地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

パーラー江古田のこだわりパンが美味しいと評判!モーニングもおすすめ

パーラー江古田のこだわりパンが美味しいと評判!モーニングもおすすめ

江古田駅の近くにお店を構えるパーラー江古田。おいしいこだわりのパンをテイクアウトだけでなくイートインでも食べることができると大人気です。今回はパーラー江古田のメニューにあるサンドイッチ、モーニング、そしてテイクアウトまでご紹介します。

パーラー江古田のおいしいパン見出し

Photo by akipponn

江古田駅の近くにあるパーラー江古田はパンマニアでは有名なパン屋さんです。パーラー江古田で最も魅力的なのがイートインです。こだわりのパンをサンドイッチやモーニングメニューでいただくことができます。そんなパーラー江古田のパンについてご紹介していきます。

パーラー江古田の由来見出し

Photo by ImaneNamie

パーラーと聞くと「フルーツパーラー」のほうを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、店主の沖縄とイタリア好きの原田さんによると、沖縄ではちょっとした飲食ができるお店をパーラーといいます。誰でも気軽に立ち寄ってほしいパン屋さんを目指すため「パーラー江古田」という店名になっています。

パーラー江古田のお店見出し

パーラー江古田自慢の美味しいパンが並ぶだけでなく、イートインスペースではモーニングメニューがあります。またパン屋さんでは珍しく、お酒やスイーツも少しメニューにあり、休日だけでなく、平日にも多くのお客さんが訪れています。イートインがあるパーラー江古田ですが、意外と狭い造りとなっています。

この狭い空間が逆にお店のスタッフと客同士の距離を近くしていて、社交場のような雰囲気となっています。黒を基調としたシックなつくりの店内で落ち着いたなか様々なメニューを食べることができます。一軒家を改装してつくったパーラー江古田は閑静な住宅地の中にあります。テイクアウトのお客さんが多く訪れています。

Photo by Sig.

外観だけではパン屋さんとはなかなか気づくことができなく、小さなお店です。カウンター席が5席。テーブル席が3つくらいです。あとはスタンドでの立ち席となっています。全部で10席くらいになります。モーニングメニューを楽しむ人はもちろん、テイクアウトのお客さんも途切れることなく訪れ、まさに町の人気パン屋さんです。

パーラー江古田がある江古田見出し

Photo by sabamiso

江古田駅は西武池袋線の路線の一つで、西武有楽町線、東京メトロ有楽町線からも近いことから、人気のエリアとなっています。池袋からもわずか15分程度とアクセスが非常に便利です。都心に近いというだけあり家賃はそこそこしますが、最近ではリノベーション物件など費用があまりかからないおしゃれな物件が数多くあります。

Photo by [cipher]

会社などはあまりなく、ちょっとしたベッドタウンのような雰囲気のある江古田。パーラー江古田以外のおいしいパン屋さんはもちろんですが、ラーメン屋さんや和食、洋食の個人経営の小さなお店があちらこちらにあります。様々な種類の料理を愉しむことのできるエリアとなってきています。

江古田のカフェ紹介!駅前のおしゃれスポットや勉強できるチェーン店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
江古田のカフェ紹介!駅前のおしゃれスポットや勉強できるチェーン店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
さまざまなジャンルの飲食店が勢ぞろいしている江古田は、人気のグルメスポットです。今回はそんな江古田でおすすめのカフェをたっぷりとご紹介いたします。江古田には駅前にある勉強もできる便利なチェーン店のカフェや、夜まで営業しているおしゃれなカフェがたくさん。

パーラー江古田メニュー1:ブリオッシュ・タルト系見出し

店舗に入ってすぐにあるショーケースに並んでいるブリオッシュ・タルトなどのテイクアウトメニュー。タルトは小ぶり。ブリオッシュやキッシュは普通くらいの大きさです。ブリオッシュは洋ナシのコンポート、キャラメルバナナ。タルトは季節のものが多く、ミカンやイチゴ、ピーカンナッツなどが並んでいます。

タルトの生地はざくざくとした食感で、力強い生地に各種季節のフルーツなどが使われています。最近販売された新メニューでは、鳴門金時芋や、珍しい黄金柑という柑橘系のタルトを販売していました。テイクアウトも可能ですがイートインで珈琲と一緒にゆったり座っていただくこともできます。

パーラー江古田メニュー2:自家製ハムサンド見出し

自家製ハムサンドイッチはドリンクセットで1040円になります。豚肉の旨みが引き立ったハムは、ハムだけでテイクアウト可能です。イートインでいただけるハムサンドのメニューは爽やかなキャロット・ラペとの組み合わせが最高と話題です。サンドイッチのパンは噛み応えのあるカンパーニュがおすすめになります。

パーラー江古田メニュー3:季節のサンド見出し

季節のサンドイッチはドリンクセットで1140円になります。その時期ならではの旬の素材をふんだんに使用していて、いろんな具材を楽しみたい時におすすめのサンドイッチメニューになります。 季節のサンドイッチで選びたいパンはチャパタ。チャパタはイタリアの伝統的なパンになります。テイクアウトも可能です。

現在ではドイツや北欧でも人気が高まってきているチャパタはイタリア語で「スリッパ」を意味しています。元々平べったい形をしていたことから呼ばれるようになったといわれています。中には大きな気泡があり、もっちりとしていて食べ応えのある食感なので大きな具材を挟む季節のサンドイッチメニューにおすすめです。

パーラー江古田メニュー4:サルシッチャ見出し

最も人気なメニューが「自家製サルシッチャ」。ソフトドリンクセットで1340円になります。サルシッチャとはイタリア生まれのメニューで「腸詰め」という意味です。ソーセージは腸詰めした肉を加熱したものですが、サルシッチャはただ食材を腸詰めしたものです。サルシッチャを加熱調理などすればソーセージになる、というようなイメージです。

Photo by Camila Geek Girl

本場イタリアではなんと生で食べることもあるそうです。古代ギリシャから続く伝統料理になります。そんなサルシッチャ。パーラー江古田では胡椒がピリッと効いています。肉の噛み応えはしっかりしていて、肉汁があふれ、セットのパン数種類との相性は抜群と人気のメニューで、テイクアウト可能です。

パーラー江古田メニュー5:チキン舞茸サンド見出し

パーラー江古田の人気メニューの一つ、チキンとマイタケのオーブン焼きサンドイッチは980円です。オーブンで外はカリッと、中はジューシーで肉汁があふれ出す、いい加減に焼き上げられたチキンは厚みのあるゴロゴロカットです。皮の部分はパリっと仕上がっています。まいたけはシンプルに香ばしくソテーされています。

Photo by ranpie

パンはフォカッチャがおすすめです。表面が香ばしく、他の店では珍しく岩塩が少しふられているため鮮やかな塩気があるのが特徴で、小麦粉の甘みを際立たせているサンドイッチとなっています。パン生地自体にクッション性があるため、適度につぶしながらいただくことができ、肉汁も程よく吸収してくれるため一番のおすすめです。

Photo by shinji_w

リュスティックというパンでいただくのもおすすめです。こちらはフランスパンの一種でパン生地に水分量が多いのが特徴的になります。成形するのが難しいため、他のパンとは違い成形しないで二次発酵させ焼き上げるため形が不ぞろいになってしまいます。フォカッチャよりは少しかための食感になります。

パーラー江古田メニュー6:満月ワイン見出し

満月️ワインは基本的に満月にやるイベントのようなものです。店内に告知の張り紙がしているだけで、宣伝は特にありません。大体月に一回のペースで開催されています。18時からの開催です。各々好きな席に座りスタッフさんの話に耳を傾けていただく食事のメニューは、その時の仕入れ次第になります。

満月ワインという名の通り、様々な種類のワインが揃います。またパーラー江古田のパンに合わせるサラダやメインメニューも各種こだわりのお店から仕入れたものを使用しています。パンはハード系のパンがメインとなっています。ワインの説明はもちろんですが周りの人たちとの交流も楽しむことのできるイベントです。

パーラー江古田メニュー7:スペシャルパンセット見出し

モーニングメニューにもあるスペシャルパンセットは1190円です。約11種類のパンと自家製サラミ、自家製豚肉のリエットやカルピスバターなどのセットメニューになります。食べきれなかったパンはテイクアウト可能になります。リエットはフランスの伝統料理でパテと似ています。みじん切りや角切りにした豚肉を使い、保存食としてフランスで食べられています。

パンはリュスティック、ゴマパン、カンパーニュ、全粒粉のイチジククルミパン、雑穀パン、レーズン酵母のフランスパン、小麦酵母のフランスパンなど種類が豊富です。究極のパンの盛り合わせセットメニューです。シンプルにそのままを味わうだけでなく、オリーブをつけたり、チーズをのせたりするだけで、違った味を楽しむことができます。

パーラー江古田の分店「まちのパーラー」見出し

パーラー江古田は江古田にありますが、わずか15分の所に2店目となる「まちのパーラー」というお店を小竹町にオープンしています。こちらのお店は小竹町に春オープンした保育園の敷地内にカフェを作り、子ども達と町のつなぎ目になってほしいという提案があり、引き受け誕生したお店です。

サンドイッチやモーニングメニューなど、食べられるものはパーラー江古田とほぼ同じですが、営業時間は「まちのパーラー」のほうが長いです。朝・昼・ティータイム・夜とそれぞれの時間帯で違う楽しみ方ができると人気急上昇中です。月曜日は18時までの営業ですが、他の曜日はディナーまで楽しむことができます。

まちのパーラーは練馬区江古田の人気ベーカリー!おすすめメニューの紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
まちのパーラーは練馬区江古田の人気ベーカリー!おすすめメニューの紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
住宅街の保育園の隣に忽然と現れるレストラン、「まちのパーラー」は今とても人気のレストランです。美味しいパンにサンドイッチ、イタリアン料理迄楽しめる話題のレストランです。モーニングからランチに、デイナー迄楽しめる「まちのパーラー」の魅力をご紹介したいと思います。

パーラー江古田の姉妹店「まちのパーラー」のメニュー見出し

パーラー江古田よりも営業時間の長い「まちのパーラー」。それぞれの時間帯で違うパンの楽しみ方をできるので少しご紹介します。朝はモーニングメニューで、パンの盛り合わせにサラダとドリンクがつくトーストセット。1枚からオーダーできるトーストは角食と山食になります。

モーニングメニューでは、別料金で注文できるトッピングが様々あります。チーズや黒糖、はちみつなどがあり、値段は二倍になりますが、ハーフハーフの組み合わせでモーニングメニューを楽しむことも可能です。トーストの特徴は外側がさっくりしていて、中はしっとりもっちりとした食感でひきが強い点になります。

モーニングメニューのパンでおすすめなのがもう一つあります。焼き立てのバケットが自然に冷めた頃が一番の食べごろだというメニューの「バターサンド」。パンには冷たいバターと塩を挟んでいて、冷たい状態で食べるバターは今までにはない食感を味わうことができます。バター好きの方にはぜひ一度食べてみてほしいモーニングメニューになります。

ランチタイムメニューは、江古田店は野菜サンド・チキン舞茸サンド・両方はさむ全部乗せの3つだけですが、まちのパーラーはさらにローストポークとトマトチーズがあります。また毎月1日しか登場しなかったサルシッチャやトリッパも毎日用意されています。18時からはイタリアンをベースとした料理とワインとパンになります。

パーラー江古田の姉妹店「まちのパーラー」アクセス・営業時間見出し

パーラー江古田の姉妹店のまちのパーラーは東京メトロ有楽町線小竹向原駅(2番出口)より徒歩5分。西武池袋線江古田駅より徒歩11分になります。パーラー江古田までは徒歩15分です。営業時間は7時30分から21時までで、月曜のみ18時までの営業時間となっています。定休日は火曜日です。

住所:東京都練馬区小竹町2-40-5
電話番号:03-6312-1333

パーラー江古田付近パン屋1:江古田ロクアーチェ見出し

江古田駅南口から徒歩2分にあるロクアーチェ。自家焙煎珈琲パン屋カフェで、一年中かき氷が食べられるパン屋カフェになります。定番のパン以外に珍しいパンが数多く並んでいます。四角いクロワッサンはフランスパン生地とクロワッサンの生地を交互に練りこんだパン。紅茶とメープルのパンなどテイクアウト、イートイン両方可能です。

そのほかのメニューには冷めてもおいしいカレーパン、塩豆入りのパン生地に粒餡とマロンホイップが入ったアンパン。中でも一番人気はいイギリスパンです。トーストするとサクサクでくちどけの良さが自慢となっています。2003年オープン以来地元の方から長年愛され続けているパン屋さんです。

住所:東京都練馬区栄町1-8 小間屋ビル1F
電話番号:03-5984-3103

パーラー江古田付近パン屋2:ブーランジェリーノブ江古田見出し

秋津に本店があるブーランジェリーノブ。江古田駅をでてすぐ近くにお店があります。こだわりはなんといってもイーストフード、乳化剤無添加で、北海道産小麦、自家製酵母にこだわっている点にあります。フランスパンとデニッシュ系のパンメニューのほか、もちもち食感のベーグルやメロンパンを販売しています。

一番のおすすめメニューはハード系のパンになっています。なんと18時間の低温長時間発酵により小麦の香りと風味を生かし、外はカリカリ、中はもっちり仕上がっています。もう一つは全粒粉のパンで食物繊維とビタミン・ミネラルをおおく含んでいるため女性に大人気です。テイクアウトとイートイン両方可能です。

住所:東京都練馬区旭丘1-78-5
電話番号:03-6908-3924

パーラー江古田付近パン屋3:ブーランジェリージャンゴ見出し

新桜台駅から徒歩2分。江古田駅から徒歩4分の所にお店があるブーランジェリージャンゴ。住宅街としては異常な品揃えがあると地元の人だけでなく多くの方に愛されているパン屋さんです。お店は自転車趣味で統一されています。自転車レースにちなんだメニューはサイクリストに人気です。テイクアウトのみになります。

Photo by is_kyoto_jp

一番のおすすめメニューがサバと香草のサンドイッチです。トルコ名物のサバサンドもありますが、こちらのサンドイッチは一味違います。オイルサーディンのようなサバとマヨネーズで和えたためねぎの千切り、そこ絵みずみずしくもスパイシーのある香草。ほのかに甘く、食感はしなやかで、歯切れが軽やかとなっています。

そしてこの具材を引き立てているのが豆乳のパンになります。サバ独特の脂のぎとついた旨味をまろやかな豆乳パンが引き受け、とても食べやすいと人気です。この他のメニューは、アップルサイダードーナツやデニッシュクロワッサン、タルトなどの洋菓子系、ハード系のドイツやフランスのパンメニューがあります。

住所:東京都練馬区栄町17-3 水入ハイランドマンション B1F
電話番号:03-3994-7800

パーラー江古田アクセス・営業時間見出し

イートイン、テイクアウトのどちらも選ぶことのできるパーラー江古田へのアクセス方法は、西武池袋線江古田駅から歩いて5分です。住宅街の中にポツンとあるので通り過ぎないように注意してください。営業時間は8時30分から18時までになります。定休日はまちのパーラーと同じで火曜日になります。

住所:東京都練馬区栄町41-15
電話番号:03-6324-7127

東京のパン屋おすすめランキング TOP15!ハード系が人気のお店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京のパン屋おすすめランキング TOP15!ハード系が人気のお店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
極上の美味しいパン屋がそろう東京で、ハード系が好きな人のために、ハード系が美味しいと人気のパン屋をピックアップしてみました。支店があるパン屋の情報などもまとめてみましたので、東京で美味しいパンが食べたいと思ったらチェックしてみてくださいね。

パーラー江古田に行こう!見出し

Photo by Sig.

パーラー江古田のこだわりのパンのご紹介はいかがでしたでしょうか?閑静な住宅街にポツンとある、ちょっと隠れ家的な雰囲気のお店でテイクアウトだけでなく、ぜひモーニングでサンドイッチや食後のデザートをいただいてみるのもおすすめです。江古田駅に来た際にはぜひほかのパン屋をめぐってみてください!

投稿日: 2018年8月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote