自分へのご褒美にも良さそうですね。前日までにお電話にて予約が必要です。

那須の日帰り温泉人気ランキング第9位「中藤屋旅館」見出し

安政年間(1854~1859)創業の「中藤屋旅館」は、源泉鹿の湯から近く、24時間贅沢にかけ流している檜のお風呂が自慢のお宿です。檜の湯船に注がれた湯は白濁し、硫黄の香りがします。神経痛・筋肉痛・胃腸病・婦人病などに効能があります。日帰り料金はなんと500円というのもリピートしたくなるお値段です。

白濁の鹿の湯源泉かけ流しの宿 中藤屋旅館

住所:
栃木県那須郡那須町湯本274の1
アクセス:
車/首都高から東北道で仙台方面へ(約2時間)~那須IC~2つ目信号右折し那須街道(県道17号線)湯本方面へ直進 車以外/東北新幹線那須塩原駅下車、タクシー40分又はバスで約50分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

那須の日帰り温泉人気ランキング第8位「雲海閣」見出し

那須温泉で唯一、素泊まり専門で天然温泉が堪能できる湯治の宿「雲海閣」。実は浴室までの道のりが長い!階段を延々と降り、うす暗いトンネルを歩いて行くのです。泉質は湯本の源泉「鹿の湯」と「奥の沢」の2種類を引湯、100%かけ流しの天然温泉です。乳白色のにごり湯で硫黄臭がしますが、お湯はとてもまろやかです。

日帰り入浴は予約不要で朝8:00から21:00まで、400円で楽しむことができます。入浴後のポカポカと温かさが続き、肌がツルツルになる感じがたまりません。温泉マニア好みの本格的な日帰り温泉です。

那須の日帰り温泉人気ランキング第7位「北温泉旅館」見出し

映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地として有名な北温泉旅館。江戸時代から続く趣たっぷりの歴史ある建物はまるでタイムスリップしたかのようです。大きな天狗がかかった男湯のひとつ「天狗の湯」は、豊富な湯量で次々と注ぎ込まれ少し熱めでとっても気持ちが良いです。お湯は飲むこともできます。

自然を愛でながら楽しめる露天風呂が「河原の湯」です。男湯からは迫力のある滝を、女湯からは渓流を眺めながらお風呂に入ることができます。その他特大サイズの「泳ぎ湯」では水着着用でプールのように家族一緒に楽しむことができます。アメニティ類がないことと洗い場、シャワーはありませんのでご注意を!

北温泉旅館

住所:
栃木県那須郡那須町湯本151
アクセス:
車/那須湯本温泉方面へ~東北自動車道那須IC~北温泉駐車場から徒歩7~8分 車以外/上野→那須塩原(東北新幹線) 上野→黒磯(東北線)
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

那須の日帰り温泉人気ランキング第6位「ホテルフロラシオン那須」見出し

那須の美しい大自然に囲まれた高原リゾートホテルでゆったりと日帰り入浴が楽しめるのがこちら「ホテルフロラシオン那須」です。敷地内より湧き出る源泉を使用した大浴場には季節のハーブ入りの薬湯もあり、心地よい香りを放っています。入浴感はとても柔らかく肌に刺す感じがないため女性に人気があります。

施設内には露天風呂もあります。併設のウッドデッキからホテル脇を流れる渓流の音が聞こえるので、リッラクスしながらお湯に浸かることができます。日帰り入浴料金はタオル・バス込みで、アメニティが完備されているため手ぶらで訪れることができます。

ホテル・フロラシオン那須

住所:
栃木県那須郡那須町高久丙1796
アクセス:
車/東北自動車道~那須IC~県道17号線広谷交差点右折、県道68号線左牧場敷地内奥 車以外/JR東北新幹線那須塩原駅下車、タクシーで約35分
料金の目安:
5,300円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

那須の日帰り温泉人気ランキング第5位「芦野温泉」見出し

那須温泉郷の喧騒から離れたところにある穴場的な温泉です。広大な敷地に純和風作りの休憩所、サウナ、露天風呂、内湯など施設が充実しています。自家用の源泉が二つあり、中でもおすすめは水素温泉の「ツルの湯・メラの湯」。美白効果や皮膚の弾力効果が期待でき、身体の内部からよく温まるため美肌・美人の湯とも言われています。

もう一つ人気のあるのが薬草の湯である「那岐の湯・那美の湯」。10種類の薬草をブレンドした茶色のお湯で、特に刺激が強い「那岐の湯」は入って5分くらいで体のあちこちが痛くなるので、休息をいれながら2、3回繰り返して入浴することをおすすめします。神経痛、筋肉痛、五十肩、打ち身、慢性消化器病、疲労回復など温泉の効果が期待できそうですね。日帰り入浴は夕方4時から料金がお得になります!

那須の日帰り温泉人気ランキング第4位「源泉 那須山」見出し

「お菓子の城那須ハートランド」と同じ施設内にある「源泉 那須山」。お土産購入前にまずは温泉へ入って温まっていきませんか?3万坪の敷地内よりふんだんに湧いている温泉は全て「那須山」だけに使用している、100%源泉かけ流しの天然温泉です。無色透明の弱アルカリ性の高温泉は神経痛、冷え性、婦人病などに効果があり、美肌効果も抜群です。

古民家材を取り入れた和風の建物やヒノキのお風呂が良い香りで癒されること間違いありません。施設内にはサウナ、広々した畳の無料休憩室、マッサージルーム、レストランもあり、ご家族だけで楽しみたい方には露天風呂付き貸し座敷家族室(別料金)の用意もあります。

那須の日帰り温泉人気ランキング第3位「弁天温泉旅館」見出し

「弁天温泉」は、湯本の温泉街から奥那須・茶臼岳ロープウェイに向かう手前、標高1,200mにある秘湯の一軒宿です。250年以上前に発見されたと言われ、旅館の庭に湧き出しています。ぬるめの源泉は鉄臭がする濃厚なお湯が特徴で、日によって湯の色が変わるそうです。

男女別の内湯の他、庭園のような敷地内に5種類の混浴の露天風呂があります。女性はバスタオル巻きもOKです。露天風呂のうち野趣あふれる一番大きな岩風呂などの他、個室風に仕切られている窯風呂、樽風呂などはカップルでも楽しめそうです。

那須のお土産で人気は?美味しい物から雑貨までおすすめベスト11品! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
那須のお土産で人気は?美味しい物から雑貨までおすすめベスト11品! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
豊かな自然と温泉が有名な那須。皇室の御用邸もあることからも分かるように気候が良く、一年を通じて観光地として大人気です。そんな那須観光に行ったら欠かせないのが優秀お土産ですよね。この記事では、那須のおすすめお土産を11品厳選してご紹介します。

那須の日帰り温泉人気ランキング第2位「鹿の湯」見出し

那須温泉の元湯「鹿の湯」は今から1380年以上も前に開湯されたと言われています。狩野三郎行宏という者が山狩りの際、射損じて、逃げる鹿を追って山奥に入ったところ、鹿が傷ついた体を温泉で癒していたことから「鹿の湯」と名づけられたとか。施設はまるで昔ながらの湯治場の雰囲気。木造の建物の中に升目のように区切られた温度別の浴槽、木のぬくもり、硫黄の香り、白くにごった湯が趣を感じさせます。

シャンプーや石鹸は使用禁止、単純に温泉を堪能しましょう。地元の方、常連客が入浴の心得を伝授してくれたり、一緒におしゃべりを楽しんだりといった雰囲気がノスタルジーを感じさせることでしょう!とても人気がある温泉ですので、平日の午前中がねらい目です。

那須日帰り温泉ランキング第1位「大丸温泉旅館」見出し

那須温泉郷の最奥、標高1,300mに位置するこじんまりとした洒落た温泉旅館である「大丸温泉旅館」。裏山の自家源泉より湯量豊富な温泉が谷間を流れ、川を作り、その川をせき止めて作った大野天風呂がおすすめです。3つの内湯(うち1つは宿泊者専用貸切風呂)と5つの露天風呂(うち3つは混浴)があり、豊かな自然の中で天然温泉をゆったりと堪能できます。

こちらの源泉は那須御用邸にも引湯されており、メタケイ酸という保湿成分を多く含み、古くから美人の湯と言われ親しまれてきました。また飲泉による胃腸病の効果もあります。日帰り入浴は毎日は開放されておりませんので、HPにて確認をしてからお出かけください。

大丸温泉旅館

住所:
栃木県那須郡那須町大字湯本269
アクセス:
車/首都高から東北自動車道で仙台方面へ(約2時間)~那須IC~県道17号線・那須街道を湯本温泉・大丸方面へ約30分 車以外/東北新幹線 那須塩原駅下車、タクシー45分、バスで約60分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:
「那須温泉神社」のパワースポット巡り!御朱印集めに周辺観光も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「那須温泉神社」のパワースポット巡り!御朱印集めに周辺観光も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
那須温泉神社はその名の通り、那須温泉にある神社です。温泉の力でパワースポットとしての力も強く、人気の神社です。今回はその那須温泉神社について、そのパワーの源に迫ってみました。ぜひ周辺の観光とセットで参拝してみてください。

那須の温泉を欲張りに楽しみましょう!見出し

那須の温泉は歴史が古く、さまざまな泉質・効能が楽しめる日帰り温泉がたくさんあります。秘湯系、隠れ家風、ファミリー向けなど様々なタイプがありますので、それぞれのお好みにあわせてぜひ日帰り温泉を楽しんでみてください!

関連キーワード

投稿日: 2017年4月8日最終更新日: 2020年9月6日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote