地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

神戸空港は人気釣りポイント!釣れる魚の種類や仕掛け・アクセス方法まで紹介

神戸空港の親水護岸は兵庫県内でも特に人気の高い釣りポイントです。神戸空港は沖合を埋め立てて作られているため本来なら船を出さないと釣れないような魚も気軽に護岸から狙えます。また釣り場のすぐ近くに駐車場やトイレもあり、快適に釣りを楽しめます。

神戸空港の親水護岸は釣りのポイントに最適見出し

Photo by hiroooooki

兵庫県の神戸市周辺には海釣りに適したポイントがいくつかありますが、そのなかでも特に高い人気を誇っているのが神戸空港内にある親水護岸です。神戸空港は埋め立てた海の沖にあるため普通のポイントからでは狙えないような魚も釣れます。今回はそんな神戸空港親水護岸の釣りポイントとしての魅力や駐車場、さらにはトイレの有無などをご紹介します。

神戸空港の釣りポイントはいろいろな魚が狙える見出し

神戸空港のすぐそばに「親水護岸」と呼ばれる場所があります。親水護岸とは簡単に言うと「海や川の水に直接触れ合うことのできる護岸」のことです。護岸とはもともと水流から人間や建物を守るための設備ですが、その機能をきちんと維持しつつも水と親しめる環境も併せ持っています。特に神戸空港の親水護岸は魚釣りのポイントとした高い人気を誇ります。

まず神戸空港の親水護岸は沖からほど近い場所に整備されているため、いろいろな種類の魚を狙うことができます。普通沖に生息するような魚を釣りたい場合には船をレンタルして海へ乗り出す必要がありますが、神戸空港の親水護岸ではそんな面倒なことをしなくても釣れるわけです。これこそが神戸空港の親水護岸の釣りポイントとしてのメリットなのです。

海釣りの仕掛けの作り方!初心者もにおすすめの方法をわかりやすく解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
海釣りの仕掛けの作り方!初心者もにおすすめの方法をわかりやすく解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海釣りの仕掛けには、釣果や釣場によっていろんな形の仕掛けがあります。また仕掛けの用具もウキやオモリ、カゴ、ハリなど、その用途によっていろいろと使い分けが必要です。海釣りは、仕掛けの作り方やシステムを知ることによって、より楽しむことができます。

神戸空港の釣りポイントは安全な環境が整っている見出し

ほかにも神戸空港の親水護岸は安全性の面でもほかのポイントより優れています。大きな魚は人の手が加わっていないような場所ほど釣りやすいのですが、当然そういった場所は安全面の配慮がなされていないので事故のリスクがあります。ちょっと怪我をする程度ならまだましな方で、海釣りにおける事故は最悪の場合自身の命を落とす可能性も十分にあります。

これに対して、神戸空港の親水護岸は例えば柵がきちんと整備されています。これにより思いがけず海に落下してしまうリスクがぐっと減らせます。釣りをしていると夢中になるあまり周りが見えなくなってしまうことも多々ありますが、神戸空港の親水護岸ではそんな時でも大丈夫です。さらに水面からそこそこの高さがあるので波に襲われる心配もありません。

神戸空港の釣りポイントは夜釣りをしたい人にも最適見出し

魚は気温の上がる日中は物陰に身をひそめる傾向があるため、大きな魚をたくさん釣るためにあえて夜を狙ってポイントへ行く人もいます。ただし海の周辺は一般的には街灯などもほとんど整備されていません。故に夜はたくさん釣れる一方で危険を伴うため初心者にはあまりおすすめされていません。しかし神戸空港は夜釣りをしたい初心者にもおすすめです。

神戸空港の親水護岸は利用時間に制限がなく、24時間好きな時に行って魚釣りを楽しむことができます。さらに前述したように神戸空港の親水護岸は安全に配慮した設備が整っていますから夜釣りの持つリスクをかなり小さくできます。もちろんリスクがゼロになるわけではないので注意は必要ですが、夜釣りデビューをしてみたい人には最適なポイントでしょう。

神戸空港の釣りポイントはすぐ近くに駐車場もある見出し

自動車で神戸空港の親水護岸に行きたい場合に最も気になるのが「駐車場の有無」でしょう。結論から言うとこの点もバッチリで、飛行機を使わない釣り利用者の人であっても神戸空港内の駐車場を使えます。この神戸空港の駐車場は24時間出入り自由なので昼夜を問わず利用できます。駐車場から釣り場までの距離も近いため仕掛けを運ぶのも非常に楽です。

ただし駐車場は有料で利用した時間に応じて料金がかかります。駐車場は1時間とめるごとに150円の料金がかかります。ただし神戸空港の駐車場には最大料金が設定されています。駐車場に入庫してから24時間以内であれば料金が1500円以上になることはありません。有料ではありますが釣り場までの距離等を考えるとなかりコスパの良い駐車場と言えます。

神戸空港のおすすめ駐車場21選!無料サービスや料金・予約情報もあり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
神戸空港のおすすめ駐車場21選!無料サービスや料金・予約情報もあり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神戸空港は神戸駅や観光スポットから近い場所にあり、直ぐに観光できることが魅力の一つです。神戸空港の周辺には、多くの駐車場がありますが混雑期間によっては、満車になってしまう場合があります。神戸空港のおすすめ駐車場21選をまとめました。

神戸空港の釣りポイントへのアクセス方法は?見出し

まず大阪方面から自動車で神戸空港内の駐車場へ行く場合には阪神高速神戸線の生田川出口を目指すといいでしょう。この阪神高速神戸線を降りるとすぐに国道2号線がありますからそこに入って神戸大橋の方へ自動車を走らせます。ここまで来たらあとはポートライナーの線路に沿う形で神戸空港の方へ向かうと親水護岸やその横にある駐車場が見えてきます。

姫路方面から親水護岸横の駐車場へ行きたい場合には阪神高速神戸線の京橋出口をまずは目指しましょう。この京橋出口を降りたらすぐに左折です。すると関税本庁前の交差点が見えてくるのでそこを直進します。あとは大阪方面からと同じで神戸大橋を渡って行くと目的地である神戸空港の親水護岸や駐車場が見えます。案内板もあるので迷う心配もありません。

住所 兵庫県神戸市中央区神戸空港10番
電話番号 078-304-7777

神戸空港の釣りポイントのトイレの有無は?見出し

Photo by くーさん

釣りをする時に意外と重要なのがトイレの有無です。例え簡易トイレなどを持って行ったとしてもそこにはプライバシー等の問題も出てきます。特に女性の場合にはトレイがあるかどうかは死活問題と言っても過言ではありません。そんななか神戸空港の親水護岸はトイレに関しても大丈夫です。神戸空港内の施設は釣り人も使え、当然トイレも自由に使えます。

Photo by kanonn

また親水護岸のそばにある神戸関空ペイシャトルの建物内にあるトイレも借りることができます。親水護岸から神戸空港まではそこそこ距離があるので緊急時のトイレには少し厳しい部分もあるのですが、この神戸関空ペイシャトルはポイントからすぐの場所にあるためいざという時のトイレにはとても便利です。きれいなトイレなので快適に釣りを楽しめます。

Photo by fukapon

ただしトイレを利用する場合には少しだけ注意点もあります。それはトイレの入っている施設が営業を終えてしまうとその時間は使うことができない点です。上記で紹介した神戸空港なら午前6時から午後23時まで、神戸関西ベイシャトルの方は午前6時から午後24時までとなっています。これ以外の時間帯に釣りをする場合にはトイレが使えないので注意です。

住所 兵庫県神戸市中央区神戸空港10番神戸空港海上アクセスターミナル
電話番号 078-304-0033

神戸空港の釣りポイントで狙える魚1:メバル見出し

Photo by ftomiz

神戸空港の親水護岸では多種多様な魚を釣れますが、なかでもよく釣れるのがメバルです。このメバルは海底にある岩礁に生息していることから「根魚」と呼ばれることもあります。11月から4月にかけてがシーズンですが1年を通して釣ることも可能です。メバルのサイズは一般的には20cm前後が多いですが、大物になると35cm近くになることもあります。

Photo by ftomiz

メバルの仕掛けにはルアーの使うのが一般的です。ちなみにルアーの仕掛けでメバルを狙うことを「メバリング」と呼ぶこともあります。仕掛けとしては2cm前後のソフトルアーとジグヘッドの組み合わせがポピュラーで、小型のミノーやメタルジグを仕掛けとして使うこともできます。またエサ釣りでメバルを狙うなら電気ウキを付けた仕掛けがおすすめです。

神戸空港の釣りポイントで狙える魚2:カサゴ見出し

Photo by maijou2501

料理して食べると非常に美味しいことから神戸空港の親水護岸でも人気が高いのがカサゴです。カサゴは季節を問わず釣ることができますが一応冬場が旬とされています。先ほど紹介したメバルと同じでこのカサゴも根魚になります。普通カサゴを釣ろうと思ったら船で隠岐まで行く必要がありますが、神戸空港なら気軽に仕掛けを垂らして釣ることができます。

Photo by nori_n

カサゴは昼間は堤防のふちや消波ブロックの隙間に隠れているため釣るのが難しいですが、夜になると活発に動いて仕掛けのエサやルアーを追いかけまわすため比較的初心者でも釣り上げられます。エサを仕掛けにしてカサゴを狙うのもいいですが、ジグヘッドに2cmくらいのワームを仕掛けとして取り付けて海底に落としてみるのもおもしろくておすすめです。

神戸空港の釣りポイントで狙える魚3:アジ見出し

Photo by yoruwo

神戸空港の親水護岸ではアジもよく釣れます。数ある魚のなかでもアジは比較的釣りやすい魚のため釣りを始めたばかりの初心者などには非常におすすめです。またアジと聞くと20cmくらいの小さなサイズのものを思い浮かべますが、沖合には50cm前後まで育ったビッグサイズのアジも存在します。そのため上級者でも十分に楽しめる魚と言えるでしょう。

