なにわ淀川花火大会2018を満喫しよう!場所・日程・チケット情報など紹介

2018年5月18日 (2018年5月18日最終更新)

なにわ淀川花火大会は今年2018年で開催30回目を迎える大阪の夏の一大イベントです。大阪の夜の空を鮮やかに彩る、美しく豪華なこのなにわ淀川花火大会の開催場所や日程、チケットの情報などを今回はご紹介していきたいと思います。

目次

  1. 2018年で30回目になるなにわ淀川花火大会とは?
  2. 大阪のなにわ淀川花火大会では屋台も楽しもう!
  3. 大阪のなにわ淀川花火大会にはいつもどれ位の人が集まる?
  4. 大阪のなにわ淀川花火大会には有料席がある!
  5. 大阪のなにわ淀川花火大会の納涼船がおすすめ!
  6. 大阪のなにわ淀川花火大会にはもちろん無料スポットも!
  7. 大阪のなにわ淀川花火大会2018の開催場所や日程は?
  8. 大阪のなにわ淀川花火大会2018の交通規制は?
  9. 大阪のなにわ淀川花火大会の見どころ1:水中花火
  10. 大阪のなにわ淀川花火大会の見どころ2:花火の数の多さ
  11. 大阪のなにわ淀川花火大会の穴場スポット1:海老江グラウンド
  12. 大阪のなにわ淀川花火大会の穴場スポット2:西中島野球場
  13. 大阪のなにわ淀川花火大会の穴場スポット3:本庄公園
  14. 贅沢になにわ淀川花火大会を楽しむならホテルがおすすめ!
  15. 大阪のなにわ淀川花火大会2018で花火を満喫しよう!

2018年で30回目になるなにわ淀川花火大会とは?

なにわ淀川花火大会は2018年で30回目を迎えます。平成元年から始まったこのなにわ淀川花火大会は地元を愛する人々が作り上げてきた花火大会です。そのため運営はボランティアで行われており、非常にアットホームで温かいイベントになっています。では、そのなにわ淀川花火大会の有料席のチケットや場所、屋台や日程などについてご紹介していきます!

大阪のなにわ淀川花火大会では屋台も楽しもう!

なにわ淀川花火大会の屋台の出店数の多さは楽しみの一つです。もちろん花火がメインではありますが、なにわ淀川花火大会に出店される屋台の数は普通の花火大会とは桁違いと言っていいのではないでしょうか。初めてなにわ淀川花火大会に訪れる人はその屋台の多さに圧倒されてしまうでしょう。食べたいものがない、なんてことはありえなほどの種類です。

食い倒れの街大阪という言葉通りの屋台の数々は食の街という事もあり、どの屋台も美味しそうです。全種類の屋台を制覇するなんて到底無理な話ですが、少しでも多くの屋台料理を味わうことができるように少しずつたくさんの種類を買うのもおすすめの楽しみ方です。屋台の総数はおそらく500店舗以上で、普段屋台では見られないものもあるかもしれません。

住所:大阪府大阪市淀川区新北野 淀川河川敷

大阪のなにわ淀川花火大会にはいつもどれ位の人が集まる?

2018年の来場者数は始まってみないとわかりませんが通年の予想からしてなにわ淀川花火大会に訪れる来場者数は約55万人と言われています。55万人と口頭で言われてもなんとなくたくさんの人がいるんだなという認識しかないかもしれませんが55万人といえば兵庫県の姫路市の人口よりも1万5千人多い数です。一つの市の人口を越えているという事です。

そんなにもたくさんの人たちが集まる花火大会ですから、普通の花火大会とはわけが違います。大阪ならではの豪快さと壮大さ、そして地元の人たちの愛を感じる温かさが多くの人たちを引きつけてやみません。有料席のチケットは一見高いようにも感じますが、何と言っても55万人も訪れる花火大会ですから、ゆっくり見る事ができる有料席は売り切れ必死です。

540x360xhanabi130807 540x360.jpg.pagespeed.ic.zg6meohjpg関西の花火大会2017!日程は?おすすめの場所や穴場も教えます!

大阪のなにわ淀川花火大会には有料席がある!

毎年人気の有料席ですが、2018年のなにわ淀川花火大会の詳細はまだ出ていません。しかし例年通りであるならば、十三会場の有料席が大人7000円〜9000円、子供4000円〜5000円です。パノラマスタンドの有料席は大人が3500円〜7500円、子供は2000円〜4500円、そして左岸会場の有料席は大人2500円〜5000円、子供は1500円〜2500円になっています。

人気の高い有料席のチケットから早々に売り切れてしまうので、自分の好みの席のチケットは迷わずに購入する事がおすすめです。金額と場所を照らし合わせて、満足のいく場所ならチケットを手に入れましょう。有料席の金額が高い場所はもちろん眺めが良く、自分の真上に花火が打ち上がるので、手に届くような感覚まで味わう事ができるのでおすすめです。

有料席のチケットで9000円のエキサイティングシートという一番高い金額の席があるのですが、一番高いにもかかわらずこのチケットはすぐに完売してしまう人気ぶりです。それほど素晴らしい体験ができるとあって、多くの方が1度体験したらまたこの席で見たい!と思ってしまうようです。1度味わったら他の席では満足できなくなってしまうのでしょう。

大阪のなにわ淀川花火大会の納涼船がおすすめ!

有料席でまた違った楽しみ方ができておすすめなのが、納涼船に乗ってなにわ淀川花火大会を楽しむという贅沢な楽しみ方です。船に乗って特等席で花火を楽しむわけですからお値段はそこそこ高いですが、花火を見ている時の満足感は何ものにも代え難い素晴らしいものです。こちらの有料席の金額は例年通りだと18000円です。2018年の詳細はまだ未定です。

なにわ淀川花火大会2018の全有料席のチケット詳細は、チケット販売が予定されている6月1日に発表されるのでしょう。今の所、このチケット販売日程も予定という風に書かれているので、もしかしたら日程に変更があるかもしれません。もしどうしてもチケットを購入したいという方は、こまめに公式ホームページを見てみるといいのではないでしょうか。

大阪のなにわ淀川花火大会にはもちろん無料スポットも!

これまでに有料席のチケットのご紹介をしましたが、有料席のチケットを買わないと花火をみる事が出来ないわけではありません。もちろん河川敷に席を取って持参したシートや椅子に座ってみることも可能です。やはり有料席から比べれば距離が離れていて迫力にはかけますが、チケットを購入してまで花火を見たい!という人達ばかりではありません。

その無料スポットである河川敷でももちろん十分花火を楽しむ事ができます。河川敷はチケット制ではないために早い者勝ちのスポットとなります。しかし席取りは昼の12時以降にならないとできませんのでご注意ください。万が一12時以前に席取りをした場合は、有無を言わさず撤去されてしまいますので、きちんとルールを守って席取りをしましょう。

大阪のなにわ淀川花火大会2018の開催場所や日程は?

なにわ淀川花火大会2018の日程ですが、今のところの予定では8月4日に予定されています。雨天決行で、悪天候時の花火大会の延期はなく、決定した日程で花火大会が開催されない場合は中止になるようです。その際のチケットの払い戻し等の詳しい内容は公式ホームページで確認するか、お問い合わせ先に連絡して確認してみてください。

また、こちらの8月4日開催という日程も、あくまで予定ですので決定ではありません。詳しい内容は公式ホームページをこまめに見て日程の変更がないかどうか確認してください。そして開催場所ですが、2018年版の会場案内図はまだ発表されていませんので、こちらも合わせて確認すると良いでしょう。おおよその場所は例年通りなのではないでしょうか。

大阪のなにわ淀川花火大会2018の交通規制は?

55万人という多くの人が訪れるイベントですので、開催場所の一帯は交通規制が毎年されています。2018年の詳しい内容は後日発表されるでしょう。2017年の情報でしたら、どの辺が交通規制されていた場所なのかがホームページで確認できますので、気になる方は見てみると参考になります。まずマイカーでの乗り入れはできないようになっています。

マイカーが乗り入れできないということは、どうしても車で行く場合は交通規制がかかっていない場所で駐車場を探さなくてはいけないということです。しかし他の人も同じことを考えているわけですから駐車場を探すのも一苦労でしょう。できれば公共交通機関で行くことをオススメしますが、住んでいる場所によってはそれが難しい方もいるでしょう。

公共の交通機関でなにわ淀川花火大会に向かうことができない方は車で早めに出て駐車場を探すしかありません。しかしあまり近くにとめてしまうと帰りの渋滞に巻き込まれてしまいます。もし可能なら自転車などを車に積んで駐車場から自転車で向かうのも一つの手です。ただし人ごみの中を自転車で行くのもなかなか大変なので、それなりの覚悟が必要です。

大阪のなにわ淀川花火大会の見どころ1:水中花火

なにわ淀川花火大会の見どころですが、花火大会自体は例年ですと夜の7時40分に始まります。そして幾つかのプログラムを経た後にセミファイナルとして初めて見る人の度肝を抜くような演出の花火が繰り広げられます。2017年のセミファイナルはその演出が水中花火と10号玉10連発でした。同時に水面と夜空を花火が埋め尽くす姿は圧巻としか言えません。

その水中花火は毎年目玉とされているようなので今年の2018年も期待できるのではないでしょうか。これは実際に目の前で見た人にしかわからない感動的な体験です。休むことなく打ち上げられる豪快な花火は言葉では説明できないほどの迫力です。もしその期間に大阪に行くことがあればぜひ実際に目の当たりにしてみてください。初めての体験を味わえます。

大阪のなにわ淀川花火大会の見どころ2:花火の数の多さ

そしてなにわ淀川花火大会ではその打ち上げられる花火の多さも魅力の一つとなっています。打ち上げられる花火の数は非公開になっていますが、噂によるとなんと2万発とも言われています。その打ち上げられる数の多さも驚きですが演出がまた素晴らしく見ている観客を全く飽きさせる要素がありません。みんな釘付けになって夜の空を見上げてしまいます。

そして音楽に合わせて打ち上がる花火は、見ているとだんだん花火自身に意思があって打ち上がっているような気持ちにまでなってきます。もちろん花火職人によってきちんとプログラミングされているからそういった正確な動きを見せてくれるわけですが、それを忘れてしまうほどに美しく、優雅でダイナミックな花火を鑑賞できるのがこの花火大会の魅力です。

大阪のなにわ淀川花火大会の穴場スポット1:海老江グラウンド

ここからは、花火が少し遠くてもいいから人ごみから離れて花火を鑑賞したいという方に穴場スポットをご紹介していきます。まずは花火が上がる会場から比較的近い「淀川河川公園内の海老江グラウンド」です。こちらは普段はバーベキューができるスペースがあったり、サッカーができる場所があったりと、何かと地元の人に愛されている場所となっています。

なのでなにわ淀川花火大会開催時には「ちょっと離れてゆっくり見たい」という人たちが集まります。そういった意味では人気の場所にはなりますが花火の開催されている中心地から比べればやはりゆっくりと見ることができるのには変わりありません。ここで花火を楽しむ場合は食べ物や飲み物を持参していきましょう。もちろんゴミは各自持ち帰ってください。

住所:大阪府大阪市福島区海老江4丁目

大阪のなにわ淀川花火大会の穴場スポット2:西中島野球場

続いての穴場スポットは淀川河川公園の西中島野球場です。こちらは先ほどの海老江グラウンドからみると少し距離があり、場所取りにも苦労しません。その分屋台などは周りにありませんので花火を見ながら飲食を楽しみたい方は各自好きなものを持参して行って花火鑑賞に備えましょう。急に行っても混雑していることが少ないので仕事帰りにもぴったりです。

こちらの西中島野球場は飼い主と犬が一緒に楽しむドッグマラソンなどのイベントが開催されたり、マラソンとヨガの心ゆくまで楽しめるようなイベントがあったりと、地元の人たちの憩いの場になっています。ですから居心地は抜群です。そんな地元の方が愛する場所でみることができる壮大な花火は多少距離が離れていたとしても感動すること間違いなしです。

住所:大阪府大阪市淀川区西中島2地先

大阪のなにわ淀川花火大会の穴場スポット3:本庄公園

続いてご紹介する穴場スポットは、本庄公園です。こちらの公園は河川敷ではなく内陸側に入っていくので他の穴場スポットに比べても人ごみを避けられる傾向にあります。内陸には入りますが、ビルなどにも邪魔されることもなく花火を堪能することが可能です。もしも全く花火大会の感覚を味合わずに花火だけ見られればいいという方にはおすすめの場所です。

こちらの公園での花火鑑賞でおすすめのポイントは、何と言ってもトイレが設備されているということでしょうか。花火に近い河川敷で花火を鑑賞しているよりもトイレに行きやすく便利だという利点があります。花火を見ながらお酒を飲む人にとっては、トイレが近いというのは嬉しいポイントになるでしょう。遊具もあるので家族連れにもおすすめです。

住所:大阪府大阪市北区本庄西3丁目11

贅沢になにわ淀川花火大会を楽しむならホテルがおすすめ!

納涼船にも負けないほどの贅沢な花火の楽しみ方として、高層ホテルで花火を楽しむという手もあります。美味しい食事に舌鼓を打ちながら優雅に花火を眺めるのは、まさに大人の贅沢です。贅沢に楽しみたい方は、なにわ淀川花火大会の日程時には色々な高級ホテルやレストランで花火を楽しむ宿泊プランや食事プランをチェックしてみるといいでしょう。

花火大会が開催される場所に、ただ近いだけではいけません。部屋の角度によっては全くみることができない場合もありますので、花火をメインに考えているのであれば、確認を怠らないようにしてください。せっかく贅沢を味わいに行ったのに、全く花火を楽しむことができないとなったら、全てが台無しです。抜かりのないように計画を立ててみてください。

Originalカウントダウンのイベント情報!関西・関東での花火やホテルにライブ情報も

大阪のなにわ淀川花火大会2018で花火を満喫しよう!

今年の2018年なにわ淀川花火大会の正確な日程はまだ決まっていませんが、おそらく8月4日になる可能性が高いでしょう。もしもまだ実際に体験したことがない方は、ぜひ訪れてみてください。本当に素晴らしい、今までに体験したことがないような感動を感じることができるでしょう。大阪在住ではない方はぜひ大阪観光をその日程に合わせてみてください!

関連記事

関連するキーワード

大阪市の人気ランキング

大阪市の新着のまとめ