Photo by jinkemoole

アジはどんな釣り方でも比較的ヒットしやすいため絶対的な仕掛けがない魚とも言えます。それこそ釣り人の数だけ仕掛けの方法や釣り方があると言っても過言ではありません。ただ一般的にはサビキを仕掛けに使うのがポピュラーです。仕掛けの先にサビキの籠を付けてさらに針のたくさんあるサビキ仕掛けをセットし、あとは海に向かって投げ込むだけです。

神戸空港の釣りポイントで狙える魚4:スズキ見出し

Photo byzoosnow

神戸空港の親水護岸で「大きな魚を釣ってみたい」という人におすすめなのがスズキです。このスズキは大きいものだと100cmを超えるものもいるため引きも強く、非常にエキサイティングな釣りを楽しめます。このスズキも本来なら護岸から狙えるような魚ではないのですが、沖合の埋め立て地にある神戸空港の親水護岸からなら十分に狙うことができます。

Photo byskeeze

もし神戸空港の親水護岸でスズキを釣りたいのなら季節に応じて仕掛けを使い分けるといいでしょう。なぜかというと時期によって仕掛けに対する食いつき方が違うからです。例えば秋から春にかけてはエサに対する食いつきがいいのでエサ釣りの仕掛けで狙うといいでしょう。逆に夏場はルアーに対する反応がよくなるのでルアー釣りの仕掛けがおすすめです。

神戸空港の釣りポイントで狙える魚5:タチウオ見出し

Photo by naotakem

神戸空港のポイントからはタチウオも狙えます。このタチウオは大きいのもだと150cmを超えるものもいるためかなり釣りごたえのある魚と言えます。基本的にタチウオは水深400mくらいの海底に群れで生息していることが多いのですが、これを護岸から狙えるのは神戸周辺でも神戸空港くらいでしょう。ちなみにタチウオの旬は7月から12月ぐらいです。

Photo by bm.iphone

タチウオは英語で「サーベルフィッシュ」と呼ばれます。ルアー釣りの仕掛けでも十分狙えますが手堅くタチウオを釣り上げたいのならエサ釣りの仕掛けの方がおすすめです。ただしタチウオには鋭い歯があるためそれを考慮した仕掛けを作ることが大事になります。例えばしっかりとハリスを補強してタチウオの歯で噛み切られることがないように準備します。

神戸空港の釣りポイントで狙える魚6:サヨリ見出し

Photo by y_ogagaga

釣りの中級者におすすめの魚がサヨリで、これは神戸空港の親水護岸からも釣り上げることが可能です。このサヨリは意外と釣り上げるのが難しく、かといって全然釣れないわけでもないので少し難易度の高い釣りに挑戦したい人にはもってこいの魚です。ちなみにサヨリは通年で狙うこともできますが、30cmを超えるような大きいサイズを狙うなら冬場です。

Photo by Urawa Zero

サヨリを釣る仕掛けとしてはコマセを使って呼び寄せるのが一般的です。サヨリは警戒心が強い魚で普通に仕掛けを投げただけでは全然寄ってこないためアミエビなどを巻きながら上手に興味を引くのがポイントです。ただし神戸空港で撒き餌をする場合にはほかの魚を狙っている人が周囲にいる可能性が高いため量を抑えて巻きすぎないように注意しましょう。

神戸空港の釣りポイントへ行く際の注意点は?見出し

Photo by Hyougushi

神戸空港の親水護岸はアクセスも良好でいろいろな魚を釣ることができ、さらに安全面に関してもバッチリなのでかなり人気のポイントです。それこそ土日になるとあっという間に親水護岸が釣りを楽しむ人で埋まってしまうほどです。ですからどうしても釣りたい魚がいる場合にはかなり早めに、それこそ日が昇る前に神戸空港の親水護岸まで行くべきでしょう。

Photo by Hyougushi

また神戸空港の親水護岸は釣り専用のエリアではありません。実際に行ってみるとわかりますが釣りをする人以外にも散歩をするなどいろいろな楽しみ方をしている人がいます。そのため例えば仕掛けを海に向かって投げる時には後ろに人がいないかを確認してから振りかぶりなどの配慮が必要です。マナーを守って全員が気持ちよく過ごせるよう注意しましょう。

Photo by Hyougushi

釣りの有名なポイントの周辺には需要の高さから釣具店があることも少なくないですが、ここ神戸空港の親水護岸のそばには釣具店はありません。そのためあらかじめ釣りたい魚を決めておき、それに合わせた仕掛けを持って行く必要があります。もし仕掛けに足りないアイテムがあると駐車場を出て神戸大橋を渡らないといけないので準備は入念にしましょう。

神戸空港の釣りポイントは初心者にも上級者にもおすすめ見出し

Photo by neco

神戸空港の親水護岸は仕掛けを使い分けながらバリエーション豊かな魚を狙えるのが魅力のポイントです。さらに神戸空港の目と鼻の先にあるだけあって駐車場もきちんとあり、水洗のきれいなトイレも完備されているので初心者から上級者まですべての人におすすめできるポイントです。神戸空港は釣りが好きな人ならハマること間違いなしのスポットです。

投稿日: 2018年8月23日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote